どんな時にでもポジティブが一番 さん プロフィール

  •  
どんな時にでもポジティブが一番さん: 人生気楽に「まぁいっか!」
ハンドル名どんな時にでもポジティブが一番 さん
ブログタイトル人生気楽に「まぁいっか!」
ブログURLhttp://hatiman3.blog.fc2.com/
サイト紹介文ウツ、ガン闘病患者に応援メッセージを送るドキュメンタリー。一病あってもゴルフ大好きシニアー。
自由文闘病体験、海外旅行体験を電子書籍として、アマゾンで配信中。無料サンプル版を一度覗いてください。ユニークでまた、人生に勇気を与える人生訓です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2015/03/30 20:56

どんな時にでもポジティブが一番 さんのブログ記事

  • ガン闘病記シリーズ15
  • 1−5 手術でガンと闘う 手術当日 昨夜は熟睡できた。 今日、巷ではクリスマスイブ、大方の人は楽しい一日を過ごすのだろう。それとは反対に私と同じ手術の人がいれば、ガンの告知を受ける人もいる。いずれも辛い記憶となるのだろう。 昨年のクリスマスイブは、妻とふたりで楽しい一日を過ごすことができたのに、楽あれば苦あり、これが世の常なのだ。 今年はこんなことになってしまったけれど、今日はきっと誰かが私にクリスマ [続きを読む]
  • ガン闘病記 シリーズ14
  • 1−4 入院 気持ちを整理して 二十二日午後、家を出る前に私は各部屋を見渡しながら、「また、必ず帰ってくるからしばらく留守番を頼む」と独り言を呟き、自宅を後にした。このようなことは本来するタイプでないのに、自然に呟いていたということは、心底この家に帰ってきたい思いの強さ、また、ここが自分の生きる場所(ところ)、そんな素直な気持ちがそのようにさせたのだろう。戦国時代の武将なら、いざ出陣! と声高々に [続きを読む]
  • ガン闘病記 シリーズ13
  • 生活習慣病 時に高齢者の多くが患う心筋(しんきん)梗塞(こうそく)や脳溢血(のういっけつ)、この病気は発症した瞬間から短時間で生死をさ迷い、その後の人生を苦しめる後遺症が多く出現する。そのため、これからやろうとしていたことの準備も何もできないまま、病に伏すことになりかねないのである。 一方、ガンはたとえ発見が末期状態であったとしても、今日明日に大勢を期することはまずあり得ない。なので、余命○年と告知があっ [続きを読む]
  • ガン闘病記シリーズ12
  • カウントダウンのスタート 一週間後は手術。 ガンの告知を受けてからというもの、何が何だか分からないままにときを過ごし、病と闘う心の準備が不十分であると私は気付かされていた。だが、どうすれば良いのか全く分からずパニック状態が続いている。これではガンと闘えない、闘っているのはむしろ妻の方だ。 突然、夫がガンだと知っても辛い顔など見せず、愚痴ひとつ言わず常に笑顔でいてくれる妻の姿こそ、闘う戦士というものだ [続きを読む]
  • ガン闘病記シリーズ11
  • 妻との縁 ガン告知後、時間の経過とともに夕食後のコーヒータイムは、少しずつではあるがテレビ鑑賞よりも妻との会話が多くなった。これまで感じなかったことだけれど、妻と話していると自然と気持ちは落ち着き楽になる。それは妻が精神的に強くなっているという印象を、私が感じたからかもしれない。また、それはガンの告知を受けた私に弱気な姿を見せてはいけない、妻のその思いが強かったから余計に感じたのかもしれない。即ち [続きを読む]
  • ガン闘病記シリーズ10
  • 夫婦とは ガンの告知を受けてからというもの、一日一日を大切に生きていこうと思いながらも、どのような生き方が大切に生きている姿なのか、今の私にはまるで見当がつかない。 なんと余命○年の宣告を受けた患者のようで、改まって一日一日を大切に生きようと思うのは、気持ちが弱気になっているからだ。このようなことではガンに負けてしまう。 そうなってはいけないと意気込む私は、強面(こわもて)と知人から言われているこの顔 [続きを読む]
