派遣女子 さん プロフィール

  •  
派遣女子さん: 耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ
ハンドル名派遣女子 さん
ブログタイトル耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ
ブログURLhttp://otosclerosishaken.hatenablog.jp/
サイト紹介文断捨離や節約そして耳硬化症の手術も経験し、アメリカ移住に向けてプロセスの開始を綴っているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/03/29 15:33

派遣女子 さんのブログ記事

  • 耳硬化症手術後遺症?最初に聞こえるのはどんな音?
  •     耳硬化症でアブミ骨の手術を行った後、今まで聞こえていなかった耳に様々な音が入るようになりました。otosclerosishaken.hatenablog.jp今まで聞こえていなかった音とは人の話す声が小さく、もごもごと音がするだけで何を話しているのかはっきりわからずに「こんな事をきっと言っているのだろうな・・・」という想像で受け答えをしてきました。背後から近づいてくる音で人はもちろん、自転車の音や車のエンジン音 [続きを読む]
  • 耳硬化症手術をするなら入院医療費の窓口負担を抑えよう
  •     耳硬化症だと診断された場合、治療の選択肢は2つ。手術か補聴器使用です。聞こえの改善をしたいのに、お金を気にしている場合ではないかもしれません。けれど、お金がなければどちらの選択も諦めなくてはなりませんよね。一体、いくらかかるものなのだか非常に気になります。入院費も含めた金額はいくら?費用は入院する日数や、使用する部屋によっても異なります。私の場合、入院は6日間でした。部屋も保険適 [続きを読む]
  • 入院食で太った!耳硬化症の手術入院
  •     入院すると痩せるって本当?入院食は痩せるって聞きますよね・・・羨ましい・・・私は3キロ太りましたって(T_T)たった1週間なのに・・・今回の入院で、密かに狙っていたのがお通じ改善です。規則正しい生活に、バランスの取れた食事♪強い味方がついてくれたかのような大きな気持ちで臨んだ手術入院でありましたが、無残にもお通じ改善も失敗に終わりました・・・食事のカロリー病院ではカロリー計算をした栄養管 [続きを読む]
  • 贅沢?わがまま?聞こえない悩みは「聞こえるようになりたい」
  •     この数ヶ月間、もう片方の手術をするかしないかで悩んできました。耳硬化症(伝音性難聴)は手術をすれば改善が見込める病気です。私の願いは、「聞こえるようになりたい」。聞こえなくて困っていたこと、聞こえなくて悩んでいたのは・電車のアナウンスが聞こえない・会話が聞き取れずにコミュニケーションが難しかったこと・背後から来る車などの音が聞こえなかったこと仕事場での、上司から指示や会議での声が聴こ [続きを読む]
  • 耳硬化症の手術前の経口補水療法と手術後のめまいがつらい
  •     手術の前日の21時以降の飲食は禁止になります。ある飲み物を除いては・・・経口補水療法とは脱水症から体を守ってくれる水を口から摂取する方法ですね。塩分・電解質・糖がバランス良く配合されている飲料です。病院から指定されている経口補水を飲むことで、手術前後の空腹や喉の乾き、手術後の回復を助け、合併症の減少にもつながるそうです。これを飲むのがつらかった・・・味が全く合わず、飲みのが必死だった [続きを読む]
  • 耳硬化症の手術の肺血栓塞栓症の予防
  •     肺血栓塞栓症(はいけっせんそくせんしょう)とは血のかたまりが肺の血管につまり、呼吸困難よってショック状態や心肺停止になる恐れのある病気です。肺血栓塞栓症 - Wikipedia聞き慣れている話題になっていた「エコノミークラス症候群」は肺血栓塞栓症が原因です。飛行機で長時間同じ姿勢でいることによって起きやすくなります。手術で入院をしたときには、肺血栓塞栓症についての冊子が渡されます。病気で長期に渡り [続きを読む]
  • 耳硬化症の手術入院で持参して役に立ったもの
  •     耳硬化症の手術では約1週間ほどの入院が必要でした。入院に必要なものは病院からの案内に書かれています。この準備している瞬間が、一番ドキドキして、一番ワクワクしていた時でしたね。だって、手術が終わったら聞こえるようになるんです!持っていくものは歯磨きや歯ブラシ、洗面用具や下着類などで万が一忘れても今はコンビニで揃ったりするので問題はありません。今回の手術で私が持っていったもの・部屋着耳 [続きを読む]
  • 顎関節症になった!耳硬化症との関係は?
