フェラーリのブログ書いてみました さん プロフィール

  •  
フェラーリのブログ書いてみましたさん: フェラーリのブログ
ハンドル名フェラーリのブログ書いてみました さん
ブログタイトルフェラーリのブログ
ブログURLhttp://automotive-blog.hatenablog.com/
サイト紹介文フェラーリ購入ともろもろの出来事 フェラーリF12 フェラーリディーラー フェラーリ保険
自由文フェラーリを買おうと思い立ち、ディーラーに行き、試乗し、注文して、車庫を探し、保険の契約をし、納車され、乗りはじめましたが、その間に色々な事がありました。その色々起きた事、感じたこと、考えたことを書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/03/30 19:11

フェラーリのブログ書いてみました さんのブログ記事

  • 「F12 ブレーキの感触」
  • F12のブレーキはカーボン製がついています。今日はそのブレーキについて書きます。買う前は、フェラーリのブレーキはすごいのかも知れない、と想像していましたが乗ってみれば、しごく普通。すごい剛性感があるとか、タッチの感覚が違うとか、シューの感触が伝わるとか、そんなの無し。いや無しというか目立った感動は無し。で、F12のブレーキは意外やストロークでコントロールする普通のファミリーセダンと同じタイプのブレーキな [続きを読む]
  • 「おまえのクルマの値段なんか、知るか! 3」
  • 前回のつづき。Sクラスの左ウィンドウが下りて、ドライバーが何やら大きな声を出している。営業車を運転していると色々なドライバーに出会う。はっきり言って異常な人もいる。無視したほうが良いと思った。Sクラスはいよいよクルマを寄せてくる。その時わたしはサニーの営業車に乗っていた。Sクラスは左ハンドルなので寄せやすいのだろう。手を伸ばせばお互いのクルマに触れられそうなところまで寄せてきた。わたしの営業車のウィ [続きを読む]
  • 「おまえのクルマの値段なんか、知るか! 2」
  • 前回のつづき。ママチャリをこいで次の信号を目指す。「どおしてやろうかな。ベントレーのウィンドウに向かって、「『落とし物ですよ』とばかりにゴミ袋をブラ下げて見せようかな」、猛然と加速していくベントレーのドライバーが、信号が赤に変わらないのを願っている気がした。結果、信号は青のまま。ベントレーは信号を通過してゆるい登り坂を遠ざかっていった。わたしは赤信号にひっかかった。信号が赤にならなくて良かったかも [続きを読む]
  • 「おまえのクルマの値段なんか、知るか!」
  • またしても年寄りのむかし話です。バブル景気のなか(「バブル景気」と言うのは後から付いた呼称だったと思う。ただ世の中はとても豪気な事柄があふれていたと記憶している。例えば、わたしの住んでいる東京郊外の各駅停車駅の間口3間の蕎麦屋の土地に一億円の値がついたとか、そんな話しは聞いていた)一方でわたしは円高不況の中でやっと就職した会社は安月給(今、振り返れば最賃法違反だったんじゃないか…)で生活はまったく [続きを読む]
  • 「F12のご購入なら 2」
  • 前回の、わたしはF12を乗りこなせてます、はほとんどこじつけでしたが今回は、乗りこなせてません、を書きます。まずF12は出力が高すぎる。お乗りのポルシェでも同じだと思いますが、急なアクセルオンは危険かと思います。ユーチューブでスーパーカークラッシュなどの動画のほとんどが路面状態に気をつけずに急なアクセルオンを行ったのが原因のようです。F12も同じ。急なアクセルオンは危険だと思います。直線だし前に誰もい [続きを読む]
  • 「F12のご購入なら」
  • すでにポルシェはじめ輸入車を何台も乗り継いでおられる方がF12の購入を検討している、とのことです。通勤にもF12を使用する、フェラーリは乗りこなせるか、ということをお尋ねです。あくまでわたしの私見としてお答えさせていただきます。それでは…。1 F12を通勤に使うことは基本的に可能だと思います。この、「基本的に」、っうところが肝です。通勤や日常使いのクルマへの接し方や感覚で人それぞれ変わると思うからです。 [続きを読む]
  • 「クルマに高級オーディオは必要か」
  • 本日でカーオーディオの話しはおしまいです。いままで日本車でも輸入車でもオプションの高級ブランドオーディオを取り付けたことがありますが、いまは注文しません。なぜか。個人の感想ですが、「高いオーディオ付けても思うほどの効果はない」、と思うからです。高価なオーディオをオプションで付けたのにボリュームを上げた途端、内装の色々なところがビリビリ、チリチリ共振を始めました。30万円もしたオーディオブランドオ [続きを読む]
