新村正幸 さん プロフィール

  •  
新村正幸さん: 幸せを感じてますか。
ハンドル名新村正幸 さん
ブログタイトル幸せを感じてますか。
ブログURLhttp://ameblo.jp/kagelow2/
サイト紹介文平和とスピリチュアルが好きなおじさんです。絵と詩と小説を書きます。イノセンスが主ですね。
自由文絵と詩と小説を書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/03/29 23:41

新村正幸 さんのブログ記事

  • わたしは化石
  • わたしは恐竜。わたしは化石。今日も化石燃料を燃やして排気ガスを出す旅に出る。化石の街で振り返る。あなたの影がわたしの影と交錯する。音符と爆音をかなで、朝が来るのを待つ。嘘と欺瞞に満ちたこの世界で何が出来る。待ちわびた世界は望んだものじゃない。来たるべき時代に備えよう。人が人らしく生きる、破られ続けた約束。未来を夢見て輝く瞳。その瞳を曇らせないで。愛は育むもの。お願いだから笑ってよ、明日はあなたのも [続きを読む]
  • 笑顔の代価
  • 人と出会い、人と別れ、人は大人に成る。あなたの毎日が笑顔で満たされます様に。苦しくてつらいとき、悲しくて泣きたいとき。あなたは我慢してしまう。残酷なこの世界で。夢を見て、夢を叶えようと頑張るのは無意味じゃない。もしもあなたが心からの笑顔で誰かと話したら。誰かは救われる。何気ないひとことに心は癒やされるから。愛なんて言葉は恥ずかしくて使えないけれど。愛なしじゃ生きて居られない。現状に満足して生きるも [続きを読む]
  • 正月が誕生日の場合。
  • いきなりですが。皆さん誕生日にお祝いしてもらえますか?私の誕生日は1月2日、正月の書初めの日です。正月ですから当然学校も会社も休みで、みんな正月気分でめでたいと言ってます。私は人生において一度も誕生祝いと言うものをしてもらった事がありません。誕生日プレゼントは確か・・・小学生の時に実姉にカルタを買ってもらったのと。30代の時に友人にオートバイのカレンダーをもらっただけ。せめて「誕生日おめでとう」ぐ [続きを読む]
  • 愛の意味
  • 17歳の時精神科病棟に入院中1985年に。あまりに統合失調症が苦しかったので。画用紙に「愛こそすべて!」とマジックで書いて病棟の壁に貼ったら。それを見た中年のおじさんとおばさんに。「愛こそすべてだって!新村君いやらしい!」「ゲラゲラゲラ!」と大笑いされてしまった。何も恥ずかしくはなかったが、「この程度の認識力か、貧困な思考だな」とがっかりした。たぶんそのおじさんとおばさんは「愛イコールSEX」だと [続きを読む]
  • 不安定な毎日
  • いい歳して仕事もしないで、無職の精神障害者やってます。限りなく不安定な毎日で、狭心症の高血圧も相まって苦しいです。胸が苦しくて、言いようのない恐怖にも襲われて、つらいです。今はまだ薬を飲んで病気の統合失調症を落ち着かせる段階だから。病院のデイケアへ通ってリハビリの期間。過去の傷やトラウマを忘れる最善の策は、今この瞬間に幸せを感じる事。痛みの中の喜びに、うれしくてなんか悲しくて泣きたくなります。ネガ [続きを読む]
  • 車ぶつけた
  • 今日朝、病院のデイケアへ出かける時に、家の駐車場で車をぶつけてしまった。ぶつけた相手は実姉の車で、内輪差で軽くこすってしまった。よその車なら弁償しろと言われるんだけど、身内だから言われなかった。すぐに傷を直すコンパウンド”GT88”を実姉に渡して出かけた。家の駐車場はとても狭くて、バックで駐車するのも出てゆくのもとても難しい。隣に実姉の車が止まっている時は細心の注意が要る。困った事に実姉が時々いい [続きを読む]
  • テレパシーはあるに決まってるじゃんか!
  • 数年前に脳内彼女に会いに浜松駅前バスターミナルへ行った時の事。周りに大勢たむろしている暇人に恐怖しながら歩いたら。その中の高校生とおぼしきガキが後ろを向きながら。「テレパシーなんて無いんだよ」と吐き捨てるように言った。自分はストーカーでもされているのじゃないかと恐怖した。脳内彼女とはテレパシーで会話していたから、病気だったけど。集団ストーカーも人工テレパシー使えるし、超能力は存在するのに。その中で [続きを読む]
  • テレパシーはあるに決まってるじゃんか!