  •     突然、口が開かなくなりました・・・顎関節症です。耳硬化症と関係があるの?症状が出たのはどんな時?以前、毎晩ジョギングをしていたのですがその最中に耳の後ろの下辺り。くぼんでいるところが痛いな〜っと感じたのが始まりです。耳硬化症手術から約1年後くらいの時です。それから1週間の間で、段々痛みが増していき「ミシ」っという音がするようになり、口が開かなくなりました。開けられるのは指1本とちょっ [続きを読む]
  • 音がしている方向の判断が難しい?耳硬化症で経験した症状
  •     音を捉えにくくなって随分と経ちますが、まだまだ慣れないのは音の方向感覚です。音が聞こえるものの、その音がどこから聞こえて来ているのか音だけでは判断出来ません。音が聞こえた時、すぐさま周りを目で確認するため、右向いたり左向いたりとあちらこちらを見回します。音の方向がわかりづらい状況・後ろから声をかけられた 時、いつも声をかけられている方向を間違えます。右からなのか左からなのかがわからな [続きを読む]
  • 耳硬化症で全身麻酔とタバコの危険性はまじで怖い
  •     耳硬化症の現在の手術では、ほとんどの病院が全身麻酔で手術をします。手術前の麻酔科での診察で、必ず確認されることは喫煙しているかどうかです。私は手術前は喫煙者でした。禁煙を始めたのは手術の2週間前からです。始めた理由は、麻酔科の先生から言われた一言です、これが結構面白い・・・「タバコをやめないと辛いのはあなたで私ではない」「やめたところであなたの肺は健康にはなれないのでやめなくてもいい [続きを読む]
  • 耳硬化症と診断された人が悩んでいることの特徴は?
  •     私の周りには耳硬化症という病名を初めて聞く人が多いです。聞いた人の反応はというと・・・「キョトン(・・?」と言った感じです。耳硬化症だと診断された本人でさえ、最初聞いたときの反応は同じだったのですから・・・^^;悩んでいることの独断TOP3耳が聞こえづらくなった人・耳硬化症という診断された人が悩んでいることを探してみるとやはり皆同じようなことで悩んでいました。No1.コミュニケーションNo2.手 [続きを読む]
  • 名医ってどんな人?耳硬化症を経験して求める名医について考えてみた
  •     誰もがその専門の名医に診てもらいたい、手術をしてもらいたいと願いものです。では名医の定義のはなんなのでしょうか?名医と思える医者って誰もが同じではなくて、それぞれ違うのですよ(*^^*)耳硬化症でいう名医とは耳硬化症という病気は欧米人に多く、原因が遺伝的なものだと言われていますが、日本人には少なくあまり知られていない病気でもあります。そのため、手術の前例も少なく経験している医師も少ないこと [続きを読む]
  • 耳硬化症だった!手術に至るまでの時間・進行速度は
  •     私の耳が聞こえないことを自覚し始めたのは30代からです。自分で自覚したのではなく、周りから言われて気がついた感じです。当時は、仕事でもプライベートでもハプニング続きで大きなストレスを抱えていました。一気にやってきた大波に飲み込まれそうになっていた年でもありました。朝8時から夜11時まで働きづめで、土日も関係なく働いていたときでもありました。診断は突発性難聴聞こえていないのはきっと疲れてい [続きを読む]
  • 耳硬化症の手術を決めたのは進行性の難聴だったから
  •     「手術をすれば、治りますよ。いつにしますか」と淡々と言われた時、何を言われているのか理解できず、言葉を失ってしまいました。聞こえなかったのではなく、手術という言葉に反応してしまっただけなのですが^^;耳硬化症という診断が出ると、先生から治療法を説明されます。・アブミ骨を取り除き、人口のピストンを入れる手術・補聴器を使う治療・そのまま放置する選択は3択です。当時は片耳だけが生活するのに困難 [続きを読む]
  • アブミ骨筋反射?耳硬化症の診断に大いに役に立つ検査
  •     耳硬化症という診断に至るまで、様々な検査を経験します。私が受けた検査は・・・・純音聴力検査ヘッドホンを使って、聞こえの程度を調べます。ヘッドホンから聞こえてくる音に反応して、手に持っているスイッチボタンを押すという作業。この検査は、気導検査で外から入ってくる音が鼓動を振動させて内耳へ伝わる聴力を調べます。次に、耳の後ろ側の骨から、振動させて聴力を調べることのできる骨導レシーバーとい [続きを読む]
  • 耳硬化症と老人性難聴の区別はどうするの?
