kou さん プロフィール

  •  
kouさん: Darc-er
ハンドル名kou さん
ブログタイトルDarc-er
ブログURLhttp://ameblo.jp/darc-er/
サイト紹介文薬物依存症リハビリ施設DARCへ入寮した経験がある男の話。
自由文薬物依存症リハビリ施設DARCへ入寮した経験がある男の話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 171日(平均0.8回/週) - 参加 2015/03/31 00:13

kou さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ◆ 弟をイジメることをやめたきっかけ
  • 短い話だ。 私には三歳年下の弟がいる。 小学生の頃、母の実家の長崎へ行った時のことだ。神社を管理していて、つまり祖父は神主だった。 私は従兄弟のテルと、特に理由もなく弟をイジメた。具体的に何をしたのか覚えていないけど、まあハブったり軽い暴力をふるったりしたのだと思う。 後で母に聞いた話だが、弟は泣きながら祖父の元を訪ねたそうだ。「じいちゃん、絵馬ちょうだい」 「何書くと [続きを読む]
  • #07 2016.08.14の手記
  • 福島の会津若松から東京へ向かっている。意外にも高速バスは快適で、フリーWi-Fiのサービスを行っている上に、AC電源も席毎にあって、スマホの充電などできるようになっている。しかしWi-Fiは、一回三十分の、一日五回までという謎ルールがある。少し残念。 ドッキドキだ。全く。 逮捕されて二ヶ月間留置され釈放されて、DARC入寮して、五ヶ月経って本日(2016/08/14)退寮して。一生懸命貯めたけど僅かしか貯まらなかっ [続きを読む]
  • ◆ ジェットコースター
  • 有香は大好きなチョコレートを食べている。彼女が「ジェットコースターに乗りたい」と言い出してから半年、僕はようやくこの遊園地に来た。何故そんなにも時間が必要だったか…それは情けないことに、金銭的な問題だった。 僕は今年で二十四歳になるのだが、ちょうど一年前の六月に、仕事を辞めた。上司のパワハラが原因ですっかり鬱状態に陥ってしまったのだった。それから収入も無くなり、また僕の面倒を見てくれる人もい [続きを読む]
  • 施設生活
  • 現在私は「転宅資金を集めるための施設」に入寮している。もちろんDARCではない。区の方で実施している制度で、役所に「お金がないんだ」という旨を伝えたところ、ここに案内された。昨年の8月から入寮している。ちなみに今日で禁エフェコデ(ブロン・金パブ等)4日目だ。「DARCにまで行って止められてないなんて、勿体無い」と、そういった声が聞こえる。確かに5ヶ月間、頑張って薬を止めていたけれども、上京して一人になったら [続きを読む]
  • #06 2016.7の手記
  • 私の人生を振り返ってみると、いつも人と同じ事を同じようにする事が出来なかった。そのことがあらゆる面に対して影響が大きかったように思う。 小学生の頃から授業はサボりがちで、仮病をよく使って早く帰宅していた。自宅で学習なんて殆どしなかった。自慢じゃないが、それでも成績は常にトップクラスで、運動神経は人より良く、だからやけにその頃はモテた。 小学生で貴重なモテ期を消費したことは少し悔やまれる。& [続きを読む]
  • ◆ 宇宙くらい広い心
  • 海岸線を車で走らせ、窓を開けて潮風に当たる。風が気持ちがいい。あまりにも良い按配の気候で、そのままガードレールに突っ込みたくなった。でもそれを止めたのは、どこか死ぬのは負けを認めているようだし、残した人々に対して恥ずかしさもあった。そんなことぐらいで死ぬなんて、なんて間抜けな選択をしたんだと思われるんじゃないかと考えた。やはり冷静になってよく考えてみると、人は自殺などしないと思う。もしも死にたい [続きを読む]
  • #05 近況報告
  • 現在は、すっかりスリップしてしまった。DARC入寮前の状態よりは幾分コントロール出来ているが、まあ、その…アカンではないか。 基本的には相変わらずブロン錠を飲んでいます。他にもトニンを飲んでマッタリしたり、コストパフォーマンスを考えて、金パブの後発品を飲んだりしていいる。 DARCに行った5ヶ月間が無駄ではないか、と言われても仕方ない。しかし、決して無駄ではなかった。色々な人と知り合いになれたし、 [続きを読む]
  • #04 2016.7.2のリラプス
  • (この記事は入寮していた頃に書いたものを転記したものだ) 入寮108日。本命のブロンではないからカウントしないし、ワンデイも申請しないが、トニンを飲んだ。ワンデイとは、NAにおける用語で、ミーティングに参加した日からクリーンな状態でカウントを始めることだ。 ワンデイ申請前に半年のクリーン期間があったとしても、あくまでミーテイングに参加した日が「薬を止めて1日目」となる。 その日は仙台フォー [続きを読む]
  • #03 生活
  • 規則正しい生活を送らざるをえない。07:00 朝食07:40 処方薬・生活費(1日700円)配り08:30 DARCミーティング10:00 ミーティング終了、掃除11:30 昼食12:00 処方薬配り13:30 午後のプログラム15:00 プログラム終わり16:30 夕食17:00 処方薬配り19:00 NAミーティング20:30 ミーティング終了22:00 就寝基本的にはこのような生活だ。私が居た施設は元旅館を買い取ったものだったので、あらゆるタイミングで館内放送が入る。おかげで目 [続きを読む]
