鳥まり、参る! さん プロフィール

  •  
鳥まり、参る!さん: 鳥まり、参る!
ハンドル名鳥まり、参る! さん
ブログタイトル鳥まり、参る!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yapparitorigasuki
サイト紹介文ご来訪ありがとうございます! 大和撫子“鳥まり”の日々の奮闘を記録&お届け☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/04/07 11:20

鳥まり、参る! さんのブログ記事

  • コミックエッセイ『渡英2年うめだまのイギリス自由帳』。
  • 【“描くこと”への愛が溢れる豪華コミックエッセイ】買ったのはずい分前なんですけど、やっと感想文を書きます。うめだまりこさんのコミックエッセイ『渡英2年うめだまのイギリス自由帳』を読んでみました  ↓  ↓※『渡英2年うまだまのイギリス自由帳』(アマゾンに飛びます)著者のうめださんは、・もともとは東京のゲーム会社で働くデザイナーさん。・「海外の映画業界で自分の力を試したい!」 という志のもと、2年の [続きを読む]
  • ベーシック・きちんと、を誰も教えてくれない。
  • 【おしゃれ迷子女子に昔の自分を見る…】書いていいよ、と言ってくれたので書きます。鳥まりの友人・Sちゃん(20代、理系出身で、研究をいかした職で頑張っている)は自称「女子力ゼロの絶望的なおしゃれ初心者」である。自称だよ、私が一方的に悪口書いてるわけじゃないからね(彼女は色白美肌だし、私的には和顔美人さんだと思う)彼女の出身学部はお嬢さんやモテ系女子も多いところだったそうなのですが、色恋に忙しい彼女た [続きを読む]
  • 愛されない理由。
  • 【無邪気な存在でさえ…】個体差はあるだろうけど、動物って、条件の愛を与えてくれる尊い存在です。動物の家族(ペット)がいる人、かつていた人なら「うんうん」と頷いてくれるのではないでしょうか。よく「このケダモノー!!」「〇〇(動物の固有名詞)以下よー!!」という貶めた表現がありますが、動物からしたら「俺たち、そんな下品な生き方してません」ってところでしょう。野生動物も、人間の家族になってくれる動物もね [続きを読む]
  • せっけんの活用と最近のケアと。
  • 【ボディソープをやめてみた】最近、ボディソープをやめてせっけんで体を洗うようにしてみました。だいたい1か月くらいたったでしょうか。夏は汗をかくからなのか、お肌が敏感になって…かゆくなりませんか?私はちょっとなりました。「洗いすぎはかえって良くない」という考えはすっかり日本に浸透して、秋・冬なんかは匂いが強くなりやすい箇所・日焼け止めを塗ったか所以外は泡をつけて洗わなくてもいいっていいますよね。夏場 [続きを読む]
  • ぜんぶ・・・天気のせいだ・・・。
  • 【低気圧フーッ!!】低気圧・台風(熱帯性低気圧)の時はそうでないときに比べて、血行不良になりやすいそうです。ゆえに低気圧・台風がやってくると、肩こりやら首コリやらがひどくなったり、人によっては頭痛・めまいを引き起こし、多くの人はなんかぐったりしたりイライラするらしい。どうりで…このことを教えてもらって、私の中で色々納得がいきすぎて目からウロコが10枚くらいとれた気分になりました。漢方の先生(自称じ [続きを読む]
  • 心ざわざわ、しかたない。
  • ※日記です※またひとつの人間関係が終わるか変わるかしそうです。人はコミュニケーションの生き物だから、こういう変化ってけっこう心と体にくる…成長したり変化していくと、ケンカなんかしなくても、不器用な対応なんかしなくても、合わない人とは合わなくなってしまうんだよな〜。悲しい。何かを手放せば心にスペースが空いて、今の自分にあったご縁がやってくるのだってわかってはいるけど、やっぱりなんだか悲しくなってしま [続きを読む]
  • エクセルのチークとハイライト。
  • 【コスメの感想です】先代のチークとハイライトをめでたく使い切ったので(使い切るって気持ちいいんですよね〜)、新しいものに切り替えました。ちなみに先代は…。・チーク→セザンヌのミックスチーク。 ほぼ毎日使って7か月くらいで終わりました。・ハイライト→こっちもセザンヌ。 パウダーとスティックを併用していました。 これは1年以上もちましたね。…こんな感じでした。プチプラコスメ界でトップクラスの安さを誇る [続きを読む]
  • 憑き物(物欲)が落ちた。
  • 【ショッピングモールは気軽な美術館】憑き物が落ちたように、物欲がいつのまにやらなくなっていました。いやもちろんゼロになったわけではないです。ゼロじゃないけど、本当に物欲…私の場合は「買い物したい欲」「お金を使いたい欲」が減った。それを最近またまた実感しているんです。夏のセールに全然心乱されていないから相変わらず、百貨店やショッピングモールを歩くのは好きだけど気軽な美術館でタダで楽しませていただいて [続きを読む]
  • 思考停止して逃げだすと・・・。
  • 【恐怖がすごいと考えることすらやめたくなる】鳥まりさんは、高校のカラーが全然自分と合わなくて入学してしばらくはけっこう辛い思いをしていました。結局そのまま3年をすごして卒業し、気の合う友達もできたので結果的に良かったといえば良かったけど。中学時代はガリ勉になりたくて自分なりに頑張っていたのですが、もともとが勉強嫌い。自分比で成績をどーんと上げても先生から見ればまだまだで、「もっと志望校のランク下げ [続きを読む]
  • 魚焼きグリルでトーストができる!
