kitakyumamoru さん プロフィール

  •  
kitakyumamoruさん: エコタウン事業を知る会
ハンドル名kitakyumamoru さん
ブログタイトルエコタウン事業を知る会
ブログURLhttps://ameblo.jp/kitakyu-mamoru/
サイト紹介文エコタウン事業を知る会は福島で原発事故を経験したことや、焼却炉の危険性を伝えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/03/24 02:21

kitakyumamoru さんのブログ記事

  • 更新久々
  • 昨日、やりましたね。北朝鮮。北朝鮮のミサイルの残骸と、一般人が撮ったミサイルの動画の報道を待ってます?元自衛隊ではなく、現自衛隊の具体的な説明が欲しかった。さて、先ほど久々に小説の続きを書きました。小説の内容を色々整理して、解説を一度書かなきゃと思ったのですが、そうすると、日々の暮らしの中で書いていくには無理があり、このように止まってしまいました。見たことを客観的に書くことは、思ったより険しい道 [続きを読む]
  • 普通の暮らし26
  • 浅田の活動に賛同した人の中には当然こんな人もいた・・イベントを通して、原発反対を訴える活動。その人からのメールを読み返すとこんな内容だった。真子さん!ライブカフェ「DO」で上演します!今回はオーギさんの生演奏が聴けますよ〜私は制作と舞台監督と照明を担当し、作品内容も3人で練って来ました。チェルノブイリ原発事故、東海村でのJOC臨界事故、バグダッド、パレスチナ、イラクなどの犠牲者たち・・・世界で起こり [続きを読む]
  • 告白2小説用メモ
  • 暫くフリーズしてたけど、投稿できっかな?パソコンが古いからかもしれません。お騒がせしました。 告白2 自分用に、当時のことをメモってます。興味ない方はスルーしてください。 鹿島JV二重契約問題を取材したH女子についての記憶。その他思い出したことを当時反対運動にかかわった人たちのメモです。 これらのメモから読み取れるのは、 1:協力者として反対運動に入り込む工作員がいるということ。 2:勉強会やイベントは諸 [続きを読む]
  • 暫くメモる(1)色々
  • 告白1 思い出してみよう。一人一人の記憶を書き出してみると、事実が浮かび上がってくるから。ということで、 少しの間、小説を休んで、このブログをメモの代わりにします。あ、でも、小説用のメモですよ〜 興味のない方は、スルーしてください。 ーーーーーーーーー 私は神子さんほどには鹿島JV二重契約問題を電話取材したH女子と深い接触はありません。 私は、当時がれき反対運動の中心にいた北九州市民N氏(反対運動の中 [続きを読む]
  • ADRってどうなの?
  • 長い間、ブログもツイッターも滞っています。 バイト生活とその合間に情報開示した文書が開示されたり、その内容について質問したりしていると、午前中なんてあっという間に過ぎてしまいます。 ADRも和解案来たしね。何だこれって内容です。 一応元気です。 ADRってなんだろうね。 日本には企業を罰する法律もないし、 放射能をばらまいても、 土壌が汚染されても そのことについて、罰する法律がないから ほんとーに泣き寝入り [続きを読む]
  • 普通の暮らし25
  • 北九州職員との「ガレキ受け入れに関する公開質問」が開かれる3週間前、 真子が11月末から丸4か月取材を受けた番組が放送された。(4月中旬) 番組は、震災後の浅田さんの活動を追ったドキュメント。 浅田さんの活動は、 宮城の家族と、真子の家族の支援活動だった。 真子は、プロデューサーの残間さんから宮城の家族も追っていることを聞いていたが、詳しい内容は放送されるまで知らなかった。 番組が放送される少し前、 [続きを読む]
  • 普通の暮らし24
  • この黒川との会話の一部始終を 同じ自主避難者である外山に打ち明けた。もう黒川には頼れない、自分たちで何ができるか考えよう、ってことになったが、 ウチらは素人で、何も分からないから、取り敢えず同志を集めることにした。 結局、またお話会を開催して、人を集めようということになった。 3日連続のお話会の最終日に、会場に来てくれた北九州市民から手伝うという申し出があったということだった。 先ずは、その三人に連 [続きを読む]