  • ◆01 小学生の時分
  • 人と同じ事を同じように出来なかった。思うようにいかなかった。 小学生の時分。 ある時、日直をしていて、異変が起きた。司会進行のようなことをしていたときに、異常な緊張状態になり、突然声が出なくなった。私は激しく焦り混乱し、あ…あ…あ…と言葉を続けて発することが出来なくなった。 そんなことがあってから、人前で話すことに大変な苦痛を伴うようになり、私は寡黙な人間になった。国語の時間や社会の時間ほ [続きを読む]
  • #02 初めてのミーティング
  • 入寮直後に「ダルクミーティング」という施設のメンバーのみで行うミーティングに参加して面食らった。「犯人探し」の場となっていたからだ。その当時はロボさんによる威圧的な支配が勢い余っていて、そのような事態に陥ったようだった。彼は極道者で、仕切りたがりだった。 しかしよくあるようなことだが、彼はとても面倒見が良かった。 「犯人探し」というのは、ある特定の人物の服がボロボロに切り裂かれたり、部屋から [続きを読む]
  • #01 入寮したきっかけ
  • 2015年12月31日。 年越しをまさか留置場で迎えなければならないなんて当然思ってもみなかった。新潟の冬は厳しい。とにかく寒くて仕方がなかった。 年末年始は警察官も留置する人数を意識的に減らしているらしい。師走だ。 私が勾留されていた留置場は全て個室で、1階が13部屋、2階が15部屋くらいの、比較的中規模程度の施設だった。1階の「8室」に私は入れられていた。官や他の留置されている人たちには「ハッシさん」 [続きを読む]
  • #xx 小学生の時分
  • この記事の所要時間: 約 2分35秒人と同じ事を同じように出来なかった。思うようにいかなかった。 小学生の時分。 ある時、日直をしていて、異変が起きた。司会進行のようなことをしていたときに、異常な緊張状態になり、突然声が出なくなった。私は激しく焦り混乱し、あ…あ…あ…と言葉を続けて発することが出来なくなった。 そんなことがあってから、人前で話すことに大変な苦痛を伴うようになり、私は寡黙な人間になった。国 [続きを読む]
  • #04 (入居中)2016年7月のメモ
  • この記事の所要時間: 約 1分46秒何かと芸能界で著名人が薬物に関することで逮捕されたといったニュースが連日のように報道されている事はご承知の通りだ。おかげで2016年7月現在、DARCへの講演依頼の問い合わせがにわかに増加している。中学校、高校などから依頼されるのだ。 講演において難しいところは、薬物に関する詳細な情報をメッセージとしてしまうと、相手に薬物に対して興味を抱かせることになってしまうので、少 [続きを読む]
  • #03 生活
  • この記事の所要時間: 約 2分9秒規則正しい生活を送らざるをえない。07:00 朝食07:40 処方薬・生活費(1日700円)配り08:30 DARCミーティング10:00 ミーティング終了、掃除11:30 昼食12:00 処方薬配り13:30 午後のプログラム15:00 プログラム終わり16:30 夕食17:00 処方薬配り19:00 NAミーティング20:30 ミーティング終了22:00 就寝基本的にはこのような生活だ。私が居た施設は元旅館を買い取ったものだったので、あらゆるタ [続きを読む]
  • #02 初めてのミーティング
  • この記事の所要時間: 約 2分0秒入寮直後に「ダルクミーティング」という施設のメンバーのみで行うミーティングに参加して面食らった。「犯人探し」の場となっていたからだ。その当時はロボさんによる威圧的な支配が勢い余っていて、そのような事態に陥ったようだった。彼は極道者で、仕切りたがりだった。 しかしよくあるようなことだが、彼はとても面倒見が良かった。 「犯人探し」というのは、ある特定の人物の服がボロボロに [続きを読む]
  • #01 DARCに入寮したきっかけ
  • この記事の所要時間: 約 2分47秒2015年12月31日。年越しをまさか留置場で迎えなければならないなんて当然思ってもみなかった。新潟の冬は厳しい。とにかく寒くて仕方がなかった。年末年始は警察官も留置する人数を意識的に減らしているらしい。師走ですからね。私が勾留されていた留置場は全て個室で、1階が13部屋、2階が15部屋くらいの、比較的中規模程度の施設だった。1階の「8室」に私は入れられていた。官や他の留置されて [続きを読む]
  • #01 DARCに入寮したきっかけ
  • この記事の所要時間: 約 2分51秒2015年12月31日。年越しをまさか留置場で迎えなければならないなんて当然思ってもみなかった。新潟の冬は厳しい。とにかく寒くて仕方がなかった。年末年始は警察官も留置する人数を意識的に減らしているらしい。師走ですからね。私が勾留されていた留置場は全て個室で、1階が13部屋、2階が15部屋くらいの、比較的中規模程度の施設だった。1階の「8室」に私は入れられていた。官や他の留置されて [続きを読む]
  • はじめに
  • この記事の所要時間: 約 0分14秒 私はうつ病であり依存症だ。依存薬物はブロンと云われる咳止めで、これがもうどうしようもないくらいの量を飲むようになってしまって、色々なことが上手くいかず、シャバの最底辺に堕ちた。そこでの生活を、備忘録としても、書き記していこうと思う。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …