wtabi さん プロフィール

  •  
wtabiさん: こんなところに行ってきた
ハンドル名wtabi さん
ブログタイトルこんなところに行ってきた
ブログURLhttp://wtabi.blog.fc2.com/
サイト紹介文アジアを中心に旅しています。旅先での出来事、食べたものなど何でも書いていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2015/04/04 18:27

wtabi さんのブログ記事

  • チョン ファッ ツィー ザ ブルー マンション
  • この日は世界遺産地区に登録されているジョージタウンを観光することにしました。まずは、ホテルからすぐのところにある「ブルーマンション(チョン氏の邸宅)」です。チョン氏とは19世紀にこのあたりを取り仕切っていた大富豪の華僑です。ここ以外にも東南アジアにいくつも邸宅を持っていたとか。この写真のように、外壁が青いことからこう呼ばれているそうです。見学しようと入ろうとしても扉が閉まっています。よくみるとこのよ [続きを読む]
  • SARKIES
  • E&Oの朝食はレストラン「サーキーズ」で取ります。アネックスウイング・ロビー側からの入口室内とテラス席があります。テラス席は開放的で、朝早い時間はそう暑くなく気持ち良さそうです。これはテラスからの入口ヘリテージウイングから近いのはこの入口ですこれは室内ですやはり天井のファンが涼しげですエッグコーナースクランブルを注文サラダコーナーパンコーナーバタージャムコーナー麺コーナーフルーツコーナーブレッドプデ [続きを読む]
  • ジャヤ・レストランでロティチャナイ
  • レッドガーデンを出て、あたりを散歩しながらホテルへと向かいました。このあたりはそれほど賑やかな場所ではないのでしょうか。延々と賑やかなレストラン街が続く、というような街並みではありません。そのうち「ジャヤ」というレストランが目に入りました。以前クアラルンプールに行った際に、インド人街でロティチャナイというふんわり甘いナンに似たものを食べたことがあります。突然そのことを思い出し、メニューを見てみると [続きを読む]
  • レッドガーデン
  • この日の夕食はどこで取るか決めていませんでした。とりあえずホテルを出ました。ホテルの前はバーやレストランが並んでいるようです。バーやクラブのようなものがメインで、観光客が行く感じではないなとガイドブックを見てレッドガーデンというホーカーズに向かいます。ここは屋外のフードコートのようなもので、席に座りそこから各屋台に注文をしにいくというスタイルです。注文したのは肉骨茶(バクテー)このバクテーは旅行者 [続きを読む]
  • E&O ヘリテージウイング
  • 今回はE&Oホテルのヘリテージウイングに宿泊しました。ヘリテージウイングとは旧舘のことで、2013年にできた新館のヴィクトリーアネックスもあります。このような廊下を通ります部屋のカテゴリーはプレミアムスイートだったと思います。と言っても、どのカテゴリーでもスイートしかありません。ベッドルームですベッドルームのクロゼットとドレッサーリビングバスルームのステンドグラスの扉を開けたところ洗面台とトイレですトイ [続きを読む]
  • イースタン&オリエンタルホテル
  • 今回宿泊したのは「イースタン&オリエンタル ホテル」です。現地では”E. & O.”と呼ばれているのだそうです。現地での呼び方をカタカナで表すと「イエノー」となります。ここは、シンガポールのラッフルズホテルを建てたことで有名なサーキーズ兄弟が最初に手がけたホテルです。1885年オープンですから、130年も前の話になりますね。そして、1887年にシンガポールに「ラッフルズホテル」、そして、1901年にミャンマーのヤンゴン [続きを読む]
  • ペナン空港からタクシー
  • クアラルンプール空港から1時間でペナンに到着しました。空港からホテルまでの移動方法は、タクシーまたはバス、そしてツアーやホテルの送迎などでしょうか。ペナンに宿泊する場合、ビーチリゾートのバツーフェリンギまたはジョージタウンという街が主な宿泊場所だと思います。今回、私たちはジョージタウンに泊まる予定です。調べていた通り、まずはタクシーカウンターに向かいました。とてもわかりやすいタクシーカウンターです [続きを読む]
  • アンクルリムズカフェ
  • さて、2016年のチェンマイからの移動の続きです。エアアジアで移動し、クアラルンプールのklia2に到着しました。ここは本当に多くのレストラン、カフェがあります。ここで立ち寄ったのが「アンクルリムズカフェ」cafeではなくてkafeです。こちらはマレーシアのコーヒーチェーン(コピティアムチェーン)です。ここではお茶(テ・Teh)3.9リンギット(約100円)マレー語圏ではお茶のことをテと言うようです。ワンタンスープ10.5リン [続きを読む]
