ちゅう さん プロフィール

  •  
ちゅうさん: おもにとり - 羊毛フェルト制作奮闘記
ハンドル名ちゅう さん
ブログタイトルおもにとり - 羊毛フェルト制作奮闘記
ブログURLhttp://omonitori.blog.fc2.com/
サイト紹介文羊毛フェルトで主に鳥類の制作をしています。 文鳥やインコ、小型の野鳥などが中心になると思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/03/30 07:49

ちゅう さんのブログ記事

  • しばいぬ / 母の日のプレゼント
  • 先日は母の日でした。みなさんそれぞれプレゼントをしたり、しなかったり、貰ったり、貰わなかったり、どうでしたか?貰う側にも色々あるようで、「花はすぐ枯れるからいらない」「服は好みがあるから、好みじゃなかったら困る」「おしゃれな食事がいい」・・・などなどやはり定番はカーネーションでしょうか?なぜカーネーションが定番になったのか気になって少し調べました。始まりは、アメリカのある女性の母親が亡くなって、そ [続きを読む]
  • 桜文鳥の制作 / その5 完成編
  • 前回 の続きです。今回は完成編となります。↑一応、完成となります。細かい部分を調整したり、アホ毛の処理などを行いました。といっても、触るとすぐにアホ毛が出てくるので、きりがありません。ある程度妥協するしかないのですが、可能な限り無くしました。以下、適当に何枚か。写真の撮り方にもよりますが、元になった 桜文鳥4号 と似た感じに仕上がったと思うのですがいかがでしょうか。再販なので、本来なら同じ作品名にす [続きを読む]
  • 桜文鳥の制作 / その4
  • 前回 の続きです。↑翼を作りました。右側にある薄い3枚の羽根を重ねて、左側のようになります。なるべく薄く作ってはいますが、形をしっかり残すようにすると、どうしてもそれなりの厚みが出てしまいます。↑本体に取り付けました。位置を決める際、少し体が細いように感じたので、少し太らせました。↑胸や背中部分をある程度進めました。↑ほっぺの下の白い部分をある程度進めました。ほとんど位置決めのようなものなので、そ [続きを読む]
  • 桜文鳥の制作 / その3
  • 前回 の続きです。↑頭に羊毛を盛りました。とりあえず、目も含めて全体を覆います。文鳥の場合、目の下は白色なので、なんとなくその辺は空けておいて後回しにします。↑黒に黒で分かりにくいですが、目を出しました。↑アイリングを作りました。文鳥の特徴である赤いアイリングですが、これをするのは苦手です。納得のいく出来になった試しがないです。なんとなく文鳥っぽくなってきました。次は翼を作ります。 [続きを読む]
  • 桜文鳥の制作 / その2
  • 前回 の続きです。↑しっぽを作りました。先に見えるのはモールです。羊毛だけで作るとふにゃふにゃなので、モールを芯にして作ります。ニードルで刺す時、たまにモールの金属部分にニードルの先が刺さってしまい、ニードルが折れそうになったりするので注意です。この余分に出している部分を本体に差し込みます。↑しっぽを本体に接続しました。ちょっと長いような気もしますが、お尻とかを作るとちょうどいい長さになると思いま [続きを読む]
  • 桜文鳥の制作 / その1
  • 少し前に販売していた 桜文鳥4号 の再販依頼をいただきました。完成後では修正不可になる可能性が大きいので、もし修正があればその都度言っていただけるよう制作過程をご紹介いたします。で、依頼元となった桜文鳥がこちら。よく鳥がする仕草ですが、少し首をかしげているのが特徴です。「可能な限りそっくりそのまま」というご依頼なので、可能な限り近づけるつもりです。では、いつもの感じで足から。ワイヤー(針金)に刺しゅ [続きを読む]
  • メジロの制作 / その4
  • 前回 の続きで、完成編となります。前回より、胸からお腹、顔周り、全体のアホ毛処理などをして完成となります。なんとなく上手くまとまった感じです。以下、適当に何枚か。メジロは今回で4体目となりますので、これは4号です。以下、1〜3号。↑1号です。↑2号と3号。まあ、上達しているような、していないような。メジロはもう1体作る予定です。 [続きを読む]
  • メジロの制作 / その3
  • 前回 の続きです。↑ある程度全体を進めました。緑色が入ると、少しメジロっぽさが出てきます。残りは、翼を取り付けてから、全体を見て進めていきます。↑翼を作りました。羽根が重なっている感じを出しました。まず黒色で全体を作り、緑の線を入れ、先をずらしていきます。以前作った スズメ などもこの方法で作っています。↑翼を取り付け、ある程度背中を進めました。うまく羽根が重なっている感じになってくれたと思います。 [続きを読む]
