にしだかよ さん プロフィール

  •  
にしだかよさん: 介護する人。される人のためのカウンセリング
ハンドル名にしだかよ さん
ブログタイトル介護する人。される人のためのカウンセリング
ブログURLhttp://ameblo.jp/jasmin3186/
サイト紹介文介護する人へ あなたの笑顔を待っている人のために 私が全力でお話をお聞きします
自由文お急ぎください
『お話し相手ギフト』
好評につきお試し期間延長!
3月末まで60分5000円
・閉じこもりによるうつ病予防に
  一人暮らしする親の元へ
・病院や施設で過ごされる方に
・人にはなかなか言えない話など
  聞いてほしい自分のために

そんなあなたに
お話し相手のギフトをご利用ください

あなたのお話しを全力でお聞きします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/03/27 19:31

にしだかよ さんのブログ記事

  • すっごく身近な認知症予防法
  • おはようございます。日替わり気温で、また寒い一日にです。デイに行けばするけど、家でひとりでは続けられないと耳にする認知症予防ですが…先日、マクドナルドで会った3人の女性高齢者お三方揃って、まぁ〜よーしゃべるしゃべる。三人寄れば文殊の知恵ではなく三人寄ればかしましいこと。。話題はコロコロと変わり続けてました。内容を覚えているかは別にして…このコロコロ変わり続ける話題に1人が一方的に話すわけでもな [続きを読む]
  • 五感をつかい季節を感じて
  • おはようございます。ようやく寒さも峠を越えそうな気配がしそうでしない入居の方と話すときには、まず名前を告げてどこから来て何をしに来たのかそして、かならず今日の外の様子を伝えます。これは、以前に入居高齢者から「外には出れず、世の中から隔離された状態だから外部から来るあんたらが外の様子を話して欲しい」いくらテレビのニュースなど観ていて社会の様子がわかるようになってはいてもやはり画面を通してでの話で [続きを読む]
  • わたし、見返り期待の大人です。
  • おはようございます。厳しい寒さが続いていますが連休初日は一段と熱気を帯びそうなバレンタイン商戦たまには…ときょうは子どもたちとの関わりの中での話から題して たいそうな女の子と大人の女性のバレンタイン事情『誰にチョコあげるん?』まとわりついてた女の子たちに尋ねてみた。『今年は男の子にはあげへんねん。でもな、友チョコは渡すんねん。』『えっなんで?男の子にやらへんの。お返しくれへんかったから?』『ち [続きを読む]
  • 役割があることが生きる希望
  • おはようございます。生きている間は誰もが役割があります。きょうはディサービス行きを拒む認知症のご主人をひとりで自宅介護していたK子さんの話です。暗い顔で相談にこられ話される内容も暗かった。そのK子さんの表情が明るく変わっていました。あれほどディサービスを嫌っていたご主人がいまではイキイキと通っていらっしゃる。今までとは違うディに通い出し、そこではご本人が昔されていたことに関連することを役割として [続きを読む]
  • わたしが施設入居のあかつきには…
  • まだまだ寒い立春。おはようございます。このところ節分には恵方巻を食べるのが当たり前のようになってきて日本中がきょうは恵方巻を食べる日みたいな感じ。 施設でも節分の行事豆まきして巻きずしが提供されます。 「きょうは○○に向いて巻きずしをかぶる日ですよ〜」たらなんたらとスタッフの掛け声がかかる。右へ習え的なのがヤッ。コラコラ私が施設入居のあかつきには若いスタッフにむかって「あんた、アホやな [続きを読む]
  • 世代交代
  • 月曜は雨でスタートおはようございます。介護相談員の現任研修があり相談員を始めて9年も経っている事実を知りこの間、出会った入居者おひとりおひとりを思ったりして、入居者の世代交代を感じます。相談員になった当初は戦争で食べ物がない時代の人たちが多く口卑しいと思われるやろうけどと「なんでも食べるよ。贅沢言われへん」「食べるもの粗末にできない。残さず頂く」食べ物の好き嫌いがない人たちだった。戦後70年の年ごろ [続きを読む]
  • 年中無休の介護
