岡崎総合労務事務所 さん プロフィール

  •  
岡崎総合労務事務所さん: 社労士の視点
ハンドル名岡崎総合労務事務所 さん
ブログタイトル社労士の視点
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sr_okazaki/
サイト紹介文千葉県千葉市の社会保険労務士事務所、岡崎総合労務事務所公式ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/04/07 17:19

岡崎総合労務事務所 さんのブログ記事

  • 「モデル就業規則」副業容認の流れ
  • 今日の日経新聞の記事より政府が働き方改革の一環として、正社員の副業や事業を後押しするようです。『企業が就業規則を定める際に参考にする厚生労働省の「モデル就業規則」から副業・兼業禁止規定を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則容認」に転換する。』とのこと。正社員の副業や事業の後押しは良いのですが、「モデル就業規則」の転換が気になりました。“国が作ったものだから安心だ” “労働基準監督署のお墨付きがあ [続きを読む]
  • 労災注意報発令中!!
  • 寒い!とにかく寒い!!東京都心で初雪を観測、11月としては54年ぶりとのことで、積雪となると観測史上初になるそうです。こんな日はコタツで丸くなっていたいところですが、そうも言っていられないのがビジネスマン。師走に向けて大忙しといったところでしょうか。オフィスの外は一面銀世界の方も多いと思われますが、そんな日だからこそ注意していただきたいのが、通勤・帰宅時における労災事故です。雪の日のあとは労災申請依頼 [続きを読む]
  • 10年で老齢年金が貰えるようになる
  • 老齢年金の受給に必要な保険料の納付期間を25年から10年に短縮する改正年金機能強化法が可決成立しました。これにより、今までは25年以上納付していないと掛け捨てであった老齢年金が、最低10年納付していれば受給できるようになります。?10年だけ払えばいいのか?・・・・は、大きな間違いです。当たり前ですが、納付期間が長ければ受給できる金額も比例して多くなります。要は、今回の改正により掛け捨て期間が短くなっただけで [続きを読む]
  • 長時間労働厳罰化の流れ
  • 大手クレジットカード「JCB」が、従業員7人に対し労使協定で定められている月80時間を超えて時間外労働をさせていたとして、東京簡易裁判所から罰金50万円の略式命令を受けていたことがわかりました。電通の過労自殺もそうですが、長時間労働に関して厳罰化の流れが以前にも増して勢いづいてきた感があります。バブリーな頃に「24時間戦えますか〜♪」とジャパニーズビジネスマンに問いかけていた某栄養ドリンクのCMも今は [続きを読む]
  • これも職業病なのか⁉
  • 見覚えのある企業名だったので街中にもかかわらず思わず写真を撮ってしまいました。この画像を見て「おやっ‼」と思った方はかなりの労働事件通の方ではないでしょうか。しかも相当勉強されている方だと思われます。労働判例には労働時間に関する三菱重工業長崎造船所事件(最一小判平12.3.9)や安全配慮義務に関する電通事件(最二小判平12.3.24 )など実務に影響を与える数多くの著名な判例が存在します。それらは?〇〇事件?と [続きを読む]
  • 36協定の限界
  • 36協定(時間外・休日労働に関する協定)に関する議論がにわかに活気づいています。労働組合や過半数労働者代表と書面協定を結び、就業規則に規定することによって本来違法とされている法定労働時間を超える労働や法定休日労働が可能になるのですが、この協定が長時間労働の温床になっていると批判の矢面に立たされているのです。確かに労働組合や過半数労働者代表と書面協定を結んでいるとはいえ、実質的に経営側主導で協定が締結 [続きを読む]
  • 社労士試験監督をやってきました
  • 昨日は昨年に引き続き、社労士試験の監督官をやってきました。千葉会場は昨年までの幕張メッセから千葉商科大学に移っており、個人的には合格した2001年以来15年ぶりに千葉商科大学での社労士試験に足を踏み入れたことになります。当時は選択式初年度の試験であり解答に戸惑いながらも慎重に進めていった記憶があります。しかも自己採点の結果、合否ギリギリの点数であったため合格発表まで気が気でない日々を過ごしたように思いま [続きを読む]
  • 創業者研修講師
  • 先週末、お声掛けをいただき久しぶりに創業者向けの研修講師を務めてきました。普段は解雇トラブル解決や就業規則作成など問題解決型のセミナー講師が多いのですが、今回は創業者向けとあって社会保険・労働関連法規・人事労務の基本事項を主に講義を行いました。講義は予定通りに進みましたが、受講生からの質問が多岐にわたり終了時間をオーバーするほどの盛況!!。終了後も個別に質問いただくほどでした。今までサラリーマンやO [続きを読む]
  • 言い訳せず素直に認めることが大事
  • 東京都の舛添知事が辞職を表明しましたね。自らを律することができず211万票の期待を裏切った代償はあまりにも大きすぎたようです。あれだけの疑惑に対して明確な受け答えをしなかった以上、当然といえば当然です。オリンピックどころの話ではありません。人間、一度信頼を失うと挽回をするのに相当な労力を要します。時として挽回する機会すら与えてもらえないこともあります。今回のケースは政治家という点を抜きにしても、初期 [続きを読む]
  • 自転車移動、3つの“いいね!”