  • 【買ってよかった、グリル用トレー】勝間和代さんの本を参考に、魚焼きグリル用トレーを買ってみたら大満足ですと以前書きました。この記事で。  ↓※『勝間式 超ロジカル家事』。多分この商品だと思います。  ↓※デュアルプラス オーブントースター・トレー 大型 FW-TJ (アマゾン)これがあると掃除が楽々になるので、魚焼きグリルを大活躍させられます魚用とそれ以外で用途をわけて2枚もつことで、魚以外にも使えます。( [続きを読む]
  • 不老のひと。
  • 【年をとらない人々】「なんでこんなに若いんだろう…」と驚くような人たちが、この世には確かに存在している。アラフォーなのに18才の美少年にしか見えない人とか、95才なのに60才(本当に!)くらいにしか見えず、姿勢もまっすぐで言葉もきちんとしている人とか。一昔前に美しい熟女(少なくとも40代以上)のことを“美魔女”と呼んだものですが、美魔女は美しいけれど年齢不詳っぽい感じ。私の思う“不老の人”は本当に [続きを読む]
  • 「買う」「食べる」以外の幸せ。
  • ※「言いたい放題カテゴリーにした方がいいかな?」と思ったほど言いたい放題しています※【最近気になること】そんなにテレビを観ている時間が長い方ではありませんが、最近ますます「買わせよう」「お金をとにかく落としてもらおう」と販売促進に命かけているような番組が増えている気がしてなりません。不景気なのでしょう(というか、好景気といわれた時代を私は知りませんが)、低価格の買いやすいもの、頑張ればまあ出せるか [続きを読む]
  • 覚書・男性に好評だった服。
  • ※2015年7月30日の記事を書きなおしました※久しぶりに読み返したら文章にイラッときたので、大事なところはそのままに書きなおしました。2015年…なにかよろしくない文章の作品にはまっていたのでしょうか。だいぶ読みやすくなったと思います【好評だった服を記録します】男性に好評だったコーディネートを記録しておきます。2015年ですが、そんなに流行り廃りのあるコーディネートでもないので今でも役に立つかも [続きを読む]
  • 美肌は結局、内臓・・・。
  • 【がむしゃらに買っては使い…】私は小学校高学年くらいから顔にニキビがふきはじめ、最もひどかった中学2〜3年生の頃は「爆発したニキビの中に目と鼻と口がある」んじゃないかと思うくらいひっどいニキビ面でした。赤ニキビやら白ニキビやら…遠い昔のことすぎて忘れていますが、当時「一生こんなまんまの肌なのかな…」と絶望してはさめざめ鏡の前で泣いていたことは記憶にあります。中学生のわずかなお小遣い・頼みの綱である [続きを読む]
  • ブランドバッグを持つのは・・・。
  • 【なにがいけないのだ】友達が海外旅行の御土産に、奮発してルイ・ヴィトンのバッグを買った。それを職場に持っていったらお局さまに「見栄でブランドバッグ持つ人って、ホントダサくて笑っちゃうよね〜」と聞こえるように悪口いわれちゃったそうで、落ち込んでいましたひどいね〜。ありがちなガキ大将のいじめだわ〜もうとっくに大人でしょうが(笑)。友達は好きだから、憧れてたからそのバッグを買ったと思うんだけど、仮に見栄 [続きを読む]
  • 洗濯の知恵。
  • 【いよいよ夏本番!】雨が降りやすい時期をすぎたら(過ぎたのか?)ついに…夏本番です。いや〜暑いです!!だらだら汗は流れ、日差しはガンガン照っていて…「そうですね…夏って、こうですよね…」と思って汗をぬぐい、日傘をさす毎日。日傘は便利なのですが人が多いところでは危険でさせないし、風の強い日は持っているのも大変です【やっぱり夏はTシャツが便利♪】こんな夏はやっぱり、Tシャツがとっても便利です。ついつい着 [続きを読む]
  • 有村架純さんに学ぶ、ボーイッシュ&キュート!
