山根澪のブログ さん プロフィール

  •  
山根澪のブログさん: 山根澪のブログ
ハンドル名山根澪のブログ さん
ブログタイトル山根澪のブログ
ブログURLhttp://mio-aqui.blogspot.jp/
サイト紹介文山根澪のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/03/25 09:49

山根澪のブログ さんのブログ記事

  • 「言葉の表出、春合宿2017」未公開文章。
  • 「言葉の表出、春合宿2017」が終わりました。合宿では、それぞれが書いた文章を最後に全員で読みます。それで、わたしも一つ読んでもらったんですが、これはそれが書ける前に書いたものです。だから「未公開文章」って書いてみたけど、読んでもらったやつもそこで読んでもらっただけで公開はしてないからそれも未公開か。これを書いて思ったのは、結局絵についてはなんか書ききらないといかんのやな、ということで、そっちの方へ舵 [続きを読む]
  • 4月20日「さとしとあすかのなんかピアノとかやる」のご案内。
  • 「未だ見たことないピアノの会ってイメージ」で描きました。東京で「人差し指ピアノのワークショップ」という即興のピアノワークショップをしてたりするさとし(中尾聡志さん)と、大阪でピアノ教室をしたりしてるあすか(山本明日香さん)がピアノを弾いたり、話したりします。ピアノは、わたしは小さいころ何年か習っていて、なんか嫌だったらしく結局泣いてばっかりであるとき辞めました。ピアノがある近所の祖母の家に練習し行 [続きを読む]
  • 3回目の「絵を描く会」を終えて。
  • 作品です。北村紗知子さんを描かしてもらいました。話していて「同じ人を描いたとは思えない。」という声も。確かに。3回目の絵を描く会が終わりました。今回、描いている途中か、話しているときかどこかで、これは絵を描くことの即興かもと思いました。それは、普段自分が制作と思っているものと違うものがこの場にあるからで、でも「どこかどう即興なんです」とも今は言えず、「即興です」と書き切ってしまうほどの強さもまだな [続きを読む]
  • 第2回「無為の共同体」ゼミが終わって。
  • 昨日は「無為の共同体」ゼミ。やっぱり難解で、結構全力やけどなかなか歯が立たない。特に細部を読み込もうとすると無理がくる。最後の方で、この人の書き方は講演とかで聞けば分かった気になれるけど、読むと難しいんではと、隆が言う。ゼミでは珍しく音読してみると、確かになんとなく分かった気になれた。しかも、わたしはどちらかというと音読苦手なのに、読みやすかったし、喜んで読んでしまった。ゼミも終わってから話してい [続きを読む]
  • 「日本国憲法をバカ丁寧に読む会」の6回目が終わって。
  • 「日本国憲法をバカ丁寧に読む会」の6回目から一晩明けて。昨晩は随分興奮してしまったけど収まってきました。5回目の前回は、「面白かったー!」と興奮したけど、今回は恐怖です。読んだのは「財政」と「地方自治」。「地方自治」は現行憲法がわかりにくい。条項も4つのみと「国会」や「内閣」と比べると格段に少なく、「地方自治」に関しておそらく模索段階であったろうことがうかがい知れます。例えば、現行憲法に地方自治体 [続きを読む]
  • シロのビンブタ早開け。
  • 天才変態猫・シロが瓶蓋を開ける様子をついに撮影成功。おひょひょひょひょ。ちなみに、「おひょひょひょひょ」というのは、シロが歩く際に自分で発する効果音。猫の鳴き声らしからぬ声で鳴く。瓶は、空いたのに、餌を手で出すことができない年長猫のしっぽ。こりゃ手じゃ無理だと、無理やり頭を突っ込んだとこで、撮影者がびっくりして、撮影終了。 [続きを読む]
  • 聖書と絵画。