  • 「カーオーディオ、むかしばなし その2」
  • バブル景気がはじけて景気が冷え込んでいくなか、学歴もコネもないわたし(学歴がないのは勉強嫌いだったわたしの自業自得なのだ)は新聞の折り込み求人をたよりにとある中小企業(いや中小企業でもない小企業)にやっと就職した。営業車は十二台〜十五台あった。バブル景気がはじけてから少し景気のいい時と底割れというどん底を何度か繰り返して営業車の台数は増減した。営業車は4ドアのセダンか5ドアのハッチバックが多くて、一 [続きを読む]
  • 「カーオーディオ、むかしばなし」
  • 前回、F12のオーディオのことを書いたのでカーオーディオのむかしばなしをすこし。わたしが勤めていた会社の営業車は基本的にカーオーディオなんて付いていませんでした。基本的ということは例外もあってえらい人の営業車(営業部長とか取締役とかの営業車)はオーディオが付いていました。(そういう営業車はたいていクラウンやセドリックでした)。わたしのような下っ端営業マンに与えられるのは1000ccから1800ccのクルマ。近隣 [続きを読む]
  • 「F12のオーディオについて 2」
  • F12のUSB端子は肘掛けコンソール内にあります。容量はそこそこあり、iPodもiPhoneも問題なく納めることができると思います。 以前も書いたとおりわたしのF12はアルパイン製のNVA-HD555というシステムが搭載されています。アルパインのHPで調べたら同システムは2006年製だそうです。搭載システムは年式が変わると変更されている可能性が高いので、現在のF12は変わっているかもしれません。カリフォルニアTやGTC4ルッソはapple car [続きを読む]
  • 「F12のオーディオについて」
  • コメントをいただいた中からF12のオーディオについて書きます。まず、わたしのF12のオーディオですが標準仕様のままでオプションは付けていません。私がF12をオーダーした当時は「HiFiプレミアムシステム」という名称で56万円のオプションが選べました。フェラーリを買う当初からオプションのオーディオシステムを注文する気はありませんでした。フェラーリを買うとなれば、そのエンジン音やエクゾースト音に興味があるわけで、静 [続きを読む]
  • 「F12 内装について その4」
  • しつこくF12の内装のはなし(今回で終わりです)。パワーウィンドウスイッチはセンターコンソール上にありドア側にはない。最近、慣れてきたけれどもやっぱりドア側にある方がいい。とっさにドアノブあたりを探して、おっとF12はここじゃない、と気付くのは情けない。それと、ドライバー側のパワーウィンドウはオートモードがついているが、助手席側はオートモードがない。わたしは2、30分に一度、車内の空気を入れ替える。まわり [続きを読む]
  • 「F12 内装について その3」
  • またしてもF12の内装のつづきであります。F12の内装はあちこちから音がする。いまのところ内装の建て付けのビビリは2カ所から発生しているらしい。速度とエンジン回転数、路面の状況で現れる。ひとつはメーターの内側かステアリングコラムの奥の方。二つ目は右ドアの内張りあたり(ヒンジに近いところ)。で、このドア部のビビリは温度が低いと発生しない。車室内の温度が高くなるとビビリはじめる。フェラーリを買う時、内装の建 [続きを読む]
  • 「F12 内装について その2」
  • F12の内装のつづき。日本車やドイツ車の本革はあまり匂いがしないが、F12の革はしっかり本革の匂いがする。別にイヤな匂いではない。本革は室内の各所に使われていて、ヘッドレストは合皮です、なんてケチくさいことはしていない。革のさわり心地はなめらかできめ細かく柔らかな感じがする。ただこだわった言い方をすれば、メルセデスベンツ、BMW、レクサスのナッパレザーやセミアニリンレザーよりも少し硬くて厚い感じがする。革 [続きを読む]
  • 「F12 内装について」
  • 今回はF12の内装について。フェラーリの内装の印象は華奢というか、柔らかな感じがする。例えばサンバイザー。表側は本革(内装に使われている本革と同じと思われる)で裏側はスウェードで縫われている。厚みはうすく、鏡と交通チケットかカードを差し込む薄いポケットがあるだけ。鏡を照らすライトはない。サンバイザーの形を作る外形にワイヤーが入っていると思われるがそれ以外の部分はパンヤが入っているだけだ。最近のサンバ [続きを読む]
  • 「フロントアップとコントラストステッチ
  • F12のフロントサスペンションはインパネのスイッチを押すことで40mm上昇する。たいていの段差には有効だ。いまのところフロントのエアスポイラーをぶつけたことはない。いや、正確にいうと一回、ガリッと音がしている。よく通る道で急な起伏がある小さなT字路。山の南斜面を利用した住宅街で段々畑のように家が建ち並ぶ幅6メートルくらいの道。強い下り傾斜のT字路でハンドルを切りながら曲がる。いつも通り走ったつもりだったが少 [続きを読む]
