wtabi さん プロフィール

  •  
wtabiさん: こんなところに行ってきた
ハンドル名wtabi さん
ブログタイトルこんなところに行ってきた
ブログURLhttp://wtabi.blog.fc2.com/
サイト紹介文アジアを中心に旅しています。旅先での出来事、食べたものなど何でも書いていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2015/04/04 18:27

wtabi さんのブログ記事

  • 琉璃厰から大柵欄
  • このあたりはいよいよ琉璃厰の東の端だとおもいます。ここから胡同を抜けます。4年前の朝にこの辺りを散歩した時は蒸篭から立ち上る湯気や揚げパンの匂いなどがし、朝食時の活気を感じられましたが、この時間でも北京の人達の食欲は旺盛なようです。かと思えば、この店?からは麻雀牌をかき混ぜる音がしてきます。中を覗いたら、日本のものよりもちょっと大きい牌でした。また、中国でよく見かけるのがこのような光景です。猫をこ [続きを読む]
  • 宣武門駅から琉璃廠へ
  • 宣武門駅に到着しました。今考えると、何故宣武門駅に行ったのかははっきりと覚えていません。おそらく宣武門駅で降りて、前青廠胡同から琉璃廠西街を歩き、そこから琉璃廠東街を通り、大柵欄まで行きたかったのだろうと推測します。前回、琉璃廠から大柵欄の間の胡同の風情がよかったので、今度はもうちょっと西の方まで足を伸ばしたかったのでしょう。ここでの前青廠胡同、琉璃廠西街、琉璃廠東街は通りの名前で廠は中国の簡体字 [続きを読む]
  • 北京の地下鉄
  • このハワードションソンパラゴンホテルは地下鉄の駅「北京駅」のすぐ前にあります。チェックインして荷物を置き、地下鉄で移動することにしました。ここは地下鉄「北京駅」への下り階段の入口です。向こうには国鉄の「北京駅」も見えます。自動販売機で切符を購入します。左に見えるのはICカードのチャージ機でしょうか。これがこの時の販売機に出ていた路線図当時で14路線だった模様これが現在の路線図2021年までには27路線にまで [続きを読む]
  • ハワード ジョンソン パラゴン ホテル 北京
  • この時のホテルは「ハワードジョンソンパラゴンホテル北京」でした。大抵のホテル予約サイトで4つ星がついているホテルです。立地も地下鉄の北京駅からすぐと文句なし。空港から1時間ほどで到着です。これがロビーです部屋も問題ない広さと清潔さバスタブもあります一通りなんでも揃っています朝食のレストランです種類も多く味付けにそう変なクセもありません油條(揚げパン)もその場で作ってくれました豪華さはありませんが、立 [続きを読む]
  • 再び北京へ
  • 2011年の夏、4年振りに北京に行きました。たまたまJTBでスーペリアホテルの安いツアーが出ていたのでそれを利用して行きました。このようなツアーの場合、飛行機やホテルは出発間際まで決定しないことが多く、ホテルは当社規定スーペリアクラスの何れか、飛行機はA航空、B航空・・の何れかという記述がされます。JTBの場合、ホテルをグレード別に分けており、グレードが高→低の順に「SL→L→A→B→C→D→E」としており、これらは [続きを読む]
  • クラウンプラザ ホテル 北京(北京国際芸苑皇冠飯店)
  • 過去に紹介し忘れたホテルです。2007年に北京に行った際に宿泊したのが「クラウンプラザ ホテル 北京(北京国際芸苑皇冠飯店) 」ここは北京の繁華街「王府井」にあるホテルです。初めての北京ですし、空港からのバスの便なども考えて決めたと記憶しています。ロビーは吹き抜けになっています。あまり広い部屋ではありませんでしたが十分でした。洗面所の作りがちょっとかわってましたかね。朝食も中華寄りということがありませんで [続きを読む]
  • エアアジアの機内食
  • クアラルンプールから東京までエアアジアです。この便は深夜便ではないので個人的には身体が楽です。しかし、まあそこそこ長丁場なので食事の確保をしておくことにします。まず「ナシレマ」ですカリッとさせたい小魚は別袋になっています。自分で乗っけて食べます。もうひとつは「ジンジャーフライドライス」とデザートの「パイナップルタルト」値段も安い金額設定だったと思います。周りで匂いをさせられて空腹を覚えるとやってら [続きを読む]
  • トースト・ボックス
  • イポーのチキンライスを食べた後、移動しました。クアラルンプールの空港は広くて店が色々なところにあるので覚えられません。そんなことを思いながらウロウロしていたら「トースト・ボックス」を発見。ここはカヤトーストとラクサが私好みの味なのでお腹が減っているかどうかにかかわらず入ります。注文したのは「トラディショナル・カヤトースト・セット」12.5リンギット(約400円)セットには半熟卵が二つもついてきます。食べ [続きを読む]
