もふりしゃす さん プロフィール

  •  
もふりしゃすさん: 笑うオカメ
ハンドル名もふりしゃす さん
ブログタイトル笑うオカメ
ブログURLhttp://warauokame.blog.fc2.com/
サイト紹介文福岡の小鳥自家繁殖販売の笑うオカメです。 雛っぴオーナー様募集はコチラのブログで。
自由文福岡の小鳥自家繁殖販売の笑うオカメです。
可愛い小鳥さんたちとの日常。雛っぴのオーナー様募集もコチラのブログで。
インコブリーダー クリーム文鳥 手のり十姉妹
オカメインコ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/04/02 10:02

もふりしゃす さんのブログ記事

  • 早い者勝ち・繁殖ペア
  • 2年ほど繁殖をお休み予定ですので繁殖ペアを若い間にお出しさせていただきたいと思います。ブリーディングにチャレンジしてみたい方はこの機会にお迎えください。ルチノーペア以外は即お迎えしていただけます。疥癬予防薬済み。年2回各種予防薬投与済み。サザナミインコペアベルギー産アキクサインコペア♀ルビノー ♂ノーマル(ルビノーSP)オカメインコ ルチノーペア※現在巣引き中の為写真なし7月末の引き取りでお願いしま [続きを読む]
  • カラスの食の不思議
  • 与一の物語の中で幼い与一たちが落ち葉などを吐く描写があるのですが、あれについてNPO札幌カラス研究会の代表中村さんより専門家の視点からお話を聞かせていただく機会がありました。あの嘔吐物はペリットなのだそうです。ペリットとは消化できない異物などを吐き出したものなのですがその仕組みを持つのはカラス、猛禽、ムクドリなのだそうです。ムクドリもペリット出すのは知らんかった?さすが専門家…。そういう訳で与一たち [続きを読む]
  • カラスの与一の物語。その9
  • ごはんの時、羽をばたばたさせてねだるんだ。アイギス兄ちゃんは昨日からそれをしなくなって待っているようになった。オトナになるんだ。僕たちのブルーアイは小さな雛のしるし。真っ赤な口も幼い雛のしるし。僕たちの瞳はブルーアイからグレイに変化して来はじめた。ピンクの部分があったくちばしも黒になってきたんだ。瞳はいつか褐色へと変わるだろう。僕は与一。カラスの与一。いつか僕が結婚して巣を作ったらもし、ニンゲン [続きを読む]
  • カラスの与一の物語。その8
  • 硬めごはんに移行させたいお母さんたちに僕たち3羽はハンスト、ってやつをしたんだ。お母さんは中村さんに電話して「ごはんを食べんのですが…。」って聞いていたよ。中村さんには僕たちがアタマがよくて甘えている事はバレバレだったんだよ。お母さんは強行手段に出たんだ。フードを置いて外へ出掛けていったんだ。どうなったか?どうなったと思う?僕たちはゴハンいれにお土産をたくさんいれてハンストを続行したんだよ。お母 [続きを読む]
  • カラスの与一の物語。その7
  • 僕たちは朝、カラスの行水というのをさせられる。シャワーというやつから水がたくさん飛んでくるのに最初は驚いてかたまったけど、3日目くらいから楽しくなった。僕たちはとてもアタマがいいからお風呂場に行くと決まった場所でシャワーというやつから水が出るのを待つんだ。カラスの行水、ってやつをしながら僕たちは水を飲むことを覚えたた。そしてお母さんはふやしかしてくれていたフードを少しずつ硬めに仕上げたり、僕たち [続きを読む]
  • カラスの与一の物語。その6
  • オネエサンから僕たちを引き受けたお母さんは名前をつけるかつけないか悩んでいた。情というやつが移るんだって。カラスマたち、最初の頃、お母さんは僕たちをそう呼んでいた。10日くらいした頃、悩みに悩んでいたお母さんは僕たちの名前を決めた。一番大きいお兄ちゃんがアイギス神話の女神アテネの盾の名前らしい。真ん中のお兄ちゃんはソロモンアタマがいいから知恵のソロモンなんだそうだ。僕だけ和風だ…。与一。僕は与一。 [続きを読む]
  • カラスの与一の物語。その5
  • うだるような暑さの中、僕たちは鉄の羽で関門海峡を越えたんだ。オネエサンが入れてくれた保冷剤はすっかり溶けていた。一生懸命に探して買ってくれたバスケット。今はもう入れないくらい僕は大きくなったんだけど…。お母さんは僕たちにビタミンやらカルシウムやらを飲ませたりした。味はまあまあ…かな。うん、悪くはないよ。お兄ちゃんに得たいのしれない虫がついていたからイベルメクチンってやつをお母さんにしてもらったよ [続きを読む]
  • カラスの与一の物語。その4
