気軽に茶道をしてます。 さん プロフィール

  •  
気軽に茶道をしてます。さん: 気軽に茶道をしてます。
ハンドル名気軽に茶道をしてます。 さん
ブログタイトル気軽に茶道をしてます。
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hougetukai
サイト紹介文日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお茶菓子で お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/04/07 08:41

気軽に茶道をしてます。 さんのブログ記事

  • 「大円真」のお稽古は金木犀の香りで・・・
  • 二日続けてのお稽古に伺うため、今朝玄関を出ますとふくよかな懐かしい香りが、少し高揚した心持が和らげてくれました。香りの先は、お向えの金木犀の方からで、葉陰から小さなオレンジ色の花びらがちらっと見えました。昨年の10月末のブログで紹介済み、今年は早くありませんか、もしかすると秋が短いのでは思われるぐらい。花言葉は、甘い香りから「陶酔」「初恋」、そして甘い香りに反し控えめな小さな花の姿から「謙遜、謙虚」 [続きを読む]
  • お稽古に伺う前に平城京跡で秋の野芥子に
  • 今日は、月一回の大先生のお稽古日、「中置」の予定。朝少し早目に家を出たものですから、平城京跡を廻り、東の若草山を望みますと、東大寺大仏殿の光る鴟尾が小さく目に、そして横に二月堂の屋根も。 平城京跡では草葉に隠れ彼岸花が、そして蝶が舞っておりアキアカネやツグミも顔を見せてくれました。 くっ付き虫のオナモミ、紅色のイヌタデとエノコロ草も  反対側の西には朱雀門が青空に映えて、そして 第一次大極殿もスス [続きを読む]
  • アンバサダーホテルでの披露宴のメニュー
  • 今日はお彼岸の中日、先日結婚式に寄せて頂いた二人は、ハワイでのハネムーンから帰るころでしょう。台風18号が九州に迫る中、舞浜のアンバサダーホテルでの挙式・披露宴、めでたいことこの上なく、御本人たちはもとより御両親・御家族の嬉しさの御裾分けに預かれ、光栄の限りでした。結婚式はディズニー・フェアリーテイル・ウェディングで、ローズチャペルでの挙式、そしてミッキー・ミニーのサインニングセレモニー及びブーケト [続きを読む]
  • 大和文華館「文人のまなざし 書画と文房四宝」展へ
  • 雲が多く涼しい朝を迎え、秋らしい天気になりそうな予感朝8時庭ではやっと秋冬野菜のためゴーヤや獅子唐がたおされ、明るさの増した小畑、糠をいれたのでしょうか?掘りおこした畝に、何羽ものすずめが啄んでおります。網戸越し先日伺った曼珠沙華の咲きだした大和文華館『文人のまなざし−書画と文房四宝』展も残す事十日に さあ、なまこ壁の本館へ当展はHPによると(抜書きです)”文人は文化の重要な担い手で、友人との語らい [続きを読む]
  • 「こぼれ萩」で貴人点薄茶を二回
  • 昨日は自宅稽古で、一週間ほど空いてしまい台風18号での落ち葉などで掃除に小一時間も掛りました。でもこの台風は九州、四国、本州と北海道、四島に上陸した最初の台風になり、被害も日本全国に及びました。この収拾にあたられておられるのに、政治は国会解散風が、強く吹いておりますね。被害者は・・・。花を求め小庭に出ると台風で倒れた草木も少しだけで済み、一安心と思いきや、杜鵑草に葉に穴が開いておりました。葉の裏にび [続きを読む]
  • 大和文華苑の紅白は彼岸花、萩と酔芙蓉?
