健登 Kento さん プロフィール

  •  
健登 Kentoさん: トオマワリカタツムリ
ハンドル名健登 Kento さん
ブログタイトルトオマワリカタツムリ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kareha3/
サイト紹介文「世界の小さな村が見たい」 テントを担いで歩いていきます。2015年2月25日より世界一周。西回り
自由文世界一周。テントを担いで歩いていきます。
世界中の小さな村や、小さな暮らしが見たい。

世界中の山を歩く。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/04/05 21:35

健登 Kento さんのブログ記事

  • 人のいい国
  • 「人がいい国」 2016年12月13日タイは3回目になります。といっても毎回2-3日の滞在でした。今回も2日の予定。「モーチットバスターミナルに行きたいんだけど、何番のバスに乗ればいい?」「このあたりでうまくて安いローカルレストラン知ってますか?」「このスープに入ってる野菜、何??」俺はなんでも人に聞く。地元民に聞くのが一番早いから。うまくて安いレストランは、現地の人に聞くのが間違いないし、現地の人がどんなもの [続きを読む]
  • 人がいい国
  • 「人がいい国」 2016年12月13日タイは3回目になります。といっても毎回2-3日の滞在でした。今回も2日の予定。「モーチットバスターミナルに行きたいんだけど、何番のバスに乗ればいい?」「このあたりでうまくて安いローカルレストラン知ってますか?」「このスープに入ってる野菜、何??」俺はなんでも人に聞く。地元民に聞くのが一番早いから。うまくて安いレストランは、現地の人に聞くのが間違いないし、現地の人がどんなもの [続きを読む]
  • こんにちは。日本での毎日です
  • 2016年4月21日(金曜日) こんにちは。桜の木、緑の葉でいっぱいになりましたね。神戸から大阪に向かうときはいつも阪急電車に乗ります。そして夙川駅で乗り換えます。ほんの3,4分だけの乗り換え時間。春が通り過ぎていきます。日本に帰国して一か月半余り。俺の世界一周は、すでに過去のものとなりました。現在は、就職活動をしています。(京都)海外にいるときは、・物は必要な最低限しかいらない・誰にでも話しかけて可 [続きを読む]
  • 世界一周の思い出
  • 368日間の世界一周の旅で出会った、人、景色、生き物。2カ国目ミャンマータイからミャンマーへは陸路で入国した。ミャンマーで最初に訪れたのはミャワディーという小さな村。地元のおじさんに招かれて路地の奥へと進むと、そこにはたくさんの子どもたちと地元の人たちの生活があった。入国したその日から素朴で優しいミャンマーが大好きなった。3カ国目、ネパール30日間滞在したネパールでは、雄大なヒマラヤ山脈でトレッキング三 [続きを読む]
  • 帰国。368日間の世界一周おしまい。
  • アルゼンチン→メキシコ→日本Argentina→Mexico→Japan『帰国の日』2016年2月26日-2月28日?ブエノスアイレス→メキシコシティBuenos Aires → Mexico Cityローカルバスに乗って、仕事にいくアルゼンチン人たちと一緒に街の端っこまで運ばれていく。30分ほどで、レティロという駅前のバス乗り場に到着。そこで空港行きのバスに乗り換える。そんなこんなで乗り継ぎで遅れることもなく、無事空港についた。余ったお金で贅沢にコーヒ [続きを読む]
  • ブエノスアイレスの朝
  • アルゼンチン Argentina2016年2月25日●ブエノスアイレス Buenos Airesそわそわする。なんか緊張してる。もうすぐ帰国する。旅が終わるというより、日本が始まることに対して。終わる感じより、始まる感じの方が強い。だからそわそわ緊張する。ブエノスアイレスの朝は涼しい。日中は太陽が照りつけ、渋滞の吐く排気ガスと街の熱気に包まれる。都会の感じ。窓の外から街のエネルギーの音が聞こえる。東南アジアを思い出した。ラ ボ [続きを読む]
  • 世界最南端の街、ウシュアイア。
  • アルゼンチン Argentina 2016年2月20日-2月23日●ウシュアイア Ushuaiaウシュアイアについた。ここは南米の端っこ。世界最南端に位置する街だ。ウシュアイアは今回のコロンビアから始まった南米縦断のゴール。北から南まで、寄り道しながら80日かかった。fin del mundo(世界の果て)そして、ウシュアイアは南極へ行く拠点としても有名な街。この街からフェリーに乗って、氷の大地、南極へと向かう。南極クルーズはだいたい12日間で5 [続きを読む]
  • パタゴニアを旅する2 「山と氷河」
  • アルゼンチン Argentina2016年2月12日●エル チャルテン El Chalten 世界一周に出発して、もうすぐ一年になる。きのう、ロスアンティゴスから夜行バスに乗って、やってきたのがエルチャルテンという小さな町。エルチャルテンはアルゼンチンにあります。エルチャルテン世界一周31ヶ国目、アルゼンチン。このアルゼンチンから日本に帰る。いままでいろんな国に行った。いろんな人に会った。そしてここが世界一周最後の国。寂しいな。 [続きを読む]
  • パタゴニアを旅する1 「アウストラロ街道」
  • チリ Chile 2016年2月6日-2月12日現在南米のチリ!とうとう来た、パタゴニア。南米に連なるアンデス山脈の端っこ。チリ南部の山岳地方パタゴニア。まずはアウストラロ街道と呼ばれる、チリの海沿いを南下する。2月7日、港町のプエルトモンから出発して、ヒッチハイク・バス・船を乗り継いですこしずつ進んでいきます。しかしこれが、ことごとくうまくいかなかった!〜1日目〜●プエルトモン→ホルノピレンPuerto Montt → Hornopir [続きを読む]
  • チリを冒険しよう!アウストラロ街道を南下する!
