mari さん プロフィール

  •  
mariさん: mariのブログ
ハンドル名mari さん
ブログタイトルmariのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/blue-seamade/
サイト紹介文古い時代(明治〜昭和初期)の絵葉書と 人魚に関する本や美術をご紹介しています。
自由文古い絵葉書と人魚に関するあれこれを主に綴っています。ほとんどブログ主の備忘録のような内容ですが、人魚の好きな方、古い紙モノが好きな方、どうぞ覗いていって下さいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供356回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/03/31 00:04

mari さんのブログ記事

  • MIYABIのクリームパンとミートパイ
  • せっかくのお盆休みなので今日は少し遠出しようかと思っていたのですがあいにくの雨・・・神保町の古書店に寄ってそのあとお茶して帰りました。天気が悪くても、とりあえず休日の昼間は外に出たいと思ってしまうんですよね〜。 神保町で立ち寄ったベーカリーカフェMIYABIでクリームパンとミートパイを食べて小一時間ほど本を読んでいました。 デニッシュパンが有名なお店。それを頼もうと思ったけれど写真で見る限りけっこうボ [続きを読む]
  • ベルギー奇想の系譜展
  • 先日、渋谷に行った記事を書きましたがその日にBunkamuraザ・ミュージアムで観た展覧会がこちら。 「ベルギー奇想の系譜展」、以前から楽しみにしていた展覧会です。混んでいるかなと思っていましたが午前中だったためか、それほど混雑していませんでした。 15〜16世紀から現代まで、約500年に渡るベルギーの絵画(彫刻作品もあり)を「奇想」をキーワードに辿ります。 出品されている作品はものすごく多いというわけではないの [続きを読む]
  • 本棚の人魚たち・・・「人魚に嘘はつけない」半田畔
  • 先週は、浜に流れ着いて鱗を失い帰れなくなった少年の人魚が出てくるお話をご紹介しましたが、今回ご紹介するのも海上に出てきたものの、やはり自力で海底に戻れなくなってしまった人魚が登場する物語。 「人魚に嘘はつけない」 半田畔:著(一迅社 2017年8月刊) 主人公の少年、朝月(あさづき)は漁師を父に持つ高校生。小学生のうちは父とともに船に乗り、漁の手伝いをしていた朝月ですが年頃になって自分の焼けた肌や体 [続きを読む]
  • 映画・・・「メアリと魔女の花」
  • アニメーション映画「メアリと魔女の花」を観てきました。 レイトショーで観たのですが、遅い時間にもかかわらず、けっこうな数のお客さんが入っていました。 上映中の作品なのでネタばれしない程度に簡単にお話を説明します。 両親の仕事の都合で大叔母の住む館に越してきた11歳の少女、メアリ・スミス。好奇心とやる気に満ち溢れていますが、何をやっても失敗ばかり。庭掃除に失敗して落ち葉まみれになった姿を館を訪ねて [続きを読む]
  • シャルマンのチーズトースト
  • 今日は渋谷に出かけて…お昼はちょっと昭和な雰囲気の喫茶店「シャルマン」でチーズトーストを食べました。 手拭き用にウェットティッシュを容器ごと置いてくれました(^^)チーズトーストは見た目より食べるとボリュームあり。ただ、チーズの下にマヨネーズがある(たぶん)のが私にはちょっとしつこい感じもしました。玉子トーストが評判らしいので今度来たら頼んでみようかな。場所は東急本店の近く。やや地味な佇まいですが居心地 [続きを読む]
  • 黒地蔵盆参り 2017
  • 毎年お参りしている、8月10日の鎌倉の覚園寺の黒地蔵盆。今年も行ってきました。 快晴だった昨年とは違い、どんよりした曇り空。それでも気温は高くて蒸していたのでお寺までは上り坂ということもあってかなり汗だくでした。 昨年見つけた、人魚の絵が描かれた札がかかっていたお洒落なレストラン、今年も前を通った時間はまだ準備中の札が。 次に来るときは入ってみたい、なんて昨年のブログに書きましたが札を見たら11時半 [続きを読む]
  • 「A SUBMARINE ENGAGEMENT」
  • 誰にハグされたい?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう ハグされたい人?う〜ん、思いつかない・・・とりあえず今、部屋の中が暑すぎて、ハグとか考えたくない(笑)。10年前に認定された記念日だそうで、ハグという言葉もそんなに前から市民権を得ていたんですね。使われ始めた頃は、なんだか聞きなれなかったけれど。日本語の「抱擁」「抱き合う」だとやっぱりちょっと重たい感じもしますね。挨拶と同時に [続きを読む]
  • 絵葉書・・・日本郵船 筑後丸
