横濱かるめん さん プロフィール

  •  
横濱かるめんさん: 🎸趣味のギターを楽しむ蔦音次郎🎸
ハンドル名横濱かるめん さん
ブログタイトル🎸趣味のギターを楽しむ蔦音次郎🎸
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hayakawa19471014
サイト紹介文クラシックギターを楽しむブログです。 沢山の曲に挑戦しています。
自由文ギターは趣味です。専門家では有りません!
下手乍らギターを楽しむ、新しい曲に挑戦する喜び、ギター大好きの皆様と意見交換が出来れば嬉しい限りです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/04/07 15:56

横濱かるめん さんのブログ記事

  • 「愛のロマンス」&「魔笛の主題と変奏」を弾く
  • 禁じられた遊び&魔笛の主題と変奏 MAH00255&00256お遊び用として,下手な演奏に拍手を挿入した編集動画です。2009年に魔笛の主題と変奏曲は発表会で演奏していますが、当時の演奏会録画記録ビデオが有りません。せめて、当時の雰囲気だけでもと考えて、バックを暗くして演奏会場を作りました。この動画はこのブログのみの限定動画です。拍手無しは公開動画として別にアップしてます。韓国ドラマ「秋の童話」をテレビで観ていたら、 [続きを読む]
  • カムバックぶろぐ 19話 レッスンを受けて10年経過したが?・
  • ’2005にカムバック【ギターを持った渡り鳥】中年男がギターを再出発して、教室の門を叩いて10年が経過した。一時、ギターに挫折した音次郎・・何とか頑張って再チャレンジしました。改めてギターを再復活して良かったと思います。(あと数年で定年退職が控えて来ている歳頃です) この2005年は、まだ現役でバリバリと仕事に夢中でした。中学生時代から質流れの安物ギターで、小林旭さんのギターを持った渡り鳥を弾いて楽しんでい [続きを読む]
  • 6/16.昨日の指慣らしは・・熊蜂
  • 6月16日(金)1)グラナドスのスペイン舞曲5番2)ロボスの前奏曲3)アルハンブラの思い出4)プホールの熊蜂この4曲を中心に2時間ほど指慣らしで弾きました。スペイン舞曲5番は冒頭の個所から、「イメージが違う!」と指摘された個所を練習。此処は,⑤弦と⑥弦の左指の拡張でキツイ個所ですが、ここの弾き方は爪の音が入らない様に親指の腹で弾く様にしました。合いの手で入る②と③弦の開放弦を軽く弾いて、頭を下げない!此処で頭 [続きを読む]
  • 「ラリアーネ祭り」を試しに弾いてみました。
  • Feste Lariani (MAH00242) ラリアーネ祭り「フェステ・ラリアーネ」この曲は、アルペジオとトレモロで作られた中級者向けの楽譜ですが、アルペジオやトレモロを練習する人の為には、よい教材ですね。この第一変奏のアルペジオは意外に弾き難いですねぇ・・トレモロを上達するのも、アルペジオの練習が基本ですね。いろんなパターンのアルペジオを練習することで、完璧なトレモロのテクニックが生み出されると感じます。この辺りの [続きを読む]
  • 情けない! 進まないギターレッスン?
  • #10、#11のアルハンブラのレッスン大きく進歩はしていません・・やっぱし、アルハンブラの演奏の難しさですねぇ・・・#11回目のレッスンでは少しは褒められたようにも取れるお言葉でした。リピート無しでアルハンブラを先生の前で先ずは弾いてみる。「おぉ〜演奏に工夫を入れてきたね・・」・・これって褒めてるの?・・「まだ少し身体が動く個所があるね!」と,その個所を先生が弾いて見せる。「ここから、ここへ移動するとき [続きを読む]
  • カムバックぶろぐ【ギターを持った渡り鳥】17話
  • 2003年にカムバック2003年度の発表曲は、U東コミュニティーセンターホールにて10/13開催。「ヘンデルの調子の良い鍛冶屋による変奏曲」マウロ・ジュリアーニを発表です。一番最後の大トリは生まれて初めてで、緊張しますね。・・『調子のよい鍛冶屋の変奏曲』とりあえず最後まで弾ききった”って感じ!終わって”ホット”しました。 発表会当時に録音した音源の≪調子の良い鍛冶屋の変奏曲≫門下生の皆様は練習の成果を、この発表 [続きを読む]
  • 倉沢大樹コンサートへ行ってきました。
  • 倉沢大樹スペシャルコンサートを聴きに行きました。(主催:スーパーマーケットオータニ) スパーのお客さんへの感謝の為のコンサートを毎年企画されています。今年は19回目の倉沢大樹(エレクトーン)スペシャルコンサートです。第19回の出演者はマリンバの三田喜良さんとアカペラのApril Mistのグループです。この地元のスーパーは毎年、倉沢大樹さんをメインにゲスト出演を迎えています。昼の部と夜の部の2回公演で、毎年チケットを頂 [続きを読む]
  • コンデンサーマイクで試し弾き(涙2回&禁じられた遊び)
  • HDR−MV1ハンディーカムビデオを使用して録画撮りをしていますが、録画したビデオ音声を聴いてみると、ギターの演奏が下手というのも有りますが、それにしても気になるノイズ。HDR−MV1ハンディーカムはステレオマイクが内蔵されて高音質で評判は良いのですが、細かな音を拾ってしまいます。今回、物は試しでコンデンサーマイクをネットで購入してみました。この商品、セットで必要なものが全て揃って¥4,280でした。このマイクは3 [続きを読む]
  • 小さな田舎町での素敵なコンサートへ行きました。
  • You-Tubeよりリンクしました。渡辺茜さんのギター演奏です。ギタリストの田部井先生から「5月26日に若手ギタリストの渡邊茜さんのコンサートがあるから一緒に行ってみないか?」という電話が来ました。「奥さんも連れて来るように・・」「ハイ、行きます」・・26日の午後2時に田部井先生の奥様の運転で出発した。家族的なお付合いの雰囲気です。先生の近所の御夫婦も一緒に、6名でドライブです。田部井先生の車はワンボックスカー [続きを読む]
  • 夢が叶う日まで、「アルハンブラ」で奮闘!