  • 普通の暮らし23
  • 真子は自主避難であったため、住居は災害避難ということでf福島県から家賃分の補助を受けられ、借り上げ住宅に入った。でも真子が住んでいた場所は、原発事故の避難区域ではなかったため、国や東電による生活保障はなかった。だから関東からの自主避難者はいわき市と同じくらいの土壌汚染があっても、借り上げ住宅もないし、その生活も覚悟も私以上に必要だったろうと想像した。真子は、今日のお話会で、自分と同じ境遇である自主 [続きを読む]
  • 山本節子先生の勉強会の紹介(三重:桑名市・愛知:一宮市)
  • 今日は小説お休みというか、イタリアでワクチン強制の法律ができたっつーんで、危機感を覚えましたので、三重と愛知で行われるワクチン勉強会を紹介します。 イタリアと言えば・・・私も若いころ下手くそで非現実的だったけど、イタリアに留学したいなーって勉強を続けていた一人なので非常に複雑な思いです。 独身の頃、約一か月近くイタリア辺りを旅行したんだけど、町の換金場(当時はまだリラだった)のおねーさん(おばちゃ [続きを読む]
  • 普通の暮らし22
  • 「311さよなら原発北九州」の壇上で感じた凍り付いた空気、避難を支援してくれた浅田さんの家で感じた凍り付いた空気は同じものでした。 3分間スピーチが終わり、他の人が話している時、隣に座っていた女性から名刺を渡された。 名刺には外山恵美「Chjld of the future」と書いてあった。 僅かな時間だったが、外山さんから、 北九州市議会は全会派石巻瓦礫の受け入れに賛成であること。 この集会の参加者の殆どは石巻ガレ [続きを読む]
  • 普通の暮らし21
  • 2012年3月11日、 真子は福島からの避難者ということで、「さよなら原発北九州」で3分間スピーチした。 真子のスピーチの概要はこんな感じだった。 まさか、がれき受け入れに反対することやがれき受け入れの問題点を指摘すること、福島のお母さん達ががれき受け入れに反対であることを言ってはいけないなんて知らなかった。 バカみたいにケロッと避難してきた経緯を簡単に話したあと、 「石巻の震 [続きを読む]
  • 普通の暮らし20
  • 真子が北九州に避難して、まる2か月が過ぎ、バイトも決まり、少しずつ日常を取り戻そうとしていた時 いわきの友人からメールで「北九州市が石巻の震災瓦礫を燃やす」ことを知った。寝耳に水・・・・・ 真子は北九州の支援者に問い合わせる前、ネット上で北九州の放射能汚染について少しは調べた。 ネット検索すると、 千葉の産業廃棄物を北九州にある影和製鋼という会社で燃やし、付近住民が鼻 [続きを読む]
  • 次から小説普通の暮らし〜北九州編始めます。
  • 小説普通の暮らし福島編終了しました。1〜19http://ameblo.jp/kitakyu-mamoru/theme-10100828412.html 次回から北九州編に入ります。 今日は、もしこの小説を読んでくれている人がいたら、この先の話はかなり込み入っているので私のお話会の動画を参考に読んでもらいたいな〜って思い、動画の紹介をします。 英語字幕付き https://www.youtube.com/embed/TlWslcjHlPo" frameborder="0" allowf [続きを読む]
  • 小説普通の暮らし〜北九州編を書く前に(1)カンパの感謝
  • このブログを書いている塚本神子です。 小説普通の暮らし(1)〜(19)まで、何とか書き終えました。 文章を書くのは初めてなので、伝わっていない部分もあるかもしれませんし、わかりにくい部分もあると思います。 おまけに、小説を書いているってのに、面白くしようという気持ちがないので、ダラダラした文章にダラダラした内容で、つまらないと感じていると思います。(私自身、読み返すと恥ずかしいのだ)& [続きを読む]
  • 普通の暮らし19
  • 北九州?福岡?どの辺? 地図を見ると、九州の上の方。 北九州は、本州のすぐそばだった。 九州なんて行ったことないしなあ・・・ 暑いんだっぺか?雪は降らねーべな・・・ 福島県と言っても、東北の一番南で太平洋側のいわき市は冬比較的暖かく、年に1〜2度ぐらいしか雪は降らない。 そして、東北だから夏は涼しいのだ。 避難者支援の担当者は、「一度北九州の下見に来てください。 [続きを読む]
