KITAHO さん プロフィール

  •  
KITAHOさん: KITAHOのデジカメ散歩
ハンドル名KITAHO さん
ブログタイトルKITAHOのデジカメ散歩
ブログURLhttp://kitaho321.blog25.fc2.com/
サイト紹介文山野草 原種バラ 山里生活 甲斐駒ヶ岳 ガーデニング 八ヶ岳南麓 秘密基地 一眼レフ 
自由文横浜と八ヶ岳南麓での2地域居住をしています。好奇心を誘うものや山野草、ガーデニングが大好きで、デジカメ片手に歩き回っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供740回 / 365日(平均14.2回/週) - 参加 2015/04/01 15:04

KITAHO さんのブログ記事

  • 涼しげなブルー・・・ルリトラノオ。
  •  オオバコ科のルリトラノオ(瑠璃虎の尾、Veronica subsessilis)が涼しげなブルーの彩りを見せてくれています。 ルリトラノオは環境省のレッドリストの絶滅危惧II類(VU)に指定されている希少な植物です。生半可な気持ちで栽培してはいけないものです。 このルリトラノオは秘密基地で、生育しているものの増殖しているとは言えないレベルです。なんとか環境を整えたいと、思っているのですが、難題です。  開花期のこの時期 [続きを読む]
  • カノコガの雨宿り。
  •  『これ・・・蛾なんですよ。』と、説明しても信じてもらえないですね。一見して、蝶に見えてしまう『鹿の子蛾』です。 カノコガ(鹿子蛾、Amata fortunei)は白い紋が散りばめられた細めのはねを持つ蛾です。白紋の部分は 半透明で、白い部分が鹿の子模様となっているため『カノコガ』ですね。  今朝は、小雨の朝となりました。シトシトと降る雨は、格好のお湿りとなっています。 傘を差して庭を歩きますと、いました、いまし [続きを読む]
  • Geranium Jory Bee のブルー
  •  Geranium Orionに似たGeranium Jory Beeがたくさんの花を開花させてきました。 Geranium Jory Bee(ゲラニューム ジョリー ビー)はオリオンと比べますと、少しだけ小ぶりですが、花弁のブルーは負けていません。とっても爽やかなブルーの彩りを見せてくれます。 よーやく、秘密基地の庭に馴染んで、花をたくさん付けるようになりました。バラたちの株元に、意気揚々と暮らしているようです・・・ね。■Geranium Jory Bee [続きを読む]
  • トマトの花も美しい。
  •  秘密基地の畑で、トマトも栽培しています。ようやく、トマトらしい実が顔を出してきました。 しかし・・・まだまだ青いものですが、赤く熟すのが楽しみです。  トマトの花って、意外にも美しいもので、花容が一種独特のもの。星形の花弁が勢いを感じさせます。■トマトの花(Sugar Plum)■トマトの花(Sweet Carotene) まだ青いのですが、トマトらしい実がお目見えです。■Sugar Plum    糖度12度〜13度というフルーツ [続きを読む]
  • サンショウの実の収穫。
  •  秘密基地にはサンショウの木が自生していました。巷(ちまた)で見るような立派な実を付けるものではないのですが、小さな実がたくさん付くものです。 ミカン科のサンショウ(山椒、学名:Zanthoxylum piperitum)は・・・・春は、『木の芽』と呼ばれ、若芽を楽しみ、お吸い物や和え物に。初夏は、サンショウの実をちりめん山椒や煮物などに香り付けの楽しみがあります。そうそう・・・ウナギとサンショウは抜群ですよね。 秋 [続きを読む]
  • サルナシのみが大きくなって来ました。
  •  マタタビ科のサルナシ(猿梨、Actinidia arguta)はキウイフルーツを連想してもらえば、わかりやすいです。キウイフルーツの1/6ぐらいの大きさの実なので、相当に小さなものです。 しかし、生意気にもキウイフルーツにそっくりさんです。また、小さな実には、想像も付かないくらいの栄養素が含まれ、この実を利用しない手はありません。 サルナシは、果実酒やジャムなどにも利用され、ビタミンCなどがたくさんあり、タンパ [続きを読む]
  • カメレオンと言う名のドクダミ。
