昭和のマロ さん プロフィール

  •  
昭和のマロさん: 昭和のマロ
ハンドル名昭和のマロ さん
ブログタイトル昭和のマロ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/to3300
サイト紹介文昭和に生きた世代の経験談、最近の世相への感想などを綴る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2015/03/30 05:40

昭和のマロ さんのブログ記事

  • エッセイ(369)屈折した幼い時代をバネに!
  •  オークションスペシャリスト、山口桂の生き方。 幼いころから美術商の父親から、美術に対する審美眼を鍛えるため、スパルタ教育的に、訳もなく日本の美術品を見させられた。 そのことがトラウマとなり和製美術品に嫌悪感さえ抱くようになった山口桂。 それがボストン美術館に飾られた浮世絵などの美術品を観て意識がひっくり返った。  外人でさえ日本の美術品を高く評価し、その保存に意を尽くしている。 彼は美術品を売買 [続きを読む]
  • 詩歌(16)漆黒の宇宙(そら)に輝く青く瑞々しきわが星!
  •  漆黒の宇宙(そら)に唯一輝く 青く瑞々しきわが星よ!   そこに日々営む人々よ  健やかで幸せな日々を  世界の様々な人々が力を合わせて実現することを 切に希う!       <好奇心コーナー>  ビジネスアイデアを競う大会で日本のベンチャー企業が優勝しました。 そして1億1千万の出資金をゲット!  内容は  稀勢の里が信じられない2連勝で優勝! 「自らを信じて行えば、自ずと道は開ける!」  [続きを読む]
  • エッセイ(368)オレたちファースト時代(7)
  •  連勝街道を驀進、ただ一人全勝を守ってきた新横綱稀勢の里が日馬富士に敗れた。  しかも肩を強打!  鶴竜を破って1敗を守った照ノ富士との千秋楽の対決にも臨めない恐れが出てきた、 一方、照ノ富士。高安に敗れはしたが  その後、順調に勝星を重ね、カド番をくり返してきた大関とは思えない眼つきに変わってきた。 そして昨日、同部屋日馬富士の援護射撃で一躍優勝の可能性が高まった。 世の中何が起こるか分からない [続きを読む]
  • エッセイ(367)オレたちファースト時代(6)
  •  なんだかんだ言っているけれど、ボクの生活はどうなんだ? 昨日は他人さまのごたごたをテレビで拝見し その後は麻雀 昨日までのWBC戦の敗戦や、<他人さまのごたごた>のイライラがボクの中で尾を引いていてうまく運ばない。 帰宅して、またテレビで<他人さまのごたごた>と<WBCの無念>を見てイライラをつのらせる。 どういうわけか足がつって眠れない。 仕方がないのでテレビをつける。 サッカーW杯、対UAE [続きを読む]
  • エッセイ(366)オレたちファースト時代(5)
  •  トランプ大統領出現で株が上がり、<貨幣>投機によるお金持ちがまた急増したようです。   昨日の株は先行き不安で急落したようですが・・・。 いずれにせよ、今や世界経済は実質経済に無関係に、金持ちの投機的な思惑で左右されている。 我々は<グローバルな誰か>のために働き、結果的に貧富の格差を拡大させている。  これを<貨幣の独裁>というのです。 一方、政治の世界では北朝鮮の横暴さが話題になっています。 [続きを読む]
  • エッセイ(364)オレたちファースト時代(3)
  •  昨日は百条委員会で、「都民ファースト」の小池百合子東京都知事が石原慎太郎前都知事から逆襲されてましたね。 安全な豊洲に移転を決断しないのは、都民に損害を与える自分ファーストの身勝手な行為だ!と。 小池氏なりの理屈はあるようで・・・ 「築地派」にもいい顔をして 察するところ、なかなかの策士ですぞ! 都民の人気を持続させて、目指すは都議会選!  お忙しい中、マスメディアへの露出は頻繁だし!    目 [続きを読む]
  • エッセイ(363)オレたちファースト時代(2)
  •  世界をリードするアメリカの大統領が穏便なオバマから強硬姿勢のトランプに代わった。 日本を取り巻く東アジア情勢にどう取り組むのか? 一方、様子をうかがっていた北朝鮮が積極的に動き出した。  対応する日米韓に空白が発生! 朴槿恵政権が崩壊したのだ。 韓国民の意を受けた新政権がどう動くか?  早速、米ティラーソン国務長官が日・韓・中に派遣された。米は北朝鮮に対し、軍事力を含む強硬な姿勢を表明! 特に北 [続きを読む]