  • 去年から少しずつ、聖書を読んでいる。ずっと西洋美術を勉強してきたわけで、聖書を知らないってそろそろどやねん、読んだら西洋美術がもっと分かるかもしれない、と思ったからだ。あんまり簡単に読み進められる書物じゃなくて、随分時間が経って少ししか読めてないけど、やっと気づいたのが、宗教画の前に聖書が、思考が、言葉があったということだった。聖書があり、もし書物にまでなってなかったとしても聖書のもとになった口伝 [続きを読む]
  • 春の模様替え。
  • 気がつくと模様替えを始めていた。さっき一段落して、まだ完成した感じからは遠いから、またなんかやる可能性は高い。でも今日のところはオッケイ。まるネコ堂は、来る度にものの配置が変わると、ちょくちょく言われていて、自分の性質というよりは隆の性質ではないか、と思っていたけど、この模様替え衝動は相当自分のものだった。多めに人のせいにしてたようでした。もう必要なくなったものを処分しながら、配置を整える。今やっ [続きを読む]
  • re-bound
  • 1週間ほど前とは、一変してえらいハイになった。精神にもリバウンド、あるんやねと思って、このハイな感じはこのハイな感じで身に覚えがある。えらい喋るなーと気づいたときには、身体のなかでハムスターの回し車みたいなんがくるくるくるくる回っていて、それがまさに回し車みたいで、出力装置とうまい具合につながってないからほとんど回ってるだけ。結構話して、でも自分で定めることができなくて、語尾まで行って自分をしっか [続きを読む]
  • 2月25日の「絵を描く会」。
  • 「絵を描く会」、終わりました。今回は、絵を描いた後、作者は説明をせずにタイトルだけつけた状態で描いたものを発表。説明なしで絵を見た自分以外の人が何を思うのか、緊張もするけれど、それをそのまま聞けるのは面白い嬉しい。自分がやろうとしていることがどんなふうに、どれくらいそうなっているのか、わかる感じもあり、思わぬところで自分の意図が現れていたりする。今日描いたものは、描く前にした話のなかから描こうと思 [続きを読む]
  • 夜の遠さと、死の遠さ。
  • 珍しく10日間ほどあんまり動けなくなっていた。知らない間に疲れが溜まって力尽きたって感じで、珍しいと言えど、子どもの時にはよくあったことだったし、もっと長い期間そうなり続けていた。そういうときは時間の流れが変わってしまう。自分を前へ引っ張ってくれていた気がする未来みたいなものがなくなって、停滞している。朝起きたら普通に着替えられる自分を思い出すと別人のように感じる。本当に、時間が変わってしまってい [続きを読む]
  • 燃費が悪い人。
  • わたしは燃費が悪い。人より食べる方だと思うけれど、太らない。小さいときはどちらかと言えば太る方だったので、いつの間にか燃費が悪くなった。いったい何に燃料を消費しているのかよくわからない。いわゆるドイツ車みたいな、厚い装甲。どこにあるんや。この冬も、いつもどおり燃費が悪い。身体の中から熱が起こってくるなんてこと食べてもほとんどない。食料のみならず、灯油をストーブで燃やして、外からも温めて、身体をなん [続きを読む]
  • あまり聞いたことがない食事の話。
  • 割りと小さいときから便秘に悩まされることが多くて、どうやったらそうならなくなるのか考えたり、アドバイスをされたりした。よくあるのは食物繊維を取る、つまり野菜を沢山食べる、だとか水分を十分に取る、とか。そういうのは功を奏したことがなくて、結局今のところ生活するなかで上手くいったときのことを覚えていて、「危ない!?」と思ったらそういったことを試すから、今はあんまり困らなくなってきた。極端な言い方をする [続きを読む]
  • 「言葉の表出、夏合宿 2017」をやります。
  • 言葉による表出(表現)に挑む「言葉の表出、夏合宿2017」です。まだまだ寒い盛りだけど夏合宿開催が決まりました。夏は体感としては遠いんですが、夏か、今年中くらいには書き上げたいものがあるので合宿のことが開催までもずっとある、という感じがしています。感じることや、考えることは、ゆっくりと時間をかけて進んでいくように思いますが、書くことはそれなりの圧力をかけて押し出さないと出てこない。のんびりと圧力のただ [続きを読む]
