べてぃ さん プロフィール

  •  
べてぃさん: クリスタルママシンガー「べてぃ」 ♪輝きのレシピ♪
ハンドル名べてぃ さん
ブログタイトルクリスタルママシンガー「べてぃ」 ♪輝きのレシピ♪
ブログURLhttp://ameblo.jp/bettymilky/
サイト紹介文大阪を中心に活動するママシンガー。ライブ/育児/詩/色/人の幸せなど日常をキラキラとつづっています。
自由文大阪(東梅田)老松通りにあるLive&Bar「えでぃさんの店」http://blog.livedoor.jp/betty_milky-edeemise/を中心にシンガーとして活動しています。「自分から何かメッセージを伝えるライブ」というより、「聴いた人が何かを感じて、自分の内側にある輝きを思い出すような」そんなライブ・歌を歌って「生きたい」と思っています。 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2015/04/03 09:52

べてぃ さんのブログ記事

  • ◆「がんばらなきゃ、と思ったときには、もう…」
  • こんばんは。七色のジャンルを書き七色のジャンルを歌うクリスタル ママシンガー「べてぃ」です♪ きょうはFacebookからの転載。送って、(保育園)泳いで、家のことして、何本かLIVEの段取りして、 (↑これが意外と地道な作業)根詰めすぎてちょっとくたびれたので飲みにきました。(お茶やけど)きょうはヒーコー(←業界人!)じゃなくてクリームソーダ!(珍しい)透き通る「シュワシュワ・グリーン」に悲しみがゆっくり溶けていき [続きを読む]
  • ☆「捧げる詩」
  • こういうときは自分の中にいるしかない何をどう考えても何をどう考えたくても何をどう考えなきゃと思っても自分の頭がまるで他人の頭になったみたいにちっともうまく働いてくれない外の世界に出ていつもどおり活動をこなしているつもりなのになのにずーっと自分の中に閉じこもっているような感覚すべて納得いかなくて納得いくはずもなくて納得なんかしたくもなくてどこにこの不条理をぶつけていいか見当もつかなくてただたまらない [続きを読む]
  • ★「あなたは、何だって叶えられる」
  • 人生とは「リベンジが許された時間の連続」問題というのは目の前に起きた困ったことをこれが「結果」なんだと思ってしまう瞬間から始まるいまのあなたがどんなにうまくいっていなくてダメでイケてなくてどんなにサイテーでズルくて鈍くさくても生きているっていうことは死んでないっていうことはその身体と心とを使って「何度だってリベンジしていいよ」と神様から許されているっていうことなんだよ笑われて呆れられバカにされて失 [続きを読む]
  • ☆「待ちわびる時間は」
  • 理由のよくわからないもの寂しい気持ちのままきょうも一日過ごしたこんな日がなぜあるのだろう?いったいいくつの頃からあったのだろう?それは予告なく訪れいつまでも去ってくれない「いつもの」こんな気持ちこんな日空を見上げて考えるたぶん今年の春が寒くて桜のつぼみがいつまでも固いせいだ来て欲しいのに来てくれないこんなにも待ってるのに待ちわびる時間は人の時間の中でたぶん いちばん寂しい [続きを読む]
  • ★「毎日になんとなく希望や楽しいことがないわけは」
  • うちの寝室の隅っこにちいさなゴミ箱があるそれは「ゴミ箱」なのだけれどわたしのドレッサーの横の膝の高さぐらいの棚にもう何年も載せてある当然昔は床に置いてあったのだけれど娘が生まれまだつかまり立ちの赤ちゃんだったころ「つかまるのにちょうどよい高さ」のこのゴミ箱にしがみついて立ち上がっては中のゴミを取り出してさんざんに散らかして困りはてたので「ちょうど触れない高さ」のこの棚の上に載せて手が届かないように [続きを読む]
  • ★「嫌われるのがこわい」
  • 「嫌われるのがこわい」「もしかして嫌われてしまったんじゃないか」「こんな自分じゃやっぱりダメだったんじゃないだろうか」ふとしたときこんなことをつい考えてしまう自分にまだ出会う「まだ」と書いたけれどもしかしたらこういう自分と完全に決別する日なんて一生来ないのかもしれないだって人がこの世で何よりも怖れることは「孤立」「孤独」「孤絶」なのだからわたしもそのその中の1人なのだから人として社会の中で生きてい [続きを読む]
  • ☆「ちいさな命のきらめき」(保育園の卒園式)
  • 土曜日は娘の保育園の卒園式だったとはいえ娘はこの春やっと年長さんなので今年も「送り出す側」としての出席だ娘の保育園は制服がないので娘の1級上の卒園児さんたちは女の子は初々しい振袖や清楚なワンピースにカーディガンetc.男の子はブレザーに半ズボンや凛々しい紋付袴etc.自分で「これがいい!」と選ぶのかそれともママやパパと相談してか「うん!いかにも、それが君らしい!」と思わずうなりたくなるほどその子の性格やキ [続きを読む]
  • ★「病んだ自分を恥じてはいけない」