  • 今日は練習中の「アルハンブラの思い出」を動画でアップしました。「アルハンブラ」を3回録画撮影して、その動画を部分的に繋ぎ合わせた編集で作成しました。これは、下手な苦手トレモロを別の角度から撮って、下手なトレモロの悪い個所を探して頂ける様に試みました。演奏動画で姿勢やフォーム・・これ見て皆さんにも悪さを探して下さい。自分で見て書くのも可笑しな事ですが、先ず姿勢が悪い!この姿勢は演奏に自信が無い証拠で [続きを読む]
  • カムバックぶろぐ【ギターを持った渡り鳥】16話・朱色の塔
  • 2002年9月22日(日)U文化会館小ホールにてギター教室主催の発表会『朱色の塔』難しい曲でした。1年掛かりで練習しました。左運指も結構大変でした。演奏時間も長くて、これ暗譜で弾くの・・・って感じ!楽譜を見ながら弾くのも追っかけられないし、ページめくりも出来ない!必死に暗譜で弾けるように練習しました。何とか発表会迄には、暗譜で演奏出来るようにと毎日2〜3時間、会社から帰宅して練習。発表会は今回、最後から2 [続きを読む]
  • 只今こんな調子の「アルハンブラ」です。
  • 下手な「アルハンブラの想い出」をICレコーダで録音してみました。笑っちゃうかも・・本当にトレモロ苦手なんです。今はこれで精一杯! 兎角、聴いてみて下さい。「アルハンブラの想い出」2017.05.19:録音 http://music.geocities.jp/yokohama1014carmen/DS752082.mp3こんな具合です。 なかなか綺麗に弾けません!「気持ちで弾く・・」これが、難しいのです・・タッチも悪いし、慣れないトレモロ・・・指外しのミスはやむを [続きを読む]
  • #9アルハンブラのレッスン 依然、進歩無し!
  • 9回目のアルハンブラのレッスンを受けた。前回同様の御指摘です。「トレモロは粒も揃ってきたし、良くなってきている」「速さは求めない様に・・」問題はアルハンブラの曲の流れだ!やっぱし変化のない平らな演奏になっている・・・これは、教えると云うより、自分でどの様に、この曲をイメージして演奏するかでは・・・・曲想がまだ、作れていないようです。アルハンブラを鼻歌で歌うと、其れなりに曲想が出来ているのだが・・伊 [続きを読む]
  • 調子の良い鍛冶屋の変奏曲を聴く
  • ヘンデルの調子の良い鍛冶屋による変奏曲です。(ジュリアーニ) ブラボ〜この若い美人プロギタリストが弾く「鍛冶屋」素晴らしい演奏ですね。ポールシェリダン製作のギターを聴いて、やっぱし、このギターはイイワぁ〜ジュリアーニの「調子の良い鍛冶屋」大好きな曲です。この曲、音次郎が弾くとなっちゃぁいない!この、プロの演奏を聴いちゃうと、自分の演奏にガッカリショボン(´・ω・`)・・   この「調子の良い鍛冶屋に [続きを読む]
  • 初心に戻り、再びギタ−のお勉強
  • その前に2010年に習った、その時代の録音を聴いて下さい。http://music.geocities.jp/yokohama1014carmen/Andaluza.op37-5.e.granados.mp32010年頃は、まぁまぁ、弾けてるじゃないか・・しかし今は、自己流になってしまった。   今は、これより下手っぴ!お浚いで、再びレッスンしているグラナドスのスペイン舞曲5番の見直しです。今度は、今迄の悪い個所を更に良くした、レベルアップの為のレッスンです。冒頭から「違う!」・ [続きを読む]
  • #8.アルハンブラのレッスン 
  • 8回目のアルハンブラです。何十年もチャレンジしてきて弾けなかったのだから、そう簡単にいかない!「まったく、ダメ!」「気持ちが入っていない!」こんな調子が続いている・・厳しいレッスンです。「変化がなく、平らで,まったく音楽になってない!」・・参ったぁ〜「トレモロには、なっているので、もう少しフォームを変えてみる様に・・」「トレモロを弾く時、いろんな形を変えて弾ける様に・・」「例えば、p指をアポで弾い [続きを読む]
  • カムバックぶろぐ【ギターを持った渡り鳥】15話・ワルツ3番
  • 15話:2001年にカムバックバリオスの『ワルツ第三番』 この曲のレッスンは凄く、やりがいがありましたね〜・・・こんな難しい曲、いつになったら仕上がるか、不安でしたヨ!一年がかりの心算でレッスンを受けました。やはり、仕上がり迄、一年の様、掛かりました。数箇所、技術的にも難しい箇所があり、苦労しましたね〜・・音楽性も色々ご指導頂き、まずまずの仕上がりになりました。この曲の技術面と音楽性を克服出来れば、 [続きを読む]
  • 悩んでもしょうがない!
