きらきらり☆ さん プロフィール

  •  
きらきらり☆さん: wish upon a star
ハンドル名きらきらり☆ さん
ブログタイトルwish upon a star
ブログURLhttp://tvxq02060218.blog.fc2.com/
サイト紹介文東方神起☆ミンホ時々ホミン。切なくおバカなエロ目指してます。R18あり。
自由文東方神起が大好きで、妄想が行き過ぎてお話を書き始めてしまいました。
初心者のつたないお話ですが・・・お付き合いいただけたら嬉しいです。
R18ありなので、閲覧は自己責任でお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供392回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2015/03/30 18:59

きらきらり☆ さんのブログ記事

  • 誰かの願いが叶う時 #45
  • ヤりすぎた……これは完全に、、がっつきすぎた気を失ったチャンミンを抱き抱えソファに下ろすととりあえずシーツの交換慣れない作業に四苦八苦でシワシワだけど…まぁいいやもう一度チャンミンを抱えシャワーで愛し合った名残りを洗い流しお腹を壊してはいけないと、俺のカケラ達を掻き出した意識はないのに、ビクビクと身体を反応させるから俺のまで反応してしまうでも、これ以上はムリだと言い聞かせてチャンミンをバスタオルで [続きを読む]
  • true love #25
  • チャンミンの子供だと確信して1週間のスケジュールの調整をしてからすぐに辞表を提出した引き継ぎを慌ただしく行って引っ越し作業、、、、家具や電化製品はリサイクルショップへでも、ベッドだけは自分では処分出来ずにジヘに手紙を書いた全ての荷物を送り終えて、最後にチャンミンへ不動産屋さんに連絡をして俺は逃げるようにその場を離れたチャンミンと旅行したキャリーに詰め込んだ着替えと財布、それから…クマのぬいぐるみ、 [続きを読む]
  • 誰かの願いが叶う時 #44
  • ヒョンの匂いを必死に探したガタガタと震えていた身体がヒョンの匂いを見つけ始めると、自然と落ち着いてくるでも、それとは別に身体の奥底から何かが生まれるヒョンと、、、1つになったんだ……ヒョンが僕の中で弾けた瞬間何が起こったかわからなかっただって……挿れて、、すぐだよね?でもね?僕の神経はソコに集中してるからわかってたんだよ…ヒョンのがそのままなのだってヒョンと1つになれたのが嬉しくて、幸せでいつしか [続きを読む]
  • 誰かの願いが叶う時 #43
  • ベッドの上で見下ろしたチャンミンはとても綺麗でドクンと心臓が鳴った違う意味で俺も震えそうなのを必死で誤魔化したチャンミナ…俺だってね、、香水なんて付けたくないよだって、、、初めてなんだこんなに欲しいと思ったのは相手の心も身体も、俺でいっぱいになって欲しいと思ったのは『ひょん、、』「なぁ、ここ触って……」チャンミンの手を取り、胸にあてがった『ドキドキしてる…』「チャンミナと一緒だよ。チャンミナを壊し [続きを読む]
  • true love #24
  • しばらく走って車が停まった僕はバレないように少し離れたところに運転席から降りて来たのは、ユノよりは少し背の低いでも、少し年上の男の人ユノはクマのぬいぐるみを抱いたまま車から降りるとギュッとそれを抱き締めたその時動いた口元が「チャンミン」って言ってるように見えたのはきっと僕の願望でしかないゆっくりと歩き出したユノの肩に手を回したその人はぬいぐるみのおデコをパチンと叩くとユノに怒られてるみたいだったと [続きを読む]
  • 誰かの願いが叶う時 #42
  • 焦り過ぎだったのかな?キュヒョンに買ってきてもらった物を見てヒョンは、ちょっと用があるから夕方には帰ると出掛けてしまった早くトラウマを直したいそれだけじゃないけど…ユノヒョンからしたら、まるで利用されてるみたいに感じたのかもしれないヒョンが僕を好きだと言ってくれて付き合えるようになって僕はそれだけで幸せなのに……トラウマだって、いつだってヒョンが抱き締めてくれてそれでいいとも思うのに……ヒョンの幸 [続きを読む]
  • ヒョン!僕、赤ちゃんが出来ました!ep3後編
  • 大きめのバッグを担いで、チャンミンの腰に腕を回したあと2日で出産を迎える日チャンミンは入院する俺は寂しくて仕方ない毎日、病院に泊まっちゃおうかな?って事で……もちろん、チャンミンは男だから他のママたちと同じ部屋には入院出来ないので個室俺はそこに毎日泊まっちゃおうと企んでるこっそり、俺の着替えを詰めたボストンバックを持ち込んでるのをチャンミンは知らないほら、前はド天然と言っても過言ではないほどだった [続きを読む]
  • true love #23
