とど さん プロフィール

  •  
とどさん: とどのパラレルワールド
ハンドル名とど さん
ブログタイトルとどのパラレルワールド
ブログURLhttp://xn--gdkp6eiaew8h.xn--o9jc.com/
サイト紹介文パラレルワールドとケン・ウィルバー、ドラゴンボール&リボーン、ジョン・タイターなどを統合してみました。
自由文ネットが1000円!?
世界が滅亡|д゚)
ハラハラドキドキのSF冒険記!
「宇宙(そら)の冒険」

小銭がぴったし!?
パラレルワールドから導く 類稀なる恋愛物語!!
「太陽(ヒカリ)に届(とど)け!」

う〜んと果てへ!
はるか遠い未来の世界、過去へ、創発の彼方へ!
遥と潤は何を見る!?
「エマージェンス・サイド」 好評連載中(≧▽≦)♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/03/25 20:53

とど さんのブログ記事

  • すすむ☆彡 ぶつかる? うまれる(・∀・)♪ - [Q:476] 英雄(え〜ゆ〜)の旅
  • あい「だから、もっと、データは取るべきねっ。別に、パパさんがどっちに転ぶのであれ、人は前に進んでいくからぶつかる。」そ〜「あの?生まれて・・・?発言は、進んだから壁にぶつかった。簡単に言っても、意外な発想や事実がそこに隠されているだろうから、次の瞬間、もう二度と同じ人生の空気感で無くなるかもしれない。そしてそれは、基本的には?確かな失わない安定した自由な実感?が根拠♪」 [続きを読む]
  • やっぱりすてきなお話 - [Q:474] 英雄(え〜ゆ〜)の旅
  • そ〜「そうなんだよ。奇跡の天使が降りてきた、だから冒険をはじめよう。それでもイイ。でもそうじゃなくてもいい。痛みを感じる。それは、自転車に乗っている時ですら、多角的に感じ得るもの。ただ、これから始まるストーリーは、きっと、好きなことをやることを信じることができなかった人の、好きなことをやりたいから信じられるようになったっていう、やっぱりすてきなお話なんです。」 [続きを読む]
  • 次元違いでも?ご近所? - [Q:472] 英雄(え〜ゆ〜)の旅
  • 衛星長ちゃん「きっと、そうなれば、父はもっと苦労して苦しむんじゃないかって思うんですけど、たぶん、僕らは100000000000年も先の未来人にはなれないから(^^♪ そういう文化の違いに比べたら、父も私も、まだ青年の父でさえも、そこまでの違いは無いです。たとえあなたたちヒーローさんたちが加わってもね!」 [続きを読む]
  • ゆったりと 広い - [Q:469] 英雄(え〜ゆ〜)の旅
  • 衛星長ちゃん「ですので、もう答えは見つかりました。でも、私はまだ生きています。何かやりたいと思いました。あのたった一言で、彼の空が目覚めました。そう、何もないところに――。その出来事が、むしろ、それでよかったからこそ、ノリで、父に会ってあげてほしいのです。そしてさりげなくでいい。ああいう父を、もっと若いころに、道を示してあげてください。そしてそれは――」 [続きを読む]
  • 数十年遅れての?春? - [Q:464] 英雄(え〜ゆ〜)の旅
  • 衛星長ちゃん「果てしないと感じる、そのプレッシャーの後に、私は初めて自由とは何かということを感じ始めました。それは、数十年遅れての青春だったんです。ちょうど、父が、病を患ってそして人生に意味は無いのではないかと考え始めた頃です。頑張って頑張って、そんな尊敬できる父が、これまでの人生を振り返ってこう言ったから。?生まれてこなければよかったな?」一同「!!!」 [続きを読む]
  • 鈍かった - [Q:463] 英雄(え〜ゆ〜)の旅
  • そ〜「でも、人生とは微妙なもの。有名になりたい場合もあるし、これが幸せだって思うこともある。けど」衛星長ちゃん「はい。私も父も、お恥ずかしい限り生真面目で、ほんっとうに不器用で鈍かったんです。そして大統領を辞職した後、本気で思いました。私は、今幸せではないのだと。」じょ〜「たぶん、昔見た少年漫画のような生き方がしてみたかったとか、そういうものの影響とかあっちゃったりするんだね。根幹のところでさ。」 [続きを読む]
  • ここ(ろ)は なんだろう? - [Q:458] 英雄(え〜ゆ〜)の旅
  • 衛星長ちゃん「もちろん、わたしは、時が戻らないのが人生だ、何もかも無かったことにできる人生なんて、生きていないのと同じだ、と言いましたし、父も完全に同意見でしたので。」そ〜「運命になぞらえて、一歩一歩生きるしかない、と。」あい「でも、なぜだろう? 何か、ある気がしたのよね? 時が戻らなくても、それでも、まだ何かが。」 [続きを読む]
  • 尊敬するパパさんの夢 - [Q:457] 英雄(え〜ゆ〜)の旅
  • あい「お父上様は、毎回ため息をついていたんだ。まるで出会えなかった恋人にいつの間にか愕然とするように。」衛星長ちゃん「はい。まさに。あいさんとじょ〜さんは、本当に仲睦まじい、もしお父上が、あなた方のような世界に居たら、きっと、ちょっと違った・・・そう、きっと。」じょ〜「お父上は、音楽がやりたかったんだろうね。」 [続きを読む]
  • セツ(ないキモチでココロぼう)ボウ!? - [Q:456] 英雄(え〜ゆ〜)の旅
  • じょ〜「なるほどね。歌のヒットランキング、あれって、有名渇望を掻き立てるもんね。僕らの世界ではもうこういったお遊びは控えられているんだけれど、昔はそういった熱狂が凄くて、インターネット上で、ヒットチャートのことで毎回荒れ議論していたらしいんだよね。」衛星長ちゃん「はい。実は私の父は、有名になりたかったと言いましたが、正確には、そういう競争がいやだとも、羨ましいとも言っていましたからね。」 [続きを読む]
  • 今歩く眺め - [Q:455] 英雄(え〜ゆ〜)の旅
  • 衛星長ちゃん「有名になるということ自体は、決してそれそのものに価値があるものではなかったのです。」そ〜「うん。ロードバイクに乗ってみたけど、正直すっごく楽しかった。でもこれって、有名になることだけを目的にしてしまうと、味わうことを見落としてしまう道なのかも。」衛星長ちゃん「父はずっと言っていました。いいえ、眺めていたんです。ギターを、ライブハウスを、そしてオリコンチャートを。」 [続きを読む]
  • もっと? この方法は? - [Q:453] 英雄(え〜ゆ〜)の旅
  • 衛星長ちゃん「言うほど父はしあわせではなかったようなのです。僕はずっと言いました。?父上は立派な研究チームになって成果をあげました。誇りです。僕は、父上の研究を尊敬します。そしてきっと有名になって世界のために役立ててみせます。?」じょ〜「ある意味では、青年のスチールウールのような、燃え滾るじょ〜熱の化学反応だったんだ・・・。」 [続きを読む]