  • あなたに伝えたいことがあるあなたは自分が病んでいることを恥じてはいけない山のような薬を飲んでいようとも疲れ果てどうしようもなくてどうしたらいいかもう考える力すらなくって倒れたまんまただ息をしていただけできょう一日何の誰の役にも立てなかったとしても ある場所でとつぜん息ができなくなって情けないことに忙しい誰かの手をわずらわせたとしても働いてもいないのにきょうも時間を浪費しタダ飯を食べただけのくだらな [続きを読む]
  • ★「時間は未来から流れている」
  • 時間というものは「過去から未来へ」流れているものではなくじつは「未来から過去へ」流れてきているそんな一節をなにかで読んでとても驚いたことがある2月末ある帰り道の道ばたにあまりにも早咲きの菜の花を見つけた観覧車のような形のその明るい黄色の花に目をやった瞬間私の頭の中には背中からいまにもあふれそうなピカピカの真新しいランドセルを背負って追いかけあいっこしながらこの菜の花のそばをうれしげに歩いていく新小 [続きを読む]
  • ★「もう、この問題をどうしていいか、わからないときは」
  • 「フォロー」はこちらからFacebook(お友達は「直接お会いしたことのある方限定」です)Twitter 毎日の生活で「問題」だと感じるようなことというのはおうおうにして(自分の)「外側を見すぎる」ことから始まっていることが多い「あの人と」比べて自分は劣って(ちがって)いるから…「あの人は」いつもこんなことするから…「うちの子は」…「うちの夫は」…「うちの嫁は…」「父は…」「母は…」「義 [続きを読む]
  • ★「あの人が羨(うらや)ましくてしかたないとき」
  • あの人が羨ましくてしかたないとき苦しいよね苦しいはずだって「羨ましい!」と思うときその背中合わせにいる自分の気持ちは「でも、今の私はちがう」なのだからでもね「羨ましい」と感じる時点で実はあなたの奥底は「私にもできる」ってほんとは知っているだってスケート靴を履いたことすらない人がトリプルアクセルや4回転ジャンプを軽やかに決めるプロスケーターたちを見て「羨ましい」とは思わないでしょう?「すごいな」「素 [続きを読む]
  • ☆「私たちの小宇宙」
  • 週末は忙しかったさすがに疲れてひとりショボくれていたら畳の上に姫が落としていったスーパーボールを見つけた傾きかけた日射しにキラキラと反射するピンクの小宇宙にしばし目を奪われるこの頃いつもこんなに はずんでいたのになこの頃気づかずにいつもいつも こんなに柔らかだったのにな小宇宙は語る「でも内側に浮かぶキラキラまでは失(な)くしていないでしょう?」それもそうだ「失くしてしまった」と自分で思っているだけで [続きを読む]
  • ◆美肌の秘訣。(たぶん、その1)
  • (わっ、あえて文字にして書くとビックリするわーこのタイトル。)こんばんは。 七色のジャンルを歌い七色のジャンルを書く クリスタル ママシンガー「べてぃ」です♪ (*^^*) きょうは心の詩から離れて日常(美について)の話題。(なんでこんな思いきったタイトルにしたか、から、いちいち書くので、長いよ〜覚悟して読んでね) そういえば私、「お肌のことを、よく [続きを読む]
  • ☆「やっと来た」
  • ひさしぶりに あたたかい青空。準備する つぼみ。ヒュッと東へ走る 飛行機雲。民家のベランダで たなびく洗濯物。ぜんぶ好き。ぜんぶ 生きてるから。ぜんぶ 「暮らしてる」から。冷たい風に 閉じこめられていたものがみんな出てきてみんな喜んでる。あぁ、やっと。やっと来た。 べてぃ近々のライブ2/24(金)【夫婦善哉】(めおとぜんざい)オールリクエストLIVE!(昭和歌謡・洋楽邦楽ポップ [続きを読む]
  • ◎自分彫りは、ひゃーこわい。
  • こんにちは。クリスタル ママシンガー「べてぃ」です♪ (*^^*)いろんなことを手がけているので、いろんな記事を書きます。「底辺に流れる考え」はすべて同じです。「何か感じて」くださった方、読者登録してね♪…………………………昨日2/13(月)。最近ちょいちょいあるのえでぃさんの店ではワタクシべてぃ主催「TCカラーセラピー体験会」を開催させていただきました。会社勤めの方が多いため、土曜日開催が多かったのですが、「仕 [続きを読む]
  • ☆「ライブ後の、あの感覚と似てるもの」
  • (GHAGより) ライブを終えた後 静まりかえった深夜の部屋へ帰ると いつもさっきまでのあんなに にぎやかだった時間はほんとうに「私のもの」だったんだろうかと思う私のもののようでいて私のものではなかったような時間もうどこかへ逃げてしまったあの時間あんなにも広がりどこまでもはずんで熱く呼吸していた瞬間が何者かの手によってパタパタと小さく折りたたまれてこの胸の中に [続きを読む]
  • ☆「自分の毎日に、飽き飽きしたら」
  • あなたはあなたの足にぴったりの靴を履いていますか?その靴はあなたにとって履き心地の良い快適なものですか?・・・・・・・・・・・・「スーパーで」なんの変哲もないひとりのおじいさんに出会ったグレーのV首のセーターに黒のズボンをはいた近所でよく見かける感じのごく普通のおじいさんなのだけれどなんとなくどこか「違和感」があったおじいさんは片手に持ったパックを何度も持ったり置いたりして「それ」を買うかどうかず [続きを読む]