タグ・ジェニングス さん プロフィール

  •  
タグ・ジェニングスさん: 野球の話
ハンドル名タグ・ジェニングス さん
ブログタイトル野球の話
ブログURLhttp://yakyunohanashi.blog.fc2.com/
サイト紹介文オリックスファンの野球のお話です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2015/03/25 22:28

タグ・ジェニングス さんのブログ記事

  • オリックス vs. 西武 4回戦 金子千尋完投勝利、カード勝ち越し決める
  • 4月26日(水)オリックス vs. 西武 4回戦オリックス 4 - 3 西武オリックスの金子千尋は序盤から今季最高とも見える好投、西武の高橋光成も若干荒れ球ながらも好投し、中盤まで0-0と投手戦となります。5回にオリックスが集中打で4点先制するも、直後に西武も3点取って追い上げますが、金子千尋が1点リードを最後まで守り切って完投勝利をあげました。金子千尋は立ち上がりから今季最高の投球を見せました。味方打線も高橋光成に封じ [続きを読む]
  • オリックス vs. 西武 3回戦 T-岡田爆発、接戦を制する
  • 4月25日(火)オリックス vs. 西武 3回戦オリックス 5 - 4 西武不安定な西武の多和田を打ち込んでオリックスが序盤で4-0とリードを奪いますが、西武打線も5回にディクソンをつかまえて一挙4点で同点としました。しかしその直後にT-岡田の本塁打でオリックスが勝ち越し、以降を救援陣の力投で抑えて逃げ切り勝ちとなりました。西武の多和田は真っ直ぐは勢いがあり、スライダーもかなり切れ、素質の塊みたいな投手だと思っているので [続きを読む]
  • ロッテ vs. オリックス 5回戦 山岡好投も無得点で敗北
  • 4月23日(日)ロッテ vs. オリックス 5回戦ロッテ 2 - 0 オリックスオリックスの山岡、ロッテの唐川の両先発投手が好投して投手戦となりますが、ロッテは内野ゴロの間の得点で先制、さらにもう一度内野ゴロで1点取り終盤まで2-0でロッテのリードで進行します。結局そのままロッテに逃げ切りを許し、オリックスの連勝が止まりました。山岡は8回まで一人で投げ切って、94球、被安打5、与四球2と好投しました。残念ながらまたも援護に [続きを読む]
  • ロッテ vs. オリックス 4回戦 小谷野の職人技が5連勝を呼びこむ
  • 4月22日(土)ロッテ vs. オリックス 4回戦ロッテ 3 - 4 オリックスオリックスの西、ロッテの涌井ともによく粘って接戦となりますが、オリックスは6回にT-岡田の本塁打で3-3の同点に追いつき、7回に小谷野の適時打で勝ち越し、そのまま逃げ切り勝ちとなりました。西は2回に福浦に粘られて四球を出し、そこからつかまって2失点と先制を許しました。4回表に追いついた直後、ダフィーの三塁打から1点失って再度勝ち越しを許し、苦しい [続きを読む]
  • 日本ハム vs. オリックス 5回戦 金子千尋好投&一発攻勢で快勝
  • 4月20日(木)日本ハム vs. オリックス 5回戦日本ハム 4 - 8 オリックスオリックスの金子千尋、日本ハムの加藤ともに好投して6回まで2-1で日本ハムリードとロースコアの展開となりました。7回に宮?がこの日2本めの本塁打で突き放してオリックス打線に火が灯き、終盤に加点してオリックスが快勝しました。金子千尋は初回先頭打者に四球、その走者を近藤の適時打で還されていきなり先制されます。その後も2回と4回にも先頭打者四球 [続きを読む]
  • 日本ハム vs. オリックス 4回戦 ディクソン開幕3連勝
  • 4月18日(火)日本ハム vs. オリックス 4回戦日本ハム 1 - 3 オリックス両軍の先発投手が粘り強く投げ、ディクソンは6回1失点、高梨も7回2失点と好投します。オリックスは9回に貴重な1点を追加し、救援陣も無失点で繋いで逃げ切りました。ディクソンは初回に連打で1点失いましたが、以降は日本ハムの拙攻にも助けられて以降点を与えず、6回1失点でした。最高の投球には程遠かったですが、ディクソンらしくよく粘りました。日本ハム [続きを読む]
  • ソフトバンク vs. オリックス 1回戦 金子千尋92球無四球完封
