アナログ人間のつぶやき さん プロフィール

  •  
アナログ人間のつぶやきさん: アナログ人間のつぶやき
ハンドル名アナログ人間のつぶやき さん
ブログタイトルアナログ人間のつぶやき
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yaginospace99
サイト紹介文高齢者の経験から来るつぶやき 自己流健康法と悩み解消法
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/03/27 14:00

アナログ人間のつぶやき さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 90歳になって思う
  • 体の衰えを痛切に感じる。人間はは常に体も環境も同じではない。最後は死があることは頭では分かっていても実感するのは年を経なければ分からない。その時はその時のことと思っていても体力が弱り自分の体が思うように動かなくなると若いときから自分の生涯は自分が決めるのだとの思いを強く持つことが必要だと感じる。あまりに神経質にることはないが自分を身も心もコントロール出来るようにすべきだ。年を取って苦しまないために [続きを読む]
  • 死と向き合う
  • 死線を超えて生かされている今の心境最近医学に携わって患者の死に立ち会う医師や看護婦さんが瞑想で自分を整えて死と向き合う方々がいると聞く医学的に割り切ってしまえばそれまでだが、人間の生死にはなんとも言えない感情がある。大切にして向き合いたい子供が生まれた感動を語る人は多いそれと同じように死に向かう心がけも必要と思う。私は瞑想して大きな力に生かされていることに感謝、その力に包まれて生涯を終えると信じて [続きを読む]
  • 89歳ロコモ体操
  • どんなに体に自信があっても年と共に体力は衰えるし病気にもなる。個人差があるがその辛さは他人には分からない。そうならない為にも日常ちょっとした努力である程度は防げる。体験からロコモ体操を始めた。若いときには感じなかった体の動きの不自由さが身に染みる。体と心は一体なので体だけでなく気持ちを安泰に保ちたい。年を取らなければ分からない事が沢山あることを知っておきたい。 [続きを読む]
  • ささやかな願い
  • 最近自然災害の被害状況に胸が痛い。人災は人の努力で防ぐことができる。自然災害の多くは防げない。戦災で九死に一生得を得た一介の老人が自然災害を少しでも少なく平和な生活を皆で送れるよう宇宙の愛に願うことは一笑に付されることだろうが気候の変動や自然災害は人の力では防げないなら祈り願うしかない。宇宙の一衛星に過ぎない地球ならば宇宙の法則による大きな力に従って地球環境を守り生きるのが最善の道であり自然災害を [続きを読む]
  • 生きていてよかった
  • 71年前終戦で何も感じなかった。時代の波に翻弄された若者がこれからどうなるのか分からずただ茫然と焼け野原に立っていた。食糧がなく生きるのに精いっぱい。今の物金が豊富で平和な時代に生きる人には理解できないだろう今後時代の変化で日本も何時戦争に巻き込まれないとも限らない。個人としてはとにかく生き延びること、時代は変化して生きていてよかったと思える時代が必ず来る。私は8月15日が来るたびに心豊かに生かさ [続きを読む]
  • なんとかなるさ
  • 長年生きていると最悪な事態に何回も経験した。或る時は朝トイレの前で体全体がマヒ意識はあるが体が動かない医者も原因が分からず点滴だけ二週間位入院して退院今も何十年も検査のたびに血圧が180位血圧降下剤を進められても使用しない。戦災で一度死んだ体が今まで生かされているのはいくら悪あがきしてもどうにもならないものはどうにもならないと達観できたのと今まで歯と目以外は薬はなしで 生かされている事に感謝とつまら [続きを読む]
  • 断捨離
  • ここ二三日思い切って身の回りの品を整理した。今までいかに物に執着していたか思い知らされた。なんで何年も使用してない物が多いことか、これでは貧乏しているのは当然と納得する。物や金に執着していた時には気が付かなったことが少しずずつ分かってきたことが救いだ。人間は必ず訪れる最後に人間に生まれて良かったと思える苦しみのない穏やかな最後でありたい。 [続きを読む]
  • 若者に人気の嵐の歌を聞いた。どこが人気があるのかさっぱり分からない。何かに熱中できるのは羨ましい。人の人生を左右できるほどテレビの影響は絶大だ戦時中から報道に振り回され右往左往してきた。情報が氾濫してる今何が大切かお考えた。自分を信じて何が自分にとって最善の道かを選択できる自分を作ること、他人の意見は参考として、自分で決めたことは例え間違いでも他人を恨むことなく反省して出直せばきっと道は開ける。恥 [続きを読む]
