KITAHO さん プロフィール

  •  
KITAHOさん: KITAHOのデジカメ散歩
ハンドル名KITAHO さん
ブログタイトルKITAHOのデジカメ散歩
ブログURLhttp://kitaho321.blog25.fc2.com/
サイト紹介文山野草 原種バラ 山里生活 甲斐駒ヶ岳 ガーデニング 八ヶ岳南麓 秘密基地 一眼レフ 
自由文横浜と八ヶ岳南麓での2地域居住をしています。好奇心を誘うものや山野草、ガーデニングが大好きで、デジカメ片手に歩き回っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供677回 / 365日(平均13.0回/週) - 参加 2015/04/01 15:04

KITAHO さんのブログ記事

  • ツクシノ姿に、思わずニッコリ。
  •  ツクシノ姿をたくさん見かけるようになりました。春なんですねぇ。 ツクシの姿には、花にはない、思わず癒やされるという魅力があります。寒い冬が明け、ツクシの姿に出会いますと、誰しもが笑顔になるようです。 しかし、畑などに生えますと、忌み嫌われ、戦いを挑まれる存在となります。取っても、取っても、退治できないという、しぶとさ、驚くほどとなります。 ツクシ(土筆)と呼ぶのは、胞子茎と言われる部位で、その栄 [続きを読む]
  • スズカケソウの芽吹きにワクワク。
  •  絶滅危惧種のスズカケソウ。 ゴマノハグサ科のスズカケソウは環境省レッドデータブック 絶滅危惧ⅠA類、ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いものとされる植物です。 3年ほど前に、偶然にも、神代植物公園内の園芸店で、捨て値の『スズカケソウ』を見付け、手に入れました。花の終わった蔓状の茎を使い、挿し木苗に挑戦し、増やすことが出来ました。 元株は秘密基地に植え込んでいますが、そのバックアップ [続きを読む]
  • キブシの花穂が風に揺れています。
  •  雑木林に行きますと、必ず目にするという普通にあるキブシ。『木藤 キフジ』とも言われるように、垂れ下がる花穂が藤の垂れ下がる様に似ています。 素朴な花序ですが、意外にも魅力たっぷりなキブシです。名前のキブシ、漢字では『木五倍子』、この漢字にも好奇心がフツフツ。 秋には、1cm前後の緑色の果実ができ、黒色の染料に使われ、お歯黒に使われたようです。その黒色の染料のことを『五倍子 ごばいし』と読んでいたそう [続きを読む]
  • コブシ・・・モクレンと間違われやすいのですが・・・
  •  モクレン科のコブシ(辛夷、学名:Magnolia kobus)が綺麗に開花しています。 残雪の谷川岳を登ると、ブナ林の中に転々とコブシを見付けることがあります。白い花弁にうっすらと、ピンクのストライプが入り、おしゃれな花を見せてくれ、汗をかいた身体に優しいお出迎えをしてくれたのを覚えています。 よく、モクレンと混同されがちなのですが、素人目の違いは・・・花の基部に葉が見えているかどうかで区別が出来ますね。コブ [続きを読む]
  • 長池公園でカタクリの開花に出会いました。
  •  明日から天気が崩れるというので、自転車で、のんびりライドをやって来ました。いつもの休憩ポイントとして八王子市の長池公園。 自然館に寄りますと、カタクリが開花していると言いますので、急いでその場所に行きますと、開花していますよカタクリ。カタクリのあの彩りの素敵なこと。大好きなんです。 秘密基地にも100球ほど植え込んでいますが、どうも上手く育ってくれません。すこし栽培場所を移す必要がありそうです。  [続きを読む]
  • いつものように、PINARELLO PRINCEと、のんびりライド。
  •  横浜に戻りますと、時間があれば、PINARELLO PRINCEと、のんびりライドをします。一般道は余り好きではありません。 車のいない鶴見川の土手を源流に向かって進み、多摩丘陵に駆け上がります。そこは南多摩尾根幹線(みなみたまおねかんせん)と言うとても整備された道路で、歩道というか側道がしっかりありますので、とても走りやすい道路となっています。 近くには八王子市長池公園と言う格好の休憩所もあります。 今日は多 [続きを読む]
