うりっち さん プロフィール

  •  
うりっちさん: bibliothèque 『Alouette』 
ハンドル名うりっち さん
ブログタイトルbibliothèque 『Alouette』 
ブログURLhttp://kinsyachimonaka.blog35.fc2.com/
サイト紹介文ミスパイロットの二次小説を書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/03/23 10:32

うりっち さんのブログ記事

  • 三文の得
  • 人には言えないシュミがあるひとつは妄想そして…***小さく握り拳を作ってガッツポーズよし、今日もよくやった私!「やっぱ、堪らん…」眠りを妨げないように呟くそっと隣から抜け出して見下ろす「かわいい…」***引越して「応相談」の上で購入したセミダブルのベッドダブルベッドはあまりにも気恥ずかしかったので妥協してセミダブルに「僕が妥協できるのはここまでです。一緒に休む時もやはり充実した休息をみくりさんと取 [続きを読む]
  • Good morning, my sweet heart
  • ((気まずい・・・どうしたらいいんんだ))どうしよう・・・平匡さんの顔が見れないどうしたんだ・・・みくりさんを正面から見れない「「あ、あのう」」声が被ってしまった!!「みくりさんからどうぞ」「いえ、平匡さんから!」みくりさんが作ってくれた朝食を挟んで僕達は譲り合った互いに伝えたい言葉を譲り合った***昨日・・・僕たちは『そういうこと』になった勿論合意の許にだ。みくりさんに無理強いなんてとてもできな [続きを読む]
  • 恋愛47キロ級 〜 決勝 〜
  • 『決勝を終えられたばかりの森山みくり選手においでいただきました』まだ汗の引かない私はとりあえず顔の汗だけを拭ってインタビュー台に上った『お疲れ様でした。いやぁ素晴らしい決勝でした』「ありがとうございます。前回あのような結果になり大変申し訳なかったと、いろいろ頑張りました」『試行錯誤の結果がこの試合結果に結びついていると思います』「ありがとうございます」『それにしても見事なゴールでした』「どうも(笑 [続きを読む]
  • 大変ご無沙汰をしてしまいました
  • どれくらい放置していたのか・・・すいません。某所では時々書いていたんですが、こちらまでなかなか・・・夏前ですよね「この前」って(苦笑)さて、久しぶりの更新は某所からの再投稿の話となります。秋〜年末に世の中が踊らされた「恋ダンス」踊りましたか?私?踊らされました(笑)原作も知っていましたが、ドラマの出来がよかったです。我が家のどストライクでした。という訳でお話を3つだけ書きました。こちらに引越したの [続きを読む]
  • 理想論かもしれないけれど…
  • フォローしている作家さんがいます。その方がリツィートされたとある人の言葉がとても共感できました。『苦手な作品と出会った時。「自分はこのテのものは苦手らしい」と気づいて距離を置くのが、自己防衛。「こういうものが好きな人もいるんだな」と認めるのが、懐の広さ。「自分を不愉快にした!許せん!」と殴りに行けば、暴力。「みんなが不愉快です!」とみんなを持ち出すのが、正義の味方気取り。」このことに気づいている人 [続きを読む]
  • お断りとお詫び
  • 少しの間、初期作品の一部のを公開見合せます。そのあたりの作品をまだ読んでいないという方がいらっしゃいましたらお詫びします。期限は特に決めていません。ご了承ください。 [続きを読む]
  • そして翼は舞い降りる
  • 「涙雨」の続きになり再掲載作品になります。先月の災害がテーマの話になります。お嫌な方はどうかこれ以上進まないでください。急遽シフトの変更が告げられたその日、フライト先でテレビが告げていた「熊本空港運用再開」と・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「国木田さん!」「おう」運航管理者との打ち合わせをしている国木田さんに声をかけた「手塚、俺ちょっと飛んでくるわ」気象データから目を離して国木田さん [続きを読む]
  • 涙雨 