  • メジロの制作 / その2
  • 前回 の続きです。↑しっぽを作りました。先に黒く見えているのはラッピング等に使うモールです。羊毛だけで作るとふにゃふにゃなんで、モールを芯にして作ります。昔は針金を芯にしたこともありましたが、針金はつるつるして作りにくかったのですが、モールはモールの毛と羊毛が絡んで作りやすいです。↑しっぽを取り付けました。目打ち等で穴を開け、差し込みます。↑クチバシを取り付けました。なんとなく鳥っぽくはなりました [続きを読む]
  • メジロの制作 / その1
  • 春なので、メジロを制作しようかと思います。本物の画像は こちら(Googleの画像検索) です。体長は 12cm ほどで、スズメよりも小さい小鳥です。メジロは、俗に言う「ウグイス色」をしておりますが、ウグイス自体は茶色っぽい色で、目の周りに模様はありません。昔から混同されやすい鳥として有名なので、これを機会に覚えて下さいませ。また、「めじろ押し」という言い回しがありますが、メジロは何匹も連なって押し合うように木 [続きを読む]
  • かめ
  • 再販の依頼があって制作しました。ただ、ご依頼者様のご希望で、元々販売していたものとは色が違います。厳密には再販ではないかもですが、手間は一緒なんで問題はないです。↑今回制作したかめさん。↑こちらが以前販売していたかめさん。今回は同じように出来たと思いますが、いかがでしょうか?以下、適当に何枚か。すずめの時もでしたが、どうやら茶色が多いものを撮影すると、色合いが変になります。この写真もフォトショで少 [続きを読む]
  • コウテイペンギン親子 / 作り直し
  • 先日制作した コウテイペンギンの親子 ですが、気に入らなかったので、作り直すことにしました。↑今回作り直したもの。 ↑左が先日のもので、右が元々販売していたもの。頭が小さくなり、目も埋め込みました。元になったものに近づいたと思いますが、いかがでしょうか。以下、何枚か。一度作っているので、どこを注意したらいいかが分かりました。いかに自分が技術不足なのかが分かったのが収穫でした。先日作ったものは、近々新 [続きを読む]
  • コウテイペンギン親子
  • 再販の依頼があって制作しました。元々販売していたのは随分と前になります。↑こちらが今回制作したペンギン親子。↑こちらが以前販売していたペンギン親子。えーと、少し頭がデカくなってしまいました。あと、以前のは目を埋め込んでいましたが、今回はやっていません。いかがなもんでしょうか?以下、適当に何枚か。再販なんで、可能な限り同じ物を制作しなければなりませんが、やっぱり難しいです。多少違いますが、どうかご容 [続きを読む]
  • [販売] 丸トリ 20種
  • お知らせです。本日、クリーマ にて、新作の販売を開始いたしました。よろしくお願いいたします。販売作品は以下となります。ほぼアクレーヌ(アクリルフェルト)で制作し、一部羊毛を使っています。目はプラスチックアイです。この作品は その1 と その2 で紹介しております。併せてご覧下さい。おもにとりブースは [ こちら ] です。それぞれの販売ページは以下です。フクロウ、スズメ、メジロ、桜文鳥、シナモン文鳥、セキセ [続きを読む]
  • 丸トリ 20種類 / その2
  • 前回の続きで、残りの 10種類を紹介します。野鳥が中心となります。ペンギンが多くなってしまいました。ペンギンは旧タイプにもありましたが、「なんとなくペンギン」だったものが、今回はちゃんとした種類として制作しました。では、個別に紹介します。↑フクロウです。本物の画像は こちら(Googleの画像検索) です。なんとなくでデフォルメしたので、種類は特に指定なしです。旧タイプにもありましたが、デザインを変えました [続きを読む]
  • 丸トリ 20種類 / その1
  • 現状、クリーマ で作品を販売しているのですが、初めて販売したのが 丸トリシリーズ でした。全部で 15種類(完売したものもあります。) を現在も販売中です。今見ると、けっこうバランスが悪いものもありますが、買って頂いた方には感謝です。で、このシリーズを増やそうと思い、新たにデザインをしました。旧タイプで完売したものを含め、分かりやすい特徴がある鳥を 20種類考えました。今回は、その中の 10種類を紹介します。 [続きを読む]
  • [販売] 文鳥4体