  • 明けましておめでとうございます。旧年中は放置していた時期もありながら見捨てずお付き合い頂きまして本当にありがとうございました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。元日から39.9℃という今年最高値を記録してグッタリの年明けです。ご家庭で介護されている方々に正月もない「たまにはゆっくりのんびりして…」帰省されたご家族の好意の貴重なお時間を私に充ててくださった。あっという間の3時間これからまた一年介護 [続きを読む]
  • 今だからこそしておくこと
  • おはようございます。16日ぶりに36度台に下がりました。いやぁ〜下がるもんやねー。しかし正月の準備が見事にできていない。とりあえず買い出しにマーケットに行くとご高齢の母親とその息子さんらしき2人連れを何ペアかをお見かけします。帰省された息子さんだろうかお母さんを気づかいながら回られている。その息子さんが好みそうなモノをあれやこれやと買い物カゴがいっぱいになっていく。「そんなに買わんでもええで」そんな [続きを読む]
  • 37度は平熱の範囲内
  • らしい。あ〜気づけばあと数日で20016年が終わりです。うぅ、正月の準備が何もできてない…2週間37.5度以上うち3日ほどは38度以上現在も熱は37度以上体温計の電池がバカになったのかと着こんで着こんでで電池を買いに行って無事?電池交換したものの、結果は同じはぁ〜、寒かっただけか…。で、高熱について色々調べてみると調べてんと病院に行けって、ねー。 37度は平熱の範疇http://www.terumo-taion.jp/terumo/report/0 [続きを読む]
  • インフルエンザの猛威
  • ことし14回目の風邪を先週の冷たい数日でしっかり風邪ひきました。雑菌の塊のような小学校でm(_ _ )mインフルエンザが猛威を振う中ただの風邪というのもすごいしかしあれから1週間、熱下がらず。もうすぐ冬休みいつもは元気すぎる子どもたちも罹患したのか目はうつろでぐったりし不安げな目をしています。早くよくなることを願うばかりです。しかし学級閉鎖もせずに強硬に終業式までもたそうとする学校の考え方もどうかと思 [続きを読む]
  • 子どもたちと描く干支
  • きょうは子どもの話集まった子どもたちとパステル体験 酉 を描こうまっ、見本が悪いよなしかし…パステルは折られるわ茶こしの形が崩れるわ床にこぼれたパステルを踏んではウロウロ部屋の中は悲惨な状況もう子ども相手にやめとこと前回決意したもんだが…ふぅ きょうもお立寄りくださってありがとう [続きを読む]
  • 「きょうはやめとくわ」 言葉の背景にあるのは…
  • 今期から新しく担当したグループホームで入居の女性が散歩したいとの希望があったが施設の話ではスタッフが散歩に誘うと「きょうはやめとくわ」とふと車いすに乗った母親の言葉を思い出した。「こんな姿、近所の人にみられたくない。」 認知症高齢者が住み慣れた地域でグループホームに…入居者の中には、あるいはご家族の中にこの住み慣れた地域が負担と思われる方もおられます。散歩やお買い物には行きたいけれど [続きを読む]
  • うまーくいーく
  • はて?何のこと?ですね。(笑)おはようございます。先月末…実は…もうこれ以上はダメだと生きることを諦めた。激痛をこらえさまよっていたときに目に留まり助けてくれた映画のキーワードなんです。それがスピルバーグが絶賛したインド映画『3 idiots』邦題『きっと、うまくいく』きっと、うまくいく 【DVD】3,538円楽天 自殺を図った友を死なせまいとする友の姿がある逝かせはしないきみを逝かせない神が招いても 我々は怖 [続きを読む]
  • アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故防止に効果
  • 連日のように高齢者運転による事故のニュースが流れます。 確かに高齢者運転の事故もが多いですがそうでない年齢の人たちの事故割合も多い ただ…大きな不幸な事故を起こしたのが高齢者そのことでマスコミが騒ぎ出し、高齢者の運転だけがクローズアップされた状態に思います。が、対策は急務です。 その対策の一つにオートバックスが今日5日から発売する 急発進防止装置「ペダルの見張り番」オー [続きを読む]