  • ヒマラヤユキノシタが花盛り。
  •  ヒマラヤユキノシタ( Bergenia stracheyi )はヒマラヤ山脈(アフガニスタン、パキスタン〜ネパール〜チベット)に自生し、耐寒性のあるものと聞きましたので、秘密基地にも植え込んでいます。 しかし、秘密基地では、乾燥地であり、極寒地ゆえ、葉はボロボロになり、生育には過酷なようです。 一方、横浜の自宅ではプランター植えなのですが、葉も大きく広げ元気そのもので、今は花をいくつも付け、見事な姿を見せています。  [続きを読む]
  • クロネコヤナギの挿し木苗作り・・・順調ですよ。
  •  以前、珍しいクロネコヤナギの記事をアップしました。 クロネコヤナギの好奇心をくすぐるような姿に挿し木苗のリクエストが来ました。 秘密基地近くの八ヶ岳南麓の方二人です。クロネコヤナギの枝を横浜に持って帰り、挿し木苗を作り出しました。(02/28-2017) 約1ヶ月、苗作りは順調にいっています。ネコヤナギの挿し木苗作りは、至って簡単で、温室内で鉢に挿しておくだけという簡単さです。手間いらずですが、挿し木苗作 [続きを読む]
  • 鉢植えのヒメリュウキンカも開花です。
  •  キンポウゲ科のヒメリュウキンカは丈夫で、地植えでも手がかからないタフなヤツです。しかし、花が可愛いこともあり、一株ほど鉢植えにして、花が開花する頃を見計らって、玄関前に置いたりして楽しんでいます。 秘密基地から、横浜に戻りますと、丁度、開花の真っ最中です。透明感のある黄色が、眩しいほど鮮やかで、美しい姿を見せています。■ヒメリュウキンカ [続きを読む]
  • 啓翁サクラが満開。
  •  首都圏ではソメイヨシノの開花が始まりました。 家の近く、梨園の周りには小さな花の咲く桜が満開となっています。いつも名前は?と、気になっているサクラです。 梨園の方が見えましたので、伺うと、近くの園芸業者の畑で伐採されるというので、もったいないので植えているとのこと。切り花用のサクラで、啓翁サクラ系統なのですが、正確な名前はわからないと、教えてくださいました。 初めて聞く、『啓翁サクラ』・・・・と [続きを読む]
  • 素朴なバイモ・・・アミガサユリの開花。
  •  バイモがたくさん開花してきました。派手さのない素朴な花を付け、余り気づかれないものですが、花弁の内側の編み目が話の種になる面白い花です。 ユリ科のバイモは花弁の網目模様から、アミガサユリとも呼ばれています。バイモと言う名よりアミガサユリの方が名前からしてもよいと思うのですが・・・・。 バイモの画像はとても難しく、花自体がうつむき加減になっているため、その内側の編み目を見せるには、地面を這いつくば [続きを読む]
  • PINARELLO PRINCE に拘りの小さなパーツ(2)。コラムスペーサー。
  •  先日、PINARELLO PRINCE に拘りの小さなパーツを紹介しましたが、今回は・・・その2です。 ロードバイクのハンドルとフレームを固定するヘッドパーツのうち、ハンドルの高さ調節をする小さなコラムスペーサーという代物です。 横浜に秘密基地から戻りますと、頼んでいたイギリスからのパーツ・・・アルミ合金のCNC(コンピュータによる切削)が素晴らしいKNCNの傑作とも言える5mmほどの厚みのカラーバージョンのスペーサーが [続きを読む]
  • 里は雨・・・山は少しだけ雪。
  •  昨日は、久しぶりの雨となり、格好のお湿りとなり、植物たちが活き活きとしている感じがします。山並みを見ますと、岩肌に雪がへばりつき、異様な感じさえします。 1300m付近から雪が降ったのでしょうね。素敵な銀世界ではないのですが、岩肌がまだら模様のような雪が見えます。■甲斐駒■甲斐駒から連なる鋸岳・・・左に烏帽子が見えます。■鳳凰三山 [続きを読む]
  • 小さなネコヤナギが顔を出しています。
  •  豆ネコヤナギとでも言うのでしょうか? 同定は難しいのですが・・・『キヌヤナギ』?? たまたま、近くの直売所で切り花として一束売り出されていました。余りにも小さなネコヤナギで、可愛い感じでしたので、購入しました。 しばらく、部屋に飾り、放って置きましたところ、茎から根が出てきましたので、植え込みました。 今は、その株が大きくなり、4mを越すほどにまでになりました。小さなネコヤナギも、大きなネコヤナ [続きを読む]
