kiri さん プロフィール

  •  
kiriさん: 離婚・再婚「不安に向き合い・覚悟・行動」自分らしく
ハンドル名kiri さん
ブログタイトル離婚・再婚「不安に向き合い・覚悟・行動」自分らしく
ブログURLhttp://ameblo.jp/kiri61624/
サイト紹介文離婚・再婚不安などの悩みを 自分に向き合い後悔のない選択を サポートさせて頂きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/03/26 15:36

kiri さんのブログ記事

  • 結婚しない理由
  • 2030年には男性3人に1人、女性4人に1人が一度も結婚しない 生涯独身者という時代が来るといわれています。 現在首都圏に住む30代前半の男女は男性は2人に1人、 女性は3人に1人が独身です。 新宿区は家族世帯より独身世帯の比率が高くなっています。 ◇男性が結婚しない理由 1出会いが全くない。  52.7% 2年収が低く経済的に不安である。  36% [続きを読む]
  • 夫の話す「時」妻の話す「時」
  • 問題が起きた時・悩みを抱いた時等 夫と妻相手に話す「時」には大きな違いがあります。 この違いを理解して受け入れてないと夫婦関係に 亀裂が生じてしまいます 夫は ◇自分の中で考えがまとまってからでないと話したくない。 ◇弱みを見せたくない。 ◇迷惑をかけたくない。 ◇自分の力で解決したい。 妻は ◇考えがまとまらないから夫に話た [続きを読む]
  • 夫との未来
  • 42歳妻の相談です。 夫は36歳共働きで結婚12年です。 夫が妻の言動に一つ一つチェックを入れて 「自分の考えを押し付ける訳ではないけど・・・」 と言って自分に都合の悪い話は 「この話は終わり」で済ませてしまうそうです 妻は自分が年上であるから 「パートナーの言動を広い心で受け止めなくては」 という想いがあり「最終的には分かった」と [続きを読む]
  • 「共存すること」の難しさ・大切さ
  • 36歳妻の相談です。 共働きの夫40歳です。 妻が会社でプレゼンテーションをする機会があり それに伴う資料を制作しようと夫にパソコンを 教えてもらっていると夫はイライラし始めて 「さっき言ったでしょう?」 「自分が分からないくせに人のやり方に 文句つけないで!」 等ときつい口調で言われるそうです このことでなくても夫は自分の意見に妻を従わせようと する言動が多 [続きを読む]
  • 3割が再婚・晩婚化進む
  • 厚生省の人口動態統計の特殊報告が 18日調査の内容を公表しました。 2015年の結婚全体のうち夫婦の両方 または一方が再婚だった割合は26.8%と 約3割であり夫婦ともに再婚は9.7%で約1割です 夫初婚で妻再婚7.1% 夫再婚で妻初婚10.0%で 夫初婚妻再婚」以外は上昇しています 初婚同士は73.2%で1975年以降最低です 初婚結婚年齢は初婚同士の場合夫 [続きを読む]
  • 「見守ること」と「伝えること」のタイミング
  • 夫は悩みを抱えると自分の殻に閉じこもりがちになり 自分の中で解決の糸口が見えないと話をしません 妻は夫が悩んでいるにも関わらず相談してくれない夫が 理解できません 「どうしたの?」 「何かあったの?」 「大丈夫?」 と声をかけます。 夫は妻に声をかけられたくないので 不機嫌になり返事もしなくなります 妻は自分が悩んでいる時は 夫 [続きを読む]
  • 共通の友人
  • 相談に来てくださる方の中で夫婦関係に 亀裂が生じる前まで夫婦共通の友人がいて 休日を過ごしていた方が多くいらっしゃいます 夫婦関係が上手くいっている時はよいのですが 上手くいかなくなると問題になってくることもあります 共通の友人がいるということは 集う場所が同じ・レストランが同じ・スポーツが同じ 等休日の行動テリトリーが同じなので 顔を合わせる機会が少なくあり [続きを読む]