  • 本当に何もかもが上手くいかない子供を愛そう妻を大切にしよう20年後、ユノに胸を張って言うんだあなたを迎えに来たって…そう思った矢先〔お話があります。いいですか?〕改まって話なんてしてこなかったそれが急になんだろう?〔お腹の子供は、、あなたの子供ではありません。〕『えっ?』〔月に一度だけしてたセックスの日は安全日でした。排卵日には、彼と……。彼との子供をあなたの子供として育てようとしてたんです。〕何を [続きを読む]
  • ヒョン!僕赤ちゃんが出来ました! ep3前編
  • 出産予定日の2週間前に僕は帝王切開で赤ちゃんを産むことになったその2日前には入院する普通の人なら当日でもいいらしいけど僕は男だからってシウォニヒョンは言った出産後も少し長めに10日間は退院出来ないらしい、、、、ってことは、12日もヒョンと一緒に眠れないそれは僕には無理な話し、、だってヒョンに抱き締められてないと眠れないホルモンの関係で、おっぱいは少し膨らんできたけど未だにヒョンのほうが大きいのも気にく [続きを読む]
  • 誰かの願いが叶う時 #41
  • キュヒョンsideチャンミンが居ないって連絡はして来たくせに見つかったって連絡はして来ないってどうよ?眠れない夜を過ごした俺に普通に相談があるってメールして来た親友は念願のユノさんと少しだけ進んだんだって告げて来たってか、お前はどこに行ってたわけ?自分の部屋で寝るって言われたのがショックで話も聞いてくれないのが悲しくて部屋を飛び出して、俺の家に向かったけど途中で発作を起こしたとか……それをユノさんが見 [続きを読む]
  • true love #22
  • 泣き続ける僕のそばにずっとジヘちゃんが居てくれたただ一緒に泣いていた暫くして、キムさんから着信があってもう大丈夫だからってジヘちゃんに告げ会社に戻ったでも、大丈夫なわけなかった会社に戻ってもユノが居ないいつも盗み見ていたユノのデスクにはキムさんが座っていてやらなくちゃいけない仕事も手につかない〔チャンミンくん、大丈夫かな?あいつも孫を見たかっただろうに……〕『そうですね、、、』ユノが居ない事の方が [続きを読む]
  • きらりを探せ?
  • もちろんこれはお話ではありません(笑)明日は横アリのTILL2に参戦します?1部に〜ぼっちです(笑)向こうで友達とも会うと思うのですが……とりあえず1人なのです?で、ここにいるので会いたい方〜〜♪♪♪とかは、人見知りなので出来ません!、、、が、私のバックです(笑)もし、私を見かけた方がいたら、声をかけてみてください( ´ ▽ ` )きっと、みんな……遠目で見て、ドン引きして逃げちゃうと思うけど(笑)では、では [続きを読む]
  • 誰かの願いが叶う時 #40
  • あんなに否定されたら流石の俺だってショックだったチャンミンの発作を俺だけが治める事が出来てそれが嬉しくて…舞い上がってたのかな?チャンミンは俺を愛してくれてるって……でも、チャンミンは俺とひとつになる事なんて望んでないのかも……あれ以上否定されるのは、無理で、、チャンミンの話を聞くことも出来ずに部屋に戻った今日は一緒に寝ない方がいいと思ったんだ…俺、つい、、、シたいって宣言しちゃったし………でも、 [続きを読む]
  • 君が好きなんだ #37
  • ごめんと謝ったって事はキスしたって事?多分認めたんだよね?でも、僕はそんな確認はできないだって…浮気って事だよね?『ごめん、ドンへ、ヒョクチェ…僕は部屋に帰るよ。』「ちゃんみん、、、」『………』僕はそのまま部屋に帰ったベッドの上に身を投げ出してボーッと天井を見上げていたけど、なんかどうしようもない気持ちになって僕はバスルームに向かった熱めのシャワーを浴びて、深く息をつく『ユノの唇が柔らかいことなん [続きを読む]
  • true love #21
  • 病室に戻り、父の手を握った〔孫かぁ、、〕ポツリ呟いたのはお義父様で見上げた顔は、もう直ぐ旅立とうとしてる親友を前にしてるとは思えないほど綻んでいたあぁ、きっと……お父様も、嬉しいだろうなぁ…子供が成人するまでと妻は言っていたけど20年…ユノは待ってくれるだろうか?そして……父は、次の日の夜…星になった会社の副社長の父親の葬儀は盛大に行われ喪主を任された僕は、慣れないことに必死で秘書課のキムさんが〔副 [続きを読む]
  • 誰かの願いが叶う時 #39
  • 「シャワー浴びてすぐに来るってさ…」『えっ?すぐ?』「そ、すぐ。」少し機嫌の悪いユノヒョンにキュヒョンはニヤニヤと〔心狭くない?ユノさん……。チャンミンはユノさんの事、凄い優しいって言ってたのに……。〕「はぁ?チャンミンに関しては無理!」『ひょん、、////』まぁ、それすらも喜んでる僕って、、どうしようもないけどさぁ…1時間半もしないで、やって来たドンヘヒョンはユノヒョンの前だとか、初めて会うキュヒョ [続きを読む]
  • true love #20
