たまこ さん プロフィール

  •  
たまこさん: デジイチ始めました
ハンドル名たまこ さん
ブログタイトルデジイチ始めました
ブログURLhttp://subaru0414.blog.fc2.com/
サイト紹介文カメラを始めて3年目。NEX-5、α6000、D5500、D7200と来ていよいよD750です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供219回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/03/30 18:22

たまこ さんのブログ記事

  • 黄色い星空 <大笹牧場>
  • 星空写真は、WB (ホワイトバランス) で大きく印象が変わる。色温度 (単位ケルビン=K) が低ければ青っぽくなるし、高くなると黒〜オレンジと変わっていく。私は基本的にNikon D750で「晴天モード」にしているので、色温度で言えば5300Kになる。星空を撮る時は、晴天モードで撮ってみて、そこから3000Kくらいに下げて青めで撮ることが多い。昨日の撮影では、空気中の水分や遠くの街灯り、霧降高原道路の街灯や牧場の施設灯などの影 [続きを読む]
  • 木越しの月 <霧降高原道路>
  • 先日の記事の2枚目、この木の形が気に入って色々と撮った中にあった2枚。木と月の距離があるので、いくら絞ってもどちらかがボケるケースなのだけれど、気分としては月を撮りに来たわけだから、ピンはまず月に合わせて撮った。けれど、1月にあったあるフォトコンテストの選評会において、有名写真家が私の写真に対して言っていた「これ、星はとてもキレイなんだけど手前の林のピンが甘いんだよね……」という言葉を思い出した。専 [続きを読む]
  • 桃色満月 <霧降高原道路>
  • 残雪もヘタれ、氷も末期、草は白茶けて、杉並木も花粉で真っ赤……近頃の日光は、季節のはざま。春の予兆があちこちにあるものの、カメラを持って勇んで出かけていくような雰囲気でもない。もちろん奥日光でスノーシューやクロカンなどアクティビティを楽しむにはまだまだオンシーズンなのだけれど。というわけで、季節は関係ない光景をパチリとな。Nikon D750+FX70-300mm 185mm f11 SS0.6 ISO100 -0.7EV WB曇天Nikon D750+FX70- [続きを読む]
  • 去年の桜の話 <鶴ヶ城>
  • 昨年の4月12日、会津若松の鶴ヶ城へ桜を撮りに出かけた。AIZUマウントエクスプレスに乗って意外とスムーズに行けるのだ。満開ぶりも花勢も最高潮だったので、とても楽しく写真を撮って日帰りしてきたのだけれど、整理してアップする前に桜の季節が過ぎてしまってお蔵入りしていた。今回、それを思い出して現像に着手したのだけれど……あまりの出来のひどさに頭を抱えてしまった。露出や彩度は修正可能だけれど、どうしようもない [続きを読む]
  • 雨の遠出 <塔のへつり>
  • 2月も4週目となると、そろそろ地元の冬景色にも飽きてきた。いい写真を!と思えば、通って馴染んだ光景に時間帯や気象条件など一味足して狙えばいいのだろうけれど……まだまだ根性が足りないのかも。気分転換にと思って、かねがね気になっていた南会津の下郷町「塔のへつり」へ行ってみた。思いつきで出かけたので、道中はずっと曇り、現地は雨。それでも雪は消えずに残っていて、観光客も皆無の中、のんびり写真を撮ってきた。Ni [続きを読む]
  • まだまだ結氷中 <五十里ダム湖>