  • 私は耳硬化症という診断されたのは40代になってからです。それまで、突発性難聴で治らないのだと思いながら人生を過ごし、低下していく聴力は年をとってきたからなんだろうと、半ば諦めのような感じでした。老人性難聴の特徴を知ろう!難聴が発生すると、聞き取りづらくなるのは会話や高音です。両耳の聴力の低下が同時に起こる場合が多いと言われています。早口では話している内容が理解出来ず、聞き取ることが困難なのが特徴 [続きを読む]
  • 耳硬化症の手術で希望していた耳後法から耳内法への変更になった理由
  •       耳硬化症の手術の方法は2種類耳硬化症の手術は、動きが悪くなった内耳にある3つの小さな骨の1つのアブミ骨にアプローチする手術です。手術には、硬くなって動きが悪くなっているアブミ骨をまた動くようにする可動術と、動きが悪くなったアブミ骨を人工のものに換える置換術があります。耳の手術の方法には「耳後法」と「耳内法」の2種類があります。私が受けた手術は「耳内法」で、耳の穴から行なう方法です。 [続きを読む]
  • 耳硬化症でアブミ骨手術をした後の後遺症は?
  • 耳硬化症の治療耳硬化症という病気の治療には補聴器と手術の2通りの選択があります。補聴器を使う選択と、手術をする選択です。安全な治療法の補聴器に比べるとリスクが高くなるのが手術です。耳硬化症は難聴の中でも手術で大きく聴力が回復する見込みが病気なのです。そのため、聞こえないことが改善されるのならリスクがあっても手術を望みたいと思う人も多いのかもしれませんね。手術をした後の後遺症にはどんなのがあ [続きを読む]
  • 耳硬化症手術をした人のブログが集まっているサイトを発見!
  • 耳硬化症が日本人には少ないってほんと?日本人には少ないと言われている耳硬化症ですが、耳硬化症についての情報を探していると手術を経験した人や、手術を待っている人のブログがたくさん見つかりました。本当に日本人には少ないのかな・・・と思えてきます昔、こんなにあったかな・・・と思うくらいありました。古い日付の記事もあり、どの時代でも悩んで苦しんで前に進んでいる人がこんなにもいたんだな〜っと胸がぐっと熱 [続きを読む]
  • 耳が聞こえにくい耳硬化症でも補聴器で改善出来ることが多くなる!
  • 耳硬化症で低下してしまった聴力の改善耳硬化症で徐々に低下していった聴力を聞こえるレベルまで改善してくれる治療法の1つに補聴器の使用があります。補聴器は、自分の聞こえない部分に焦点を絞り調整して自分用にカスタマイズした聞こえの良くなる機械です。この補聴器によって、今まで聞こえてこなかった小さな音が聞こえるようになります。今まで理解出来なかった会話が全て理解出来るようになります。どんどん聞こえな [続きを読む]
  • 耳硬化症で使う補聴器は集音器でもいいの?
  • 耳硬化症で治療の方法耳硬化症での治療方法で、補聴器という選択肢もあります。補聴器というのは、基本的に音を大きくする機械です。私は最初に耳硬化症の診断をもらうまでは、集音器を使用していました。集音器も音を大きくする機械です。私が耳硬化症と診断される前に集音器の無料貸出でお借りしたのがこちらの【デカ音くん】です。dekaoto.com聞こえが悪かった耳に大きな音が入り込んできて、「あ!私の耳聞こえるんだ・・ [続きを読む]
  • 突発性難聴から耳硬化症へ病名が変更されることもある
  • 突発性難聴からはじまった・・・「耳硬化症」を知っている人が少ないけれど、「突発性難聴」は聞いたことがある人も多いと思います。突発性難聴 - Wikipedia突発性難聴の特徴は、原因不明で突然耳が聞こえなくなります。全く聞こえなくなるのではなく、聞こえが遠くなります。突発性難聴の特徴は、ほんとうに突然聞こえなくなることです。昨日まで聞こえていたのに今朝起きたら聞こえていなかったとか、さっきまで聞こえていた [続きを読む]
  • 耳の聞こえが悪くなる耳硬化症の予防法はあるの?
  • 耳硬化症って何?初めて先生に説明されて、そんな病気があるんだ・・・2年前まで全く知らない病気でした。耳硬化症というのは難聴で、耳の聞こえが悪くなる症状です。痛みも特に感じないので、自分でも耳の聞こえが悪くなっていることに気付きません。日本人には少ない病気で、手術経験が多い先生が国内に少ないのも特徴です。大きな病院でも、手術を出来る先生が居ないため他の病院を紹介されるということもあります。 [続きを読む]