  • エッセイ(362)オレたちファースト時代(1)
  •  昨日のEテレ、辺見庸氏の講演に惹かれました。太平洋戦争に出兵したオヤジを回顧して、「オヤジも誰か殺したのか聞いてみたかったけど結局聞けなかった」と、何とも暗い話なんですね・・・。 ボクも戦地へ出かけたオヤジに、戦場の実態をいろいろ聞いてみたかったなという思いはあります。 終戦の年の2月、死を覚悟して戦地に赴いたオヤジでしたが行ったのが南仏(今のベトナム・サイゴン)でしたから多分戦闘はしていなかっ [続きを読む]
  • エッセイ(361)深夜テレビはオモシロイ(2)
  •  「櫻井・有吉The夜会」? この番組のタイトルだ。 そして31歳になったジャニーズの亀梨和也が若き聖地、原宿に潜入と言う設定! 「写メが映えるオススメの壁」に続いて亀梨の目を惹いたのは?ドーナツ屋! ゴテゴテした極彩色のドーナツがいっぱい! それをトッピングした亀梨の作品「さすがジャニーズ!」なんて女の子から褒められてにやけている31歳亀梨! 場面は展開して、対象は前田敦子! 彼女が朝食バイキング [続きを読む]
  • エッセイ(361)深夜テレビ番組はオモシロイ(1)
  •  昨日午後、高尾までお墓参りに行ってきた。 年に2回、秋と春、お彼岸の頃行く。 三鷹からでも高尾はけっこう遠い! 往復4時間もかかった。(途中、食事したりもしたけれど・・・) 帰宅して、いつもの通り相撲を見て(白鵬が休場? 稀勢の里は好調!)食事して、風呂に入り、翌日のブログの構想を練る。なかなかまとまらないのでテレビを見る。 WBCもないのであちこちチャンネルを回す。 おっ! 稲田防衛大臣がまた [続きを読む]
  • 還ってきたレロレロ姫(76)インタビュー(5)
  • 「で、日本に災害が多いということは、自然からの恵みが多いことの裏返しだとおっしゃるのですね?」「まるであなたが自然界のスポークスマンみたい!」 わたしは思わず彼女の言葉に反応してしまった。「6年前の姫さまの言動について、一生懸命調べてきたつもりですから・・・」 K新聞の専務秘書、木原聡子は照れたように笑った。「そして、日本はその自然の恵みを純粋に受け入れ、自然に寄り添う生き方をしてきたんですよね」 [続きを読む]
  • エッセイ(360)あさイチ・有働ロスか?
  •  NHKテレビ・あさイチに有働由美子アナがいない! 違うアナウンサーが出ている。雨宮萌果アナだという。 ネットでは<有働ロス>なんて言葉が飛び交っているが・・・。 昨日の夢の3シェフでは、なかなかの対応だ。笑顔もステキだし、雰囲気は有働アナに似ていてなかなかシャープだ。 有働アナの代役は務まりそうだ。 うん? メキシコにいるという有働アナが出てきた。出張中なのかな? やっぱ彼女はあさイチに欠かせな [続きを読む]
  • エッセイ(359)自動運転への期待
  • 「また高齢者運転がニュースになっているが、問題はそこじゃないんだ!」 ボクの先輩が憤慨していた。彼は80歳半ばだがまだ毎日運転している。 ボクは既に運転免許証を返上しているが、毎日車を見るたびに後悔している。 まだまだ運転できるという思いだ。 先輩の言うように、高齢者運転の危険性を強調するより、車のメーカーはそれを防ぐ車を開発することを加速すべきだ。 それこそ経済を支える原動力になる! 確かに統計 [続きを読む]
  • エッセイ(358)魅力的なCM
  •  テレビを視ていて、ずかずかと無遠慮に割り込んでくるCMの多さにはうんざりしますが、時には魅力的なCMもある。 <ユニークなCM> トン、トン、トン、トン・・・なんじゃこれ? 日野の2トン。 大雨の中、スバルで山頂へ向かう・・・すばらしきかな流星群! <爽やかなCM> 堀北真希から上戸彩へ。  ライオンのクリニカ。 (タレントの爽やかさ!) ガッキーの爽やかさ!ユニクロ。 <ひと言の魅力> 大竹し [続きを読む]
  • 還ってきたレロレロ姫(75)インタビュー(4)
  •  そこで彼女は言葉を切ってわたしを見つめた。 「ところで、熊本を帰還地に選んだのは?」 熊本の新聞社であるからには熊本を話題にせざるを得ないでしょう! とばかりに話題のターゲットを替えた。「東日本大震災の時と同様、熊本震災に乗じてということですか? つまり自然界の怒りを表現する場として?」  ・・・なかなかシャープな女(ひと)だ・・・ わたしの意図を察知して、畳みかけるように言葉を浴びせる彼女の姿 [続きを読む]
  • 還ってきたレロレロ姫(74)インタビュー(3)