  • 一人で悩まないでください。
  • 52歳の妻の相談です。 子供は娘2人25歳。28歳で独立されています。 夫は53歳です。 7年前に妻も知っている方との浮気があり 妻との話し合いの結果浮気相手と別れるとのことで その時は「離婚」を踏みとどまれました その時のお気持ちを「浮気されたことは すごくショックですが好きだという気持ちも あると自覚していたので・・・」 と言われていました。 &nbs [続きを読む]
  • 今年一年ありがとうございます。
  • 早いもので今年も今日で終わりです。 年々一日一日が早くなります。 皆様のお陰様でブログ・LeCouplemieux 共に一年 ご愛顧頂きました 心より感謝しています ありがとうございます 価値観が多様化していることあり 結婚・離婚にたいしての考えも様々です 恋愛を面御臭いと考えていたり 本音で人とコミュニケーションを取りたくな [続きを読む]
  • 「伊達マスク依存症」
  • 「伊達マスク」ってご存知ですか? 「誰とも話したくない気分(話しかけられたくない気分)」 「なんとなく落ち着く」 「顔もコンプレックス隠し」 「飲み会に誘われるのを防ぐため」 「無精ひげ隠し」 若年層ほど率は高い傾向にあります 20歳以下・女性は4割の経験があるとまで 言われています。 その時の自分の「想い」を悟られたくな [続きを読む]
  • 「小賢しって何ですか?」
  • 今年話題の「逃げ恥」ご覧になりましたか? 今時の結婚観・想いが描かれているドラマでした。 最終回の主人公のみくりが「私の小賢しさはどこに行っても 嫌われると想っていたけど・・・」と言うと 旦那さんの平匡が「小賢しって何ですか? 「小賢して相手を下に見ていう言葉でしょう? 僕はみくりさんを下に見たことも 小賢しいなんてこと一度もありません」&n [続きを読む]
  • 子供の想い
  • 「夫婦の問題に向き合う時」子供がいる場合 夫と喧嘩などをした時妻が子供に 「あなたが大きくなたらお父さんと離婚する」等と 常に言ってしまっている場合があります。 この行為が子供にとって良くない影響を及ぼすことは いうまでもありません 子供は言われる度に辛い想いをしています 21歳の女性の相談です。 ご自分の幼少期の頃から「お父さん [続きを読む]
  • 我慢し過ぎていませんか?
  • 相談に来てくださる方は悩んで、苦しんで疲れきって 相談に来てくださる方がとても多いです 一人で問題を抱え込み先のみえない状況を 「何とかしたい」という想いで来てくださいます 一回目は溢れる想いがこみあげてこられて 「そこにいてくれるだけで安心できます」 と言われて言葉はほぼ無く帰られてから 「鈴宮にあって話せる決心ができました」と メールでご自分の状況を届けて [続きを読む]
  • 夫が男性更年期になった時妻は・・・
  • 48歳妻の相談です。 夫は52歳子供2人成人しています。 夫は真面目で責任感が強く仕事でも責任ある役割を 与えられていらっしゃいます。 結婚して24年ですがここ一年夫がイライラすることが多く 感情の起伏が激しく妻等にあたることもあるのだそうです 大好きだった野球観戦も関心を占めまなくなり 溜息が多く笑顔が少なくなり気力があまり 感じられないそうです & [続きを読む]
  • 念願叶いました。
  • 以前から訪れてみたいと思いつつも タイミングが合わずに行けずにいた長野県戸隠に やっと行けました。 今回も先約の仕事があり行けそうもなかったのですが 先約の仕事が変更になり行けました 感謝・感謝です 3食でも食べたいくらい好きなお蕎麦も しっかりと頂きました 切り株の中にハートに見える不思議な切り株を 見つけて思わず写真をとっていま [続きを読む]
  • いきなり結婚とは?