  • お知らせです。本日、クリーマ にて、新作の販売を開始いたしました。よろしくお願いいたします。販売作品は以下となります。本物そっくりを目指して作った 白文鳥、桜文鳥、シナモン文鳥、シルバー文鳥 です。本物の写真は、白文鳥、桜文鳥、シナモン文鳥、シルバー文鳥 でご覧いただけます。(それぞれGoogleの画像検索)クチバシはいつものように 樹脂粘土+アクリル絵の具 です。足もいつものように ワイヤー+刺しゅう糸 です [続きを読む]
  • 文鳥の制作 / その7 完成編
  • 今回は シルバー文鳥 の制作です。シルバー文鳥の本物の画像は こちら(Googleの画像検索) です。桜文鳥を全体的に薄くした感じの配色となっています。シルバー文鳥もシナモン文鳥と同じで、多少濃淡の個体差があるようですが、別名があるわけではなさそうです。シナモン文鳥と作り方はほぼ同じなので、ちょこっとだけ紹介します。以下、適当に何枚か。最後にみんなで記念撮影で終わりです。昔は白と桜しかいなかった文鳥ですが、 [続きを読む]
  • 文鳥の制作 / その6
  • シナモン文鳥の完成編です。↑ほっぺの白を入れました。この白い部分があると、文鳥って感じです。↑お腹部分に茶色を入れました。全体的なバランスの調整やあほ毛の処理等をして完成です。今見ると、もう少しくちばしが大きくても良かったように思います。一応、自分的には割とうまくまとまったと思っていますが、自己評価はそこそこです。満足いく出来になる日はくるのでしょうかね・・・以下、適当に何枚か。次はシルバー文鳥で [続きを読む]
  • 文鳥の制作 / その5
  • シナモン文鳥の制作の続きです。↑アイリングを入れました。アイリングを入れるだけで、生きている鳥っぽい顔になります。やはり目って大事です。目の位置や大きさで表情が全く変わってきます。↑翼を作りました。文鳥の翼は、閉じているとつるっとしていて羽根の段差があまり分かりません。なので今までは1枚だけで表現していましたが、今回は少し段差を付けてみました。↑本体に取り付けました。取り付ける場所や角度など、あち [続きを読む]
  • 文鳥の制作 / その4
  • 今回より、シナモン文鳥 の制作に入ります。シナモン文鳥の本物の画像は こちら(Googleの画像検索) です。文字通りシナモン色をした文鳥ですが、白文鳥や桜文鳥のように、はっきりとした色が決まっているわけではなく、濃淡の個体差があるように思います。また、より色が薄くなっている種類は クリーム文鳥 と呼ばれていますが、どこで線引きがされているのかは分かりません。というわけで、まずは尻尾から。↑羊毛だけで作ると [続きを読む]
  • 文鳥の制作 / その3
  • 長らく止まっていた文鳥の制作を進めました。前回 の最後の写真と同じ構図で撮影したものですが、左上の白文鳥と右下の桜文鳥が既に完成してしまいました。というわけで、とりあえず白文鳥と桜文鳥を適当に何枚か。残りの2体は、シナモン文鳥とシルバー文鳥にするつもりですが、作り方自体は4体ともほぼ同じなので、次回からシナモン文鳥の制作過程を少し詳しく紹介しようかと思っています。 [続きを読む]
  • アイルー&メラルー&プーギー
  • 身内の誕生日プレゼントとして作りました。あまり詳しくは知らないのですが、「モンスターハンター」というゲームに登場するキャラクターです。ただ、本家ではなくスピンオフ的なゲームである「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」に登場し、本家をデフォルメした感じになっています。↑向かって左側の茶色が アイルー、中央のブタが プーギー、右側の黒いのが メラルー です。ゲームの公式ページは以下。>> カプコン 「モンハン日 [続きを読む]
  • ふくろう&ルリビタキ
  • オーダーいただきました。ふくろう と ルリビタキ の丸い感じのやつ。ふくろうは、在庫切れだったものと同じデザインです。ルリビタキは新規で制作。羊毛作品を初めて販売したのがこの「丸トリ」シリーズでした。1年半ほど前に作ったっきりだったので、すっかり作り方を忘れていました。まずふくろうから。続いてルリビタキ。新しくデザインをしましたが、「キリリ」って感じになりました。ルリビタキの感じが出ていると思うので [続きを読む]
  • ポケモン トリーズ / モクロー・ポッチャマ・アチャモ
  • 鳥系のポケモンを3体作りました。作った順に、モクロー(中央)・ポッチャマ(右)・アチャモ(左)となります。それぞれのリンクは、Google画像検索に飛びます。去年の11月にポケモンの新シリーズ「サン&ムーン」が始まり、主人公のサトシがビジュアルだけでなく性格まで変わってしまったことで話題となりました。→ テレビ東京ホームページ自分はポケモンにはそんなに思い入れはなく、アニメを毎週見ているわけでもないので [続きを読む]