  • 数年前に脳内彼女に会いに浜松駅前バスターミナルへ行った時の事。周りに大勢たむろしている暇人に恐怖しながら歩いたら。その中の高校生とおぼしきガキが後ろを向きながら。「テレパシーなんて無いんだよ」と吐き捨てるように言った。自分はストーカーでもされているのじゃないかと恐怖した。脳内彼女とはテレパシーで会話していたから、病気だったけど。集団ストーカーも人工テレパシー使えるし、超能力は存在するのに。その中で [続きを読む]
  • 恐怖を覚えた人生だった。
  • 世間とマスコミが怖かった。プライバシーが狙われている気がして戦慄しっぱなしだった。精神安定剤を飲み始めて2年、恐怖は緩やかになった。でも、「怖かったなあ・・・」永い間怯えっぱなしだった。精神は恐怖にビビりっぱなしで。自宅の部屋にロケットランチャーを撃ち込まれる妄想もあった。世間では変な事を言う人間が後を絶たなくて、毎日泣いて暮らしていた。昔は地元の大人や小学生が「早く死ね!!」と絶叫していた。たま [続きを読む]
  • 青くない空
  • もう30年近く濃い青色の青空を見ていない。住んで居る浜松市の空は水色。涙色の水色、悲しいのだろうか?空が泣いているのだろうか。本当の意味でのどこまでも青い空は、昭和時代以来見ていない。地上の住人がウソ偽りに染まってしまったからなのか、誠実さが欲しい。青臭い人間が居なくなったからか?テレビでよその地域の空を見ても、濃い青空じゃない。どこまでも青い空を見ていない。サクラの花も白くなった。そんなに美しく [続きを読む]
  • きれいな殺しと汚い殺し
  • モノが言いたいから物申す。きれいな殺しと汚い殺しでは、汚い殺しは許されないらしい。きれいな殺しとは武力による直接的攻撃による殺し。一方汚い殺しとは核や化学兵器による非人道的な殺し。最近、シリアによる化学兵器の攻撃に怒りを露わにしたトランプ大統領が、報復としてシリアの軍事基地へトマホークミサイル59発を撃ち込んだらしいが。そもそも戦争を含む殺しとはすべて非人道的で汚いものではないのか?正攻法の殺しな [続きを読む]
  • 熱い心を確かめられるもの
  • こころが熱い。熱くてもどこか冷めている、クールでホット。感動する魂はまるで旅人のように意識がぶっ飛ぶ。「こころが叫びたがっているんだ」と言うアニメがあったような気がするが。声にならない叫びは大音量で鳴り響いている。熱い想いを神様が受け取ってくれたらなあ・・・こんなにも波動が出まくっているんだから、誰かが気づくだろう。でも冷めやすい、ほんの些細な事で冷め切ってしまう。無責任な魂、どうか察しておくれ。 [続きを読む]
  • 夕焼けがきれいすぎて
  • あなたはうれしくて泣きたくなる時ってありますか?自分は音楽を聴いているときとか、アニメを観ている時にうれしくて泣きたくなります。あとですね。独りで車を運転している時とか、運転しながら夕暮れを見ている時。感極まって泣きたくなります。夕日が赤く輝いて今日を生きた証拠のように燃えている。運転席の窓を開けると風の匂いが生きている今を教えてくれる。昔は人生がつらくて、ネガティブな思想にとらわれて泣いてばかり [続きを読む]
  • 不遇を嘆くんじゃない
  • 不遇な人生を嘆くんじゃない。誰だって些細な幸せと大きな不幸せに翻弄される。夢を思い描いて、まだ見ぬ明日に希望を膨らませる。思いがけない困難な現実を提示される。こんなはずじゃなかったと過去に未練と後悔を抱いても。明日は見えない、まぶしく輝く明日の世界。人の世が積み上げた罪汚れを激しい雨が洗い流す。今週は病院のデイケアに4日行きました。参加するプログラムは大体カラオケと散歩です。カラオケは2,3曲しか [続きを読む]
  • 風化(時は流れる)
  • 時間がたてば記憶は薄れる。風化、時は流れる。いつまでも鮮明に憎しみの感情を持ち続けても、人は先を急ぐ。人は忘れてゆく、大切な記憶でさえ。新しい風に吹かれてこの記憶を洗い流したい。化石の浦島太郎になった気分。玉手箱を開ければ時間が経過したつじつまが合う。若い奴らがうらやましい、妬みもあるさ。自分が過ぎてきた時間が歯がゆい。うろたえ恐怖してあえいだ昨日はもう帰りはしない。決して後悔は無いように生きて来 [続きを読む]
  • 健康になりたい