  • こちらは昨日は夜になって一時的に雨が強く降ったものの、夕方まではどんより曇った空のままでした。てっきり昼から大雨だと思って折り畳みではなく長傘を持って出かけたけれど周りを見渡したらそういう人は少なかったです・・・。 今日8月8日は「笑いの日」「親孝行の日」「そろばんの日」などいろいろな記念日になっていますが「ひょうたんの日」でもあります。8の字がひょうたんの形に似ているという理由からだそうです。 [続きを読む]
  • 今日はバナナの日
  • バナナ、どのぐらいの頻度で食べる?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう バナナを食べるのは一か月に一度くらいかな。近くの八百屋さんの特売日で一房100円程の時を狙って買ってます(笑)たまに甘さがほとんど感じられないバナナにも当たっちゃうけれど。 バナナといえば、小中学生時代、給食で半分に切ったバナナがよく出たのを思い出します。今でもああいう形で出るのかな。中学校の先生をしている知人の [続きを読む]
  • 本棚の人魚たち・・・「人魚の島」 蔵中幸
  • 夏休みの時期なので今月の人魚モノは、少年、少女たちの心躍る体験や冒険を描いたお話をご紹介しようかなと考えています。 今日ご紹介するのは、鱗をなくして困っている人魚を助ける、南の島の子どもたちの物語。 「人魚の島」 蔵中幸:著(文芸社 2017年4月刊) 南の島で暮らす、仲良し5人組の少年少女。それぞれ個性豊かな子どもたちですが中でも島長の孫娘の瑠璃は泳ぎが抜群にうまく、物怖じしない活発な女の子。ある日 [続きを読む]
  • 骨董ジャンボリー 2017年8月
  • 今日は骨董ジャンボリーに行ってきました。曇天のビックサイト。でも蒸し暑かったですしかも今回は収獲なし陶製の人魚があって、たぶんネットオークションでたまに見る洋酒の容器になっているものだと思いますが、けっこう大きなものだったのでパスしてしまいました。そういうわけで買い物はしなかったのですが建物内に「マーメイド」というカフェテリアがあったのでそこでランチ。鶏肉のパン粉焼きを注文しましたが、これが想像し [続きを読む]
  • MRI検査&今日は箸の日
  • 先日受けたMRI検査は、特に深刻な異常はなくて安心しました。でも、一応専門の病院で診てもらうことを勧められ紹介状も書いてもらったけれど家からはけっこう遠い都内の病院なので正直面倒な気も・・・でも夏の間に一度行ってこようと思います。それにしてもMRI、想像していたのとはちょっと違った騒々しさでした。トンカン、トンカン、叩くような音やドリルのような音はまだいいけれど高音のブザーのような音はうるさかった〜(> [続きを読む]
  • 本・・・「美少女美術史」池上英洋・荒井咲紀
  • ちくま学芸文庫から発売された「美少女美術史」を読みました。 「美少女美術史  人々を惑わせる究極の美」池上英洋・荒井咲紀:著(筑摩書房 2017年6月刊) 紀元前の墓碑に彫られた少女のレリーフからピカソやバルテュスの描く少女まで、欧米の美術史に現れる美少女を描いた作品を200点の図版で紹介。時代ごとの美少女イメージの変遷を追います。 冒頭に紹介されている絵が私の好きなミレイの「チェリー・ライプ」なのが [続きを読む]
  • 目玉焼き定食&今日はパンツの日
  • パンツ、どのぐらいで買い換える?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう パンツをどのくらいの期間で買い替えるか、意識したことなかったな・・・ヘタってきたら替える、という程度(笑)若い頃、パンツはブラとセットでないと、交通事故とかで病院に担ぎ込まれた時に上下バラバラの下着だと恥ずかしい、なんてことを聞いたりしたけれど、そんな緊急時に上下の下着が揃ってるかなんて気にするか!?なんて思っ [続きを読む]
  • 「オベロンと人魚」Douglas Harvey
  • もう8月ですね〜。なんだか7月はあっという間に過ぎて行ったような。8月といえば、暦の上ではもう秋が近い・・・こうなったら早く涼しくなってほしいものです。 今日は暑さを忘れさせるような幻想的な絵をご紹介。イギリスの画家、Douglas Harveyの作品です。 海(湖?)で歌う人魚と、まわりを囲む妖精たち。ウェーバーの歌劇「オベロン」の一幕を描いたもののようです。画面のまわりを暗い木々で囲っているので森の中から [続きを読む]
  • 今日は蓄音機の日
  • 蓄音機、生で見たことある?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 蓄音機は実物を目の前にしたことはないですね。なんか最近、ブログスタンプの質問にはことごとく否定形で答えている気が・・・(笑)。 最近、骨董市などに行っても蓄音機にはお目にかからないです。デリケートに扱わなきゃいけないだろうから骨董市みたいな場所には出ないだけなのかな。 今や蓄音機どころかレコードプレーヤーも前時代のモノ [続きを読む]
  • 本棚の人魚たち・・・「人魚の話」南方熊楠