  • 自然災害の脅威
  • 戦争は人災だが自然災害はいつ起きるかわからない。戦争は人間が避けようと思えば避けられるが自然災害は避けられない。多くの人命が失われ、亡くなった方々や被害を受けた方々にはそれぞれの生活や歴史がありそれが一瞬にして奪われる残酷さは図りしれない。戦争体験者として一個人はその都度体験を生かすしかない。科学万能の時代でも人間のもつ第六感は大切だと思う。現代の科学では特に地震は予知は不可能とされているなら起き [続きを読む]
  • 最近感じること
  • 18歳の時空襲で九死に一生を得て今まで生かされてきたことは奇跡だ中高生がいじめの為死を選ぶことや、感情金銭のため他人の命を奪うなんでこの世に生まれてきた尊い命を粗末にするのだろう確かな記憶でないが、なにか出版物に掲載された11歳で亡くなった宮越由貴奈さんの詩にあまりにも感動したので特に若い人たちに知って欲しい      命命はとても大切だ    人間が生きるための電池みたいだでも電池はいつか切れる [続きを読む]
  • 人生いろいろ男も女もいろいろ
  • 戦中戦後から時代の変化の波に翻弄されながら生きてくると様々な人と出会いいろいろな経験をした。人一人一人は生まれ育ち生きてきた環境も性格も考え方も違う人との共同生活だあから、相手の意見や行動等は自分と全て一致するはずがない。そのことでいさかいや殺人にまで発展するケースが後を絶たない。自分も短気でいつもいらいらし、他人のっ言動に不満を抱き衝突することで相手に不快な思いをさせても反省もなく自分の気持ちも [続きを読む]
  • スキーツアー事故
  • ツアーバスの事故で多くの将来ある大学生が犠牲になった。経済の発展に伴い、効率主義、利益追及主義が人命軽視となり今回の事故につながった。昔の話をすると時代が違うと言う人がいるが、彼らの曽祖父母、祖父母 父母は終戦後の焼け野原から生きるため日本の復興のため何もない社会から必死に働いてきた。その人たちの経験や言動をもっと尊重してほしい。社会は人間のために動いているその人命を軽視して尊い人材を失った。何時 [続きを読む]
  • 帯状疱疹
  • 病気らしい病気をしたことがない自分がい今まで聞いたことのない帯状疱疹に罹り痛い症状にはほとほと参った。これを克服すれば元の元気になれると思う。年を取るといろいろと障害ががでる、健康年齢を伸ばした高齢化社会であるために個人個人の自助努力しかない、それには自然の摂理に合った健康法がよいが、自分が実践していることは薬は出来るだけ服用しない、自律神経を整えるための音楽をリラックスして聴くとともに指先を強く [続きを読む]
  • 奇想天外な私見
  • 長年生きてきて晩年を迎えるといろいろな妄想が生まれる。人間てなんだろう科学医学は生まれた頃よりは飛躍的に進歩したが、未だ原因不明な病気や寿命、異常気象や自然災害、人間の運不運など解決できない問題はたくさんある。個人的には多様化した価値観の中競争社会のストレスや悩みを抱え生きる為の困難さ、自分として考えた結論はすべて自分で自分を守るしかない、それには先ず健康、病気になったら医者にかかるのは当然だが、 [続きを読む]
  • 高齢社会
  • 80歳以上が1.000万を超えた。戦前戦後を経て今まで生きているとさまざまな経験をしたが現代人は時代が違うと思うだろうが基本的な生き方は時代が変わってもそれほどの違いはない筈だ。時代の波に翻弄されながら生きてきた経験は生かされないものだろうか。高齢になっても病気にならずなるだけ自力で生きていくにはどうしたらよいかを考える時に来ていると思う。それには人間が生きるためのすべての条件が整ったこの地球の環境を大 [続きを読む]
  • 人生最後まで諦めない
  • 白内障手術で目が不自由になり、人生最大の危機を迎えたが最後まで諦めなかった。一縷の望みをかけて紹介された東京の有名眼科で再手術した結果完全に見えるようになり、自動車運転免許も更新できた。戦災で九死に一生を得て今まで生かされてきたことに感謝してきたことが良い結果を生んだと思っている。生かされていることに感謝していれば、不平不満も解消され他人に対する思いやりも生まれると信じている。若い人も自分を信じ人 [続きを読む]
  • 27歳で戦死した兄を想う
  • 戦後70年南方の最前線で機関銃中隊の中隊長ととして敵の集中砲火を浴び27歳で遺骨の欠片もなく戦死した兄を心から追悼したい。空襲の火の海からから生き延びた愚弟だが、生きてる限り戦争の悲惨さや残酷さを語り継ぎ二度と戦争のない平和な世界を願って止まない。戦争は平和なれした人にはピンとこないが若者や弱者が犠牲になることを肝に銘じてほしい。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …