KITAHO さん プロフィール

  •  
KITAHOさん: KITAHOのデジカメ散歩
ハンドル名KITAHO さん
ブログタイトルKITAHOのデジカメ散歩
ブログURLhttp://kitaho321.blog25.fc2.com/
サイト紹介文山野草 原種バラ 山里生活 甲斐駒ヶ岳 ガーデニング 八ヶ岳南麓 秘密基地 一眼レフ 
自由文横浜と八ヶ岳南麓での2地域居住をしています。好奇心を誘うものや山野草、ガーデニングが大好きで、デジカメ片手に歩き回っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供698回 / 365日(平均13.4回/週) - 参加 2015/04/01 15:04

KITAHO さんのブログ記事

  • ピンクのアジュガが可愛いですね。
  •  ヨーロッパ原産のシソ科・アジュガ・レプタンス(Ajyga. reptans)・(和名:セイヨウキランソウ)です。秘密基地自生のジュウニヒトエのブルーやピンク(Ajyuga Pink Shell)バージョンみたいですね。 耐寒性もあり、よく増えてくれますので、手間いらずの野草です。■ピンクのアジュガ(Ajyuga Pink Shell). [続きを読む]
  • 『ベツレヘムの星』が可愛いく、美しい。
  •  『ベツレヘムの星』って、星の名前ではないんです。 キリスト誕生の夜に光り輝いたといわれている『ベツレヘムの星』、あたかもこの光り輝く星に白い純白の花容をたとえ、ネーミングされました。 なんとも、ファンタジックなネーミングです。日本名は『オオアマナ』、? と感じてしまいます。 やはりこの花は『ベツレヘムの星』と言う名が好きです。学名は固いOrnithogalum umbellatum オーニソガラム ウンベラタム と言い [続きを読む]
  • 種から育てたムサシアブミが開花。
  •  秘密基地から横浜に戻りますと、いろいろな植物が。素晴らしい成長を見せていました。中でも・・・種から育てた『ムサシアブミ』には花が付いていました。 独特な花容は、好奇心を誘うもので、マムシ草などと同じサトイモ科で、ちょっと一般受けはしませんが・・・・。ウチの奥さんなど、気持ち悪いの一言で、栽培しよう、などと言った感覚まで疑う始末です。 この渋い独特な姿が面白いのですが・・・・どうでしょうか?■確か [続きを読む]
  • 横浜の家はバラの館になっていました。
  •  早朝、連休の混雑を避け、横浜に戻りました。 中央高速下り車線は、早朝にもかかわらず、すでに混雑が始まっていました。特に、小仏トンネル付近は例年通りの混雑ぶりです。上り車線は多少の混雑もありましたが、順調すぎるほど流れがよかったです。  横浜に着いて、まず驚いたことは、やはり暖かさですね。野菜の苗の成長ぶりは八ヶ岳に比べ、倍以上です。当たり前と言えば当たり前ですが・・・・。 家の庭では、中国の原種 [続きを読む]
  • 秘密基地自生のアマドコロやチゴユリが開花してきましたよ。
  •  秘密基地には幸いなことに、いくつかの山野草が自生していました。これらを何とかして、育てたいと、いろいろ工夫しています。 地味で、目立つような花ではありませんが、どこか愛おしくなるような、チゴユリ・アマドコロです。アマドコロはナルコ百合とよく間違われるようですが、私は茎を触って区別をしています。 アマドコロは稜があるため、ごつごつしている感じがします。ちなみにナルコユリはツルッと、していますので容 [続きを読む]
  • サクラソウ・・・細々と開花しました。
  •  以前、秘密基地近くの知人の雑木林に自生している日本サクラソウを数株頂き、乾燥地同様の秘密基地に植え込みました。それは・・・もう、試行錯誤です。 保湿を考えるために土の改良やら腐葉土のすき込み、散水など、秘密基地滞在中は、考えられることすべてを日本サクラソウのために作業してきました。 日本サクラソウは高原や山地のやや湿った草原や開けた森林に群落を作って生育しています。そんな植物を秘密基地に地植えす [続きを読む]
  • 知人の庭の白花エンレイソウ。
  •  秘密基地近くの知人のお庭を訪問させて頂きました。 そこは大きな雑木林の中に作られた山野草のお庭です。ほとんどのものが種からの栽培で、イカリソウなど何株あるかわからないといった栽培の達人クラスの方。 今回、白花エンレイソウ・オオバナエンレイソウをじっくりと見させて頂きました。腐葉土がたっぷりと堆積した場所だけに、エンレイソウが伸び伸びと育っているようです。 オオバナエンレイソウに至っては秘密基地の [続きを読む]
  • 今朝の甲斐駒・・・昨日の雨が雪だったようですね。