  • 今年ひいた風邪13回でストップ。か?
  • インフルエンザの流行が気にかかるこの頃です。介護される側もされる方も体調管理が大変になる時期。 そういう今年の私はホントによく風邪をひきました。ですが、9月の末に13回目の風邪を引いてからこのジェットコースター並みの気温にも関わらず今日まで風邪をひいていません。危うい時期も数回あったが… それというのもダメもと、効果があるのか半信半疑であるモノを購入してからです。流行りの乳酸菌で巷に出 [続きを読む]
  • す〜〜っごくひさびさに…
  • すっかり遠のいてしまい気づけば12月です。お変わりございませんでしょうか? 高齢介護課と南港エイジレスセンターへの遠足?で撮影 今年始めから小学生とかかわりを持ち子どもたちから学ぶことも多く(ケンカの仲裁の方が多い…)発見の毎日でした。違う意味でも…ここだけの話親が知らない子どもたちの世界Facebookのお友達限定で読めます。 ボチボチですがブログを再開していきます。これか [続きを読む]
  • 日本人が一番憎まれた時代
  •  ずいぶんとご無沙汰になってしまいました。今年はすでに10回も風邪を引きグズグズしている間に猛暑のお盆も終わろうとしています。 きょう、70年目の終戦祈念日 戦後70年の昨年に施設入居者からだけでなく友達にもご協力を頂き70の戦争体験のエピソードを集めました。あれから戦争体験者も一段と少なくなり声を拾いあげることは出来なくなってます。 その体験記の中にも多く語られた「南方に行った [続きを読む]
  • 介護を初めて3年以内に…
  •  おはようございます。晴れるといきなりの30度越えきついですね。  介護殺人の発生は介護を始めて3年以内での発生率が高いNHKのニュースよりhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20160701/k10010579931000.html   家族介護はいきなり始まり始めた当初は「私がしなければ…」その思いで自分を犠牲にして頑張ってしまう。 介護に慣れてきた頃にはもしかしたら介護の必要性が上がっているかもし [続きを読む]
  • 半径50cmに立ちはだかる壁
  •  毎日顔を見ているスタッフと違い1カ月に一度しか訪問しない私にはなかなか打ち解けてもらえない方もおられます。  女性入居者のAさん。とってもわかりやすい性格です。 近づこうものならプイッあっちに行けといわんばかりにあさってを向いてしまいます。 なのでAさんの半径50cm以内には近づけません。 それでも他の入居者と話をしているのが気にかかるようで、チラチラとみます。   [続きを読む]
  • パワフル高齢者に教わる「生きる希望」
  •  おはようございます。 施設を脱走しやりたいことをあきらめないパワフルな高齢者に教えられる中国映画 『グォさんの仮装大賞』公式サイト⇒http://www.guosan.jp/   家族のため一生懸命働いても高齢になりからだが不自由になり介護が必要になると家族から存在を疎まれたりする人もいる。  施設に入所すると親はこどもの保護者という立場が逆転し子が親の保護者となり管理され 何か [続きを読む]
  • こんなになるとは…
  • 車いす生活の高齢者からよく聞かされる言葉 「こんな(体)になるとは思わなかった…」  年をとり体が不自由になりまして車いす生活になるとは誰も思わない。   授業中に学生たちに問うてみた。 「年をとった時のことを想像できる?」「もし車いす生活になったらどんな気持ちになる?」  学生たちはただ顔を見合わせて笑っているだけ。  私自身も(遠い昔)学生と同じ年ご [続きを読む]
  • 緊急時の入居者の安全確保
  •  おはようございます。また?少しブログから遠ざかり6月初めての投稿です。 一昨日11日は東北大震災から5年3か月ともしびプロジェクトで各地でろうそくが灯されていました。  いつなんどきどこで起きるかわからない天災いざという時に備えることが重要です。  もし…もしも…介護相談活動時に起きたら???  介護相談員は車いすを押すなど入居者に対して介助、介護は一切してはいけない [続きを読む]