  •  ドクダミの種類に『五色ドクダミ』と言うものがあります。 江戸時 代に作出されたドクダミの斑入り種がヨーロッパに渡って、『カメレオン・プラント (Chameleon plant)』という名前で普及しました。この斑入りドクダミが逆輸入の かたちで広がったものが『五色ドクダミ』と言うことになります。 確かにいろいろな色を持ちます『五色ドクダミ』はカメレオンと呼ばれるのは頷けます。ちょっと悔しいのが逆輸入という形で、日本 [続きを読む]
  • キハギのブルーノ彩りが美しい。
  •  秘密基地にキハギの自生があります。キハギの彩りの美しさは格別なものがあります。 白弁の中に柔らかな藤色をうっすらと彩り、1cm足らずの花なのですが、思わず魅入るほどの美しさを感じます。初夏の雑木林を散歩しますと、良く目にすることが出来ます。 足を止め、じっくりとその藤色に目を奪われ、時を忘れます。■キハギの美しさ。 [続きを読む]
  • アスチルベのうすピンク開花。
  •   ユキノシタ科のアスチルベ ブマルダが小さな半をいっぱい付け、花穂を立ち上げてきました。けして派手さのないものですが、沫雪状の小さな花をいっぱいに付けた姿は素敵に思います。 日当たりの良い場所で、水分を要求し、秘密基地では本当に難儀する山野草の一つです。日当たりは抜群なのですが・・・・ねぇ。 何とか、花穂を立ち上げてくれましたんで、『よし』と、しましょうか。■アスチルベ ブマルダ・・・・薄ピンク [続きを読む]
  • 秘密基地のヤブレガサ、ようやく花を見ることができました。
  •  もう何年も『ヤブレガサの花』に出会いたいと常々思っていたのですが、なかなか開花のチャンスに巡り会わず、悶々としていました。 横浜で偶然にも見かけ、Blogにアップしていました。 キク科のヤブレガサ(破れ傘・ Syneilesis palmata)の花は、鑑賞価値はと問われるなら、まったくと言って良いほどの無価値と思いますが、なんとまぁ・・・好奇心を誘うような面白い花を見せてくれます。 丁寧な画像を撮ることができました [続きを読む]
  • PINARELLO PRINCEの、高原のんびりサイクリング。
  •  エコーラインからビーナスラインを使って、蓼科湖への高原サイクリング。爽やかな高原の風に当たってきました。 上り下がりの激しいコースですが、爽やかな風が優しく頬に当たり、噴き出る汗も、たいして気になりません。週末ではないために、行き交う車も少なく、快適なサイクリングが出来ました。 蓼科湖では私一人の独断場。人っ子一人いません。湖が私一人の独占です。 とっても良い気分転換となりました。■上場沢大橋( [続きを読む]
  • バーバスカム ブラッタリア  アルビフローラムの美しさ。
  •  バーバスカムの白花です。バーバスカムにはピンク、黄色などがありますが、白花は清楚に見えますが、バーバスカム ブラッタリア  アルビフローラム(Verbascum Blattaria Albiflorum)は、花弁にわずかにピンクを差しますので、艶やかな感じもします。そして、バーバスカム ブラッタリア  アルビフローラム(Verbascum Blattaria Albiflorum)はこぼれ種で、発芽しやすく、あちこちに見付けることになりますので、小さな苗の [続きを読む]
  • ラベンダーが大きく生長・・・収穫ができそうです。
  •  秘密基地のラベンダーは・・・『Lavandula angustifolia 'Long Purple'』と言う品種です。とても花穂の色合いのブルーが濃く、花穂が長いのが特徴です。 日野春ハーブがーデンでの作出株で、小さな苗を購入したものです。3年目を迎え、やっと収穫できそうな大きさにまで生長してくれました。 ラベンダーの香りはとてもリラックスさせてもらえる良い香りです。ドライフラワーとして、玄関先などにも飾り付けたり、リースに応用 [続きを読む]
  • 横浜から持ち込みましたシモツケの挿し木苗。
  •  昨年、横浜の雑木林と田圃との間の、溝の付近で見付けたピンクの『シモツケ』。大きく生長した茎を頂き、挿し木苗に挑戦しました。 挿し木苗は簡単にでき、秘密基地に持ち込みました。 今年の生長は驚くほどで、美しい小花の世界を見ることができました。しべをピンと跳ね上げたようなピンクの小花がいっぱい連なります。 小さな子どもあっちがワイワイ言っているようにも見え、こんな賑やかな花も好きですね。■ピンクのシモ [続きを読む]