  • 南方熊楠(1867‐1941)は博物学者、民俗学者として知られ、粘菌の研究で生物学者としても有名です。私は熊楠の名前だけは知っていても著作を読んだことがなかったのですが、先月、平凡社から南方熊楠の随筆を精選した本が出て、その中に「人魚の話」が入っていたので読んでみました。 「南方熊楠  人魚の話」  南方熊楠:著(平凡社 2017年6月刊) 熊楠の盟友である住職の毛利柴庵から人魚はいるのか、と聞かれたこと [続きを読む]
  • 今日は肉の日
  • 鶏肉、牛肉、豚肉、どのお肉が好き?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 好きなのは鶏肉。チキンステーキや焼き鳥が美味しくて好きだな〜。なんて書いておきながら今日の朝食はビーフサンドです(^_^;)久々に早く出勤できたので近くのドトールでモーニング。土曜日に仕事は、あまり気が乗りませんけどね〜。 [続きを読む]
  • 絵葉書・・・平和記念  鏑木清方
  • 今、あなたは幸せだと思う?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 今幸せか? これといったトラブルも不安もないので相対的に見たら幸せなのかも?でも何をもって幸せなのか、追及するとなかなか答えが出せない問題ですね。 今日は第一次世界大戦開戦日ですが、ご紹介する絵葉書は戦争後に発行された平和記念絵葉書。1919年に日本が講和条約に調印したことを受けてこの年の7月1日を平和記念日とし、記念切 [続きを読む]
  • 絵葉書・・・スイカ売り
  • スイカに塩、かける?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう スイカに塩はかけないです。でも子どもの頃、親戚の家に遊びに行くとスイカを出された際、よく塩をすすめられたっけ。ちなみにお汁粉にも塩は入れません。そのまんま食べるのが一番好きですね〜。単にズボラなだけかもしれませんが。 ご紹介する絵葉書は明治時代の雑誌付録。背景の黄色が全体を明るく見せていかにも夏という感じですね。カットされ [続きを読む]
  • 絵葉書・・・黒衣の女性  加藤まさを
  • 幽霊、見たことある?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 幽霊は見たことないです。ちょっと見てみたい気はするけれど、怪談好きなくせに怖がりなので、見えなくてよかった〜、とも思ったり。 今日ご紹介する絵葉書は、幽霊から連想して、葬儀らしき場面を描いた加藤まさをの作をご紹介。大正時代のものです。 悲し気に佇む黒衣の女性。背後には棺を運んでいるとおぼしき人の影が。亡くなったのはこの女 [続きを読む]
  • 絵葉書・・・夕涼みする親子
  • 雨は降らないけれど、湿度の高い、蒸し暑い日が続いています。夕方から雷雨かも、という予報が出ていたので今日は洗濯はサボり、じゃなかった、お休み(^^;)豪雨は困るけれど、雨が一度降れば少しは涼しくなるかな。 今日ご紹介する絵葉書はヘチマ(夕顔?)棚の下で涼む親子の図。 家族で夕涼みの図というと、国宝の、江戸時代の「納涼図屏風」を思わせますがこの絵葉書のお父さんはずいぶん恰幅がいいですね。 こう暑いと、服 [続きを読む]
  • フルーツゼリー
  • そんなに遠くないけれど、普段寄ることもない町。用事があって数年ぶりに訪れたので駅の近くにある喫茶店に入ってみました。果物店がやっているお店なので、やっぱりフルーツ系のメニューを試したい、と思って注文したのがこちら。 フルーツゼリーです。最初、ゼリーがわからず、シロップにフルーツが入っているだけに見えたのであれ?と思ったのですがよく見るとシロップの中に角切りされたゼリーがいくつも入っています。透 [続きを読む]
  • 本棚の人魚たち・・・「うみのおさんぽ」西巻茅子
  • 7月もあと一週間ほどですね。小中学校の多くは夏休みの始まりの時期。子どもの頃の私は、今の時期は解放感に満ち溢れていました(^∇^)当然宿題のことなんか考えもせず・・・。 でも今は、夏休みの自由研究のアイデアをビックサイトなどの大型の施設で展示してくれるようです。テレビのニュースで見たら、親子連れで盛況でした。私の自由研究・・・いつも夏休み後半に無理矢理ひねり出してどうにか仕上げたものが多かったな〜。 今 [続きを読む]
  • 絵葉書・・・蚊帳を吊る女性
  • 先日、懸念だったCT検査を無事終えました。早めに来てくださいというので予約の時間より30分も前に到着してしまったのですが、空いていたようでそのまま早い時間に検査してもらえました。ビビッていた造影剤の点滴もそれほど苦ではなく・・・といっても点滴自体、初めてで、かなり異物感。よく入院患者さんが、点滴バッグを上から吊るしたまま院内を移動していたりするけれど、動いたりして痛くないのかしら・・・私は緊張で終始じ [続きを読む]