  • 南へ。
  • 沖縄に行った。いとーちゃんという友達がいなかったら、何度も行かなかっただろうという沖縄に、いとーちゃんを訪ねて2回目の訪問。もう、沖縄といえばいとーちゃんなのか、とにかくいとーちゃんといとーハウスなのか、いとーちゃんがいない沖縄といる沖縄は全然違ってしまった。いとーちゃんと合流前に、国際通りをうろついて、いったいどこに来てしまったんだ、という気分になるようなところが沖縄。ある日の夜は、晩御飯にトマ [続きを読む]
  • 製本の本を買った。
  • 製本の本を買った。数年前。そしてしばらくして製本はしなくていいだろう、と思ってその本は「もらってくださいボックス」に入れた。だから、やっぱり本か、と思ったとき、あ、と思ったけど、結局その本では作らなくなったのだから、と思って新しく本を探すことにする。いくらか持ってたはずの製本の道具も、もう持っていないだろう。こちらは、何をどうしたのか全く覚えていない。と、ひとしきり浅い後悔をした後、と書いてみたけ [続きを読む]
  • 「青木亭 モノポリー食会」をやります。
  • モノポリーと食会です。前回の青木亭食会で次はモノポリーもやろう、ということになりモノポリー食会です。青木家では定番のゲームらしい。うちはモノポリー初めて。不動産取引をするボードゲームのようです。楽しみ。モノポリー食会、やろうやろうと言っていたんですが、去年の末から親知らずを3本抜くことになり、なかなか計画を立てる気分になれなかったんですが、2本目の抜歯から回復してきたらやっと日程が決めれました。あと [続きを読む]
  • 「絵を描く会」のご案内。
  • 初めての「絵を描く会」を終えて、2月から6月まで月1回開いていきます。===「絵を描く会」、初めての会が終わりました。誰かと同じ空間で描き、絵を話すということに懐かしさと、でもこれは違う、今までやったことのないことをしているという感覚がありました。「上手く描く技術のためでもなく」と案内に描いたにも関わらず、技術を語らないことへの漠然とした不安があり、それは多分、わたしが結構な時間を技術や道具の使い方 [続きを読む]
  • 初めての「絵を描く会」を終えて。
  • 初めての「絵を描く会」を終えました。参加してくださった方、興味を持ってくださった方ありがとうございました。誰かと描き、そして話すということを久しぶりしてるなーということを思ったり、そういえば、この日とは違う感覚で思い出されるけれど、かつてそんなことが普通である環境に長らくいたんだなーということを思ったりしました。絵を描く人も普段は描かない人も来てくれて、私が持っていた木炭やらの画材を見て、どんなも [続きを読む]
  • 「言葉の表出、春合宿 2017」をやります。
  • おかげさまで満席となりました。キャンセル待ちを受け付けています(2017年1月15日現在)。-----告知の時点でキャンセル待ちなんですが、春もやります。===言葉による表出(表現)に挑みます。「書く」ことです。小説、詩、随筆、戯曲、映画脚本、評論、論文、歌詞、キャッチコピーなど言葉の表出であれば何でも。大量の「ナニカ」を費やして、ほんの少しでも表出できたらそれはすごいことだと思います。自分の言葉を自分の表に [続きを読む]
  • 1月7日‐1月9日。(1月13日)
  • 今日まで2泊3日、隆が家にいなかったので、ネコと暮らしていて、その間に会ったのは隣のおばちゃんと、四つ葉の配達のにいさんくらいだった。大きい仕事は今はなかったので、いろいろやりたかったけど出来なかったことをやり、更にここぞとばかりに数年の間、忘れたり、生かしたりしながら描こうと思ってた絵の方を向いてみた。ぱーちゃんが日記で「言葉の表出冬合宿」に関して、書くことに関する筋肉がちょっと鈍った感じがして、 [続きを読む]