  • ギターは、なかなか上達しないデス。最近は、自分で弾いている音色が以前より汚く聴こえる。特に右親指で弾くアポヤンドは汚い!バシンと音がビビる。「嫌な音だ!」タッチに問題が有りそうです。 以前は、この様にビビらなかったのに?・・何故?もう少し綺麗な音色に聴こえたのだが、最近は全体的に綺麗な音色に聴こえない。何故?・・腕が鈍くなったか?・・衰えか?・・爪にも変化が表れている。爪が二枚爪で弦に触れた時の感 [続きを読む]
  • 日光けっこう・・と、ぼやいて・・・
  • 5月のこの日、大型連休とあってどこもかしこも混み合っています。親戚から連休前の日にホテルを予約とれたから、日光の東照宮へ行きたいと連絡が有った。何故日光なの? もう何回も行きつくして、勘弁してぇ〜話を聞いてみると、東照宮が綺麗に塗り替えられたので見に行きたいと云う事でした。そんなのテレビで映しているから、見たってしょうがないと思うのだが・・・ホテルも鬼怒川?に予約が取れたと云う事で、これもお付合い [続きを読む]
  • ポール・シェリダンのギターで演奏を聴く。(カディス)
  • こちらの、若くてカッコ良いギタリストさん、演奏で使われているギターは、私が以前に愛用していた、ポール・シェリダン製作のギターではないかと思います。・・?この演奏している、ギターの表面板はスプルース(松)ではないか?・・間違いなくポール・シェリダン製作のギターですねぇ・・・・嬉しいね。先ず、サウンドホールのモザイクが同じです。そしてヘッドの形が同じである。ヘッドの塗装と頭の切込みに特徴があります。私 [続きを読む]
  • アルハンブラ#7のレッスン タッチ
  • アルハンブラの想い出の7回目のレッスンを受けました。「トレモロのテンポは、このまま維持して練習する事」左の指の運びについては、特に今回は指摘されなかった。今回は右のタッチです。「まだ、音が籠って聴こえます」「i.m.iでチョット弾いてみて」i.m.iでアルハンブラを弾いてみた。「i.m.iで弾く音は籠っていないで、ハッキリ音が撥しています。」「この様なハッキリした音を、a.m.iでも音が出るようにする事!」「a.m.iは [続きを読む]
  • 「風の日」に再びチャレンジ‼
  • このパオラ・ケレナさんが弾く、Windy Day(風の日)は難しい!音次郎、トレモロを弾いても、思うように曲想が作れていませんね。≪風の日≫は「爽やかな、そよ風」の雰囲気が感じられないとねぇ〜・・・イマイチ!音も綺麗に鳴らないし、これは「ギターが悪いのではない!」トレモロのタッチが下手なのです。トレモロは、強弱のコントロールも難しいね!苦手トレモロ何回もチャレンジしています。いつの日になったら、上手くなる [続きを読む]
  • カムバックぶろぐ【ギターを持った渡り鳥】13話
  • ’99年にカムバック・・・発表会は短期練習で挑む1999年度の1月〜メキシコへ仕事で短期出張の為、6ヶ月間ギターお休み! メキシコ:アグアスカリエンテスと言う地名。仕事半分!遊び半分!  色々な地区へ観光を楽しんできました。メキシコはマリアッチ音楽です。何処へ行ってもマリアッチが聴けて、現地の方は凄く、明るくて、賑やかな事が好きみたいです。メキシコはスペイン語で、3年も現地に入ればスペイン語を覚えそ [続きを読む]