  • 暖かい日が続いたので心配していたけれど、1月22日に訪れた時とさほど変わらない光景の五十里ダム湖。この撮影時も雪ではなく雨が降っていたけれど、まだもう少し氷結した湖が楽しめそうだ。そうそう、前回の記事にも書いた「五十里湖だけ氷が張る謎」だけれど、地元の方の話によれば "地形や風の向きもあるけれど、一番違うのはこの湖だけ温泉が湧いていないから" だそうだ。そう言えば湯西川も川治も温泉があるけれど、ここは温 [続きを読む]
  • 残氷 <中禅寺湖 丸山>
  • 中禅寺湖の北岸、丸山付近の浜辺に降りた。ここは結氷すると独特な氷紋が見られる場所だけれど、今年は (今年も) そこまで凍ることはなかったようだ。水位も心配されるくらい低いままだけれど、時折の強風で波立ったのか、岸辺から2mくらいの岩も氷が付いていた。とは言え、地面の雪は限りなく薄く、男体山の山肌からも白さは消えた。故郷の北海道の街に似た気候だと思っていたけれど、標高があってもやはりここは関東なのだと再認 [続きを読む]
  • ソフトフィルターの比較 <竜頭の滝上>
  • Kenko のソフトフィルター「ソフトンスペック(B) 82mm」を買ったので、さっそく「ソフトンスペック(A) 82mm」との効果の違いを比べてみた。公称では、(B)の方が(A)よりにじみ効果が強いとのこと。【ソフトンスペック(A)】Nikon D750+CarlZeiss18mm f3.5 SS30.0 ISO3200 0EV WB蛍光灯【ソフトンスペック(B)】Nikon D750+CarlZeiss18mm f3.5 SS30.0 ISO3200 0EV WB蛍光灯上の写真の中央の星 (ぎょしゃ座のカペラ?) 部分のアップ上 [続きを読む]
  • 真冬の愉しみ <湯ノ湖>
  • 雪が降るのが嫌で北海道から出てきた?のに、また雪の降る場所へ来てしまった。気づけば故郷と日光はとても似ている。気温、積雪量、過疎化、観光地、国立公園と国定公園、ラムサール条約湿地、火山と温泉……故郷は良いところだったんだなぁ、と実感するこの頃。とにかく、雪や雨が降っているのに屋外へ出るのがとても嫌いだった。今はそういうほうが面白い写真が撮れるので、悪天候を狙って出る日すらある。吹雪、凍結、しとしと [続きを読む]
  • 水路の片隅で <日光山内>
  • 日光市に引っ越してきて1年ちょっとが過ぎたけれど、実は日光山内には見ていないところが結構ある。輪王寺、大猷院、そして東照宮宝物館。写真が撮れない場所、拝観料がかかる場所を後回しにしていたら、こんなことになっていた。この日はふと思いついて、東照宮宝物館へ行った。甲冑あり刀剣あり、遺品あり、国宝あり、重文ありで小粒だけれど濃い内容でとても楽しめた。入館料1,000円の価値があるかどうかは……各々の家康公や歴 [続きを読む]
  • 月の出 <大笹牧場>
  • 大笹牧場とその敷地を通っている霧降高原道路には、たくさんの撮影スポットがある。ココ!という目印は無いけれど、それゆえに自分のお気に入りの風景を探す楽しみがある。今回は、地元の方に教えて頂いた場所にお邪魔した。ステキに見えないとしたら、それは私の切り取り方がおかしなせいだ(汗)。Nikon D750+FX70-300mm 105mm f11 SS12.0 ISO100 -1EV WB晴天↑ で応援お願いします!      [続きを読む]
  • 月光下 <天狗岩大橋>
  • 月が明るい夜だったので、湯西川の天狗岩大橋に行ってみた。夜にここに行くのは初めてで、橋の前後にオレンジ色の街灯があったものの、橋の上から下を撮るには問題ない状態だった。夜間の交通量は本当に少ないので昼間よりは落ち着いてカメラを構えられるけれど、車が通らないわけではないので反射テープのついたジャケットを着るなど事故に気をつけたい。とは言え、やはり月光のみの光量で構図を決めたりピントを合わせたりするの [続きを読む]
  • 目論見外れ <八汐湖>
