Ms. Diary さん プロフィール

  •  
Ms. Diaryさん: Write a Diary in English
ハンドル名Ms. Diary さん
ブログタイトルWrite a Diary in English
ブログURLhttp://msdiaryjp.blogspot.jp/
サイト紹介文英語で日記を書きたいた方、SNSやメールでネイティブスピーカーと交流したい人におすすめ。
自由文沖縄で生まれ育った、バイリンガル歴50年以上のハーフ女性です。英検一級、TOEICスコア975。英語のニュアンスを日本語で説明することが得意です。元中学校ALT、英語講師。現在はフリーの翻訳家。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/04/02 08:57

Ms. Diary さんのブログ記事

  • 家族や友達を日記で紹介する 〜 my friend Ataru
  • 同格を使おう英語の日記に家族や友達を登場さるときにはどういう風に書けばいいでしょうか? I played soccer with my friend. His name is Ataru. 友達とサッカーをしました。友達の名前はアタルくんです。上の文で間違ってはいないのですが、「友達の名前は」の部分を省いても同じ事をいうことができます。 I played [続きを読む]
  • ゴールデンウィークにお役に立てそうな英語表現の記事
  • 当ブログの記事の中でゴールデンウィークについて英語でSNSの記事や、メールを書きたいときにお役に立ちそうな記事をまとめました。お出かけの前にブックマークすることをお勧めします。 ■三連休 「三連休」って英語どういう? 連休、ゴールデンウィークに関する英語表現をご紹介します。 ■過ごす「過ごす」という英語表現 〜 We spent a week in Italy休日や余暇を「過ごす」という英語表現をご紹介。 [続きを読む]
  • 「どんな感じ?」を英語で表現する
  • He is strict but fair.「新しい教授はどんな感じ?」「芸能界ってどんな所?」「国際結婚ってどんな感じ?」など、「どんな」を含む表現を英語に訳すときの疑問詞は how だと思うかもしれませんが、実は、what が正しいのです。What is the new professor like?新しい教授はどんな感じ?What is show business like?芸能界ってどんな所?What is it like [続きを読む]
  • 「私に振らないで」を英語でどういう?
  • 数人で話しているに、意見を求められたくないこと、自分に話しを振らないで欲しいごとがありますね。今回は、「私に振らないで。」 「俺に聞くなよ。」 「えっ、私?」「私ですか?」など、会話で逃れるための英語表現をご紹介します。「私に振らないで。」会話をしているときに特定の人の意見を聞きたいときに、その人の方に視線を向けます。話を振られたくない人は、「えっ、何?こっちを見ないで! [続きを読む]
  • 英語で素敵に「何しているの?」と質問する 〜 work on
  • What are you doing? よりも子供が机に向かってなりやら真剣に取り組んでいるときに声をかけたくなったときにどう言えばいいでしょう? What are you doing? 何をしているの?でもいいのですが、ちょっと詮索しているみたいで、集中力を損なわせることもあります。それは価値があることなのか?遊んでいるのではないか?と聞かれている印象もあります。英 [続きを読む]
  • Take a chance は「リスクを負う」という意味
  • Taking a chance.前回の記事 Chance と opportunity を使い分けよう 〜 get a chance は和製英語での続きです。今回はchance が持つ「リスク」の意味合いのお話です。Chance は「リスク」の類似語ネイティブスピーカーはよくこういうことを言います:I am taking a chance on 〜。今までの「チャンス」の解釈だとちょっと理解しにくいフレーズですが、「リスク」に置き換えると読み解くことができます。 [続きを読む]
  • Chance と opportunity を使い分けよう 〜 get a chance は和製英語
  • A game of chance.Now get a chance! に違和感昔、「ザ・チャンス」という今では珍しい視聴者参加のクイズ・ゲーム番組がありました。当時米軍のTVチャンネルで放送されていた The Price Is Right の日本語版ということで、とても楽しみだったことを覚えています。しかし、番組を見てみると、ちょっと苦手なところがありました。それは司会者が「ナウゲッタチャンス!」と叫ぶことでした。10代だった私は「変な表現だなぁ」と思っ [続きを読む]
  • スポーツが由来のイディオム 〜 front runner
  • 「トップバッター」「スペりこみセーフ」「イエローカード」「バトンタッチ」など日本語にはたくさんのスポーツ由来の慣用句が有ります。今回は英語のスポーツ由来のを紹介します。the ball's in your court (テニス)「ボールは君のコートにある」という意味の表現です。日常会話では、「さあ、どうする?」「君の番だ」など相手に行動や意見を求めると菌使われます。意味:君の判断する番だ、君の責任だ A: Do you thi [続きを読む]
