ひめの さん プロフィール

  •  
ひめのさん: 道草の記録
ハンドル名ひめの さん
ブログタイトル道草の記録
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/himenokuni
サイト紹介文ストレス解消のパチンコ ときどき株主優待 どこまで続くのか・・誰も知らない お楽しみに〜〜〜 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供686回 / 365日(平均13.2回/週) - 参加 2015/03/29 00:49

ひめの さんのブログ記事

  • 1日1個のリンゴがタバコから肺を守る!?
  •  「タバコは身体を蝕む」「百害あって一利なし」――これらの警告は喫煙者には<耳にタコ>、すでに言い尽くされたことかもしれない。 ところが、リスクが大きく世界的に主要な死因でありながら、いまひとつ認知されているとは言えないのが「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」だ。 COPDとは、有害物質の吸入によって肺に慢性的に炎症が起き、空気の流れが制限される結果、呼吸困難などの症状がみられる病気。 COPDによる死亡数は、平 [続きを読む]
  • 子連れで日本を旅行すべき理由「日本を体験させることは勉強になる」=中国
  • 子連れで日本を旅行すべき理由「日本を体験させることは勉強になる」=中国日本を旅行で訪れる中国人のなかには、わざわざ小さい子どもをあえて連れて来る人もいる。家族旅行として思い出を作るためというよりも、日本ならではの体験をさせることが目的のようだ。中国メディアの捜狐はこのほど、中国人旅行客による手記を掲載し、日本は子どもを連れて訪れるべき国であると伝え、「日本を体験させることは子どもにとって勉強になる [続きを読む]
  • 「インド人富裕層」の人口爆発 2025年には3300万人突破予測
  • Kenneth Rapoza ,CONTRIBUTOR 今から10年も経たないうちに世界のあらゆる産業は3つの市場にフォーカスしていくことになる。アメリカと中国、そしてインドだ。インドには若い人口が多く、消費意欲が活発でインド人たちはテクノロジー好きだ。インドは中国に次ぐポジションを得ようとしている。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は3月21日、「2025年までに世界3位の消費市場に成長するインドと若い世代のインド人」と題 [続きを読む]
  • 「普通のサラリーマン」だった私は、定年からたった10年で破産した
  • ――長生きなんか、するんじゃなかった人生の最期を悲惨な状態で迎える人がいま急増している。なぜ、どのようにして人は破産してしまうのか。厳しい老後破産の現実はあなたも無関係ではない。妻の病をきっかけに「なんでこんなつらい思いをしてまで、長生きしなきゃいけないんでしょうか」着古したジャージに身を包んだ香川庄治さん(仮名/71歳)は、嗄れた声を絞り出し、こうつぶやく。6年前に妻を亡くしてから、神奈川県の自宅でひ [続きを読む]
  • 家族と一緒では生きづらい …超高齢化社会にひそむ「本当の問題」
  • 「高齢者が邪魔者扱いされるさまや、家族と同居しているのに孤独死する場面は、まさに高齢者問題のいまを描いている」80歳の老女が、3世帯住宅に居場所を失い家出をする異色のマンガ『傘寿まり子』。この作品を読んでそう語るのは、ベストセラー『下流老』の著者で、NPO法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典氏だ。『傘寿まり子』では、老人が運転する車が高速道路を逆走してしまうシーンや、主人公がふらついて車に轢かれてしまう、 [続きを読む]
  • やはり「血液型が人の運命を左右する」ことが科学的に判明!
  • O型はマラリアに加え、胃がんや肝臓がんへの耐性もあることも各国の研究で明らかになっている。まとめると、O型の人は・勃起不全になりにくい・マラリアが重症化しにく・アルツハイマーになりにくい・血栓ができにくい・がんになりにくい O型爆上げの内容になってしまい、A型、B型、AB型の読者に申し訳ないが、ここでO型にも良いことばかりではないことをお伝えしておこう。画像はDaily Maiより引用 こと妊娠に関しては、O型より [続きを読む]
  • 今年2回目の土筆採り
  •  3月23日(木) (1回目は ほとんど採れなかった)前回とは反対側の岸部で、初めての場所。緑が生えてたので あるかもしれない?と思って降りてみた。全然目立たないけど よく見ると生えている。新橋の陸橋の、最初の降り口から降り、向こうへ向かって 摘み進んだ。 [続きを読む]
