べてぃ さん プロフィール

  •  
べてぃさん: クリスタルママシンガー「べてぃ」 ♪輝きのレシピ♪
ハンドル名べてぃ さん
ブログタイトルクリスタルママシンガー「べてぃ」 ♪輝きのレシピ♪
ブログURLhttp://ameblo.jp/bettymilky/
サイト紹介文大阪を中心に活動するママシンガー。ライブ/育児/詩/色/人の幸せなど日常をキラキラとつづっています。
自由文大阪(東梅田)老松通りにあるLive&Bar「えでぃさんの店」http://blog.livedoor.jp/betty_milky-edeemise/を中心にシンガーとして活動しています。「自分から何かメッセージを伝えるライブ」というより、「聴いた人が何かを感じて、自分の内側にある輝きを思い出すような」そんなライブ・歌を歌って「生きたい」と思っています。 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供273回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2015/04/03 09:52

べてぃ さんのブログ記事

  • ★「あなたの中の大嫌いなところは、あなたを助けてくれた友達」
  • Pakutaso このあいだお店でお客さんと世間話をしていてふと気づいたことがあるいろんな人の性格の話になって私が苦笑いしながら「もうねー、私はときどき、自分の気の強さに辟易(へきえき)することがあるんですよ」とこぼしたとき50代ぐらいのその女性のお客さんはすこし黙ってそして急にこう尋ねた「ねぇ、このお店、今年で何年?」「13年半になります。」その女性のお客さんは言った「それって、 [続きを読む]
  • ★「良い波動と悪い波動」
  • なにもいつも笑顔で明るくルンルン・ワクワクしているのだけが良い波動というわけではなくて落ち込んで暗く沈み込んでいることが悪い波動というわけではなくて「こんな波動でいるから自分は○」「こんな波動の自分は×」と裁定を下してしまうことが落とし穴だったりするのです明るいワクワク気分のときはもちろんそのままでよいけれど落ち込んで凹んで明日への力を失ってしまっているときすっかり「脱力」してしまったとき自分も同 [続きを読む]
  • ★「キラキラした人」
  • 七色のジャンルを書き七色のジャンルを歌う クリスタル ママシンガー「べてぃ」です♪ 昨日Facebookでシェアしたらたくさんのコメントをいただき、 あえて時間が経ってからも一度自分で読み返してみて 私なりの観点については核心を突いて書けたと思うので 備忘録も兼ねてブログでもシェアしておきますね。 「キラキラした人」 [続きを読む]
  • ☆「ときに曇りでも」
  • 曇り空と名前も知らない花どちらも意味があってこの自然にあるどちらも必要があってこの自然にある だからわたしたちがときに曇りでも誰に名前も知られていなくてもなんの問題もなくて「これは、必要だから、ある」ただそう言ってすこし微笑もう………………………………………曇り空の写真も撮りたくてわたしが外へ出ると日が照ってきてしまって。(^^;) お日様大好き?お日様と仲良し?もこういうときはすこし不便。(笑)きょうは [続きを読む]
  • ★「大嫌いな人が、いてもいい」
  • 大嫌いな人が、いてもいい大嫌いな人が「いたほうがいい」とか「いるべきだ」とかそういう極端なことではなくて大嫌いな人が、「いてもいい」5歳の娘はぬりえや、おえかきや、文字、とにかく「かく」ことが大好きでいつのころからかわたしより先に目が覚めた日には一人でゴソゴソ、ゴソゴソとペンと紙を取り出しては「まま、だいすき。」と書いたラブレターを持ってきてくれるようになったそれが何日かつづいた朝わたしは心静かに [続きを読む]
  • ◆お誕生日でした。
  • 5月4日(木)。おかげさまで無事に誕生日を迎えさせていただきました。今年は生まれた日と同じ曜日です。45歳になりました。だいたい毎年誕生日には同じライブが入るのでGW中ですが、今日も母娘同伴出勤。一人で歌手らしく写っている写真って意外とあんまりなくてご挨拶のお写真、どれを使おうかなあ…と思っていたらやはり最近の中で一番気に入っているのが、この写真でした。(一枚目の赤のドレス)たしかお正月(年末?)にも使った気 [続きを読む]
  • ☆「ただ、透明であると知ればいい」
  • GAHAG AM3:33ちょうど自分が生まれた頃の時間私は夢を見たこの漆黒の夜空のどこか遠く遠ーくの彼方にどこまでもどこまでも澄んだ透明な水をたたえた大きな泉が浮かんでいてそこからぽとり…ぽとり…と気の遠くなるような時間感覚でひんやりとしたおもい滴(しずく)が一滴また一滴と地上に落ちてゆく夢滴は地上にしたたり落ちてはいつしか人の姿になり一人ずつどこかへと歩いては消えてゆく&n [続きを読む]
  • ☆「あなたが壊れていても、美しさはそこにある」
  • 壊れた赤いボールペン雨に濡れている壊れて雨に濡れていてもそれはちゃんと「赤いボールペン」だと判るそんなもんなんじゃないか、って思った人も壊れていたって使い物にならなくったって気弱になったって病気していたって「その人」は「その人らしく」見える「その人」は「その人」にしか見えない強がったって少々口が悪かったって「優しい人」はどこか優しく見えるし多少内弁慶だったって口ベタだったって「中身が熱い人」はちゃ [続きを読む]
  • ●「中心」に帰る日
  • 「ねぇママ、おはなちゃん、こうやって、こちょこちょしたら『こちょばい!こちょばい!』ってゆってるかなぁ?」(^-^)朝、時間に急いでついイライラしていた気持ちもこんな子どもの何気ない一言でハッと中心に帰るそんな初夏の薫る一日。 [続きを読む]
  • ★「安穏と暮らそう」
  • もしもあなたが果たすべきことがあまりにも多くて疲れ果てもうどうしようもなくなっているならすっかり力がなくなっているなら安穏(あんのん)と暮らそうせめて頭の中だけでも安穏と暮らそうせめて10分だけでもこの一瞬だけでも安穏と暮らしていま食べたいと思ったものを食べよう「身体に良さそうなもの」ではなくって食べたくないなら食べずにいようどこかへ行きたくなるなら足の向くまま歩いてみようたとえどこか素敵なところへた [続きを読む]
  • ☆「かざぐるま」
  • サラサラサラ…サラサラサラ…… 風が吹くたびに花びらたちが風車の軽さで道の上を転がっていく。未来へ。 何気ない街並み。風情。 わたしたちはこのぐらい軽やかに転がれているだろうか。 春風は頬にほんのりとあたたかい。 &nbs [続きを読む]
  • ●「愛をうまく交わすのに、人生経験は必要ない」
  • 〜2017年・あんみつ姫 桜の想い出とともに〜あんみつ姫 (娘/保育園年長さん・5歳)が 「たこ焼きのおばあちゃん」 と呼ぶおばあちゃんがいます。お家から少し歩いたところにある昔ながらの駄菓子屋のおばあちゃん。お腹ペコペコで走り回って遊ぶ子どもたちのために 毎日毎日お店に立って、お菓子と、店先で焼いた たこ焼きを売ってくれます。だから、 「たこ焼きのおばあちゃん」。姫が小さな頃か [続きを読む]