suu さん プロフィール

  •  
suuさん: ミナミヌマエビの色
ハンドル名suu さん
ブログタイトルミナミヌマエビの色
ブログURLhttp://minaminumaebi2015.seesaa.net/
サイト紹介文ミナミヌマエビのカラーバリエーションの観察記録です。たまにイモリとメダカも登場します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/04/01 16:35

suu さんのブログ記事

  • ブルー系ミナミヌマエビのメス再抱卵で計5匹抱卵
  • 隔離した抱卵中のブルー系が卵を落としてしまったみたいです。隔離水槽の水作りが雑だったかも知れません。がっくりきましたが、再び抱卵しました。大きな画面はこちらからどうぞ。これより薄いブルー系は、無事なので、こっちの方が孵化は早くなりそうです。大きな画面はこちらからどうぞ。2番手ですが、光次第では良い感じです。生まれて来るエビにも期待します。大きな画面はこちらからどうぞ。そして、これも数日前に判明した [続きを読む]
  • 抱卵中のブルー系ミナミヌマエビとイエロー系
  • 抱卵中のブルー系ミナミヌマエビばかり見ていますが、イエロー系もたまには載せます。綺麗に発色していたので撮りました。動画の方が綺麗なのですが、ほとんどブレていて綺麗なのは一瞬なので、今回は遠慮します。抱卵中のブルー系ミナミヌマエビです。まだ孵化しません。大きな画面はこちらからどうぞ。最近、孵化が楽しみでたまりません。隔離しているブルー系ミナミヌマエビは、クオリティがそれなりにあるので、明確なブルー系 [続きを読む]
  • 今日の抱卵中のブルー系ミナミヌマエビ
  • 隔離している抱卵中のブルー系ミナミヌマエビです。卵の黒の時代が終わって確認が難しくなってきました。水槽台の下の方は光が当たり難いという面もあります。動画で確認してみました。大きな画面はこちらからどうぞ。まだ腹に入っているみたいですね。ほとんど同じアングルですが、光加減が微妙に違います。恐らくまだ持っているでしょう。大きな画面はこちらからどうぞ。1匹隔離しても凄い糞の量です。水質管理は改めて考えない [続きを読む]
  • 新体制の模索
  • ほぼ体と同じ長さのフンを引っ張って泳いでいるエビです。それは、ともかく隔離した抱卵中のブルー系ミナミヌマエビは無事です。まだ孵化しません。大きな画面はこちらからどうぞ。現存しているブルー系ミナミヌマエビで、このメスがベストです。この遺伝子だけこのまま別枠でいくのか。2匹目の抱卵中のブルー系ミナミヌマエビです。大きな画面はこちらからどうぞ。上から見てもちゃんとブルーというレベルです。でもトータルで1 [続きを読む]
  • 祝、2匹目のブルー系ミナミヌマエビが抱卵中を発見。
  • まさかのお目出度が続いています。ブルー系ミナミヌマエビの抱卵が2匹になりました。ブラック系2匹で、合計4匹です。追加でブルー系ミナミヌマエビ水槽にいるブラック系が2匹抱卵しただけでも驚いていたのに、2匹目のブルー系ミナミヌマエビが抱卵していました。まずは、ブラック系です。大きな画面はこちらどうぞ。分かり易くするとこんな感じです。少し暗いともう真っ黒です。大きな画面はこちらからどうぞ。新しいブルー系 [続きを読む]
  • 祝、ブルー系ミナミヌマエビ水槽で2匹抱卵
  • な・なんとブルー系ミナミヌマエビ水槽で更に2匹の追加抱卵が確認されました。ブラック系のミナミヌマエビです。かなり奥にいて、しかも雨降り直前の曇天で光量不足ですが、何とか卵が確認出来ます。これでいっぱいです。もう1匹はイエローが強い黄緑みたいなブルー系ミナミヌマエビです。暗いで発色は分かり難いです。しかもこんなに奥です。これで目いっぱい。この距離だとブルーが割合しっかりしているのはこんな感じです。こ [続きを読む]
  • 隔離した抱卵中のブルー系ミナミヌマエビ
  • 新しいカテゴリーを設けました。抱卵中のブルー系水槽です。抱卵中のブルー系ミナミヌマエビを隔離しました。気が付くと、本水槽には、抱卵中のエビがそれなりにいました。苔で食事をしてもらおうと思ってい(本当です)、掃除は観察窓を作る程度にしています。ガレージ内は太陽光が入らないと暗いので、気が付くのが遅れましたが、小さいエビでも少な目に抱えていたりしています。これは、ブルー系ミナミヌマエビ水槽で、抱卵出来る [続きを読む]
  • 今日の抱卵中のブルー系ミナミヌマエビです。
  • 真っ黒で粒だっていた卵は、少し色が変わって来ました。せわしなくお腹の卵に水を送り続けています。大きな画面はこちらからどうぞ。他のブルー系ミナミヌマエビは卵を持っていませんが、元気です。大きな画面はこちらからどうぞ。もしかしたら、抱卵可能なブルー系ミナミヌマエビは、今の1匹だけなのか?そう考えると隔離しないといけません。20リットル水槽をボタンインコに使用する予定があって今一つ、踏み出せないという謎 [続きを読む]