  • 「恋愛はめんどくさい」 「無駄は省きたい」 「恋愛はコスパが悪い」 「相手が積極的でない」 「趣味・仕事が充実しているから恋愛は必要ない」 「恋人はいらないけれど子供が欲しいから結婚したい」 「経済的に安定したいから恋愛している 時間がもったいない」等 恋愛をしたがらない人の想いは多様化しています 疑似恋愛…漫画・インタ [続きを読む]
  • パソコンに秘められた想い
  • 夫38歳妻39歳専業主婦子供9歳・3歳です。 ここ3年夫は責任ある役職にもつき仕事もより忙しくなり 妻は2人目も生まれてお互いに忙しく 子供のことな会話だけで夫婦喧嘩も多くなりました 夫は普段から自分の想いを口にするタイプではなく 家事・育児に積極的に自分から関わる人ではありません 妻は自分の想っていることを口にする人す 夫婦喧嘩も妻が想っている不満を夫に伝え 夫は妻 [続きを読む]
  • 「共感」の捉え方の違いは・・・
  • 共感はコミュニケーションにとってとても大切なことです。 共感といっても夫の求める共感・妻が求める共感は 違うことはお気づきでしょうか? 妻は夫にママ友との話等をしている時 夫に「わかる。わかる」 「そうそう」 「一緒にだね。」等の「同調」の「共感」を求めています 妻が「あなたは私の想いを分かってくれない」と言う時は その時の妻の [続きを読む]
  • 新たな試みの一歩を踏み出します。
  • お蔭さまで悩みを抱かれている方々から 色々なことをご相談を頂けるようになってきています。 ありがとうございます 夫婦の方、事実婚の方、結婚前の方等 色々なパートナーとのご相談を頂きます ご相談をさせて頂いている時 ご相談後のも皆様から 色々な御要望も頂けるように なってきました。 相談して頂ける方々の少しでもお役に立てるように i一般社団法 [続きを読む]
  • STOP離婚 新たな試み
  • お蔭様で夫婦問題カウンセラーとしての仕事を 初めて色々な方からのご相談をお受けしてきました。 カウンセリングを受けると事態に抵抗を もたれていらっしゃる方も沢山いらっしゃいます 悩まれて悩まれて勇気」を持って相談された後 「相談して良かった」 「自分を再認識できることで問題解決の 糸口が見いだせた」等 すぐに問題は解決しないまでも 解決のための具体的行動・言葉が [続きを読む]
  • 「大丈夫?」は・・・人により想いが違う
  • 41歳の女性の相談です。 パートナーの39歳の男性が咳をしていて苦しそう にしているので心配になり会う度に 「大丈夫?」と聞いてしまうそうです パートナーの方は花粉症がで咳が出てしまい 薬・目薬のケアーはされていて それでもあまり改善されないそうです 完治できないと理解している花粉症のことを 大切に思っているパートナーに 会う度に言われることに 不快感を感じ彼女 [続きを読む]
  • 「離婚」したい人はいません。
  • 結婚生活は今まで育った環境・価値観等違う2人が 夫婦として新しい生活を始めることです ゼロから積み上げていけることです 「離婚」は今まで積み上げてきたことを ゼロに戻すことになります 結婚する時よりはるかに心労がかかります 色々な事情があります。 DV・モラハラ等命・身心のバランスを崩すこと 「離婚」を選択せざるを得ないことはあり [続きを読む]
  • 修復は自分を知ることからです。
  • 相談に来てくださる夫の6割は 修復を望んでいらっしゃいます 妻から「離婚」を切り出された方 切り出されてはいないものの 妻との亀裂を感じている方 様々です。 妻は突然「離婚」を切り出すわけでは ありません 妻から小言・不満の対応に 「またか!」等 と取り合わず放置してきた積み重ねの 結果なのです 「離婚」を何故妻が考えているのか?&nb [続きを読む]
  • 夫婦の話し合い
  • 30歳夫の相談です。 妻32歳専業主婦結婚7か月目です 結婚する前から夫は妻に定額を渡す約束に なっていたそうです。 昨夜も夜中の3時まで妻と このことで話しあったんです・・・ 毎月渡す金額が増えています。 私はほぼ夕食はそとですませるので お子まで必要ないとおもうのですが・・・」 公共料金は講座引き落としです。 妻のおこずかいも渡す金額に含まれているそう [続きを読む]