  • 4月14日(金)ソフトバンク vs. オリックス 1回戦ソフトバンク 0 - 9 オリックスソフトバンク先発の中田は乱調で、オリックス打線がつかまえて序盤から大量リードを奪います。オリックスの金子千尋は援護点を背にスイスイと、わずか92球での完封勝利でした。今季3度目の先発の金子千尋ですが、前回、前々回は本調子ではなくちょっと心配していました。しかし味方打線の早目の、それも大量の援護点に守られてどんどんストライクで攻 [続きを読む]
  • プロ野球個人成績についてのお話
  • 近年のプロ野球では球場のビジョンにも、テレビ中継の画面にも、個人成績が表示されるようになっています。勝敗だけではなく、個人記録もプロ野球の楽しみのひとつですから、こういったデータがすぐに確認できるようになっていることはとても良いことだと思います。ただし、表示される内容は昔ながらというか旧態依然というか、打者なら [打率] [本塁打] [打点] とせいぜい [得点圏打率]、投手なら [登板数] [防御率] [勝敗] [ホー [続きを読む]
  • オリックス vs. ロッテ 3回戦 山岡痛恨の逆転3ラン被弾
  • 4月13日(木)オリックス vs. ロッテ 3回戦オリックス 2 - 3 ロッテオリックス・山岡、ロッテ・西野の両投手好投で投手戦となりますが、6回にオリックスがT-岡田の一発で1点先制します。しかし直後の7回にロッテは細谷の3ランで逆転、オリックスは最終回に抑えの益田を攻めて1点差まで迫りますが、惜しくも届かず破れました。プロ入り初登板、初先発の山岡に注目が集まりました。6回まで0で抑えて、T-岡田の本塁打で先制した直後、 [続きを読む]
  • オリックス vs. ロッテ 2回戦 守備のミスから連勝ストップ
  • 4月12日(水)オリックス vs. ロッテ 2回戦オリックス 4 - 6 ロッテオリックスの松葉は守備に足を引っ張られたこともあり、自責2の6失点でした。ロッテのスタンリッジは悪いながらもなんとか試合を作り、試合は終始ロッテが先手を取る格好で4-6でオリックスが破れました。松葉は初回いきなり味方の失策で点を失い、その後残った走者を還されて苦しい立ち上がりでした。以降よく頑張ったと思いますが、4回にも味方に致命的なミスが [続きを読む]
  • オリックス vs. ロッテ 1回戦 止まらない6連勝
  • 4月11日(火)オリックス vs. ロッテ 1回戦オリックス 11 - 1 ロッテロッテの先発の石川は信じられないほど制球が悪く、オリックス打線がつかまえて序盤から一方的な展開になります。オリックスのディクソンは初回こそモタつきましたが以降スイスイと抑えて、試合はオリックスが11-1で圧勝しました。立ち上がりが不安なディクソンでしたが、今日も初回はピリっとしませんでした。ボール球が多く、四球からピンチを作って危うい雰囲 [続きを読む]
  • 2017パ・リーグ 3カード終了時点でのチーム記録を確認
  • 2017プロ野球、早いもので開幕から3カードが終了しました。ソフトバンクは別として、昨季の下位チームの楽天とオリックスが上位で、混戦を予感させるスタートとなりました。調子の良いチームも悪いチームもありますが、ここでパ・リーグ6球団のチーム記録を確認してみたいと思います。そこからここまでの戦い方が見えてくるかもしれません。▼順位表楽天の勢いとどまることを知らず、凄まじいまでの開幕ダッシュです。チャンピオン [続きを読む]
  • オリックス vs. 日本ハム 3回戦 西154球完封勝利
  • 4月9日(日)オリックス vs. 日本ハム 3回戦オリックス 2 - 0 日本ハムオリックスの西、日本ハムのメンドーサともに好投し、序盤から0-0で進行します。オリックスは5回に宮?の適時打で1点、7回に押し出しで1点追加し、西が一人で投げ切って完封勝利となりました。西は序盤はミットと違うところへいく球も見受けられたのですが、変化球の見逃し三振や、真っ直ぐを完全に振り遅れた空振りなど、緩急も効き、打者の裏をかく投球がで [続きを読む]
  • オリックス vs. 日本ハム 1回戦 金子千尋今季初勝利
  • 4月7日(金)オリックス vs. 日本ハム 1回戦オリックス 4 - 2 日本ハムオリックスの金子千尋、日本ハムの上沢ともに快調に立ち上がりますが、オリックスが2回にレアードの失策で1点、3回に西野の適時打とロメロの2ランで4-0と序盤で優位に立ちます。日本ハムが6回に2点返しますが、7回以降を継投で凌いだオリックスが逃げ切って勝利しました。前回四球連発でおよそらしくない投球だった金子千尋ですが、今日はまずまずの投球で6回2 [続きを読む]
  • 西武 vs. オリックス 2回戦 松葉好投で敵地連勝