  • 先月の災害をテーマにしています。気に障る方はどうかここより先にスクロールはなさらずに戻ってください。再投稿作品になります。「今日も欠航なんですね・・・」もう三日が経った「明日もだ。空港設備が使えないんだ、仕方がない・・・」民間機の離発着はできない「そうなんですが・・・使用できたらどれほど力になれるのか・・・」 滑走路は無事なのに揺れてさえいなければ降りることも飛び立つこともできるだろうに「それはそ [続きを読む]
  • まだまだ人間が出来てない私・・・
  • 何も制限を加えてないのだから、しょうがないんですけどね、私が。何故についていらっしゃる?見つけた?見つけられる方が悪いんでしょうか?気に入らないなら放っておいてくださいな・・・『手を貸して助けること 力を貸す ・ 手助けする ・ 助け舟を出す ・ 協力する ・ 一助となる ・ 助ける ・ サポートする ・ 微力を尽くす ・ 支える ・ 手伝う ・ 支援する ・ 援助する ・ 後援する ・ バックアップする ・ 足長おじさんに [続きを読む]
  • やっぱり見るんじゃなかった…
  • 「何が…」かは伏せておきます。心が騒めくモノ…とだけあんなに騒つく場所だとは思ってなかった。うん…まあ、想像はついてたけどね。自分をかえりみて、どうよ?を考えると、もしかすると大差ないのかもしれない。でも決定的に違うのはフォーマル? インフォーマル?オーブン ?クローズ?メジャー?マイナー?ドメスティック?ワールドワイド?でも、「これ」って物凄く大切なことかもしれない。例えると、園バスを見送ってその [続きを読む]
  • 境界線・・・
  • 今大事を起こしている「プレート」のことじゃないです。自分と他者との考え、意見・見解・思惑の違いの「境界線」です。「人のふり見て・・・」って部分もありますが少しの間お付き合いください。ここの場で「2次創作」をしています。とても拙い話しか書けませんし、それで本を作ってコミケなどに打って出る!なんて大それた気持ちはないです(苦笑)ただ、好きな話を自分の想像の範囲で文字にして、それを「受け入れてくれる人」 [続きを読む]
  • お怪我はないでしょうか?
  • 大好きな刑事モノのドラマを観ていたら・・・大きな地震に見舞われた方、ご家族やお友達、お知り合いなど・・・ご無事でしたか?あの地方では久しくこのような大きな地震がなかったのでとても驚きました。今も緊急地震速報が・・・!地球は生きている・・・日本は地球の皺で出来ている・・・頭では理解できています。知識としては理解しています。それでも・・・朝にならないと被害の全容は判明しないでしょう。遠くからは被害が少 [続きを読む]
  • 4月になってます・・・こんにちは
  • 新学期ですね進級・進学・就職おめでとうございます。新しいスタートは上手にきれたでしょうか?また、書く方は無沙汰をしています。ぼちぼちとあちらにはUPしていますが・・・実はそれどころじゃなくてですね(苦笑)実は今、気功を使う先生のところへ通って「気」を整えてもらってます。あ、こういうのをお好きじゃない方も信じない方もいると思います。私も半信半疑だったんですが、自分の身体にいろいろ起こってそれが解消して [続きを読む]
  • Dans la boîte
  • 正真正銘の新作です・・・(苦笑)「そうだ、これをいれてもらってもいいかな?」「?!・・・お客さま?!」「一番下に入れて欲しいんだけど・・・」「お客様・・・このままでよろしいんですか?」いいよ。そのまま入れてよでないときっと気づかない(苦笑)***「晴・・・これやる」「わあ!私の好きなショコラティエのチョコだぁ・・・。覚えていてくれたんですか?」仕事終わりに晴と待ち合わせて食事の帰り、別れ際に小さく [続きを読む]
  • 櫻月
  • 「nom」の続きのようなお話です「・・・もうすぐ桜が咲くな」 記憶を頼りに足を進める。ここは郊外にある墓地。ここに俺のたった一人のバディ「弦太」が眠っている。前に来たのはいつだったろう。・・・教官を引き受ける前   か?随分とご無沙汰な訳だ(苦笑)入り口を抜け、敷地を奥へ奥へと進んでいく。しっかりと覚えているほど訪れてはいない。ここへ来て「認める」のが嫌だったし、「合わせる顔」もなかったから。「こ [続きを読む]
  • nom
  • 再掲載作品です。普通はあちらへ再掲載する方が多いんですが、流れに逆らってるなぁ・・・(苦笑)タイトルは「名前」続けてこのお話の続きのように書いた話もUPします。「いいですか?恨みっこなしですよ?!」「いいぞ。負けても頼るなよ?」せーの!!「「じゃんけん!!!」」****「なあ・・・」「手伝いませんよ」「二人で書いた方がよくないか?」手は止めずに自分の前に座る晴に言った。「考之助さんが言い出したんで [続きを読む]
  • 1%
  • 再掲載作品です。99%のウラ話というか・・・『ホワイトデー』なんて永遠に来ない***その話題は社内を席巻した遊び人とし て名を馳せていた国木田孝之助が「遊ばなく」なって久しい。それは教官をして改心しただの、年を取っって落ち着いただけだのいろいろ と噂された。でも本当のところは違う、と私は思ってる。孝之助が夜遊び、女漁りをしなくなってもうどれくらい経つかしら・・・。あの娘(こ)と出会ってからと同じ年月よ [続きを読む]
  • 99%
  • 再掲載作品です。再掲載できそうなものが幾つかあるのですが、掲載済みなのか、確認が取れないものもあるので確認しながら順次UPしていきます。先ずは絶対に掲載していない比較的新しい作品を・・・ 「「もうなにもしないと決めた」」*****「え?!何でなん?晴そんなこと決めたんか?嘘やろ?マジか??」年末年始の繁忙期がようやく落ち着いた頃、久しぶりに68Aのみんなと顔を合わせてた。そこで、少し前から考えていた [続きを読む]
  • 余力がないとダメなんだ・・・
  • もうすぐ3月です。いろいろ滞っててすいません。時間がありそうでない毎日を送っています。趣味というか、「やらなくても生きていけること」・・・この場合は創作をするってことですが・・・は時間と心の余裕がないと書けないですね。書き始めた頃はそれこそ「勢い」で幾つも書けていましたが、最近は「コレを書いたらどうなる?被ってないか?」「誰かがまた何かを陰で言ったりして・・・」とか余計なことに頭が回り、そんなこと [続きを読む]
  • 嫌悪感<好奇心
  • ダメだ、イケないと思いながら深い所までどっぷりととある文章を読んでしまいました。こんなのに手を出したのか、私。手を出しちゃいけなかった、大物感が漂ってました。「過去」なんて見るもんじゃないです。「過去」の自分との矛盾を見つけてしまうから。「過去」の自分を否定して、違うな。棚に上げて「今の自分達がいる」みたいな?「何してんねん?!」ってツッコミたいけど、書いた人に届くはずもなく(苦笑)そりゃそうです [続きを読む]
  • 念の為に言っておくけど
  • 「 君達、何か誤解しているようだから訂正しておくけどね・・・」小牧教官が静かに切れている。こんな小牧教官みたことない・・・いやあ・・・絶対この人を怒らせちゃいけないわ***ことの発端は今日の午後小牧教官教官の毬江ちゃんが早い時間から図書館に来ていた。大学の試験のための資料を探しに来ていたらしい。私はカウンター業務だったから毬江ちゃんの姿を見かけた時にちょっとだけアイコンタクトをして手元の仕事に戻っ [続きを読む]
  • Pluie continue
  • 「雨…辛そうだよ」「だろうな…知ってる」そう言って堂上は昨日とは打って変わって晴れた青空の広がる窓の外を眺めた。「笠原がな…」「ん?」いいから言っちゃいなよ「否、いい。お前に言ってもどうしようもない」「そう?言ったら少しは楽になるかもよ?打開策も見つかるかもしれないよ?」無理を承知で言ってみる俺を信用してないってことじゃない俺が頼りにならないって訳じゃないでも、わかるよ堂上好きな子の大事なことだも [続きを読む]
  • Le jour de pluie
  • 「ああ〜疲れ…た」雨の中を巡回から戻ると、特殊部隊の事務室に「最近よくある空気」が漂っていた。そうだよな、外は「雨」だもんな***窓から一番遠い部屋の隅で、耳を塞ぎ小さくなっている笠原がいた。まだ、ダメか笠原…堂上も基地近くの病院に転院してきて、晴れて「彼女」にもなったらしいと小牧から聞いてるのに…どうしてそんなに辛そうなんだ?最初は雨自体を嫌がった外で雨に遭遇するのも、窓越しに雨を見ることも、だ [続きを読む]