  • 健康になってやる。誰よりも健康に、キチ○イの病気だと馬鹿にした奴らを見返すほど。健康、それは万人の理想、憧れ、望みあがなうもの。もう病気に苦しめられるのは嫌だ。健康になって働いて家庭を持ちたい。もう50歳だからそんなに長くは働けないとしても、一生精神疾患で人生を棒に振るのは嫌だ。「ああ健康」「なりたい健康」「つかめ健康」働くだけの人生に憧れた人生だったが、叶わぬ夢だった。清く貧しく美しく生きてきた [続きを読む]
  • 似顔絵を描くと喜んでもらえる
  • デイケアに今は週一位で通っているのですが。スタッフとかメンバーさんとか看護実習生の似顔絵を描かせてもらうと。その際に大変喜んでもらえます。満面の笑みで喜んでもらえます。いやらしい顔じゃないかってくらいニヤケ顔になります。似顔絵を描かれるのはうれしいそうです。その人と一対一で面と向き合って真剣な顔で描いていると。その人の顔の特徴が見えてきます、まだまだ未熟ですが。カネを取って似顔絵を描いている人に負 [続きを読む]
  • 狭心症が楽になってきた
  • 狭心症が最近楽になってきた。胸がハラハラして息苦しいのだけど、その度合いが軽くなってきた。ハラハラしている間、胸がときめいてしまう。何でだろう?何回も胸は張り裂けたのに・・・内科の薬が切れたから受診しなければいけない。傷心の傷が癒されてきた。ゆっくりと時間が解決してくれるらしい。鬼束ちひろの新譜アルバムCDを買った。聴いてみるといまいち、残念。でも聴く、ファンだから。 [続きを読む]
  • 解放願望
  • 解放されたい。解放されたいと願う。自分を縛りつけるいっさいがっさいから。人間は絶えず何かに縛られていなければいけない。道徳や自制心、規律や思いやり。しかし必要以上の力によって縛られ過ぎると、苦痛に成る。安全で甘い苦痛は存在しない、苦痛は危険で苦(にが)いもの。地獄の底まで追いかけてくる呪縛の亡霊。逃れたい、自分を苦しめるすべての事柄から。痛めつけられた憎しみは乗り越えなければならない、慈悲の名のも [続きを読む]
  • 私を構成する成分は・・・
  •          ▼私を構成する成分は・・・\あなたはなにでできている!?/成分チェッカーで分析する なんだかなあ・・・ロマンチストって流行らないんだろうか?音楽とか芸術はロマンチストの塊でしょうに。ああ・・ダメダメ。こんなものあてにしないで頑張ろう。 [続きを読む]
  • 痛みは喜び
  • 痛みは喜び。色あせない想い。果てしのない痛みの先に絶望しかないとしても。それでも希望を信じずには居られない。痛みに流す涙は喜びの涙。恐怖の中で苦しみに耐える、ヌルイ世界を望まない。裸足で野を駆け抜け太陽に守られた昨日。過保護に育てられたぬるま湯に生きる子供は、寒い冬を知らない。厳しい冬を生きる獣は、互いの身を寄せ合う。寒さに凍え震えた人は太陽の優しさを知る。暗闇の中では、光り輝くものがまぶしく映る [続きを読む]
  • 痛みは喜び
  • 痛みは喜び。色あせない想い。果てしのない痛みの先に絶望しかないとしても。それでも希望を信じずには居られない。痛みに流す涙は喜びの涙。恐怖の中で苦しみに耐える、ヌルイ世界を望まない。裸足で野を駆け抜け太陽に守られた昨日。過保護に育てられたぬるま湯に生きる子供は、寒い冬を知らない。厳しい冬を生きる獣は、互いの身を寄せ合う。寒さに凍え震えた人は太陽の優しさを知る。昨日と今日と明日を無事で生きていられるよ [続きを読む]
  • 足跡のついていない道
  • 一つの足跡も無い未開の土地。誰も歩いた事の無い道。それは細く険しいブッシュの生い茂る原野。新しい世界に飛び込みたいと願えば、願いは受け入れられる。精神がぶっ飛んでも身体が悲鳴を上げても良いから。それは先駆者の器量が問われる、特異点。異端者の烙印を押されても、心が叫んでいる。「くだらない大人なんかになりたくはない」自分の得ばかりを追い求める現代にハリセンチョップ。あなたが悲しめば私も悲しい、あなたが [続きを読む]
  • 年寄りのひがみ
  • 最近の自分の心を支配しているものは。「年とったなあ自分・・・」「若い奴らがうらやましい、希望があるからね」人生一度きりだし、やり直すことは出来ないから。時間を無駄に使って何も得るものは無かった。精神障害者で無職だから生きてて張り合いが無いけど。落伍者の生活でも、心がときめくのは平等なんだな。みじめなピエロだった、集団ストーカーに狙われなかったらどんな生き方をしていただろうか。困難なほど燃えるっての [続きを読む]