  • ネコのオネエサンは動物病院で検便とかダニのお薬とか色々してもらった分のおかねを自分のお財布からはらってくれた。僕たちを巣から追い出しておかねを得るのも人間けれど、自分のお財布から得にならなくてもおかねを出してくれたオネエサンも同じニンゲン…。ネコのオネエサンは5日分のクスリをもらい病院をあとにした。僕たちはゴハンを吐いた。いっぱい吐いた。苦しかった。落ち葉や小さな木の破片がたくさんまざっていた、 [続きを読む]
  • カラスの与一の物語。その3
  • 僕は与一。カラスの与一。今、飛べるようになるまで保護してくれている鳥ババアと呼ばれているお母さんが横浜市の回答というやつを見て巣が落とされたときの詳細ってやつをネコのオネエサンにたずねたみたい。「よくわからないんです。もうすでに巣が落とされた後に「4羽いる」と友人自体がその状態からで、そこからの始末を任されてしまったそうで…。通報や剪定現場で見つけたりするので、会社全体でもいつ巣撤去が入るかわから [続きを読む]
  • カラスの与一の物語。その2
  • 困っていた造園屋の○○さんはネコさんの保護活動をしているオネエサンにとどめをさせなかった事を告げて僕たちを託したんだ。けれど、ストリートニャンコさんや保護ニャンコさんせんもんのオネエサンは後日こう語っていたらしい。「ごめんなさい?? いきなり来た雛たちに受け入れ先が見つかるかと、前回何故か最初ものすごく近くでみた雛がこわくてしょうがなかったので(遠くで見る鳥は好きだし動物全般いけると思っていたので [続きを読む]
  • とどかぬ想い。
  • 先日の女性の想いに対して横浜市からの返答が届いた。許可をいただけたので転載いたします。頭に血がのぼりそうです。殺処分方法に関する指針??勝手に山を切り開いてごみを捨てているのは人間だろうに…悲しいな。----------転送メッセージ----------From:市民からの提案日付: 2016年6月7日火曜日件名: 【横浜市】お寄せいただいた件について、回答いたしますTo:「 」○○○ ○○ 様 このたびは [続きを読む]
  • ある女性の想い
  • カラス。みなさん、カラスは好きですか?聞いてみたら大体はキライです。と返ってくるのでカラス好きな私としては悲しいのです。何故ですか?とたずねたらごみをあさるから。と言う答えが多かったです。ごみは人間の都合だと思うんです。ワンもニャンも露天フリーライフの子たちは発掘作業しますよね。生きるために。今回、福岡市から遠く離れた神奈川県で造園業者が処分(いやな言葉だ…。)しようとしていたカラスを助けた女性が [続きを読む]
  • 続・もなかの種
  • お向かいが最中工場なので新鮮(この表現でいいと?)なモナカの皮たち。もな皮がブラブラぶら下がるツリーまであります(笑)ちなみに奥はトイレ。トイレは超綺麗でした。清潔(清ケツ)トイレで安心のイートインが可能おっと、内容が食べ物からシモにずれたよ????モナカの皮を焼く型は40万くらいするそうです。肉球かネコ型を作ってくれとゴネてきましたよww放射能のマークみたいで微妙な恐怖感を感じるモナ型(笑)店内のデジタル [続きを読む]
  • 番外編・もなかの種
  • 甘味を求め、トチ狂った鳥BBAは福岡市南区のとある山奥へ。。。冗談ですよ、友人がジョブってる会社の近くにある旧菓子団地の最中直売所へ行って来ました。さいちゅううう〜?いえ、モナカです。も・な・か奇遇にも我が家の初代セキセイはモナカちゃんでした。はい、話戻します。許可を頂いたので撮影しております。お目当てはコレ???調理シーン抹茶ソフトを絞る店員さんの魅惑の腰つき(笑)嘘です、フツーに絞ってます。会話し [続きを読む]
  • あるセキセイさんのお墓の話。
  • 笑うオカメから嫁いだセキセイさんが虹の橋を渡りました、と連絡があった。儚い。墓無い…。いや、墓ある。立派な墓。ちゃんと埋葬してもらっていました。子供さんが毎日、お墓にお花を供えに行っていると聞いて優しさにウルウル来た。供えた花は萎れてしまうけれど、種か何か蒔いたらどうかな、と鳥BBAは考えた。そして、その子供さんのお母さんにネモフィラの苗を1ポット託した。子供さんは植えたそうだ。毎日、花を供えるかわ [続きを読む]
  • ヴィタクラフト社かじり棒〜フィンチ用〜
  • ヴィタクラフト社フィンチ用数種類のゴマを3層構造で焼き上げたかじり棒が入荷しましたポスパケットで全国同一料金で発送が可能です。※別途箱代がかかります。代金の入金確認後にポスパケット送料着払いでの発送をさせていただきます。着払いですと送料を局員さんに支払う為に手渡しになりますので紛失等のリスクが格段に低くなります。2個入るBOX3個入るBOX5個入るBOXご注文・お問い合わせprettybird_warauokame@yahoo.co.j [続きを読む]
  • ☆のキンカ。