  •  今朝の甲斐駒ヶ岳はうっすらとガスがかかっています。しばらくすると、ガスが晴れてきましたので、シャッターチャンス。 デジカメを取り出し、甲斐駒のピークが現れるのを待ちました。今朝の気温8℃、寒い中、じっと我慢の子でした。■2000mラインから雪になったようですね。  甲斐駒ピークから伸びる稜線・・・鋸岳の威容です。■やっと顔を出した甲斐駒ヶ岳 [続きを読む]
  • ニワトコに小さな小さな花が・・・。
  •  スイカズラ科のニワトコ、秋には赤い小さな実がいっぱい。秋を飾る樹木の一つですね。 今、可愛い花を付けています。花と言っても、一つ一つはとっても小さなもので、その集合体として『花』という感じのものです。 秘密基地の前をハイキングで通る方たちからも見向きもされない花。マイナーな花ですけど、よく観察しますと、本当に小さな花ですが、可愛い格好を見せます。■ニワトコの花 [続きを読む]
  • スズカケソウの新芽が美しい。
  •  秘密基地のスズカケソウも元気に新芽を伸ばしてきています。(横浜でも栽培中です。)絶滅危惧種と指定されているスズカケソウは秘密基地での最も大切にしている山野草の一つです。 挿し木に挑戦したりで、増殖にチャレンジしています。 元気な姿を見ますと、ホッとします・・・ね。今年も素敵な濃紫色の花を見せてくれるに違いありません。■陽に透かして見るスズカケソウの新芽 [続きを読む]
  • コアジサイが花芽を付けます。
  •  秘密基地のコアジサイは清里に別荘を構える知人の庭から頂いたもの。雑木林の中にひっそりと、控えめに花を見せます。 アジサイの豪華絢爛たる姿とはまったく違います。その清楚な中に気品があります。 特に知人の庭のものはブルーを彩り、秘密基地周辺のとは別種のような感じもします。新芽と共に、蕾が見えてきました。通常は6月頃の開花となります。 今まで気が付かなく、今日はびっくりです。開花が待ち遠しいです・・・ [続きを読む]
  • 紫アケビの結実が出来たようです。
  •  種から育てている『紫アケビ』が大きく育ち、昨年から素敵な色をしたアケビが付き出しました。2011年秋に紫アケビを育てようと、種を取り、翌年(2012年)春に発芽。 そして・・・4年目から結実し始め、今年で5年目。たくさんの結実が確認できました。 用済みとなった雄花が寂しそう・・・・一方雌花はふっくらとしてきました。受粉が成功し、結実が始まりましたね。■紫アケビの雌花・雄花・・・・結実が始まりました。  用 [続きを読む]
  • シロヤマブキが開花してきました。
  •  山吹の花が終わろうとしています。代わって、シロヤマブキの登場です。 このシロヤマブキは山吹とは違う種です。バラ科のシロヤマブキです。普通種の山吹に似ていますが、花弁が4枚。黒い実も付けます。 この実を使えば、4年ぐらいで開花まで持っていくことが出来ます。■シロヤマブキ [続きを読む]
  • 早春の高原をサイクリング。
  •  雪の消えた野辺山高原のサイクリングに出かけてきました。気温9℃の中、頬に当たる風は冷たいのですが、汗をかいた身体には心地よいものです。 野辺山高原はレタス・セロリ・キャベツ・白菜などの高原野菜が美味しいところです。今が丁度、畑の耕作に精を出す時。大きなトラクターが頑張っています。 八ヶ岳連峰には残雪が眩しく、コバルトブルーの空とのコントラストが美しく、素敵なサイクリングとなりました。■残雪残る八 [続きを読む]
  • 花の咲かない羊歯(シダ)も美しいですよ。
  •  秘密基地にはシダ類はほとんど自生はありません。当然なことですよね。 乾燥地帯であり、極寒の地ですから、湿度を要求するシダ類は、ちょっと生育は難しすぎます。 しかし、難しいと言われますと、チャレンジしたくなります。困った性分なのです。家屋の北側、ちょっとだけ朝日が差し込むところがあります。法面の下、きっと、少なからず湿度保持が出来そうと思うのですが・・・・・。 秘密基地の前に広がる雑木林が造成され [続きを読む]
  • ボリジの素敵なブルーが見られるようになりました。
  •  ムラサキ科のボリジはたった一株を、大切に育てますと、翌年にはこぼれ種で10倍ほどになります。嬉しい悲鳴が起こりそうになります。 いっぱいのボリジを楽しみたい時には、放っておく放任栽培をすることで、楽しさ数倍となります。しかしきちんとしたガーデニングを考えますと、生産調整をしなくてはいけません。 l秘密基地では原種バラの周辺に10株から15株ぐらいを残し、後は始末するようにしています。ボリジはこの時期か [続きを読む]
  • もうすぐ収穫・・・タマネギ。