  • ガン闘病記シリーズ9
  • やっと決心する そうこうしている内に、提示されていた治療開始の時期が迫ってきた。もうこれ以上いろいろ思いを巡らしていても、ベストな結論は出せないと私は判断し、この紹介を受けた病院と担当医師に、全てを任せると決心するのであった。紹介されたのも何かの縁があったのだと、それに病院は自宅から近く何かと便利で良いと無理矢理自分にいい聞かせ、藁(わら)をもつかむ思いで任せることにしたのである。でも、まだまだ多く [続きを読む]
  • ガン闘病記シリーズ8
  • 1−2 日々の苦しみと不安《2009年12月》 セカンドオピニオン ガンの告知を受けてしまった私の周囲に相談する人は誰ひとりとして存在せず、妻とふたりでどのようにしてこの病と対峙すれば良いのか、何でも良いから何か答えを見つけようと、あの日から暗中模索(あんちゅうもさく)の日々を過ごしていた。そんな毎日は空しいだけで、これからの対応にこれといって役立つ答えを見つけることはできなかった。それだから日毎不安 [続きを読む]
  • ガン闘病記 シリーズ7
  • ガンという病名と告知方法 そもそもガンという病名は、横暴で死に神の響きを感じさせ、辺り一面を無味乾燥にする思いを抱かせる。そのガンは、前触れもなくいつの間にか人間の体内で生まれ、異常繁殖してはいろんな部位に住み着く無礼な細胞なのだ。そんな不逞(ふてい)の輩(やから)を医師はいとも簡単に「ガンです」と直接本人に告知するとは何たることなのか。この言動は私にとって衝撃的な事件であり、怒りでもあった。 時にガン [続きを読む]
  • ガン闘病記 シリーズ6
  • Ⅰ章 ガン発覚・手術1−1 発覚の経緯【2009年11月】 自宅で血尿が二回出る 今朝方トイレに行ったときの最初の排尿は、ドス黒い茶褐色だった。あれっ、と感じたけれど、自分勝手な知識から医院に行く必要はないと判断してしまうものだった。 なぜなら、この尿の色は疲れているときに出現する色に似ていて、しかもその疲れが何からきているのか私には分かっていたからである。それに前日はゴルフで疲れが残っていると感じ [続きを読む]
  • ガン闘病記シリーズ 5
  • ガンの告知 やがて各検査結果から、医師より私に初めて病名が告げられた。 「ガンです」と。 そのとき、確かにガンという言葉は聞こえたけれど、果たして誰に言われているのか瞬時には分からず、私は冷静に判断しょうと頭脳の全てを傾けた。けれど、このとき既にその機能は停止し始めていたのであった。 今、この診察室には医師と看護師、私と妻だけで他には誰ひとり存在していない。ましてや患者は私だけである。だから、私にガン [続きを読む]
  • ガン闘病記 シリーズ4
  •  本文に入る前に項目を記述します目次Ⅰ章 ガン発覚・手術... 61−1 発覚の経緯【2009年11月】. 61−2 日々の苦しみと不安《2009年12月》. 111−3 妻の存在の大きさを知る.. 181−4 入院... 211−5 手術でガンと闘う. 231−6 手術後の状態... 251−7 年末の病室... 311−8 新年を迎えて≪2010年1月≫... 35Ⅱ章 ガン情報を集める.. 372−1 妻の闘い.. 372−2 退院後の自宅静養... [続きを読む]
  • ガン闘病記 シリーズ3
  • そしてガンの告知から七年が経過した今、ガン摘出手術、抗がん剤治療、放射線治療の闘病体験を、あとから来る患者さんの道標(みちしるべ)になればとの思いで、告知から書き続けて来た日誌を整理して執筆、出版することを私は決心したのである。ここで私が書きたかったことは、ガンの告知を受けそれに伴ういろいろな障害に出合ったとき、悩み苦しみもがきながら悲しい涙を流すのが、正常な人の姿だということを。また、ガンと闘うた [続きを読む]