  • 秘密基地のササユリの開花。
  •  横浜の家で、ササユリのバックアップ用にしている開花に遅れること2週間、秘密基地のものもやっと開花に漕ぎ着けました。今年の開花にはとても嬉しく思っています。 大きな株には5輪もの花が付き、その株から出た子株にも花が付きだしています。 ササユリは連作を嫌うと言いますので、2年毎の植え替えをチャレンジしようと思っています。そうすることにより、子株の出現やもちろん親株も守ることが出来、ササユリのいっぱい開 [続きを読む]
  • 宝石のような木イチゴが実りました。
  •  庭の木イチゴはいつか知らないうちに生えてきたものです。それも・・・環境の悪い北側の法面。少しは朝陽が当たりますが、そんな場所で良くもまぁ・・宝石みたいな赤い実を付けるのでしょうね。 娘のチビちゃんたちの好きな自然の実ですね。美味しそうに食べている姿を思い出します。■木イチゴの実・・・赤い宝石ですね。ガーネットよりも美しいかも・・・?? [続きを読む]
  • 雨に濡れるコアジサイ。
  •  もう、すでに開花時期は過ぎていますが、小雨に濡れるコアジサイの姿が、どこか幻想的で美しく映ります。開花時期の淡い藤色した、小さな小さな花は、繊細な上品さを表していましたが、今日のコアジサイは、不思議な感覚となりました。■コアジサイが雨に濡れています。■すでに、開花は終わっていますが、不思議な魅力を見せています。 [続きを読む]
  • オカトラノオの見せ場、もう少しです・・・ね。
  • サクラソウ科のオカトラノオ(丘虎の尾、Lysimachia clethroides )が、ようやく白い蕾を見せ始めました。 このオカトラノオは乾燥にも強く、放って置いても、どんどん増える頼もしいヤツです。知り合いから5株ほど頂いたのですが、今や何株あるのかわからないほどの増え方です。 穂状の花穂に可愛い白花をたくさん付けますので、気に入っていますので、北側の法面にも植え込み、土留めとしても活用しています。特に各こぼれ種 [続きを読む]
  • ヤマアジサイ 紅 の萼片が白弁から始まりました。
  •  早朝から、やはり雨が降り出しています。時折激しく降り、格好のお湿りとなっています。 ヤマアジサイの季節ですね。ヤマアジサイも素朴な花容が好きで、自生のものから『紅 くれない』という種類を栽培しています。 紅は白い萼片が深紅に変わっていく、とても魅力たっぷりのヤマアジサイです。豪華なものではないのですが、その素朴さと色の変化に目を奪われます。 うっすらとピンクの入る萼片も素敵です。■ヤマアジサイ  [続きを読む]
  • 明日の悪天候を物語る巻雲が甲斐駒に。
  •  スコップで、20〜30cm掘っても湿った土の現れない、カラカラの砂漠状態。いつもの秘密基地です。  生半可な水遣りでは、葉水程度のお湿りでしかありません。大事な植物への水遣りは、バケツを使って、ドバって言う感じでやります。 そうでもしないと、水は表面をなぞるだけです。 明日は期待の出来る雨降りです。甲斐駒ヶ岳に巻雲が発生しています。巻雲は低気圧の前線が伸びる前方に発生する、雨降りを知らせる雲。  [続きを読む]
  • 武蔵野イバラと一重の十六夜バラが素朴な美しさを魅せています。
  •  武蔵野イバラは謎の多い野バラです。謎解きは、江戸時代の園芸家による筑紫イバラの改良種とも。 オヤバラとも言われ、いずれにしても白い野バラの変種らしいのです。 秘密基地にあるのは、武蔵野イバラの個体名の付いたもの。『花車』と『宵宮』と言われるものです。淡いピンクのグラデーションが花弁に入り、素朴な一重の野バラですね。 一方、十六夜(いざよい)バラの一重のもの。( Rosa roxburghii normalis.) 一重咲 [続きを読む]
  • 玉ねぎの収穫。
  •  明日は久々の雨になると言う予報が出ています。本当に待ちに待った雨となりそうです。スコップで20〜30cm掘っても湿った土が現れません。カラカラモードの秘密基地界隈。  堀上げてあったタマネギの避難開始です。 せっかく乾燥させたものを、明日の雨で濡らす訳にはいきませんよね。今年のタマネギの出来具合は・・・・ちょっと小ぶりです。ほとんど雨らしい雨が降らなかったこともあるのでしょう。 昨年は、結構、水遣 [続きを読む]