  •  秘密基地での野菜作りは、いろいろチャレンジしていますが、中でも好評なのが『タマネギ』・『すくなかぼちゃ』・『ハヤトウリ』『ほうれん草』・『大根』で、娘家族や知人からのリクエストがあります。 昨年の秋に植えたタマネギが順調に育ってきました。新タマネギをお土産に出来るのも、もうすぐです。 みんなの笑顔が、見ることができます・・・・ね。■収穫間近のタマネギ。(200株です。)    大きく生長したグリー [続きを読む]
  • 色の変異を楽しみます。イカリソウ。
  •  イカリソウの色の変異はたくさんあるようです。自生のイカリソウでも、ピンク〜濃ピンク〜白と・・・・・。 まして、それらの交配を考えますと、イカリソウの栽培を楽しむばかりではなく、花色の変異も楽しめそうです。 秘密基地の庭を見て見ますと、白花のイカリソウと夕映えという個体名を持つイカリソウが満開を迎えています。ちょっとした変異ですが、結構楽しめますね。■白花のイカリソウ■濃ピンクの花弁を見せる『夕映 [続きを読む]
  • 朝日に輝くヤマコウバシの新芽。
  •  ヤマコウバシの新芽が、朝日に輝いています。 ヤマコウバシと言えば、落葉樹にもかかわらず、冬までには落葉をしません。新芽の展開と共に落葉が始まります。 そんなことからか、最近、落ちない・・・受験に落ちないと、縁起物の立ち位置に昇格しています。受験生のお守りに使われたりで、面白い樹木です。 庭作業で、ちょっとお疲れモードになりますと、ヤマコウバシの枝をちょっと折り、匂いで気分をリフレッシュしたりして [続きを読む]
  • 四つ葉のクローバーを見付けました。
  •  四つ葉のクローバーはなかなか見付けることが出来ません。 横浜でも、散歩途中にウチの奥さんと一緒になって、探しますが、どうも見付けることが出来ませんでした。どうしても欲しいというのではなく、好奇心が、探させるのでしょうね。 また・・・・四つ葉のクローバーの意味することも、面白く、『勇気・愛情・信頼・希望』を、4つの葉が持っているなど、四つ葉のクローバーを誰かにプレゼントしたくもなります。 今日、庭 [続きを読む]
  • 山里は山吹が満開。
  • 午後から庭作業などを中断し、PINARELLO PRINCEと、秘密基地周辺を20kmほど、サイクリングしてきました。 秘密基地周辺は坂の多いことで知られています。ちょっとの頑張りで、大汗かくこと請け合いです。 ロードバイクは八ヶ岳仕様と、しているのですが、そんなに甘いところではありません。(八ヶ岳仕様:ホイール&ブレーキ&ハンドル) しかし、激坂上がれば、爽快感、達成感、抜群です・・・ね。 秘密基地周辺の山里はやっ [続きを読む]
  • 直売所でイチリンソウを見付けました。
  •  直売所でイチリンソウを見付けました。それも・・・秘密基地のイチリンソウとまったく同じもの。名前を『オオバナイチリンソウ』として、販売しているのです。 価格がなんとまぁ、とんでもない価格。そんな価格で販売するものですから、盗掘が起こっても当たり前です。 昨年、わたしが避難させていたイチリンソウの場所。バイクでスコップを背負ったおじさんがうろうろしていました。私の姿を見るなり、バイクで走り去っていき [続きを読む]
  • 黄色の花と言えば、まずはタンポポ。
  •  秘密基地のタンポポは、幸運にも『カントウタンポポ』がメインです。まだまだ、西洋タンポポに負けてはいません。 いずれは・・・西洋タンポポに駆逐されてしまうかもしれませんが、今のところは元気に繁茂もしています。 横浜から持ち込んだ『白花タンポポ』も種が飛んだものか、近くの空き地に2株、出現してきました。もちろん、堀上げ、秘密基地内に移植しておきましたよ。(笑) 本当に、在来種を大切にしていきたいと思 [続きを読む]
  • キジムシロの黄花が眩しい。
  •  バラ科のキジムシロ、ヤマブキと競い合うように黄花が開花しだしています。 ネーミングも面白く、キジが座るムシロをイメージしているとか。キジの座る真ん中には花が付かず、周りに装飾的に花を付けるという、面白いヤツですね。 花はヘビイチゴや、三つ葉ツチグリにそっくり。ほとんど区別が付きませんが、葉で見分けています。     花弁の色を白にすると、イチゴですよね。まさにバラ科。■キジムシロ・・・・秘密基地 [続きを読む]
  • 若葉の美しさ。
  •  雑木林の至る所、若葉がエネルギッシュに展開しています。その透明感のある若葉の彩りが何とも美しく、秘密基地の庭の若葉も朝陽に照らし出され、とても美しく感じます。 花にも負けない若葉の美しさ。若葉の自己主張に驚きます。■コウヤボウキの若葉  几帳面なほどに若葉が並んでいます。その一つ一つが朝陽がスポットライトのようです。■馬酔木の若葉・・・透明感のある朱色からピンクの彩りが美しすぎです。 [続きを読む]