カズさん さん プロフィール

  •  
カズさんさん: 医療関係資格試験マニア
ハンドル名カズさん さん
ブログタイトル医療関係資格試験マニア
ブログURLhttp://iryoukannkeisikaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文様々な医療福祉関係の資格試験問題に挑みやさしく解説するブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供584回 / 365日(平均11.2回/週) - 参加 2015/04/07 15:03

カズさん さんのブログ記事

  • LD50/ED50について
  • 安全域=LD50/ED50について 歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ からhttps://ameblo.jp/dentalkokushi/entry-12064968713.html2015年08月23日(日) 配信いいこと書いてありますね。シェアさせてもらいました。このブログは通しで読む価値がありそうです。【用量反応曲線の復習】薬物は一定量を服用しないと効果が出現しません。しかし、多く服用すると、中毒症状が出現します。増量を続ければ最悪死に至ります。そこで、 [続きを読む]
  • 内皮細胞間の結合
  • What kind of junction between capillaries ?https://global.britannica.com/science/capillary問題隣接する毛細管内皮細胞間の結合は以下のうちどれか。1つ選べ。a デスモゾームb ヘミデスモゾームc ギャップジャンクションd タイトジャンクションe 基底膜解答:MOREへ [続きを読む]
  • 歯科国試:予想英語問題 23  Important Care
  • 歯科医療とは違うテーマではある。医学部入試で問われるようなテーマ !医学英単語の語彙を増
    やすために出しました。https://www.whittington.nhs.uk/default.asp?c=4150問題(    ) care is a multidisciplinary ap
    proach to specialized medical care for people with life-limiting illnesses. The goal of such therapy is to improve quality of life
    for both the person and their family.(    ) に入るのははど [続きを読む]
  • テトラサイクリン変色歯
  • テトラサイクリン変色歯についてhttp://www.koba-dental.net/blog/2013/02/post-85-15114.html問題テトラサイクリン変色歯について正しいのはどれか。a 内服が原因となる。b 乳歯には認められない。c エナメル質のみ変色する。d 紫外線暴露により色調が変化する。e 通常のホワイトニングで治療可能である。解答:MOREへ [続きを読む]
  • 歯科国試:予想英語問題 21 発生学関係
  • 発生学関係の基本英語問題問題In vertebrates, (     ) subsequently gives rise to muscle, connective tissue,
    cartilage, bone, notochord, blood, bone marrow, lymphoid tissue, and to the epithelia [surface, or lining, tissues] of blood vesse
    ls, lymphatic vessels, body cavities, kidneys, ureters, gonads, and so on.(    ) に入るのははどれか?1つ選べ
    。a ectodermb mesodermc endodermd neural tu [続きを読む]
  • 神経堤 neural crest 由来の組織 (NBDE Part1)
  • 神経堤 neural crest 由来の組織 (NBDE Part1) http://www.wideralab.org/index.php/2-uncategorised/19-neural-crest-derived-s
    tem-cells1st Aid Q&A NBDE Part 1: Anatomic Sciences からQ113改題以下の細胞のうち、神経堤 neural crest 由来の
    細胞はどれか。すべて選べ。A astrocytes  星状膠細胞B oligodendrocytes 乏突起膠細胞C odontoblast 象
    牙芽細胞D melanocytes  メラノサイトE enterochromaffin cel [続きを読む]
  • エナメルマトリックスの分泌はいつ? (NBDE Part 1)
  • 1st Aid Q&A NBDE Part 1: Anatomic Sciences からQ77エナメル芽細胞によるエナメルマトリックス分泌が始まるのはいつか?1つ選べ。A During the cap stage 帽状期最中B After the odontoblast form dentin 象牙芽細胞がdentin分泌を開始した後C Before the odontoblast form dentin 象牙芽細胞がdentin分泌を開始する前D After root formation begins 根部形成後E Before the cap stage 帽状期の前解答:MOREへ [続きを読む]
  • Emergency cricothyrotomyにおける切開部位 (NBDE Part 1)
  • 第3臼歯抜去時の合併症のQ45関連した問題。1st Aid Q&A NBDE Part 1: Anatomic Sciences からQ46気道閉塞を起こした患者への緊急輪状甲状切開 cricothyrotomy を行うことがある。この手技の中で、以下のどの組織間に切開を加えるべきか?1つ選べ。A hyoid bone and thyroid cartiage   舌骨と甲状軟骨の間B cartlaginous rings of trachea     気管の軟骨輪C thyroid carilage and cricoid cartil [続きを読む]
  • 第3臼歯抜去時の合併症 (NBDE Part 1)
  • Complication at the extraction of 3rd molar teeth1st Aid Q&A NBDE Part 1: Anatomic Sciences からQ45についての解説は自信ないです。ご指摘ください。以下のQ44-45は以下の臨床症例に関連する問題である。22歳、男性。位置異常( malposition) を呈する17番(USA表記:下図参照)を抜歯するために某歯科クリニックを受診。担当歯科医は下顎牛角鉗子 (mandibular cowhorn forceps)にて抜歯することを決断した。当該歯はなん [続きを読む]
  • 下歯槽神経ブロック (NBDE Part 1)
  • 下歯槽神経ブロックの手技と解剖学的位置関係1st Aid Q&A NBDE Part 1: Anatomic Sciences からhttps://www.slideshare.net/DeepakKumarGupta2/mandibular-anesthesiaQ47下歯槽神経ブロック inferior alveolar nerve block を行う際に、誤って後方に刺しすぎた場合に以下の解剖学的構造物が貫かれるか?1つ選べ。A 頬筋 BuccinatorB 外側翼突筋 Lateral pterygoidC 内側翼突筋 Medial pterygoidD 顎舌骨筋 Mylohyo [続きを読む]
  • 食中毒の原因菌
  • http://omaezaki-hospital.jp/category/food-poisoning/新作問題感染型、毒素型の両方の性質をもつ食中毒の原因菌はどれか。すべて選べ。a 病原大腸菌b ブドウ球菌c ボツリヌス菌d セレウス菌e ウェルシュ菌関連問題:食中毒関係(歯科国試)化膿性連鎖球菌Clostridium属 (NBDE Part1)今日のポイント集 2ウイルス性食中毒芽胞形成性菌解答:MOREへ [続きを読む]
  • 嚥下中枢 (NBDE Part 1)
  • 嚥下中枢 (NBDE Part 1)1st Aid Q&A NBDE Part 1: Anatomic Sciences からQ72以下の神経核のうち、どれが嚥下1次中枢か。1つ選べ。A 上唾液核 Superior salivary NB 疑核 Nucleus ambigusC 下唾液核 inferior salivatoryD 顔面神経核 Facial nucleusE 孤束核 Nucleus of the solitary tract解答:MOREへ [続きを読む]
  • 歯科国試:予想英語問題 19 Hippocratic ?
  • 有名なヒポクラテスの???https://blogs.yahoo.co.jp/inamatsu06/21556552.html問題The Hippocratic (    ) is a
    n oath historically taken by physicians. Of historic and traditional value, this is considered a rite of passagefor practitioners
    of medicine in many countries, although nowadays various modernized versions are often used; the message delivered is still the sa
    me: do no harm.(    [続きを読む]