おじさん薬剤師 さん プロフィール

  •  
おじさん薬剤師さん: おじさん薬剤師の記憶(調剤薬局勤務)
ハンドル名おじさん薬剤師 さん
ブログタイトルおじさん薬剤師の記憶(調剤薬局勤務)
ブログURLhttp://okusuriyasan.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文調剤薬局薬剤師による薬の情報サイトです
自由文調剤薬局で勤務しているおじさん薬剤師の日記です。新発売のお薬や厚生労働省による今後の医療方針などの最新情報についての記事を掲載しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/03/25 15:12

おじさん薬剤師 さんのブログ記事

  • 多剤耐性肺結核治療薬“ベダキリン錠”の半減期は5.5ヶ月
  • 多剤耐性肺結核治療薬“ベダキリン錠”の半減期は5.5ヶ月ヤンセンファーマは多剤耐性肺結核薬“ベダキリン錠”を2017年4月25日に国内申請しました。ATP合成酵素阻害剤というこれまでにない薬理作用のため結核菌に対して強い殺菌活性が報告されており、世界40カ国以上で使用されています(海外での製品名はSIRTURO)。ベダキリン錠は “半減期(half-life)が5.5ヶ月“という特徴がある薬です。ベダキリン錠は腎臓からはほとんど排 [続きを読む]
  • 薬価制度の抜本的見直しについての具体案(平成29年5月23日)
  • 薬価制度の抜本的見直しについての具体案(平成29年5月23日)平成29年5月23日、政府の経済財政諮
    問会議において“薬価制度等の抜本的見直し・国保制度のインセンティブ改革”に関する資料が
    公開されました薬価制度等の抜本的見直し・国保制度のインセンティブ改革 style="display:bloc
    k" data-ad-client="ca-pub-9895868882188498" data-ad-slot="2108386167" data-ad-format="au
    to">平成29年第8回経済財政諮問会 [続きを読む]
  • 抗うつ作用を示すセロトニン3受容体の働き
  • 抗うつ作用を示すセロトニン3受容体の働き2017年4月25日、大阪大学のチームは脳の海馬において
    セロトニン3受容体がIGF-1の分泌を促すことにより海馬の新生ニューロンを増やすことで抗うつ作
    用を示すというデータを発表しました。新しいうつ病治療につながるセロトニン3受容体 style=&q
    uot;display:block" data-ad-client="ca-pub-9895868882188498" data-ad-slot="2108386167" data-ad
    -format="auto">5HT3受容体(セロ [続きを読む]
  • 先駆け審査指定制度の対象はaducanmabなど5品目
  • 先駆け審査指定制度の対象はaducanmabなど5品目厚生労働省は「先駆け審査指定制度」の対象5品目を指定しました。「先駆け審査制度」とは、対象疾患の重篤性など一定の要件を満たす画期的な新薬について、開発の早期段階から対象品目に指定し、薬事承認に関する相談・審査で優先的な取り扱いをすることで、承認審査の機関を短縮する目的とした制度です。通常の新医薬品の場合、12ヶ月を目標に審査を行っているところ、この制度を活 [続きを読む]
  • PTPシートから錠剤をバラす方法(錠剤のむきかた)
  • PTPシートから錠剤をバラす方法(錠剤のむきかた)調剤薬局では錠剤の分包機を利用して一包化を作成することがあります。その際にPTPシートの錠剤をバラす(錠剤をむく)ことが多々あります。15万円ほどで「錠剤バラスター」などの錠剤をバラす機械は販売されていますが、費用対効果を考えると機械を導入するほどでもないという薬局が多いように感じます。そこで今回はいろいろな人が錠剤をバラし終えたあとのPTPシート(殻)に注 [続きを読む]
  • かかりつけ薬剤師・薬局に係る評価指標について
  • かかりつけ薬剤師・薬局に係る評価指標について平成29年(2017年)3月30日付で作成された「かか
    りつけ薬剤師・薬局に係る評価指標」の資料が公開されました。1年後に控えている平成30年度の
    診療報酬改定への影響が気になるところです。かかりつけ薬剤師・薬局に係る評価指標について
    style="display:block" data-ad-client="ca-pub-9895868882188498" data-ad-slot="2108386167"
    data-ad-format="auto">平成28年度 [続きを読む]
  • 「抗微生物薬の適正使用の手引き第一版」が了承
  • 「抗微生物薬の適正使用の手引き第一版」が了承2017年3月27日、厚生労働省の厚生科学審議会感染
    部会で「微生物薬適正使用の手引き第一版」案が了承されました。 第2回厚生科学審議会感染症
    部会薬剤耐性(AMR)に関する小委員会 style="display:block" data-ad-client="ca-pub-98958688821884
    98" data-ad-slot="2108386167" data-ad-format="auto">抗微生物薬適正使用の手引き第
    一版内容は全45ページからなっており [続きを読む]