  • 八汐湖 (=川治ダム) の一部に氷が張ったと聞いたので、日の出に合わせて写真を撮りに出かけた。ダム湖での撮影と言えば止水壁にある展望台からが一般的だけれど、今回は湖面の氷や草木が日の出に反射する様子を撮りたかったので、日向地区の湖が川のように狭まる方へ行ってみた。山間なので、日の出時刻から1時間ほどで陽光が湖面に差すはずだった。遠く土呂部方面の山はオレンジ色に色づいて、期待も高まった。しかし、まさに太 [続きを読む]
  • 梅に雨 <偕楽園>
  • 2月9日の昼、茨城県水戸市に大雪が降ったというニュースを見た。その映像では、偕楽園の開花した梅に雪がこんもりと積もっている! 急いで計画を練って家を出て、偕楽園に着いたのが16:30……日没まで1時間ほどある。しかし辺りはすでに雨となっていて、期待した着雪はすべて溶け落ちていた。梅はとても綺麗だったけれど、少し肩透かし……まあ致し方ない。Nikon D750+FX70-300mm 240mm f7.1 SS1/6 ISO100 -0.7EV WB曇天Nikon D75 [続きを読む]
  • 冬景色チェック(3) <竜頭の橋上>
  • 「竜頭の橋」の横から、戦場ヶ原に出る散策路を歩いてみた。雪でずぼずぼで無理かと思っていたけれど、スノーシューで歩いた跡がしっかりついていて普通のブーツでも何とか歩ける道筋ができていた。チラッと湯川を見て、あとは林の中を進んで行く。ロケハンだったのでシカ防護柵のあるところで引き返したけれど、中禅寺湖畔とは比べ物にならない雪の深さと白さを堪能できた。ただ本格的に先を進むのなら、やはりスノーシューをオス [続きを読む]
  • 冬景色チェック(2) <大鳥居横>
  • 中禅寺湖の入り口、大鳥居から南に少し行ったところの浜辺には、古びた桟橋がいくつかある。スワンボートなどが陸に揚げられていて (夏にそれらが使われていたのか記憶がないけれど) 近辺のホテルや民宿専用の小さい桟橋だ。そこに出来る "しぶき氷" はカメラマンが好んで撮る被写体なのだけれど、この冬もだいぶ大きくなってきた。この日はけっこうな強風で、湖も荒れていた。しぶき氷のさらなる成長を期待したい。Nikon D750+FX [続きを読む]
  • 冬景色チェック(1) <歌ヶ浜>
  • 昨日、奥日光の冬模様を確認しにフラリと回ってきた。中禅寺湖畔、道路の雪も減りアスファルトが見えている場所も多い。ただ水際には小規模な氷結が見られ、じっくり探せば面白い造形が見つかりそうだ。でも丸山付近の湖面凍結は、今年もないかも知れない。歌ヶ浜駐車場下の氷柱は、一部が巨大化していたものの、連なりの規模は縮小している。しぶきによる樹氷もイマイチだった。護岸下の撮影スポットに下りてみたけれど、男体山の [続きを読む]
  • 氷彫刻 <湯元温泉>
  • 奥日光の湯元温泉で展示されている「全日本氷彫刻奥日光大会」を見てきた。有名ホテルのシェフ等が彫ったもので、それはそれは見事! 順位がついていたが、素人目にはその差がわからないほどだ。観光客にとって夜のお楽しみが少ない奥日光だけれど、この時ばかりはたくさんの泊まり客が宿を出て、ライトアップされた氷彫刻を楽しんでいた。Nikon D750+CarlZeiss21mm f2.8 SS1/6 ISO400 0EV WB晴天Nikon D750+CarlZeiss21mm f4 SS [続きを読む]
  • 月明かり <戦場ヶ原>
  • 半月の日だったけれど、その日は薄雲1つない夜空が広がるという予報だったので、あまりに惜しくて奥日光に出かけた。久しぶりに戦場ヶ原 (三本松園地) の展望台に三脚を据えると、そこには月明かりに照らされて別な顔を見せる湿原が広がっていた。白樺の幹が白く光り、雪原には濃い影が落ちて、昼間にはない面白さがある。Nikon D750+CarlZeiss21mm f8 SS30.0 ISO640 -0.7EV WB晴天Nikon D750+CarlZeiss21mm f6.3 SS30.0 ISO640 [続きを読む]