  • イポーのチキンライス
  • さて、この日はランカウイからクアラルンプールを経由して日本に帰る予定です。これはランカウイ空港です。小規模の綺麗な空港でした。歩いて飛行機に向かいます。クアラルンプール空港に到着ちょっとお腹が減ったので食事をします。入ったのがここ"NAN YANG FOOD GARDEN"南洋食苑by 1977 ipoh chicken rice とありますチキンライスと言えばシンガポールの「チャーターボックス」やマックスウエルズフードコートの有名店でもそう [続きを読む]
  • クアタウン
  • このいよいよ明日が帰国日になりました。このランカウイが今回の旅行の最終の宿泊地でしたので、このあたりは疲れが出ているだろうという予想で、殆ど予定は入れていませんでした。最後に、なるべくいろんなランカウイを見ておこうということで、ランカウイ最大の街である「クアタウン」というところに行くことにしました。また、ランカウイは免税の島ということですから、免税店やショッピングセンターにも行ってみたいところです [続きを読む]
  • WARUN PAKTAM CORNER
  • パンタイチェナンを散歩していて感じたのですが、この通りにはマレーシア料理のレストランというのがあまりないようです。あったとしても、アジア料理やタイ料理などと一緒であったりと専門店はなかなか探せません。そう思いながら歩いてみると、「ナシレマ」という文字を発見!その横に「トムヤム」と書いてあるのが気になりますが、入ることにします。WARUN PAKTAM CORNERというレストランのようです。店全体はこんな感じです。 [続きを読む]
  • ナシブンクス?
  • パンタイチェナンの通りを歩いていたらある物が目に入りました。バリ島などでは「ナシブンクス」というものです。この写真では、台の左上に並べておいてあるものです。バリ島のナシブンクスとはおにぎりの中に色々な具が詰め込まれたものだったと記憶しています。ナシチャンプルのおにぎり版のようなものでしょうか。ここランカウイでは何と呼ぶのかわかりませんが、おそらく同じようなものではないかと思いました。マレーシアでは [続きを読む]
  • 街スパで軽い軟禁状態に・笑
  • アジア旅行では私達はマッサージやスパは欠かせません。ここ、パンタイチェナンでも、それ程多くはありませんが、近くに街スパやマッサージ屋などもいくつかありました。そのなかでもコギレイなのを発見し、やってもらおうと入ると、すでに日本人の女性たちが数人受付をしていました。男性はちょっと入りづらい雰囲気もあったので(男性はNG?)妻だけ受付しようとしたら、すでに満員で夜の時間帯で予約を入れることになりました。 [続きを読む]
  • オーキッドリア シーフード レストラン
  • この日の夕食は「オーキッドリア シーフード レストラン」漢字では「真浪花園海鮮」と書いてあります。事前調査でも一番人気があったレストランです。前日にここで食べる予定だったのですが、色々食べたのでいまいちお腹が減っていなかったのでこの日になりました。場所は泊まっているホテルからすぐのところにありました。ちょっと早めにはいったので、まだ席に余裕があります。日本語のメニューが出てきました。ちゃんとオーダー [続きを読む]
  • SUN CAFE
  • パンタイ・テンガーまでやってきました。炎天下を30分ほど歩いたので少々へばってきています。パンタイ・チェナンからパンタイ・テンガーに入ってすぐ辺りはまだレストランなども多いようでした。休憩のためにその中のひとつ"SUN CAFE"に入ります。この一角はちょっと違った雰囲気の建物です。このように外にもテーブルがありますが、これはディナーようでしょうか。中はこのようになっており、オープンエアーで開放的です。時間は [続きを読む]
  • パンタイ・チェナンからパンタイ・テンガー
  • 私たちの泊まっているホテルはパンタイ・チェナンの北の端にあります。パンタイとは海岸(BEACH)という意味でしょうか。マンゴスムージーを飲み終えてパンタイ・チェナンの通りをぶらぶら歩きながら南下します。通りの左右には小さなホテル、レストラン、マッサージ屋などが並んでいます。もちろん、このような土産物屋もあります。このあたりは、車道も歩道も綺麗に舗装されています。しかし、全部が綺麗かというとそうでもなく [続きを読む]
  • AH XI FRUIT SHOP(阿喜水果档)