  • 「自然界をもコントロールできるとい人類の傲慢な考え方に基いているってこと!」 わたしは傲慢という言葉で端的に表した。     「なるほど! 自分ファーストなんだ。人類は・・・。 アメリカの大統領や、小池都知事みたいに!」  彼女は新聞記者らしく流行(はやり)の言葉を使って表現した。 ─続く─  <好奇心コーナー>  韓国の朴槿恵大統領が弾劾された!  新政権は、中国の思惑とも絡み合って南北朝鮮統一 [続きを読む]
  • 還ってきたレロレロ姫(73)インタビュー(2)
  • 「もちろんです! ではよろしくお願いします。地球にお戻りになる際、宇宙から眺めた地球ってどんなふうに見えましたか?」 彼女はわたしの忠告など屁でもない、というふうにマイペースで質問を開始した。「青く、瑞々しく、生き生きと輝いていたわ・・・」 わたしは目を宙に浮かべて思い起こした。 「なるほど! 青く、瑞々しく、生き生きと、ですね・・・」 彼女はメモを取りながらわたしの言葉を繰り返した。「で、日本列 [続きを読む]
  • 帰ってきたレロレロ姫(72)インタビュー(1)
  • 「愛はここにいます。開けますから・・・」 オババが声を震わせてドアを開けた。「失礼します・・・」 オババのどうぞという声をかき消すようなじゃかじゃかした音を狭い廊下に響かせて、あの女(ひと)が現れた。「熊本から参りましたK新聞社の木原聡子とカメラマンの岩淵修です」 業界を背負っているんだという顔の鬼島専務の脇から好奇心むき出しの顔を覗かせていたあの秘書の女(ひと)だ。 カメラマンまで連れてきたんだ [続きを読む]
  • 還ってきたレロレロ姫(71)三鷹へ(10)
  •  オババがけつまづくように立ち上がると受話器を取った。「はい、はい、ママ? そうなのよ、今ここにいるのよ。どうして分かったの? やっぱりK新聞社の・・・。それでパパは? ああそうなの。分ったわ。待ってるわ」 オババは受話器をふさいで、わたしに出る? という顔をしたのでかぶりをふった。「愛はここで待ってるって・・・。じゃあ慌てないでね。気をつけてね」と言って電話を切った。「パパは九州へ出張中だって。 [続きを読む]
  • エッセイ(358)自国ファーストの連発!
  •  ・・・国はいずれも自国ファーストであり、相手の嫌がることを行う!・・・ アメリカのトランプ大統領はイラクを除く6か国に対する新たな入国禁止令に署名した。 北朝鮮は米韓合同演習に反発してミサイル4発を発射した。 韓国政府からの要請を受けて、ロッテインターナショナルはTHAAD配備のための土地を提供した。  中国政府はTHAAd配備の土地を提供したロッテ23店舗の閉鎖を命じた。     <好奇心コー [続きを読む]
  • 三鷹通信(178)そして父になる
  •  昨日、三鷹市社会福祉協議会とボランティア連絡協議会の共催による福祉映画「そして父になる」を観てきた。    この映画は第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した。 是枝裕和監督。主演は福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー。 ホテルのようなマンションに住むエリート建築家<福山雅治><尾野真千子>夫妻と一人息子の慶多、それほど豊かではないが地方で電気店を営む<リリー・フランキー><真 [続きを読む]
  • エッセイ(357)石原慎太郎VS小池百合子
  • 「果し合いに出かけるサムライの心境です」と言って 会見に臨んだ石原慎太郎元東京都知事。 瑕疵担保責任については部下のやった事で与り知らぬと一蹴。 都知事としての最高責任についても、議会を含めて専門家の判断に即して判を押しただけで、自分だけの責任ではないと押し通した。 のみならず、豊洲は科学者が安全と指摘しているにもかかわらず、無駄な費用を空費している小池都知事の無作の方が問題と切り返した。 一般の [続きを読む]
  • 還ってきたレロレロ姫(70)三鷹へ(9)
  • 「それに・・・」オジジがあごをあげた。「食生活を豊かにしたマックにケンタッキー、ガストなんかもある」   「木曽路なんかもあるわよ」オババもうれしそうに目を輝かせた。 「生活を豊かにするJマートとか・・・」 「ドンキ・ホーテなんかも!」オババが加えた。  その時、ル、ル、ルと電話のベルが鳴った。  オババがけつまずくように立ち上がると受話器を取った。 ─続く─          <好奇心コーナー> [続きを読む]