  • キンカチョウのにゃあにゃあ&めぇめぇ夫妻卵を産んでも中止卵だったり遊んでいたりで雛が孵らず…。でも仲良く楽しそうにしているのでご予約やお問い合わせを頂いても未定だとしか答えられず。それが数日前にめぇめぇが抱卵中に落鳥してしまい、にゃあにゃあがヤモメになってしまいました。☆になった白キンカチョウのめぇめぇ。キンカチョウなのにヤモメ。ヤモメのジョナサンになってしまいましたよ( ̄▽ ̄;)※良い子のみなさん [続きを読む]
  • かじり棒の発送方法について。
  • 先日から近隣のお客様に販売を開始させていただいているヴィタクラフト社のかじり棒の発送について。直接、ご来訪いただくのが難しい距離の方には発送させていただいておりますがゆうパックや宅配便だと送料が高くなりますのでポスパケットの送料代引きでの発送を導入しました。全国どこでも同一料金のポスパケット〜??今までネコの集荷のみでしたが、郵便局まで出しに行きますよ〜。送料代引きにする事により郵便局員さんから [続きを読む]
  • 手のりセキセイ・もうすぐ一人餌
  • サボりにサボりまくっておりましたね…。blog更新を〜私用で忙しくしていたので勘弁して下さいね手のりさん、色々おりますよべたべた甘えん坊さんたち。まきまき、ハゴロモさんもお安くお出しさせていただいておりますのでお迎えご希望の方はお問い合わせ下さいね。prettybird_warauokame@yahoo.co.jp070-5531-2266セキセイインコランキングへ [続きを読む]
  • ふごデラックス。
  • blogサボり気味…な訳ではなく忙しいのです久しぶりのノーマルグリーンです。とても穏やかな子です。すでにベタベタです現在は挿し餌を1日4回ハゴロモセキセイもふもふに育っておりますよ少しドジっ子ですがステップup練習中です。さて、ネタを分けて更新したろーか?と考えましたが一緒に書きます。冬の移動に最適な畚DX(ふごデラックス)の作り方用意するもの。小型犬用or猫用のキャリーフリースやタオル畚(ふご)まず、用意し [続きを読む]
  • 手のりハゴロモセキセイ・有償
  • ヴァイオレットが美しいハゴロモセキセイさん〜現在挿し餌中です。手のり訓練頑張ってマスルチノーさんよくお喋りする家系の雛ですよん??ハゴロモセキセイさんは5500円ルチノーさんは3000円他にも明るいグリーン系のセキセイさんもおります。白ハルクインはまだ少しヌーディなのでもうしばらくお待ち下さいねご予約・お問い合わせprettybird_warauokame@yahoo.co.jp070-5531-2266セキセイインコランキングへ [続きを読む]
  • ネタが無いので。
  • これといったネタが無いので…。じゃーん。にくきう。パン屋さんでにくきう。作ってくれいで作ってもらったのがこれ。? ? ?茶色いとこ、ココアと思ってたらコーヒーでした。やられた!やるじゃないか!おとなのにくきう。ちなみに面倒くさいそうで一般販売の予定は今のところナシみたいです。にくきうクッキー、可愛いのにねぇ。セキセイインコランキングへ [続きを読む]
  • じゃんぼ・幸せ日記。
  • じゃんぼ・セキセイなだけに幸せもジャンボな福岡市は早良区にお住まいのえむ様宅にお迎えいただいたジャンボセキセイインコのソーダさん。途中でお預かりをさせていただいたので笑うオカメでも可愛さをたっぷりおすそ分けいただきましたよ〜〜。水浴びが大好きな清潔なソーダさん水もしたたるいいジャンボセキセイ(笑)先住インコのりらこお姉さんとオヤツりらこお姉さんがスレンダーなのでソーダさんのモフモフっぷりがよくわか [続きを読む]
  • とある工房のステッカー。
  • 曇天ですが今日も小鳥たちは元気にうじゅうじゅ??ぶんちょ様のにほひを嗅いでおりますと郵便局の代引きの電話がありました。来た来た〜〜。こちらの工房は? ? ?www.genrei-koubou.comお買いものをするとオマケをつけてくださるのですが〜〜久しぶりに笑いましたよ、これは。これを作ってる方のセンス最高ッ何回見ても楽しすぎますこれも。そんな訳で(どんな訳ですか…)小鳥をお迎えに来られた際にこのフザケたステッカーが [続きを読む]
  • 本年も宜しくお願いいたします。
  • 気がつけば2016年になっておりましたウン十年ぶりに初日の出も見ましたよ。ほらほら〜太陽が〜〜。夕日みたいな色に写っておりますが…。お正月は友人宅にアローカナのヒヨコ??を届けに行きました。同日に孵化したのに明らかに大きさが違う黒と黄色のヒヨコ…。大1羽に小が2羽♂♀♀なのか♀♂♂なのか。関係ないのか。答えは4ヶ月後くらいに。青い卵。栄養価がすごいらしいですが食べたことありません(笑)箱根駅伝見ながら [続きを読む]