  • 冬の女峰山! <だいや川公園>
  • 日光宇都宮道路を走って来ると見え始める女峰山。春夏秋冬、その姿を目にするたびに「美しい場所へ来た」と感動する。住んでいてもそれは変わらない。奥日光は男体山だけれど、日光は女峰山に見守られている。写真を撮ったのは「だいや川公園」だ。池があって映り込みが期待できる。午前中だったので、池の半分はまだ凍っていた。閉じ込められた落ち葉、時が止まったように色鮮やかなままで綺麗だった。Nikon D750+FX70-300mm 70m [続きを読む]
  • 雪の戦場ヶ原 <光徳入口>
  • 光徳入口から、戦場ヶ原へ続く遊歩道を歩いた。途中から小雪が舞い、最後は軽く吹雪いていたけれど戦場ヶ原の内側から久しぶりに湿原を見ることができた。雪は深くはない。積もる端から強風で飛ばされてしまうのだろう……ここは地吹雪が多い場所だ。美しさより厳しさを感じた散歩だった。Nikon D750+FX70-300mm 220mm f7.1 SS1/1600 ISO100 -0.7EV WB晴天Nikon D750+FX70-300mm 70mm f11 SS1/80 ISO100 -1.7EV WB晴天Nikon D750 [続きを読む]
  • 夜景遺産!かまくら祭 <湯西川温泉>
  • 1月28日〜3月5日まで「第24回湯西川温泉かまくら祭」が開かれている。メイン会場の「平家の里」では大きなかまくらでバーベキューを、河川敷会場ではミニかまくらがズラリと並んでライトアップされていて、小さな温泉街でもイルミネーションや雪だるまがあちこちに見られる。日本夜景遺産にも選ばれている光景だそうで平日だったにも関わらずそこそこの人出もあった。湯西川温泉はとても小さな温泉だけれど、いつ行っても町が頑張 [続きを読む]
  • 風紋いろいろ <大笹牧場>
  • 牧場の柵にへばりついて撮った風紋。どこをどう切り取るか、凹凸も少なく乱反射する雪面のどこでピントを合わせるか、というかココがピントの山なのか拡大してもよく見えない……などなど葛藤が多い撮影だった。フィルターを持っていなかったため、きらきら浮かび上がる光の粒を抑えようと盛大に絞ってみたり、露出補正を上げたり下げたり……帰宅後に確認したら、微妙なショットが量産されていた。Nikon D750+FX80-400mm 400mm f [続きを読む]
  • 金星と三日月 <湯西川>
  • 天文には詳しくないのだけれど、月に1回ていど、細い月と金星が並ぶのだとか。たまたま出向いた夜の野外イベントにて、ふと振り向くと月、金星、そして火星が縦に並んでいた。ちなみに月の暗い側がうっすら見えるのは "地球照 (ちきゅうしょう)" と言うそうだ。辺りは照明もあり、人の流れもある場所だったけれど (仮設トイレの前w) 急いで三脚を立てて撮ってみた。結構しっかりとピント合わせをしたつもだったけれど、結果は微妙 [続きを読む]
  • 氷結芸術? <中禅寺湖>
  • 冬の湖の楽しみは氷結芸術 (勝手に命名)だ。湖岸の石や岩、桟橋の杭などに湖水が氷結して、思いもよらない不思議な造形を見せる。滝のような "流れ" の端で凍ったものとはまた別な、丸みや連なりが面白い。この日は気温が高くて少し溶けかけていたのだけれど、それがまた煌きを増す効果を出していて、シャンデリアのように美しかった。Nikon D750+FX70-300mm 300mm f8 SS1/800 ISO100 -1EV WB晴天Nikon D750+FX70-300mm 230mm f8 [続きを読む]