  • いきなり訪れた妻話があるとユノを部屋から退室させた『急に訪ねて来て、どうしましたか?』〔電話で話すことでもないし、あなたは女の所から帰ってないみたいだし、、〕『えっ?』〔光熱費、全くかかってませんでしたから…〕そんな所見られるなんて思ってもなかった『で、何の話ですか?』〔単刀直入に言うわね、、赤ちゃんが出来ました。〕『えっ、、、』何を言われてるのかわからなかった僕の子供?でも、身に覚えがないわけじ [続きを読む]
  • 誰かの願いが叶う時 #38
  • 講義を終えてチャンミンに電話すると発作を起こしたって全速力で走った高校の体育祭以来か?いや、未だ嘗てこんなに必死に走ったことはなかったかもしれないそれぐらい必死だったそれぐらい必死で走ったなのに、家に着いてチャンミンを腕の中におさめたけど……あれ?震えてない?「大丈夫か?…あれ?治ってる?」〔ユノさんのパジャマ着て、ユノさんの布団で包んで抱き締めたら、少し落ち着きました。〕「……抱き締めた?」自分 [続きを読む]
  • true love #19
  • 朝起きて1番に目に入るのはチャンミンの寝顔開園時間を過ぎたのか、窓の外は賑わいを見せていた昨日の事が、夢だったように感じるのに身体の怠さが現実だったと教えてくれるチャンミンが好きだと言ってしまった奥さんに嫉妬して、、あんな薄い膜さえ立ちはだかる壁のように思えた何度も何度もチャンミンの熱を受け俺も何度も熱を放った最後に2人で浴びたシャワー丁寧に掻き出されるのに、、身体は疼き熱をもつけど心には冷水を浴び [続きを読む]
  • 誰かの願いが叶う時 #37
  • ガタガタと身体が震えガチガチと歯が音を立てる『ひょ、ん、、ゆの、ひ、ょん、、』〔誰かいますか〜!〕パタパタと音をさせながら〔はいっ!えっ!!チャンミンっ!!〕『ゆの、、ひょんっ!!』〔ちょっと、発作みたいで、大丈夫です。〕そう言って、僕の手から印鑑を取ると受け取り印を押して、配達員さんを返してくれた〔あの人がダメだったのか?〕『ユノヒョンっ!!!』質問に答える事も出来なくてただただ怖くて仕方なくて [続きを読む]
  • 君が好きなんだ #36
  • クラスの前に貼り出された名簿を見て教室に入る僕とチェ君とドンへは1年A組ユノとヒョクチェは1年B組とりあえずは、ユノがチェ君と同じじゃないからいいとしようそれでも、ユノはショックだったみたいで名簿を見てふて腐れていた〔ユノは見張っとく。〕ヒョクチェは僕に耳打ちすると帰っていった最強の味方な気がして来た〔残念だったな?ユノと同じクラスじゃなくて!〕『そうですね。ユノも僕と同じじゃなくて拗ねてたみたい [続きを読む]
  • true love #18
  • また、ユノにゴムを付けてもらって昂まる熱をなんとかやり過ごした『ユノ、、愛してる……』「チャンミン、、、」『ユノは?、、、言って……』「………」ユノの蕾にピタリと先端を付けるゆっくり腰を進めるけどなんだろう……たった0.03ミリの壁がもどかしい『痛くない?』「んっ、、ちゃん、、みんっ、」少し進んでは、ちょっと戻る焦る気持ちを抑え、ゆっくりと…畝るような肉壁を感じながらも燃えるような熱を感じながらもダメ [続きを読む]
  • 誰かの願いが叶う時 #36
  • 自分でも何がダメなのかわからないでも、間違いなく……これはトラウマ、、、ユノヒョンが電話で説明してくれて、ドンヘヒョンにも会ってない逢いたいと思うけど、あの日を思い出して怖くなるそれに…ドンヘヒョンに会って、僕が震えてしまったらきっとまた傷つけてしまうずっと気にしてたら、ユノヒョンが電話したらどうだ?って言ってくれた電話を掛けようとしたら、ユノヒョンが僕を背中から抱え込むように抱き締めてくれたちょ [続きを読む]
  • true love #17
  • 僕が買ってあげた物だけど僕のTシャツを着てるけど目の前に僕がいるんだしかもさぁ、そんなに、愛おしそうに抱き締めて……全身で僕を好きって言ってるじゃないか、、シャワールームは狭くて、バスタブの中に2人で立つ「1人ずつの方がよくないか?」『いやです!』「……でも、、」『いいから黙って…』ユノの唇に唇を重ねるこの2日で何度もキスをした舌を絡め、唾液を交換…手を伸ばしたボディーソープユノの身体を掌で洗ってい [続きを読む]
  • 誰かの願いが叶う時 #35
  • 朝、腕の中で眠るチャンミンの額におはようのキスをする昨日の夜した深い深い口づけまたシたいけど、、照れ屋なチャンミンが次いつしてくれるか……それに、昨日の夜は大丈夫そうだったけど、昨日のシウォンとの事がトラウマになってないとも限らないベッドサイドに置いといた携帯を確認すると〔チャンミンは大丈夫そうか?〕ドンへからメールが来ていた「まだ眠ってる。今日は俺が大学休んで付いてるつもりだから。」それだけ返し [続きを読む]