  • 「F12 冬の始動直後 その2」
  • 車庫の外にだしてニュートラルに戻すと開放されたようにエンジンは1800くらいで安定する。で、その大ボリュームの1800回転は暖かい時期なら30秒くらい、冷間なら70〜80秒くらいで1200前後に落ち着く。暖かい時期ならここで走り出してもよいが外気温が低い状態ではそうもいかないず、滑らかとはほど遠い感触がする。この状態で1速に入れると、途端「ウァゥゥ」とエンジン回転がブレる。F12に苦情を言われている気がする。ホントなら [続きを読む]
  • 「F12 冬の始動直後」
  • 年が明けて関東はいい天気が続いていましたが、昨日から雨が降って気温も下がってきました。関東がもっとも寒くなるのは1月から2月。寒さはこれからが本番です。ということで、今日はF12の冷間スタートについて書きます。この冬、わがF12の車庫は気温5℃以下になる朝が何日かありました。この車庫は温度が下がりやすく(まわりに温度の高い建物がない、風が強くあたる、車庫のまわりに土が露出している、とか)、冬の朝はがっつり [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • あけましておめでとうございます。昨年の夏頃より繁忙していて更新を維持するのにあっぷあっぷになっております。なんとか続けていければと思います。コメントは読んでいます。こんなことを書いてほしいというご要望あればお寄せください。F12についてこれまでの感想を簡単に書くと、「日常乗っていて良いと思えるところはなにもない」、ということです。繁忙で更新がきびしい、と書きましたが実際に更新がきびしい理由の一つが、F [続きを読む]
  • 「箱根ドライブ3」
  • 入れ替えをひかえたクルマで最後の箱根を走っている、という3回目。前後にクルマがまったく走っていない椿ラインを湯河原に下る。椿ラインはヘアピンカーブが多く、舗装は荒れている箇所がおおい。 ロードノイズがひときわ高くなる。タイヤは4分山といったところですでにタイヤとしての性能は衰えている。ただロードノイズとともにフェイシアがびびっているのはタイヤのせいばかりではなく車体のヤレも原因なのだ。この夏をすぎて [続きを読む]
  • 「箱根ドライブ 2」
  • 平日で対向車もほとんどこない芦ノ湖スカイラインでゴリゴリとタイヤを摩滅させつつ走っている。しかしこういう走り方をするとタイヤはずいぶん変わったなと思う。わたしのクルマ経験の多くを占めるタイヤの扁平率は70%、65%ばかり。すぐにだらしなくサイドウォールをこすりつけるような弱々しいタイヤばかりだった。それでも慣れてくればタイヤにかかる荷重を加速と制動とステアリングで縦Gへ横Gヘと調整しながらタイヤの変形の頃 [続きを読む]
  • 「箱根ドライブ」
  • ひさしぶりに箱根を走ってきた。一年ぶりだろうか。近々、所有するクルマを入れ替えるので最後に箱根を走っておこうとしたのだ(F12を乗り換えるのではありません。)。休日は混むから平日にした。小田原側の箱根ターンパイク入り口にはビデオの撮影機材を持った人がいる。テレビ番組かビデオ配信の撮影なのかも知れない。午前中にたどり着いたがこの前ふった雪が路肩にかすかに残っていた。料金を払い例の急な上り坂を加速する。 [続きを読む]
  • 「トップギア…じゃなかったグランドツアーが配信」
  • 以前、自動車TV番組「トップギア」のことを何度か取り上げた。名司会者ジェレミー・クラークソン、ジェームス・メイ、リチャード・ハモンドの3人はクラークソンの暴力事件がもとで番組を降板してしまった。その後BBC放送のトップギアは司会者を変えてまだ続いているらしい(BSフジの日本語版は放送されなくなったようだ)。で、あの3人はAmazonプライムのビデオ配信で、「グランドツアー」なる番組を立ち上げた。すでに4話が配信 [続きを読む]
  • 「F12 タイヤの空気圧とラゲッジフロアの温度」
  • 朝、エンジンをかけるといの一番に警告表示がでた。「Check Tyre pressure」、というメッセージが左側メーターに表示されている。左前 タイヤ温度11℃ 2.0bar右前 タイヤ温度11℃ 2.0bar左後 タイヤ温度 11℃ 1.9bar右前 タイヤ温度 11℃ 1.9bar左右ともぴったり合っているが、規定空気圧を行儀良く下回っている。いまF12に装着されているのはミシュランパイロットスーパースポーツ。フロント255/35ZR20、リア315/35ZR20で空気圧は [続きを読む]