  • ロイヤル・ニッコー・タイペイ
  • 2007年台北に行った際に泊まったのは「ロイヤル・ニッコー・タイペイ((老爺大酒店)」ですこの画像はホテルのものをお借りしています前の道路は台北市の中心街「中山北路」でとても便利なところです。2009年に全館大改装を行ったそうですから、この時のイメージではないかもしれません。エレベーター前これが宿泊した部屋です当時は紫が基調になっていました現在は白、茶、ベージュといった感じの部屋にリニューアルされています [続きを読む]
  • シャングリラ タンジュン・アル
  • 2005年にコタキナバルに行った時に泊まったのは「シャングリラ タンジュン・アル」でした。これはホテルのホームページから拝借した画像です。このように、街に近いのですが、海に突き出たところに位置しています。ここに決める時も、いくつか候補があったのですが、やはり街歩きもしたいということと、近場の島にも行きたいということから、街にも比較的近く、島へのボートの発着場でもあるこのホテルに決めました。夜でわかりに [続きを読む]
  • ヒルトンセブ
  • 今回も、以前ご紹介した2006年のセブ旅行の際に宿泊したホテルの紹介です。「ヒルトンセブ」ですこのホテルも現在は「モーベンピック ホテル マクタン アイランド セブ」に変わっています。さて、私がアジアの南の島のリゾートホテルにはまるきっかけになったのがこの旅の10年程前に泊まったセブ島のホテル「シャングリラマクタン」です。それだったら、素直に「シャングリラマクタン」にしておけばいいじゃないかということな [続きを読む]
  • ホテルタイパ
  • この旅行記を始めた頃は、泊まったホテルには触れていませんでした。その後、ちょくちょく紹介していなかったホテルについても触れていたのですが、今回はマカオに2006年に行った時に泊まったホテルの紹介です。なにぶん10年以上前なので、記憶も薄れていますし、ホテル名も変わっているかもしれません。当時のホテル名は「ホテルタイパ」ではなかったかと思います。調べてみたところ現在のホテル名は「インホテルマカオ」になって [続きを読む]
  • ブラック・キャニオン・コーヒー
  • 飛行機で移動する場合、早めに行動するとどうしても空港で時間を持て余してしまいます。さきほど朝食を食べたのですが、「ブラックキャニオンコーヒー」でタイティーを発見したので、早速注文。タイのコーヒーチェーンですが東南アジア8カ国200店舗ほど展開しているそうです。もう一度タイアイスティが飲めるとは・・。さて、チェンマイは、はまる人がとても多い所だそうです。今回の旅行では、残念ながらそのようなはまるポイント [続きを読む]
  • ストリートアート
  • さて、世界遺産の街「ジョージタウン」で最近有名なのが様々なストリートアートです。リトアニア人アーティストが手掛けた、ペナンの日常を描いたアートが9か所、ペナンの過去から現在のエピソードを描いたアイアンアート52か所が街に点在しているそうです。また、それらに触発されたアーティスト達が、さらに様々なアートを待ちに施しているそうです。それらを探して歩いたわけではないのですが、歩いていたら自然と目に入ってき [続きを読む]
  • チェンマイ空港でタイ朝食
  • さて、この日はチェンマイを後にし、マレーシアに向かう日です。早朝のチェンマイ空港タイ最終日の食事はチェンマイ空港のレストランで取りました。タイ航空のレストランでしょうか。朝早いので、他のレストランは開いていません。これが朝食メニュー時間もあったので、なんとなく炒飯とお粥を注文空港ですから、ちょっと高めで一品400円くらいでしょうか。暖かいものを入れてちょっと一息つきました。 [続きを読む]
  • ファンペンで夕食
  • この日の夜は「ファンペン(HUEN PHEN)」というレストランに行きました。ここはチェンマイ料理で有名な店だということです。通りに看板が出ているのでわかりますが、店の入口は奥です注文したのはこのような品々・・・なんだったか忘れました。全体的に甘みが強めに感じられました。これはこの時の旅全般の食事に言えることでした。これが、この地方の料理の特徴だとしたら、バンコクなどの料理の方が私にはあっているようです。 [続きを読む]
  • ラフティングから川下りへ