  • 今日の抱卵中のブルー系ミナミヌマエビ
  • 今日の抱卵中のブルー系ミナミヌマエビです。卵を落とすことなく順調に御世話をしています。雌は他にいなのかと言えば、いそうな気はするのですが、卵を持ってくれないことには断定出来ません。大きな画面はこちらからどうぞ。取りあえずは、この個体の稚エビを優先することですかね。本水槽の方は稚エビが増え続けてというよりも大きくなり続けています。密集してきました。これだけいて稚エビからブルー系ミナミヌマエビは出て来 [続きを読む]
  • 抱卵中のブルー系ミナミヌマエビ
  • 本日の抱卵中のブルー系ミナミヌマエビです。無事です。まだ卵は黒いので初期だと思います。動画です。大きな画面はこちらからどうぞ。頑張って卵の世話をしています。隔離した方が稚エビ守れますけどね。ブルー系ミナミヌマエビだし、保護かな。そしたらどうやって観察するかなという問題があります。いやーでも保護して全部キープしないとでしょうね。保護したら、抱卵中のブルー系ミナミヌマエビを観察場所に置いて他のブルー系 [続きを読む]
  • 祝・ブルー系ミナミヌマエビが抱卵
  • ブルー系ミナミヌマエビが抱卵しました。もちろんブルー系ミナミヌマエビ水槽のブルー系ミナミヌマエビです。想定より一ヶ月早いです。イエローやブラックが強い個体ではなく、やや薄くてもブルー系ミナミヌマエビであることは、とても嬉しいです。見れば、何となく雌雄の区別はつきますが、抱卵しないことには色んな意味でやはり確かではありませんから、抱卵可能なブルー系ミナミヌマエビの個体がいることも非常に嬉しいです。腹 [続きを読む]
  • ショック、今頃こんなエビが
  • ブルー系ミナミヌマエビ水槽には、ブラック系も必要上入れていますが、今日、水槽を観察していると濃いオレンジ系みたいなエビがいます。最終候補を絞ってから、更に削ったのに、交配直前で今さらです。大きな画面はこちらでどうぞ。背中付近が濃いので、黒く見える場合もありますし、ある程度体色を変化させたのでしょう。こういうことがあるので、ブルー系ミナミヌマエビ水槽のメンバーは1匹ずつ確認しているので間違いありませ [続きを読む]
  • 黒メダカの水替え
  • メダカは最盛期は、何百匹かいましたが、庭に放置している間に、ヤゴに食われたり、色々で4匹になり、去年、3匹生まれて今、7匹です。愛犬と連れてきた、黒メダカなので、もう一度復活出来ないかと思っています。卵をキープしないと、去年は3匹しか増えていないという有様です。一歩間違うと、今年で終わる可能性もあるので記念動画です。肝心のミナミヌマエビは、日に日に食事量も増えて繁殖が始まるのを待つだけの状態です。 [続きを読む]
  • 髭がオレンジ色のエビとオレンジ系の爆発的な増殖
  • よく見ると髭がオレンジ色なんです。一応、違う写真です。動画の方が焦点が合っています。大きな画面はこちらからどうぞ。普通はこんな髭ですけど。黒色素の多いブルー系ミナミヌマエビです。大きな画面はこちらからどうぞ。去年、ブルー系ミナミヌマエビやブラック系、ホワイト系、イエロー系と色々本水槽から抜いたら、見事にオレンジ系のDNAが爆殖しています。この姿をブルー系ミナミヌマエビで期待していたんですけどね。大 [続きを読む]
  • 背景色が水色だった場合のブルー系ミナミヌマエビ
  • この前の個別撮影の時のエビの色と環境でこんなに違うというお話です。背景が水色というのもありますが、そうなとみんなブルー系ミナミヌマエビです。大きな画面はこちらからどうぞ。大きな画面はこちらからどうぞ。かなり暗くても、ちゃんとブルー系ミナミヌマエビに見えるレベルだったら合格なんですけどね。いよいよ、暖かくなってきてドキドキですね。ブラック系のミナミヌマエビは、暗いと真っ黒に見えますがDNA上外せない [続きを読む]
  • 春のクライマー、タケトシ
  • 春になるとイモリのタケトシは逃走しようとします。いったい、どこに行くつもりなのでしょう。外から見ても、ガラスを何度もペタペタした後が見えます。内側から見ると、もっと鮮明にペタペタした後があります。頑張ったけれども、これ以上は登れませんでしたということでしょうか?尻尾の付け根がやたらと膨らんでいますが発情ということかも知れません。果たしてタケトシはオスなのかメスなのか。タケトシ名付けてしまっているの [続きを読む]
  • ブルー系ミナミヌマエビ水槽のメンバーの記録