  • チョット一服
  • 私のブログへ訪問して下さるガン患者のブロガ−さんの要望に応えこれまでに制作した「ちぎり絵」を順次紹介させていただきます。これらの作品は私が「ちぎり絵」を習っている時に講師より頂いたテキストを参考にして製作したものです。したがってこの時期には私独自の創作品はまだありません。講師の指導の下、真似て制作した作品として鑑賞してください。札幌時計台では時計の形をちぎるのに苦戦しました。 沖縄を代表する一コマ [続きを読む]
  • ガン闘病記 シリーズ2
  • 時にこれまで人間ドック受診時、ガンに関する情報の提供を 受けようとしてこなかった。従って私の知識レベルは雑談で きる程度、また、ガンだけではなく成人病などの病気に関す る情報も極めて少ない状態にあった。それにも拘らず、健康 への取り組みに関しては人一倍強い想いを持っていた。 そのような中、昨今のマスメディアは盛んにガンに関する情 報を、テレビでは健康番組と称し、単にこわがら [続きを読む]
  • ガン闘病記 シリーズ1
  • 私がガンに罹患したのが2009年。 ガンの告知を受けたその時、今日まで生きてい られるとは思いもしなかった。けれど多くの 方々からお蔭を頂き、今ではガンに罹患した ことなど他人事のように感じるまでに回復している。この状態にまでになったのは不特定多数 の方々から頂いた見えない力であることは言う までもないことである。 そんな方々に少しでもお返しができたらとの想 いで、私にできることは何なのかを模索し [続きを読む]
  • LPGA情報
  • 【2017】ほけんの窓口レディース5月12日〜3日間開催されます■地上波(予定)5月12日(金)24:25〜25:50 (RKB)5月13日(土)16:00〜17:24 (RKBほか、九州・沖縄JNN系列7局ネット)        16:00〜16:54 (TBS、MBS、CBC、HBC、RCC)5月14日(日)15:30〜16:54 (RKBほか、全国JNN系列28局フルネット)■CS放送(予定)ゴルフネットワーク(1番ホール生中継)5月12日(金)7:30〜11:00 5月13日(土)7:15〜10:15 [続きを読む]
  • ステップアップツアー
  • ステップアップツアー【2017】静ヒルズレディース 森ビルカップ      1R成績今日は応援している斉藤愛璃プロの活躍が期待できそうな予感がしたので朝の8:00〜CSスカイAで16:00までテレビ観戦。デビューした年にいきなりダイキンオーキッドで優勝したときの勢いがあり4バーディ、ノーボギーの単独トーナメントリーダー。ショットが悪くてもエッジからのチップイン、難しいパットラインを読み切ってのナイスイ [続きを読む]
  • LPGA情報
  • ステップアップトーナメント【2017】静ヒルズレディース 森ビルカップ5月10日〜12日テレビ放送【CS放送 スカイA】 生中継5月10日(水)8:00〜11:0012:30〜16:30(予定)5月11日(木)8:00〜11:0012:30〜16:30(予定)5月12日(金)8:00〜11:0012:00〜16:00(予定)注目出場選手 [続きを読む]
  • LPGA情報
  • 【2017】ほけんの窓口レディース成 績 私が複活を期待していた選手の多くは予選落ち、残念です。十代の選手が活躍する時代だから仕方のないことなのか。観戦していて感じることはやはり全盛期の時のような鋭さ,切れがないのでボールをイメージ通りコントロールできていない。特にアプローチ、パッティングが優勝争いしている選手に比べ冴えていない。と思いながら次回に期待しているのです。優勝者予想クイズに応募しました。予 [続きを読む]