  • "余生は家の庭いじり"は過去の話
  • マンションを買っても手にしたその瞬間から価格の下落が始まり、1年たったら何百万円も下がっていた、という話を時々耳にします。不動産で儲かったという話や最近、不動産価格が復調気味だ、あるいは金利がまだ安いうちにローンは組むべしといった話に乗って一生に一度の買い物をする方も多いでしょう。これから25年間、ローン地獄に陥ることも厭わず、家族のために、老後のためにジャンプするスタイルは今も昔も変わりません。も [続きを読む]
  • 日向灘で頻発した地震、南海トラフ地震の前兆だった!
  • 九州と四国の間にある日向灘で、南海トラフ地震の前兆と思われる前兆現象を観測していることが分かりました。京都大学の観測所によると、4年前から行っている日向灘の地震調査で、普通の地震とは異なるゆっくりとした揺れの「スロー地震」を観測しているとのことです。このスロー地震は「スロースリップ現象」と言われ、東日本大震災の数ヶ月前にも同じような異常が観測されていました。スロースリップ現象は半年ほどで20センチ [続きを読む]
  • 富裕層の結論「“ビンボー”が幸福を呼ぶ」
  • 行政書士、不動産投資顧問 金森重樹=文 なぜ、所得が上がると主観的幸福は停滞するか?以前、リチャード・イースタリンという経済学者が1974年に発表した「お金と幸福の“逆説的”な関係」について紹介し、それに基づき私の考えを述べました(「『人より金持ちでいたい人』は、富裕層はムリ」。イースタリンの逆説はこのような主旨でした。●ある国の一時点で見ると、所得と幸福度には正の関係が見られる●ある国を時系列で見る [続きを読む]
  • セルフレジは定着するか 消費者は「面倒くさい
  • 最近、スーパーマーケットを中心にセルフレジを見かけるようになった。今年1月にはすかいらーくグループがファミリーレストランチェーン業界で初めて導入を決めたと報道された。しかし、消費者の生活にセルフレジが根付いたかと言えば、そうでもない。3月13日の発言小町に「折角セルフレジになったのに・・・」というスレッドが立った。スーパーで働くトピ主は、手早く会計を済ませられるセルフレジがあまり活用されていないことが [続きを読む]
  • 米従業員調査でわかった「最も憂鬱な仕事」トップ10
  • アメリカにおける最も憂鬱な仕事2017年版のトップ10は以下のとおりだ。金額は平均年収額を示す。1.お客様相談窓口/2万8887ドル2.小売店のレジ係/1万8000ドル3.小売店の販売員/1万8800ドル4.正看護師/6万ドル(約690万円)5.顧客担当セールス/6万2950ドル(約724万円)6.統括マネージャー/6万7819ドル(約780万円)7.フィールドエンジニア/5万9250ドル(約682万円)8.データアナリスト/7万3441ドル(約844万円)9. [続きを読む]
  • 初土筆
  •  3月20日(月)きょうは暖かくて、土手へ 初の土筆を採りに行ってみた。 枯草ばかりで 土筆はまだ早かった。ほとんど生えてない。家族連れや 単独のオジサンなんかが採りにきてた。 土筆を食べる文化が 根付いているらしい。 出始めたばかりの先を摘み取ってきて 卵とじして食べた。春の一番のポリフェノール(苦み成分)を満喫したところ。 短くて袴が?きにくい。 &nb [続きを読む]
  • スケジュールと予算と価値観合う友達いない
  • 眞鍋かをり「スケジュールと予算と価値観合う友達いない」に共感殺到 「それが俺が一人旅をする理由だ」3月18日〜20日は久しぶりの3連休。休みの予定はもう決まっているだろうか。恋人や友人と旅行に行く人もいれば、1人で旅行に行くという人もいるだろう。 3月9日に放送されたバラエティ「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「ひとり旅芸人」には、タレントの眞鍋かをりさんが出演。「スケジュールと予算と価値観の合う友達がい [続きを読む]
  • 奨学金地獄」は本当だった! 学生の2人に1人が借金の現実
  • 大学通信 安田賢治=文大学の7割以上が学費の高い私立大学大学進学にかかる経費は、学費の高騰もあって負担が増している。根本的な問題は大学教育の中心を担っているのが、国公立大より学費が高い私立大だということだ。大学と同じく義務教育ではない高校と比べるとよくわかる。国公立高に通う生徒は、全体の68.5%で7割近い。一方、大学はというと国公立大に通う学生は26.6%に過ぎない。7割以上が私立大に通っているのだ。これは [続きを読む]