  • ボリビア→チリBolivia → Chile2016年2月2日-2月3日午前3時半真っ暗な中ふとんから出ると、テーブルにさおりさんがいる。さっこさんも起きてきてくれた。こんな時間なのにお見送りしてくれた。ボリビア楽しかったなぁ。今日から旅人に戻る。ウユニ出発!午前4時、バス乗り場に到着。雨が降っていて寒い。受付のおばちゃんが電話片手になにやらもめている。「トラバーホ!!」(働けー!!)バスがこない。(^_^;)「雨だから今日は働 [続きを読む]
  • ウユニに水が!!鏡張りが生まれた日。
  • ボリビア Bolivia2016年1月30日●ウユニ朝5時半、ウユニについた。標高3800m。なかなか寒い。いろんな種類の野良犬がいる。人も犬もみんなのんびり仲良し。ウユニの町は落ち着く。ウユニには大きな塩湖がある。その塩湖を見に行くために、みんな町でツアーを組む。「ひさしぶりー!」ワイナポトシに一緒に登った、伊織と小夏さんと一緒に宿にチェックインすると、宿にはすでに南米で仲良くなった日本人の人たちが集まっていた。南 [続きを読む]
  • 6088mに登った。ワイナポトシ
  • ボリビア Bolivia2016年1月22日-25日●ラパス La Pazボリビア一番の都市、ラパス!!標高3600m。人だらけ!ラパスは都会!人がいっぱい。車もいっぱい。家もいっぱい。店もいっぱい。全部が街の中に溢れかえっていて、もうごちゃごちゃ。大通り以外信号はないので、渋滞の車の間を人が走り抜けていく。効率化とかそういう言葉とは正反対の街。おもしろい!橙色の夜の街。ラパスはすり鉢状にできあがった街。ロープウェイに乗って、 [続きを読む]
  • 子ヤギにぺろぺろ舐められる
  • ペルー → ボリビアPeru→Bolivia 2016年1月21日●ウロス島世界一標高の高い湖チチカカ湖に浮かぶ島、ウロス島。標高3810m。ウロス島には人が住んでいます。ボリビアは15世紀あたりにスペインによって支配されていきました。その支配から逃れようと、チチカカ湖畔に住んでいたケチュア族の人たちは水上生活を始めたらしい。そこがウロス島。ウロス島と一言でいっても、大小様々な島が集まっており、合計40くらいもあるらしい。そこ [続きを読む]
  • アルパカの大群。
  • ペルー Peru2016年1月19日●クスコクスコ好きだー(^O^)いまのとこ南米トップで好きになった街。のんびりしてる雰囲気が好き!南米で会って、離れたり、再会したりを繰り返してる内に、なんやかんやとこの旅で一番長く一緒にいた旅人のお二人、伊織とまさとこの日は、夜中まで語り合った。旅の中で得た考え方。いろいろあるけど俺の中での一番は「何事もなんとかなる」かな。笑こんなとこで生きてる!すげぇ。って何度思ったことか [続きを読む]
  • マチュピチュへ
  • ペルー Peru2016年1月15日●クスコクスコ。標高3400m。アレキパから夜行バスで11時間、かつてのインカ帝国の首都、クスコに到着!宿を探して、バックパックを置くと、すぐに町歩きに出発!この町好きだ!茶色い煉瓦屋根も、石積みの壁も。原住民が多かったワラスみたいに、町中には原住民がいっぱい!食べ物とかを売ってる。「クスコは南米の一大観光地だからもっと、観光地化されてるかなあ。」と思ってたけど、地元民もいっぱい [続きを読む]
  • ペルーも後半。ワラス〜クスコ
  • ペルー Peru2016年1月8日●ワラス→リマHuaraz→Limaリマに到着!リマ大都会!びっくりした!リマでは洗濯しました。あとはのんびり。夜は日本人の人たちとたくさん知り合って、焼き鳥屋みたいなところにいった!日本人の友達っていいなあ。。2016年1月9日-1月10日●イカ→ワカチナIca→Huakachinaリマは一泊ちょーのんびりして、次の日、朝一でイカというまちに。そこからトゥクトゥクに乗ってワカチナへ!これがワカチナ!!ずっ [続きを読む]