  • 【プロはステキに見える工夫がいっぱい】今や人気女優となった有村架純さん。いかにも男性から好かれそうなルックスですが、同時に「架純ちゃんが憧れ」とおっしゃる同性も多いです。テレビで有村さんを拝見すると「自分で選んでいるのか、専属のスタイリストさんが選んでいるのかわからないけど、彼女のステキさが目立つようによく工夫してるな〜」と思います。プロってこういうことですよね有村さんのスタイルはボーイッシュとキ [続きを読む]
  • 愛を手紙にして・・・。
  • ※宝塚の話です※【“いま”は一瞬で、かけがえのないものだから】「鳥まりさん、ブログ止まりすぎじゃない?」「ここにきて、ちぎみゆロスが一気に出ちゃったの?」※1「まぁ様、あとは退団公演残すのみだから…」※2「7月6日が最終更新日…アッ…(察し)」※3「キキちゃんファンなのかな?」※4等々、宝塚ファン仲間の皆さまに心配されているとかいないとか。大丈夫ですよ〜おかげさまで生きてます以下、しばらく宝塚ビギ [続きを読む]
  • ペディキュアの季節。
  • 【サンダルにはやっぱり☆】晴れた日は暑くて生脚にサンダルが快適な季節になってきました。サンダルはくならやっぱり、ペディキュアがないと淋しいというわけで自分でやりましたよ〜。シンプルな赤です。OPIのベース・カラー・トップコートの3本使いです。こちらのマニキュアは高いけれど、やっぱり使いやすい今調べてみたら、アマゾンだとまぁまぁ安かった…そんな〜※OPI オーピーアイ ナチュラルネイルベースコート 15ml(ア [続きを読む]
  • 「好き」と「美しく見える」のバランス。
  • 【レイングッズはやっぱり必要だ】梅雨ですね〜…やっぱり私には雨の日グッズが必要だな〜と実感しています。・レインコート・長靴(レインブーツ)・雨靴(レインパンプス)・ビーチサンダル(横殴りの豪雨の時は…!)・ショートパンツ(乾きやすい&色落ちしない&濃い色ならなお良し)・折り畳み傘(毎日ちゃんとバッグに入れて出かける)・長傘(朝から雨が降っている日、雨が強い日はコレ)うん、どれも必要です【肌がきれい [続きを読む]
  • コミックエッセイ『とつげきドイツぐらし!』。
  • 【ドイツ語が話せない日本女性のドイツ暮らしエッセイ】相変わらずコミックエッセイは大好きで、よく読みます今回感想を書くのは白乃雪さんの『とつげきドイツぐらし!』です。宝塚好きなんじゃないかと期待してしまうペンネームですが、そうではないっぽい。※『とつげきドイツぐらし!』白乃雪(著) ←アマゾンに飛べます。作者の白乃さんは、22才の時に国際結婚をされます。お相手は大学時代に知り合ったドイツ人の男性。出 [続きを読む]
  • エッセイ『脱力系ミニマリスト生活』。
  • 【読み出したら面白くてとまらない】森秋子さんのエッセイ『脱力系ミニマリスト生活』を読んでみました〜※『脱力系ミニマリスト生活』森秋子(著)←アマゾンに飛びます。本屋さんで平置き(っていうんでしたっけ?)してあって、なんとなく立ち読みしてみたら…もう面白くてとまらないお買い上げしてしまいました。作者の森さんは、38才の働く女性。ご結婚されていてお子さんもいらっしゃるそうです。かつてはお買い物が大好き [続きを読む]
  • 『勝間式 超ロジカル家事』。
  • 【効率と機械を愛する人のための家事テクニック本】勝間和代さんの『勝間式 超ロジカル家事』という本を読んでみました※『勝間式 超ロジカル家事』勝間和代(著)(アマゾンの情報ページに飛びます)ご存じ、バリバリ稼ぐビジネスウーマンの代表選手であり、3人のお子さんがいらっしゃることでも有名な勝間和代さんの書いた家事本です。家事の「当たり前でしょうがないけど、仕方ないしめんどうくさいこと」を勉強とビジネスの世 [続きを読む]
  • 家の因果が大きすぎる人は土地から離れよ。
  • 【怖がりすぎてもいけませんが…】前回記事(※『助けるフリして、魂喰い』)の続きです。Dさんは完全にその霊能さん(ヒーラー?占い師?セラピスト?なんと名乗るにせよ、ゆるされないことしてる)に洗脳されて、依存していたと思われます。洗脳しようとする人の特徴・モラハラ気質の強いこういう世界の人の特徴はいずれまた別記事にあげたいところ。私(鳥まり)は相手のオーラや背負っているものが視える(正確にいえば、守護 [続きを読む]
  • 助けるフリして、魂喰い。
  • ※今回けっこうキツいことを書いていますが、ひとつのケースだと思って読んでいただければ幸いです。【なんてこと吹き込んでいるんだ】とある有名人さんが、ここ数年日本の狭い界隈で常識となりつつある動きを一蹴してくれて、鳥まりさんは本当に本当にホッとした。具体的な固有名詞を出すのは悪意あると思うので書きませんが…。人間、やっぱり真心が大事だよね。自分の望みに素直でいることと、人と支え合って生きていくことは両 [続きを読む]