すまぬさん さん プロフィール

  •  
すまぬさんさん: ILOVEYOKOHAMA!
ハンドル名すまぬさん さん
ブログタイトルILOVEYOKOHAMA!
ブログURLhttp://ilaveyokohama.seesaa.net/
サイト紹介文横浜DeNAベイスターズをこよなく愛するブログです。1998年以降今年こそはと言い続けてはや幾歳
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/04/06 19:00

すまぬさん さんのブログ記事

  • オープン戦 3月20日 VS鷹
  • De 6 − 8 鷹いつぞやの開幕戦を見ているかのような三嶋劇場により敗戦。三嶋以外はそれほど内容が悪くなかったのが不幸中の幸いか。三嶋は常にボール先行、ストライクを取りに行った甘い球を痛打という、絵に描いたような黄金パターンで7失点。バックのマズイ守備も殆どなく、逆に荒波のナイスプレーなどもあったのにこの有様ではどうしようもない。三嶋開幕ローテの目は完全に無くなったと言えるだろう。先発ローテは井納 [続きを読む]
  • オープン戦3月18日 VS阪神
  • De 0 − 1 神完封負け。チャンスこそ作るものの、後一本が出なかった。打撃の内容そのものはそこまで悪くないように見えたが。シーズンなら悔しい試合であるが、オープン戦だったので良いということにしておこう。先発はウィーランド。捕手は今日1軍復帰の戸柱だ。前回大炎上のウィーランドだったが、戸柱と組ませればあるいは、と思っていたが良い結果が出た。6回途中1失点。回途中で降板しているが、球数は80球程度で [続きを読む]
  • オープン戦 VS日ハム
  • De 9 − 1 日この所打てないし打たれる、煮え切らない試合が続いていたが、今日は快勝と言って良いだろう。残りのオープン戦も残り少ない。ここからは内容はもちろんのこと、勝敗にもこだわっていきたいところだ。先発はここまで調整遅れが心配されていた石田だが、なんのことはないナイスピッチであった。6回を投げて被安打3の1失点。失点も嶺井の後逸がなければという内容だ。常にストライク先行で、四球もわずかに1。 [続きを読む]
  • 今季のスタメン展望
  • 気づけば既にキャンプも中盤に差し掛かり、はるか先に思えていたシーズン開幕の足音が聞こえてきた。今年はキャンプでの離脱者も出ていないようで、何よりである。こうなってくると、いよいよシーズンを想定しての妄想も捗るというものである。そこで、今シーズンのスタメンを妄想してみようかと思う。妄想オーダ−1(基本)1 桑原(中)2 エリアン(ニ)3 梶谷(右)4 筒香(左)5 ロペス(一)6 白崎(三)7 倉本 [続きを読む]
  • 今シーズンの全試合日程が終了
  • 今日は仕事で実際に試合を見られなかったが、序盤は審判の判定絡みで色々あったようだ。ただまぁ6失点は流石に言い訳が効かないだろう。ルーキー今永には厳しい最終戦となってしまったが、これを糧に来季さらに飛躍して欲しい。最終的にはCSファイナルなのにファイナルシリーズで敗北という結果に終わったが、これほど試合に一喜一憂したのは久しぶりである。1勝、1敗、1点、1アウトの重みがこれほどある試合は、ポストシーズンで [続きを読む]
  • 勢いで押しきれず勝負はタイに
  • De1 − 2巨う〜〜〜む、予想通りというべきか坂本にやられすぎた。同点弾に決勝点のきっかけとなる先頭ツーベース。ノーアウトで出てこられると、さすがに敬遠は出来ない。むしろチャンスで回ってくれたほうがありがたいくらいの状態だ。元々力のある選手ではあるが、短期戦でこれほど調子の良い相手がいると実に困る。こちらの選手で目立っていたのは白崎だろうか。先制点のきっかけとなるライト前ヒットを放ちヒーローの権利 [続きを読む]
  • 筒香弾で大事なCS初戦を奪取!!