  • 昼食が終わったら、次はラフティングです。トラックの荷台に積まれたヘルメットやライフガード、そしてオールを持ちます。これは自分でサイズを選んで身につけます。このようなゴムボートに4人ずつ位で乗り込みます。ボート一艘につきガイドが1人乗り込んでくれます。竹でできた手すりを持って川へ降りていきます。このようにみんな濡れてもいい格好で来ています。はじめはのんびりと川を下ります。のんびりとしてるな〜と思ってた [続きを読む]
  • いよいよメインのトレッキング
  • 昼食を食べ終えたら、次はトレッキングに向かうようです。このトレッキングはこのツアーの中で、私が一番乗り気ではなかったイベントなのですが、タイトルがトレッキングツアーですから仕方がありません。と言っても、私の予想では、これだけいくつもの要素を詰め込んでいるので、トレッキング自体はなんとなく終わってしまうものではないかと思っていました。この予想は、私としては外れてしまいました。2時間ほど軽い山登りをし [続きを読む]
  • エレファントキャンプで象乗り体験
  • 少数民族の村のあとは、エレファントキャンプで象に乗ります。エレファントキャンプは少数民族の村から30分もかからず到着しました。アユタヤなどのキャンプとは違い、山岳地帯のエレファントキャンプです。私はそれまで、タイの「サンプラーン エレファントグランド&ズー」などで象乗りを体験しています。その時は、このような腰掛があり2人ずつ乗って、象使いは象の首に乗ったり、象と一緒に歩いたりしていました。今回は、た [続きを読む]
  • 日帰りトレッキングに申し込む
  • この日は日帰りトレッキングに行く日です。このツアーは旅行前にネットで申し込んでおきました。チェンマイのガイドブックなどを見ると、チェンマイに行くのならトレッキングは欠かせないというコメントをよく見かけました。私は元々山登りや、トレッキングの趣味があるわけではありません。しかし、チェンマイでトレッキングをやらないのは・・・というコメントもひっかかります。色々調べてみて、その中でも最も手軽そうなのに行 [続きを読む]
  • SPチキン
  • さて、寺院巡りも終了したのですが、夕食にはまだ早い時間です。しかし、ワットプラシンの裏手にチェンマイ旅行者に人気の「SPチキン」という店があるので、そこで軽く食べることにしました。上の看板が目印なのですが、店全体としてはこんな感じです。お店にはいるとその逆側ではチキンを焼いていますそしてテーブル日本人だと確認されたでしょうか?日本語メニューです注文したのは白いご飯10B、もち米10B(約30円)そして、この [続きを読む]
  • ワットプラシン
  • 一休みして元気も出てきましたので、次の寺院に向かいます。チェンマイで最も格式のある「ワットプラシン」という寺院です。確かにお堂の中も広く、たくさんの方がお参りしています。敷地の中ではこのような店で賑わっています。ここも多くのお堂がありますそして、ここにも寝仏陀がいらっしゃいます。金色の仏塔まだまだ、チェンマイの旧市街にはたくさんのお寺があるのですが、今回はこれにてお寺巡りは終了です。 [続きを読む]
  • "La Mango"で一休み
  • 「ワット・パンタオ」とその隣の「ワット・チェディ・ルアン」二つを見終わるのに1時間ほどかかりました。かなり暑い日でしたので、すでにちょっとバテ気味です。そんな時に「ワット:チェディ・ルアン」を出たら左斜め前、「ワット・パンタオ」の正面に"La Mango"という店を発見。店頭のメニューですやはり皆さん同じ思いなのか、1階は満席なのでちょっと暑い2階へ注文したのは「マンゴスムージー」と「タイアイスティ」いずれも7 [続きを読む]
  • チェンマイ旧市街の寺院
  • チェンマイの旧市街には多くの寺院があります。今日はそのうちいくつかを見て歩くことにしました。暑いので、無理せずのんびりと見て回る予定です。まずは、「ワット・パンタオ」本堂は木で作られており、その周りを竹で編んだような塔に囲まれています。本堂の左手には床も天井も竹で編んだような回廊があり、鐘がいくつも下がっていますこのお寺の仏様ですそして、その隣にある「ワットチェディルアン」です。1400年頃に建てられ [続きを読む]
  • ターペー門
  • この日は旧市街を歩いて回ることにしました。旧市街とは日本で言うところの城下町のようなところでしょうか。町全体が中国のように城壁に囲まれていたところを旧市街と言っているのだと思います。(想像で言っています)これは現在でも、地図などでもはっきりと四角の城壁がわかります。その城壁の中に入るためのいくつかある門のうちの一つが「ターペー門」と言います。既にチェンマイに来て何日か経っているので、ソンテウを止め [続きを読む]