  • Over my dead body と「俺の屍を超えていけ」は違う
  • 随分昔に観たB級映画で、Over my dead body というセリフが日本語字幕で、「俺の屍を超えていけ」と訳されていたのて、「それは違う!」と声に出して言ったので、映画館で一緒に見ていた友達が「静かにして!」と私に注意をしました。。映画自体は覚えていませんが、最近テレビを見ていて、そのことを思い出したのでこの記事を書くことにしました。すごく似ている二つの表現ですが、意味は全く違うので興味深いと思います。「俺の [続きを読む]
  • 「裁判」「審判」意外の意味の judge 〜 Don't judge me!
  • Don't judge me.Judge と言う動詞は「裁判する」「審判する」「批判する」などの意味はおなじみだと思います。日常英語では、違う意味で使われることがあります。Don't judge me.Don't judge me という表現は Chris Brown のヒット曲としてご存知の方も多いかと思います。この曲にはこのような歌詞があります:だから、僕を judge しないで僕も君を judge しないからでなければ、(僕らの関係が)美しくなる前に醜くなってしまう [続きを読む]
  • 「ハードルを上げる」を英語でどういう? 〜 raise the bar
  • ハードル VS バー近年「ハードルが高い」や「ハードルを上げる」という表現をよく耳にします。私は、これらの表現は上の画像のような陸上競技の高飛を表していると思っていました。しかし、よく考えると、「ハードル」というのは下の画像のような競技でした。そういえば、ハードルは高さを調整することができるのですね。今回は「ハードルを上げる」やそれに類似する表現をご紹介します。続きを読む ? [続きを読む]
  • ミドルネームって何?
  • 洗礼式英語圏で税関申告書などのフォームには、Last Name (名字)First Name (名前)の他に Middle Name(ミドルネーム) の項目を目にすることがあります。日本人にはミドルネームがないので、空欄にすればいいですが、英語圏では3つの名前を持つ人は少なくありません。今回は3種類のミドルネームを紹介します。洗礼名多くのクリスチャンは赤ちゃんのときに洗礼を受けて、ファーストネームの他に、クリスチャンの聖人の名前を付 [続きを読む]
  • 「おかしい」を英語で表現する 〜 That is not right.
  • 「〜って英語でどういう?」と言われてもすぐに答えられないことがあります。情報が足りないからです。「それはおかしい。」を英語に訳す場合、おかしいの意味は「おもしろい」「変」「不条理」など、いろいろ考えられます。もう少し詳しい context (情報)が必要になります。今回は「おかしい」に値する英語の表現をご紹介します。おもしろい funny, hilarious, silly, amusing, 「おかしい」という言葉を聞くと、まずはじ [続きを読む]
  • 「マスキングテープ」「ペットボトル」を英語でどういう?
  • 今年に入ってテレビやラジオで見聞きして記事のねたになりそうな言葉たちをリストアップしていましたが、5つ集まったので記事にまとめます。日本語と英語の呼び方が大きく違うを中心に紹介します。マスキングテープ washi tapeマスキングテープというのは元来、塗装をするときなどに、ペンキをしない箇所を守るために貼り付ける紙でできたテープでした。たいていは黄色や青などの単色できた。近年では上の画像のように装飾に使え [続きを読む]
  • Come で始まる句動詞 (2) 〜 Has he come around yet?
  • I knew the Lifeboat Service will come through.今回は、Come で始まる句動詞 (1) 〜 My daughter came down with a cold.に引き続き、come の句動詞をご紹介します。句動詞には二種類あって、動詞と前置詞の意味がわかれば、句動詞の意味が想像付くものと、想像付かないものです。このブログではもっぱら、後者を取り上げています。各項目の最後に weblio辞書へのリンクがありますので、ぜひご確認ください。ページの下の方まで [続きを読む]
  • エセンシャルな象さん関連イディオム 〜 elephant in the room
  • 今回はゾウさんに関するエセンシャルなイディオムを紹介します。日常会話だけではなく、ニュースやソーシャルメディア(SNS)にもよく登場するので、意味を知っておくと便利です。タイトルの、「エセンシャル」の表記が気になりますでしょうか?日本では「エッセンシャル」と書くのが一般的ですが、エセンシャルの方がネイティブの発音に近いです。厳密に言うと、「イーセンシャル」が最も近くて、伝わりやすいのですが。Elephant i [続きを読む]
  • 「迎えに行く」を英語で表現する 〜 I'll come pick you up at six.
  • 空港や駅へ人を迎えに行くときには、車で迎えに行く場合と車無しで出迎えに行く場合があります。これまでの当ブログの流れから考えたら、車で行く場合でも by car は使わないことは想像がつくかと思います。というか、現代英語ではあまり by car とは言いません。さて、サブタイトルの I'll come pick you up at six. は「車あり」「車なし」のどちらでしょう?続きを読む ? [続きを読む]