  • De 5 ー 3 巨勝った!ファーストシリーズ完っ!!!・・・ではないが、初戦を取ったことで相当有利な状況になったことは間違いない。序盤危ないながらも要所を締めてしっかりHQSで試合を作った井納。同点ホームランの梶谷。ロペス弾に、宮?・戸柱で取ったダメ押し点。まさに皆でもぎった勝利と言った塩梅だが、その中でもやはり筒香の1撃のインパクトは群を抜いていた。1点負けている状態でツーアウトランナー無しから3 [続きを読む]
  • 明日はいよいよ球団史上初のCS
  • 前回更新したのがいつかと思えば5月だった。それも借金を9抱えた絶望的な5月序盤。考えてみると、今よくこのステージに立っているものだと思う。思えば4月は見るも無残5月は絶好調で6月は失速し7月で再加速という、サービスのいいジェットコースター状態のチームであった。それも終わりよければすべてよし。まだ戦っていないが、今年は正直な所CSに出れたことだけでもだいぶ満足している。あの伝説的な最弱のチームが、シーズンを [続きを読む]
  • 上に行くならここは3タテが必要
  • 待ちに待った梶谷が復帰し活性化した打線。目に見えて得点力が上がり、ヤクルトに連勝して勝ち越しを決めた。まだ筒香の復帰も控えており、打線の上向き要素がまだ残っている。だが、チームの調子に上向きの機運が見えても、のしかかるのは未だ借金9という事実。借金9ということは、三連戦のカードにおいてとりあえずの目標である2勝1敗、これを9連続で行わないと返済できないということだ。途中で3連敗などが挟まってしまえ [続きを読む]
  • よーいドンからの即3点でほぼ終了
  • De0 − 6ヤ負ければセリーグ唯一の借金持ちチームという屈辱なのに、開始10分でほぼ終了。記録はヒットな飛雄馬のエラーで、2ランHRが3ランHRになりはしたが、どうせ完封されるので余り変わらない。ちょっと前のもう少し希望がある頃なら、「2点先制されるのと3点先制されるのでは選手の気持ちの面で〜〜〜」とか書いたと思うが、今となってはそんな気分にもならない。こちらのマズイ守備をあざ笑うかのように、ヤクルトは好 [続きを読む]
  • これしかないという天才的な負け方で再び借金10
  • De6 − 7阪恥ずかしながら、6−1になった時点で今日は勝ったと思いました。本当に申し訳有りませんでした。また今日の記事は、采配批判が多数含まれていることもお詫びしておきます。チームの暗黒ぶりと、ラミレスを始めとした首脳陣の脳なしぶりは私の想像を超えていた。ターニング・ポイントは7回裏。まぁそこに至るまでも色々あったが、とりあえず7回裏についてだ。この回の山口は先頭の江越に粘りに粘られると、四球で [続きを読む]
  • 絵に描いたように酷いことばかり起こる
  • 今日もベイスターズ関連は酷いニュースばかりであった。筒香抹消に始まり、今永は14奪三振奪うも負け、借金は4月にして10となった。今日の今永は序盤から球のキレが素晴らしく、まるで相手を寄せ付けなかった。ホームランを打たれるまで外野に飛んだ球が0という結果にも現れている。しかし、不用意な四球からの1球に泣いた。今日に関して言えば、確かに援護は少なかったものの、先制してもらった後に失点しており今永にも責 [続きを読む]
  • このチームの明日のために
  • http://www.sanspo.com/baseball/news/20160428/den16042822530008-n1.html筒香、脇腹に違和感。29日阪神戦はわからない。とうとう最も恐れていた事態が発生した。チームの柱であり、看板でもある筒香の故障である。29日、つまり今日の試合はわからないと言われると、全然軽症のようなイメージを抱くが、それこそわからない。梶谷だって、散々「軽症」「開幕間に合う」と言われていたのに、結局まだ復帰していない。怪我の回復 [続きを読む]
  • 誰もが予想していた惨劇
  • De2 − 9中6回表 ノーアウト 1・3塁投手 砂田  ⇒  ペトリックこの時点で大半のベイスターズファンはすべてを悟ったと思う。そして結果は予想通り。この結果を予想してなかったのは、世界でラミレス一人ではないだろうか。まぁ今日というゲームを捨てるつもりだったのかもしれないが、それならペトリックは最低でも7回までは投げさせるべきである。おまけに7回には筒香まで下げて完全に捨て試合体制。挙句の果てに [続きを読む]
  • 相変わらず心臓に悪い場面もあるが勝利
  • De8 − 3中久保完封ペースで、今日こそ楽勝かと思った7回に見たくもないドラマが待っていた。この回までサクサクとアウトを積み重ねてきた久保が、突如全くアウトが取れなくなった。変わった田中も食らいつかれ、3点返されてまだランナー二人置いた状態。この時はすでに「今日もか・・・」と達観した気分になっていたが、何とかしのいだ。裏に登板の岩瀬に対し、エラー絡みで3点を奪い試合を決めた。負ければ4月中に二桁借 [続きを読む]
  • 流れってやつがめちゃくちゃ分かりやすかった試合
  • De3 − 7中序盤は本当に何をやってもうまくいった。攻めては微妙な当たりがことごとく内野安打。スクイズをすればギリギリにセーフティスクイズ。守っても、相手の送りバントをゲッツーで阻止。1点取られた後もゲッツーで後腐れなし。まさに順風満帆で、3連戦の頭はもらったと言わんばかりだった。しかし、6回から突如風向きが変わった。コツコツ取ったリードが、2本連続のHRでさっくり同点にされると、今度は藤岡がアクシ [続きを読む]
  • 全力で勝ちを譲りに行く野手陣
  • De0 − 3巨試合終了時、普段試合を通して使わないことすらある「E」の欄に、実に4という数字が刻まれた。その隣の「H」の欄は7とそこそこの数字ではあるが、さらにその横の大事な得点の欄にはたこ焼きが一個表示されているだけであった。4エラーで無得点。全力で相手を勝たせに行っているかのようであった。飛雄馬の二つのエラーは失点にこそつながらなかったが、すでに終わっているはずのイニングを続けることで、山口のス [続きを読む]
  • 井納完封 & 倉本あとちょっとでHR決勝打
  • De3 − 0巨点数的には快勝だが、実際は今日も延長でもおかしくなかった。相手先発は横浜が伝統的に苦手にしている、荒れ球左腕のポレダ。予想通りというべきか、6回まで8四死球と荒れに荒れた相手を全く捉えられなかった。球数がかさんだからかは分からないが、6回で降りてくれたのは幸いであった。先発の井納は序盤こそ不安定だったが、3回以降はわずかに1安打1四球。9回でも140キロ台後半を連発し、完全にエースの [続きを読む]
  • しかし今永の初勝利はいつになるのだろうか
  • De1 − 1巨なんとか引き分けといったところか。予告先発を見て、試合前から今日も今永は厳しいなと思ってはいたが案の定。7回1失点と文句のない成績ながら、負け投手の責任をもって降りるはめに。実力は申し分ないだけに、本当に気の毒である。なんとか負け投手の責任だけでも消すことが出来て不幸中の幸いだ。菅野は序盤から隙のない投球で、まるで点が取れる気配がしなかった。筒香の打席の時は150kmを連発するなど、 [続きを読む]
  • 梶谷がそろそろファームで復帰? & 新外国人野手調査中
  • 梶谷が公式のfacebookで、痛みが引いたと報告を出した。まもなくファームの試合に復帰予定のようだ。感覚を戻すの時間を掛けたくないと言っている。この調子ならGW明けくらいには戻ってこれるのではないだろうか?現在外野は桑原が絶好調で、筒香は当然固定。昨日復帰のロマックに荒波に井手、打撃で結果を残している乙坂もいる。ここに梶谷が戻るとなれば、一気に激戦区になる。絶好調期間が終わってそうな井手と、守備の怪しい乙 [続きを読む]
  • 圧勝
  • De10 − 0広圧勝。ぐうの音も出ない圧勝である。あれほど欲しくて欲しくてたまらなかった得点が、次から次へと流れ込んでくるさまは圧巻であった。ほんとうに面白いように点が取れる。流れというものは実に恐ろしい。ここまで唯一と言って良い圧勝であった。うまくいく時は何でもうまくいくもので、投手陣もモスコーソを始めとして全員が零封。もうちょっと他の試合にとっておけよと言わんばかりの活躍であった。心配なのはそ [続きを読む]
  • こういう試合を勝たないとCSどころか最下位脱出も無理
  • De4 − 6広正直な所2回に先制されたところで今日も終わったなと思った。追いついた。4回に突き放されたところで、ああやっぱりダメだと思った。追いついた。5回に勝ち越した時は今日は勝ったかと思った。追いつかれた。延長戦に入った時は、もうだめだなと思った。その通りだった。石田は去年はムエンゴ気味で勝てなかったが、今年は自らが勝てない投球をしている。確かに打線の援護は少ないが、勝ち越してもらってすぐに追 [続きを読む]
  • 汎事崩壊
  • De4 − 5ヤ今日は勝ったと思った瞬間が2度あった。9回表の乙坂のタイムリ−で追加点をとった時2アウト2塁で、バレンティンの打球がサードゴロだった時勝ったと思ってから続いたのもあっただろうが、白崎のエラーの時点でまだ1点差。ここは山?がしのいで欲しかったが、続く2打者にいずれも初球をとらえられゲームセット。今週は勝ち試合0という惨状で終わった。自慢の守護神で負け、自慢の4番は音無し。良いと言われて [続きを読む]
  • 弱し
  • De0 − 4ヤまだ4月だというのに、もうすでに3度目の3連敗である。借金は7。主力で離脱しているのは梶谷くらいで、後はロマックが大爆発するか、途中でとった新外国人が大当たりするか、それくらいしか伸びしろはない。すでにCSを目指すのならギリギリのラインだろう。今日スタメン起用の白根は、三振に併殺と散々な結果だったようだ。まぁ最初から通用するくらいなら、開幕から一軍だったであろう。守備という明確な弱点を [続きを読む]
  • 白根昇格で今日初スタメン
  • そしてどうやらロペスがサードを守るようだ。ラミレスはもっと我慢強いタイプの監督かと思っていたが、4月にして早くも総動員感が出てきた。開幕前から守備重視を謳っていたが、ここに来てそれも翻して、いろいろと模索してきたように思える。ただ阪神との2戦はいずれも守備で失点しているだけに、ここでさらに打撃重視にするのは正直苦しい。白根のサード守備は実際に見たことがないが、聞くところによると1軍で守れるレベルで [続きを読む]