  • 明日20日は彼岸の入りで、旧暦8月朔日に当たります。先週末から近所でも待っていたかのように彼岸花が咲き始め、季節の移り変わりを感じました。でも昨日伺った大和文華館 アプローチの右端では白彼岸花は咲き、『一筋の白極まりし彼岸花』         正木和子 左右の彼岸花は紅い蕾が殆どで、品種?それとも日当たりなのでしょうか? さらに左側には紅・白の萩の花も。『萩の中に猶白萩のあはれなり』          [続きを読む]
  • 井口海仙宗匠の「新版・茶の湯読本」を
  • 朝から太陽が顔を出し台風一過の秋晴れと思いきや東の若草山上空には雲が・・・でも若草山頂上から中腹にかけ光り輝いておりました。 頂上 中腹『若草山に光り踊れる野分過ぎ』            愚句昨日伺った一休寺月釜、替茶碗の一碗は志野焼で銘「大和」、井口海仙宗匠の書付が・・・そういえば、電車の中で今読んでいる『新版・茶の湯読本』淡交社、井口海仙宗匠が著者だったことを思い出しました。 宗匠は1900年に [続きを読む]
  • 警報前に一休寺の月釜へ
  • 台風18号は午前中から鹿児島から宮崎を抜け、大分や宮崎などで大雨を降らし、災害が気になります。奈良でも午前11時半頃に大雨・洪水警報と暴風警報が発令中で、午後4時頃の若草山方を望むと、大風の中高円山の上空に鷹?が舞っておりました。真夜中には近畿地方を通過し日本海方面へ抜けるそうです。  昨晩遅くに帰宅でしたが、今朝は一休寺の月釜へ伺いますので、5時半頃目覚め、まずは台風の行方を確認し、早く還ればと朝8時1 [続きを読む]
  • 秋は恋の季節
  • 予約投稿になります。近くの遊歩道が、色づき始めており、 神ツ実の赤い実が出来ておりました。『莢蒾・ガマズミ』 そして桜の葉も一部は赤く色づき、創作料理にも、一葉添えられると、秋を感じますね。さらに定番の紅葉はと思っていると、クロアゲハが一頭 そして、蜘蛛も秋の飛び立ちに備え、殆どの巣には二頭のジョロウグモ(女郎蜘蛛)、恋の季節ですね。 明日は、親戚の結婚式、おめでとうございます。神の実・莢蒾(ガマ [続きを読む]
  • 玄関に黄色の小薔薇を
  • 予約投稿です。先日、バラを頂きました。黄色い小バラがいっぱい咲いてくれましたのでとどうしましょう。玄関に暗赤色の吾亦紅と合わせてみました。『吾亦紅笑う黄バラに背を伸ばす』              愚句             赤色と黄色のバラもあれば『草むらむら薔薇黄なるあり赤きあり』             政岡子規華やかな玄関になりました。茶花にはバラ等の刺のある花は、通常お茶席に用いないとず [続きを読む]
  • ヌスビトハギ(盗人萩)で
  • 昨日朝の大雨警報が嘘のような夕暮れの若草山でした。明日は秋晴れを予感させます。最低気温は20.9℃とやや涼しい朝を迎えますが、雲が多く、台風18号の影響で秋雨前線の南下が妨げられたのでしょうか?今朝はお稽古に伺う日、庭から花をと思いますが、珍しい花はなく、萩、ムラサキシキブ、水引、藪茗荷、木槿二種、この木槿にたかったアリとの戦いは30匹にも、でも車に運び入れるときにまだ数匹、可哀相ですが・・・『木槿花群が [続きを読む]
  • 大雨警報の朝に杜鵑草が咲きだし
  • 蒸し暑くて久しぶりに寝苦しい朝を迎え、低い雷鳴で目を覚ますとラジオから「ツリフネソウ」と誕生日の花の名がもう少し寝かせて・・・ウトウトしていると五時半頃からゴロゴロ雷鳴が鳴り響き激しい雨も、慌てて窓を閉めに。いってもそれほどではなく、七時には小雨に、ところが小学校に設置された防災無線から大雨・洪水警報の発令が、TVでも奈良中部に記録的大雨、電車まで止まっているとあっ、孫の面倒依頼があるかもーと思ってい [続きを読む]
  • 貴人清次濃茶と貴人清次薄茶を
  • 2001年9月11日テロ、同じ年の3月にNYで観たWTCは・・・「グランド・ゼロ」に、合掌。北朝鮮情勢も安保理の制裁の行方が心配ですね。昨日の奈良の最高気温は30.4℃と真夏日になりました。湿気もあり簀戸を通る風も・・・お稽古場は、炭が入り、エアコンを効かせてのお稽古に。 床のしつらえは、「寿楽」、「菊置上蛤香合」お花は、二種の木槿、吾亦紅に水引を 主菓子は「着せ綿」を作り干菓子は、軸に合わせ長寿の『鶴亀』を 四 [続きを読む]
  • 昨夜は花火が二か所で
  • 重陽の節句の昨夜は孫の合同誕生会でした。13歳になった初孫の男子(居候中)は8月31日とたった一人の孫の女の子は9月4日で9歳に。それぞれ大きくなり、嬉しい限りです。持ち寄りで食事会、ユーロが余ったからと言って長男はグラス付の「エルディンガー・ヴァイスビア(Erdinger Weißbier)」も持参してくれました。一口頂くと甘い小麦の香りのあと、程よいホップの苦みで来年の音楽旅行はミュンヘンのオペラ週間も良いかも?そう [続きを読む]
  • 菊月は「菊置上蛤香合」を