  • 午前中はプールでのんびり過ごしましたので、午後はパンタイチェナンを散策することにしました。パンタイチェナン通りをホテルから南下すると、まず目に入ったのがAH XI FRUIT SHOPというジュース屋さんでした。もともとは果物だけを扱っていたのでしょう色々なフルーツでジュースやスムージーを作ってくれますメニューにもあるように、ジュース、氷入りジュース、スムージーから選択マンゴのスムージー8リンギット(約200円)を注 [続きを読む]
  • ビーチとプール
  • 旅も1週間ほどになりますとそれなりに疲れてきます。この日の午前中はホテルでのんびりと過ごすことにしました。このように部屋を出たらすぐプールです。横から見ると左から ビーチ→ベッド→芝生→ベッド→プール→ベッド→部屋上の絵でもわかるようにプールのベッドはすべて海を向いています。ここでだらだらしていると、スタッフが水やフルーツを持ってきてくれます。ゆっくりとした時間を過ごすことができました。 [続きを読む]
  • カーサ・デル・マールの朝食
  • ランカウイでは何も予定を入れていません。まずはゆっくり朝食をとります。全部で30室ほどのホテルですから、ビュッフェの品数は期待できません。しかし、ホテルの品数が多いビュッフェで目移りして食べ過ぎてしまい挙句どれもいま一ということもありますから、何れが良いとは言えません。ここは20種類ほどのメニューから一品を選び、あとはビュッフェからお好きにどうぞというスタイルでした。オープンエアーの気持ちの良い朝食レ [続きを読む]
  • D'khas cafe
  • チェックインして部屋で荷物をあけていたら、あっという間に夕方になってしまいました。近くを散歩して夕食を取ることにしました。かなり遠くまで行って戻ってきたのですが、昼間、ちょこちょこ食べたせいでしょうか、あまりお腹がすきません。有名な海鮮料理屋に行く予定だったのですが、この状態で食べても美味しいはずがないので、急遽予定変更して、軽く食べる程度の店を探します。そこで入ったのが、ホテル近くのアジア料理屋 [続きを読む]
  • カーサ・デル・マール
  • この時に宿泊したのは、パンタイチェナンというところにある「カーサ デル マール」というホテルです。この時のホテル選びは非常に悩みました。島の北にはのんびり出来そうな名立たるリゾートがあります。しかし、これらのリゾートからレストランなどがたくさんあるエリア「パンタイチェナン」へは相当遠いようです。やはり、ここは島のことを知るためにも「パンタイチェナン」にあり、クチコミも好評のこのホテルに泊まることに [続きを読む]
  • ランカウイ空港
  • ペナン空港からランカウイ空港までエアアジアで移動します。エアアジアのカウンターに並びます。荷物につけるタグも自分で印刷し荷物につけなければなりませんでした。ペナンからランカウイは空路で30分ほどで到着します。飛行機代も日本円で1,000円か2,000円位の金額です。マレーシアの物価からしても安いのではないでしょうか。エアアジアのおかげでマレーシアの航空運賃の感覚は私たち日本人とは違うのかもしれません。南の島か [続きを読む]
  • ペナン コピティアム
  • シンガポールラクサに満足したあとチェックインをして荷物を預けてもまだ時間がありました。今度はどこかでお茶をすることにしました。そうやって探したのがここ"PINANG KOPITAUM"おそらく「ペナンコピティアム」というのだと思います。コピティアムとはマレーシアやシンガポールでのコーヒー店やカフェというような意味だと思います。ちょっと気になるのはこのメニューの上の店名です。PINANG KOPITIAMの下にPENANG INTERNATION [続きを読む]
  • ペナン空港のSecret Recipe
  • この日はペナンからランカウイへ移動する日です。ペナン空港へ向かいます。いつもそうですが、到着の際は次への移動を急いでいるため、その空港をじっくり見ることもなく離れてしまいます。このペナン空港もそうだったのですが、よく見ると出発ロビーは到着ロビーよりさらに近代的な気がします。ここはエアアジア専用のようです。出発まで時間もたっぷりありますので、お茶でもしようかと空港内の飲食店を見て回ります。そのうち、 [続きを読む]
  • ガーニードライブのホーカーセンター
  • さて、ガーニードライブと書いてあったようなので降ります。屋台街のあるガーニードライブで降りたつもりだったのですが、もしかしたら違ったのかもしれません。それとも屋台街がバスストップから離れているのかもしれません。屋台街まで、少し歩かなければなりませんでした。屋台街のことをマレーシアやシンガポールではホーカー(センター)と呼ぶようです。かなり大きなホーカーセンターを想像していたのですが、割と小規模でし [続きを読む]