  • 4月5日(水)西武 vs. オリックス 2回戦西武 0 - 2 オリックスオリックスの先発の松葉は安打を打たれても後続を断つ好投で8回無失点、西武先発の高橋光成も不安定ながら抑えますが、オリックスは4回に2点先制、試合は0-2のまま進行し、オリックスがそのまま押し切って勝利となりました。松葉はカウントを悪くして苦しむという場面がほとんどありませんでした。2ボールから3ボールにしてしまうことがほとんどなく、けっこう安打を打 [続きを読む]
  • 西武 vs. オリックス 1回戦 快勝で今季初勝利
  • 4月4日(火)西武 vs. オリックス 1回戦西武 3 - 7 オリックス両軍の先発投手が序盤に乱れる場面がありましたが、オリックスの先発のディクソンは次第に立ち直り、対して西武の先発の多和田はそのまま崩れ、結局オリックスは7点取って快勝となりました。初回のディクソンはボール先行で、悪い時の典型的な姿で心配しかありませんでしたが、2回から人が変わったように”いつものディクソン”に戻って試合を作りました。とにかく初回 [続きを読む]
  • オリックス vs. 楽天 3回戦 よもやの逆転被弾、開幕シリーズ全敗
  • 4月2日(日)オリックス vs. 楽天 3回戦オリックス 4 - 5 楽天オリックスが中盤までに4点先制、先発の西の好投もあり完全にオリックスペースで試合は進みますが、楽天が終盤に追い上げ、最終回にペゲーロが平野から逆転2ランを放って、オリックスは3連敗となりました。西は序盤から走者を出しても後続を断って、彼らしい投球でスキを見せませんでした。しかし8回に、先頭の嶋に粘られて結局安打を打たれて出塁を許し、次打者の茂木 [続きを読む]
  • オリックス vs. 楽天 2回戦 コーク乱調KO、開幕連敗
  • 4月1日(土)オリックス vs. 楽天 2回戦オリックス 4 - 13 楽天オリックスの先発のコークは乱調で3回途中でKO、楽天の先発辛島は好投し、試合は楽天が一方的な展開でオリックスを破りました。オープン戦絶好調で、おそらくベンチも不安なく送り出したであろう先発投手のコークですが、2回に二死からの連打で先制点を与え、3回は乱れてつるべ打ちに遭い、ノックアウトされてしまいました。ストライクを取るのに苦労するという状態で [続きを読む]
  • オリックス vs. 楽天 1回戦 澤田痛恨被弾、開幕黒星スタート
  • 3月31日(金)オリックス vs. 楽天 1回戦オリックス 4 - 6 楽天オリックスの先発の金子千尋は制球定まらず、5回4失点で降板しました。楽天先発の美馬は好投しますが、5回にオリックス打線がつかまえて3点返し、7回には濱矢からT-岡田が同点本塁打で4-4とし、9回まで決着つかず延長戦になります。11回表、澤田からペゲーロが2ランを打って楽天勝ち越し、その裏オリックスも走者を出して粘りますが、一本出ずに開幕黒星スタートとな [続きを読む]
  • プロ野球開幕前夜 登録メンバーや順位予想など
  • 待ちに待ったプロ野球開幕まであと1日となりました。開幕戦の第一球が待ち遠しくて仕方ないのですが、登録メンバーや開幕投手などを確認してみることにします。 とりあえず、12球団の開幕メンバーを確認してみます。表がちっちゃいですが、 で大きくなります。 日本ハムでは村田透が登録されています。AAAではやることがないほどの成績を残しながら、メジャーの壁に阻まれたという格好ですから、当然と言えば当然の一軍か [続きを読む]
  • 背番号のお話〜その2
  • この背番号ならこの選手!というイメージは、長嶋茂雄やイチローは別として、人それぞれかもしれませんね。世代やひいきチームによっても変わってくると思います。今回は、あくまで私の中のイメージですから、個人や世代によっては「何だそれ」も含むとは思いますが、各背番号の代表だと思う選手を書き出して表にしてみました。※関連記事 : 背番号のお話#1位次点コメント0長嶋清幸川相昌弘1王貞治若松勉次点は迷います。2高橋慶 [続きを読む]
  • 背番号のお話
  • 毎日オープン戦があって、本当に開幕間際で楽しい毎日ですが、ここで開幕展望的な話とは全く関係のない、背番号のお話をしてみます。関連記事 : 背番号のお話〜その2WBCを見ていて再認識したのですが、NPBとそれ以外のリーグでは背番号の取り扱いがちょっと違いますね。取り扱いというか、NPBでは一桁=野手、10番台=投手というような、守備位置や選手のタイプによってよく使われる背番号というのがだいたい決まっているんですよ [続きを読む]