  • 「重陽の節句」の最低気温は17.9℃とやや冷え込むもこの気温は9月中旬並みに当たり、露は望めそうも・・そして最高気温は30.6℃と真夏日、気温差が大きく今後の体調管理に気を付けなければなりませんね。今朝もお稽古日、少し早目にお出での方がおられ、準備に、最初は菓子作り『着せ綿』ですね。  掃除をして風炉の灰をもれいにし、二文字押切灰形をもう一度掃除機で風炉廻りを掃除し、外回りそして庭で花を、小菊は伸び盛り? [続きを読む]
  • アプリ「Q助きゅうーすけ」を知る
  • 明日は9月9日で「重陽の節句」ですが、ご苦労にも駅前で消防署員の方々が、チラシを配布されておられ、『救急の日』でもあるんですね。無料・全国版救急診断アプリ『Q助きゅうーすけ』へ安易に救急車は呼べませんが、いつ何時お世話になるかもしれませんね。駅から歩いて帰ると、近くの高校では、例年通りの学園祭が予定され、遊歩道からの入口のモニュメントに「NA・RA・LAND」と2016年のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」アカ [続きを読む]
  • 菊月は着せ綿
  • 今日は白露ですが、奈良の最低気温は24.2℃と蒸し暑い朝になり、露は望むべくもありません。雨粒そして明後日は「重陽の節句」、菊の節句ともいわれ、この菊月の菓子はといえば『着せ綿』になりますね。茶道大辞典、淡交社では『被綿・きせわた』の項になり”重陽の節句(前日に菊の花に綿を被せて露や香を移しとり その綿で実を拭うと長寿を保つという)にちなんだ銘で、 黄色のきんとんに自然薯のそぼろを綿に見せかけたもの。  [続きを読む]
  • 貴人点薄茶
  • 小雨が降る朝、気温は21.9℃と六日ぶりの平年並みに、でも今日明日と雨だそうで、植物には恵みの雨になる地方もありますね。昨日は朝から自宅稽古、前日の点茶盤から模様替えを床のしつらえ、軸は『寿楽』稲穂が垂れております。花は藪茗荷、萩、吾亦紅で   さあ炭を熾し、釜を掛け、お待ちするばかりに   準備した菓子器には、白紙を敷いた高杯で、一目で、稽古内容をお判りになられましたでしょう。「貴人点薄茶」と「貴人 [続きを読む]
  • 孫の誕生日を一緒に
  • 今朝の奈良の最低気温は18.3℃と五日連続20℃以下、肌寒いのですが、昨日までとは違います。若草山もぼーっと、湿気が感じられられ雨が近い証拠。予報によると夕方から金曜日までは雨模様、嫌ですね。昨日は朝から菓子作り、そして昼から立礼でのお稽古に、点茶盤を使いお薄の貴人点てをさせていただきました。 終わり頃、近くに住む孫からの電話がと、珍しく相方から告げられました。お稽古中で本当に失礼なのですが、中座させて [続きを読む]
  • 長月の玄関は「天上大風」の色紙で
  • 奈良の最低気温は18.0℃、4日続けて20℃以下と肌寒く米の花の開花時期ですので米作が心配ですね。長月の玄関のしつらえは、虫籠を残し、色紙の『天上大風』良寛さんと、南瓜を。凧文字『天上大風』は、良寛さんが子供らに凧に書をせがまれると、天高く凧が揚がったと伝えられており一見すると線が細く拙い字の形で素人ぽく思われます。天の字だけが異常に大きく、第一画と第二画の間も離れ、風も虫が極端に左に寄り、隙間ができ収 [続きを読む]
  • 「天一天上」は良い日
  • 『天一天上』の今朝の奈良は19.4℃、3日連続の20℃以下にでもベールが懸かりぼんやりした朝ですが、眞子内親王の婚約内定日ですね。でも秋にもとされる皇室の婚儀では、通常十二単からベールのないウエディングドレス姿になるのだそうですが?朝から奈良市内までお稽古に伺いますと、辻々に警察官が一人づつ立たれており、ボーイスカウト・ガールスカウトの皆さんがゴミ袋を持ち清掃活動中でした。何が?お稽古では貴人清次花月を [続きを読む]
  • 猿沢池のシラサギに
  • 今朝の奈良は19.5℃と二日続けての20℃以下となり昨晩はもう一枚夏の羽毛布団を出しておいて正解でした。日中は台風の影響なのでしょうか、時おり強い風が吹き最高気温も29.3℃と過ごしやすい一日になりました。相方は、昨日から思い出したかのように狭い庭で秋冬野菜の準備に、雑草だらけだったのが、朝からもう耕していたはずが、帰ってくると、もう昼前には腰が痛いとダウン!とのこと奈良博の「源信、地獄・極楽への扉」展も明 [続きを読む]
  • 今日は防災の日で
  • 今朝の奈良の最低気温は18.5℃と肌寒さを覚えるほど、TVを点けるとサッカーでもちきり、良かったですね。でもゆっくりしてはいられません。サッカーもそうですが今日は干しておいた茶事道具の片付けやパン作りの予定、その前に朝から「茶の湯の書」を習いに京都へ往きます。7時過ぎには重い鞄や荷物をもち孫の居候さんも顔を出し新学期が始まり、電車は混むのでしょうか?。長月朔日、210日で暦通りに台風が来ており、台風15号は小 [続きを読む]