  • 秘密基地の定番お土産・・・高原いちご・佐賀ほのか。
  •  秘密基地の定番お土産として、『高原いちご・佐賀ほのか』があります。娘のチビちゃんの大好きないちごです。オヤマのおうちから帰ると、いちごのおねだりがいつものことです。 前から予約して置いた『高原いちご・佐賀ほのか』を雪の降る中、原村のいちご栽培所まで行ってきました。ここは小売りはしていませんが、もう12月から1・2・3・4月と毎月、お願いしています。かれこれ2年目となります。 いちごの品種・佐賀ほの [続きを読む]
  • 雪をまとった八ヶ岳とX3・・・見納めです。
  •  今日は、穏やかな天気になりました。風もなく、今朝の気温こそ3℃というちょっと寒い感じもしますが、陽が上がるにつけ、気温が上昇し、心地よい感じとなりました。 連休も最終回、明後日には横浜の戻りますので、雪の八ヶ岳の見納めと、ウチの奥さんと平沢峠に行ってきました。やはり、同じ考えをする方達も多く、平沢峠の駐車場では首都圏の車がたくさん。 場所取りも激しく、しばらく待っていましたら、1300m付近の気温の [続きを読む]
  • バラの花のようなキノコ・・・カワラタケ。
  •  雑木林を散歩しますと、好奇心をフツフツと沸き立てるようなものに出会うことがあります。 朽ちたコナラに黒いキノコが付いていました。よく見るとキノコ同士が重なり合って、バラの花弁のように見えてきます。黒バラかとも思える様子に思わずニッコリです。 以前、横浜の自宅のケヤキを伐採した後に、同じようにカワラタケが出現し、バラの花が出たと驚きました。今回も、カワラタケの芸術?とも言えそうな、素敵な姿に、思わ [続きを読む]
  • 山野草の芽出しにワクワク。
  •  秘密基地の山野草が、たくさん目覚めの時を迎えています。 植物の芽出しは、見ているだけでワクワクしてくるものですよね。生命力と共に、この凄まじい厳冬期をよくぞ乗り越えましたねと、苦労をねぎらいたくもなるのです。 そして・・・・開花の時期を想像し、ワクワクしてくるのです。■秘密基地の山野草の芽出し カンゾウ■イワシャジン■黄花カタクリ■エリンジューム プラナム(マツカサアザミ)■ボリジ■ゲラニューム [続きを読む]
  • 暖かな陽気に誘われ、スイセンが一斉に開花し出しました。
  •  今日は、とても暖かな一日となりました。すっきりと晴れ渡ったわけではないのですが、春霞のような、日差しの元、庭作業も汗まみれです。 法面上のスイセンが、この暖かさに誘われ、次々と開花しだしています。スイセンが開花しますと、華やいだ空気の中に秘密基地が包まれるようです。 バラの開花時期とは違った華やかさは、冬枯れの庭だけに格別なシーンを見ているようです。■水仙の開花 秘密基地では交配種が先に開花し、 [続きを読む]
  • 秘密基地のシュンラン、花芽がいっぱい。
  •  八ヶ岳南麓に秘密基地をと、敷地を求めた際、敷地の雑木林の中にシュンランがいっぱいあるのを見付けました。 秘密基地を建設するためには、たくさんの雑木を伐採することとなり、なるべく雑木を残す方向でと、造成に取りかかりましたが、たくさんの山野草の引っ越しをしました。 中でも気を遣ったのが野生ラン・・・シュンランです。何株も残すことに成功し、今も元気な姿を見せてくれます。 素朴なシュンランの花は、派手さ [続きを読む]
  • PINARELLO PRINCE に拘りの小さなパーツ。Wire End Cap
  •  頼んで置いたロードバイクのパーツがやっと届きました。Wire End Cap というパーツです。ワイヤー末端がほぐれないように保護するキャップです。 何もそこまで・・・と、いう感じもしますが、PINARELLO PRINCE は赤が主体で、黒、そして白のカラーリングをしています。 プチおしゃれで、イタリアの三色旗にちなんで、トリコローレ(伊: tricolore)をと、グリーンの小物をひっそりと、目立たないように取り入れたいと考えまし [続きを読む]