  • 普通の暮らし18
  • 自主避難先が中々見つからない中、 真子は避難することを決めても やっぱりウジウジ色々考えていた。 真子が子どもを連れて自主避難する場合は、離婚前提・・・・ そうなると、食べていかなきゃならないから、 真子は今の生活をすべて捨てて、経験したことのないことをやる覚悟があるかどうか自分自身に何度も問いかけていた。 「子どものためなら何でもできる。」「いやいやいや・・ [続きを読む]
  • 普通の暮らし17
  • 真子は福島の土壌汚染の測定値が広く世間に報道されるまで、少なくとも土埃が舞い上がる体育の授業と外の作業は拒否しようと決心していたが、とうとう土壌汚染の測定値は報道されることはなかった。 そして、放射能汚染からこどもを守ると思って入会した有志の会の掲示板では、とうとう放射能と共存するには〜とか、 放射能汚染は大したことないから、明るく生きる〜とかの投稿しか出来なくなった。 [続きを読む]
  • 普通の暮らし16
  • 真子が参加していた、こどもを守る〜という団体の分裂劇に戻る。この会は特に会費を徴収していなかったので、団体と呼んでよいのかわからない。 市民団体というより、市民・国民の有志。 会員のページには習院大学の教授、あと医師や弁護士、東京や四国、神奈川に住んでいる人もいた。 この有志達がやったことを具体的にいうと、 原発反対の署名活動や、学校給食に福島産を使わないよう要望した署名活 [続きを読む]
  • 講演会の動画紹介
  • https://youtu.be/LUrF-w2th6g米子市にも産廃建設の反対があります。この動画は、今年2月、山本節子先生の米子市講演会の動画です。……………………………………産廃のような公害施設が建設されたら、よほどの事があっても、その地域に住む人が立ち上がらない限り、止まりません。地元の住民が反対している人や止めようと事実を書いたビラを撒く人を監視するからです。私は北九州市に住んでいた約4年間、毎週、月曜、木曜、あと [続きを読む]
  • 普通の暮らし15
  • ガイガーカウンターで測定すると校庭には放射線量の高いところと低いところがある〜ってわかった真子は、友人たちと校長に児童を校庭で遊ばせないよう交渉することにした。しかし、校長は 「私も個人的には心配してますが、国が安全だと言っているので、外の活動を止めることはできない」 という答えだった。 「せめて、放射線量が高い場所にマークを付けてください」 と頼んだが、 「二桁以下の場所は [続きを読む]
  • 普通の暮らし14
  • 真子はロシア製のガイガーカウンターを手に入れた。取扱い説明書はロシア語で、さっぱりわからなかったが、電池を入れ、スタートボタンらしき場所を押したら、数秒後数字が出た。部屋の中で0.8ぐらいだった。0.4と低い場所もある。驚いたのは、屋内と屋外では倍ぐらい違うといわれていたから、いわゆる屋内退避していたら半分しか放射能を浴びてないと信じていたのに、屋内外で放射線量はほぼ同じだったことだった。ガイガーカウ [続きを読む]
  • (仮)普通の暮らし13
  • ん?メール・・真子と正反対の行動的な10年来の友人からだ・・・ 「Mako,おはよー。ガイガーカウンター手に入れたよ。一緒に測りにいかね?」 「ホント?行く行く。何時?」 「今来ればいいじゃん。家で待ってっから。」〜〜〜〜〜〜〜「すごい、行動的じゃん。どこで買ったの?」 「ネット。ロシア製。説明書がロシア語で分かんねぇーけど、だいじょぶだっぺ。」「行こ!他にも友達呼んでんだ。」〜〜〜〜〜 [続きを読む]
  • 放射線量上がってる?
  • この情報が正しくても、正しくなくても、知っておくのは大切なことだと思います。http://www.blackcatsystems.com/RadMap/?locale=japan放射線量が本当に上がっていても、土壌汚染があっても、日本は一切報道しない。何も知らずに放射能入りの水をたくさん飲んでも、誰も責任取らない。事故を起こした証拠だってあるし、放射能汚染を撒き散らしたのに、東電は罰せられないし、責任も取らない。そういう所に私たちは住んでいる。自 [続きを読む]