  • 『10個の世界の美しい村』ふりかえり
  • 『10個の世界の美しい村』 10ヶ月。アジア、アフリカ、ヨーロッパ、南米。世界には美しい小さな村や町がたくさんある。その中から実際に俺が足を運んで、特に大好きになった10の村を紹介します。小さな村の大きな魅力。それはそこでしか見ることのできない、現地の人々の生きた生活にあると思う。小さな世界がそこにある。〜もくじ〜1.ナムチェバザール (ネパール)2.ベラート (アルバニア)3.シカンゼン (ハンガリー)4.カステルー [続きを読む]
  • ペルーの魅力
  • ペルー Peruペルーは日本の3倍以上もあるでかい国。広大な国はいろいろな顔を持つ。イカなど海岸には砂漠がある。海と砂漠の不思議なコントラスト。砂漠にはオアシスがあり、オアシスには町がある。ワラスなど山岳地域には雪をいだいたアンデスの山々がそびえて立ち、イキトスなどアマゾン地帯ではきっと今まで見たこともないような熱帯の動植物が生息している。これから向かうクスコには、超有名な世界遺産、インカの遺跡「マチュ [続きを読む]
  • トレッキング!雨季のサンタクルス谷。
  • ペルー Peru2015年1月5日●サンタクルストレッキング 1日目Santa Curz Trekking Day1【ヤナマ → プンタ峠手前】3200m→4100m朝7時。ヤナマという村で目をさます。朝ごはんを軽く食べて、トレッキングの登山口までいくミニバスを待った。バスなかなか来んな〜。周りのおじさんおばさんにいつ来るのか聞きいてみふと、どうやら昼の12時頃に来るらしい。今から4時間近く待つことになる…遅すぎ笑と思ってのんびり待っていたら、運良 [続きを読む]
  • ペルー 村と山と湖めぐり
  • ペルー Peru2016年1月3日●ラグーナ69 Lagna69一本道。道の両脇には水色の湖。ラグーナ69という湖を見にきた。ワラスから乗り合いのミニバスを乗り継ぎ、集落の間をどんどんすり抜けていく。未塗装の道をガタガタいいながら登って、トレッキングのスタート地点に到着。標高4000m。キャンプ場にテントを張りおえると、さっそくトレッキング開始!歩くこと2時間。体調は万全。標高4580m。少し息がしづらい。氷河の溶けた色。エメラル [続きを読む]
  • サボテンの手。豚の尻尾。
  • 2016年1月2日ペルー Peru「どんどん、どんどん」ノックの音で目が覚めた。目の前には仲良くなったハビエルと初めて見るフランス人の女の人。ハビエルは最近ここの宿の切り盛りを一人でしてる。「〜〜〜ハポネス」彼らのスペイン語で会話が聞こえる。フランス人の女の人は俺の部屋を覗いて、違う部屋にチェックインしていった。ドミトリーを占領してすいません。、というより部屋汚く使ってすいません。カーテンをめくって、窓と壁 [続きを読む]
  • 山を目の前にして山に登らず
  • 2016年1月1日ペルー Peruワラスについて5日目。くらい。寝てばかりで何日経ったかもよくわからない。相変わらず体調が悪く、熱はないみたいだが、頭痛と食欲不振が続いている。とりあえずなんか食わなきゃ。と、野菜いっぱい使ったパスタを作って、2日かけて食べた。寝てばっかじゃだめだ!と、町を歩く。ワラスはそこじゅうにうまそうなものがあるうまそうなものを見ると食欲も少し戻る大鍋からなにやら麺をよそうおばさんに誘わ [続きを読む]
  • ペルー飯うますぎ。
  • 2015年 12月31日エクアドル Ecuadorペルー Peru●エクアドルの小さな村クエンカからバスに揺られること1時間、エクアドルの小さな村にやってきた。サン バルトロメ San Baltorome12月26日。クリスマスの翌日だった。そのためか教会ではミサが開かれている。村を練り歩くカーニバルも見られて、なんだか地元のお祭りに参加させてもらってる気分。子供がいっぱいの村!みんな仲良くて、素敵な村だ。服装もかわいい。外国人などほとん [続きを読む]