  • エビ撮影にベストなタイミングにガレージに入れないこととビーパルの付録に付いていた観察用の水性生物の観察ケースが見つからずに、停止していましたが、今日の室温は27度で、交尾が始まるかも知れないので強引に撮りました。1匹目です。プラケースの中を動くし、光が足りなくて色が出ないという悪条件ですが、土の上で見るとけっこう青いです。大きな画面はこちらからどうぞ。観察した後にとりあえずバケツに入れます。2匹目 [続きを読む]
  • ブルー系ミナミヌマエビを4匹同時撮影
  • 今日は、観察していても特別な収穫はありませんが、ブルー系ミナミヌマエビが4匹同時に手前に来てくれました。こんなレベルでも良いので、水槽に100匹くらい入っていたら最高なんですけどね。もうすぐ4月で更に暖かくなっていきます。良い予感してきました。大きな画面はこちらからどうぞ。青色素をしっかり出すためにブラック系も混ぜていますが、イエロー系を除けばほぼ目視で素直に青色のエビだねというレベルに揃えている [続きを読む]
  • エビの口の動きと食事開始の意味
  • ブルー系ミナミヌマエビ水槽のエビを個別に撮るための入れ物がまだ決まりません。どうしても交配に入る前にどんなエビたちが頑張ったのかメンバーの特徴を把握しておきたいところです。まじまじとエビを見ていたら、悩みましたが、今日2匹ブルー系ミナミヌマエビ水槽から外しました。青色素の量を考えてのことです。ところで、お食事中の口の動きが見ることが出来て面白かったです。大きな画面はこちらからどうぞ。水槽に発生した [続きを読む]
  • エビの死亡と色の変化位置の関係
  • 長年の勘というほど、大袈裟なものではないのですが、毎日、エビを見ていると何かしらの勘が働くようになりました。昨日、あるブルー系ミナミヌマエビの尻尾が赤くなる現象が起きていました。新デザインと色めきましたが、アップしなかったのは、勘です。結論から言うと、今朝がたkのエビは亡くなっていました。大きな画面はこちらからどうぞ。動画で撮るのは、これだとピントが合うからです。不思議なもので、頭部というか胸の上 [続きを読む]
  • 黄色色素の多いブルー系ミナミヌマエビの見本
  • 水温が安定的に上昇する前にブルー系ミナミヌマエビ水槽の個性を記録しておかないといけません。そんなことを考えながら、見ていたら、このエビは光の当たり具合でイエロー系に見えたり、ブルー系に見えたりします。残念ながら、その現象の連続性を記録することは出来ませんでしたが分割でどうぞ。イエロー系の場合。大きな画面はこちらからどうぞ。これが、確度で薄いブルー系ミナミヌマエビに見えるので、スカウトされたり外され [続きを読む]
  • 選別で拾うのはオレンジ系ミナミヌマエビばかり
  • 本水槽の様子です。やはり、去年の稚エビはオレンジ系ミナミヌマエビが多いです。水面から見ても発色が確認出来ます。大きな画面はこちらからどうぞ。すくって見ると、まだ5ミリ超くらいの小さなエビですが発色の良さが目を引きます。本水槽には300匹前後いると思うのですが、まだエサをあげていません。水槽の苔を食べてもらっています。ただ観察用に底から3?ほどぐるっと、苔を剥いでいます。その隙間から底を見ていると、 [続きを読む]
  • ミゾレタイプのブルー系ミナミヌマエビです。
  • 勝手にブルー系ミナミヌマエビで括っていますが、ミゾレタイプのブルー系ミナミヌマエビはとても綺麗です。説明するよりも動画でどうぞ。大きな画面はこちらからどうぞ。たまたま薄いブルー系ミナミヌマエビと近いポジションにいたので撮ってみました。最初は、後ろの薄いブルー系ミナミヌマエビにピントを合わせています。後からミゾレタイプのブルー系ミナミヌマエビです。大きな画面はこちらからどうぞ。ミゾレタイプのブルー系 [続きを読む]
  • 光加減で分かる色素の内容
  • 青色素が強いので、ブルー系ミナミヌマエビ水槽にスカウトしていますが、青色素と赤色素と黒色素も混ざっているエビです。光の当たり具合で青が非常に強く反映される場合はこんな感じです。大きな画面はこちらからどうぞ。この角度になると赤色素が透けて見えます。大きな画面はこちらからどうぞ。下の動画は、本水槽ですが、薄いブルー系ミナミヌマエビらしきエビも写っていますが、これくらいだとオレンジ系ミナミヌマエビに戻る [続きを読む]
  • 薄いブルー系ミナミヌマエビのレベル
  • このクオリティでも肉眼では、薄いブルー系ミナミヌマエビに見えます。現在、ブルー系ミナミヌマエビ水槽にはこのレベルも混ざっています。こういうレベルも含めて約20匹です。大きな画面はこちらからどうぞ。ブルー系ミナミヌマエビ水槽のこれと(急いで逃げていくエビです)と同じくらいの青色素になります。大きな画面はこちらからどうぞ。今日は、水替えと掃除が目的でしたが、本水槽も少し覗くと上の動画のエビがいました。オ [続きを読む]