  • 事務所から半径5Km圏内なら自転車移動をするようにしています。「5Kmも自転車で!?」と驚かれるかもしれませんが、20分もあれば移動ができてしまいます。徒歩での移動時間や電車の待ち時間を考えると非常に効率的です。。しかも自転車移動では、私なりに3つの“いいね!”を体感しています。①健康に“いいね!”26インチのファミリー自転車では100メートル移動するのに43コギです。5Kmなら2150コギ、約120kclの消費になります。軽 [続きを読む]
  • 長時間労働は会社も社員も不幸にする
  • 千葉労働局は、最長で1カ月当たり約197時間に上る違法な長時間労働をさせていたとして、千葉市の棚卸し業務代行会社を是正指導したと発表しました。違法な長時間労働を繰り返した企業について、行政指導の段階で社名を公表したのは全国初になります。うちの事務所からほど近い企業が全国初の事例になってしまいました。メディアによっては“ブラック企業”と記載しており、負の宣伝効果は計り知れないと思われます。取引先にも悪い [続きを読む]
  • 定年後にトラブったのは何故
  • 定年後に再雇用された後、業務内容が全く同じなのに賃金が下がったのは労働契約法違反だとして提訴したトラック運転手3人に対して東京地裁は賃金減額は違法との判決を下しました。判決自体オドロキですが、そもそもなぜ訴訟にまで発展したのかが疑問です。定年再雇用時に賃金減額の合意は取れていなかったのでしょうか。労働契約法8条では、「労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することがで [続きを読む]
  • パナマ文書にみる企業の情報管理
  • “史上最大のリーク”と言われているパナマ文書が世間を騒がせています。パナマ文書とは、パナマの法律事務所にて作成された機密文書のこと。本来支払われるべき税金がタックスヘイブン(租税回避地)を利用して支払われなかったとして問題になっています。一般納税者から見れば一部の富裕層だけが租税回避をして不当に利益を蓄えているのは納得がいかないでしょう。しかし、企業の視点から見るとなぜこのような最重要機密文書がリ [続きを読む]
  • セミナーで伝えたいこと
  • 今日はちょっとブレイク。事務所情報をお伝えします。最近、セミナーの機会をいただくことが多くなり様々な業界の経営層の方の前でお話しをさせていただいています。テーマは労働関連になるのですが、アンケートを読むと“答え”を求めている方が意外と多いことに気付かされます。顧問先であれば深く関与しているため答えを提示することは簡単です。しかし、2〜3時間ほどのセミナーではお伝えできる情報量には限りがあります。しか [続きを読む]
  • 法令順守の意識欠如の代償
  • リオデジャネイロ五輪代表候補のバドミントン選手2人が違法カジノ店に出入りしていたとして、代表候補から外れる公算が大きくなりました。世界的にも活躍し、メダル候補でもあっただけにとても残念なニュースです。現役スポーツ選手の違法賭博といえば、つい先日もプロ野球界であったばかりです。違法性の認識が低かったのでしょうか。「ついつい・・・、」にしてはその代償はあまりにも大きすぎたと言わざるを得ません。労働の現 [続きを読む]
  • はたして不倫は文化なのか
  • ひと昔前に「不倫は文化」と言った芸能人がいましたが、ここにきて文化が根付いてしまったのでしょうか。今年だけでもタレントに始まり、ミュージシャン、国会議員、文化人と様々なジャンルの有名人が不倫で世間を賑わせています。有名人なだけにその影響は大きく、番組の降板や失職などそれなりの社会的制裁は受ける結果となっているようです。オフィスにおいても不倫が問題になることがありますが、はたして社内不倫を理由に解雇 [続きを読む]
  • 働くママと保育園を取り巻く環境
  • 「保育園落ちた日本死ね!!!」が話題になっています。これは保育所の入園選考にもれた母親がつづったインターネット上の記事ですが、つい先日、安倍晋三首相が予算委員会で内容について言及していました。記事をアップした方も表現はどうあれ内容は待機児童を抱える母親の声を代弁しているように思います。我が家の末っ子はこの4月から入園が決まり、同時に妻の職場復帰も決まりました。個人的には「保育園受かった日本ありがと [続きを読む]
  • 業務上のミスでの個人賠償
  • 昨年の夏に千葉市の小学校教諭がプールの栓を閉め忘れ、水を大量に流失させるミスを起こした問題で、市教委は、水道局から請求された水道料金約438万円を該当校の男性校長、男性教頭、ミスをした教諭の3人が弁済したと発表しました。会社でいえば現場監督とリーダーと社員で全額賠償をしたようなもので、非常にめずらしいケースです。よく払えたなぁというのが率直な感想です。通常、会社の管理責任や損害の公平分担を問われるため [続きを読む]
  • 多様な価値観を企業内に取り入れる
  • パナソニックが社内ルールを変更し、4月から同性カップルを結婚に相当する関係と認める方針を固めました。東京都渋谷区では同性カップルをパートナーとして認める「パートナーシップ証明書」の発行を昨年から認めていますが、自治体のみならず、大手企業までが性的少数者(LGBT)への差別是正に動き出すことになります。現在、見直し作業を進めており、就業規則上の「結婚」や「配偶者」の定義変更や、同性パートナーを持つ社 [続きを読む]
  • 今だからこそ考えるべき「品位」
  • 品位・・・人や事物にそなわっている気高さや上品さ。品格。「―を保つ」「―に欠ける」 (出典:デジタル大辞泉)品位に欠けるニュースが2つ。元プロ野球選手の清原和博氏が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されました。問題ブログを掲載した愛知県の社労士に対し、厚生労働省は3ヶ月の業務停止処分とするようです。「選手は野球選手として勤勉誠実に稼働し、最善の健康を保持し、また日本プロフェッショナル野球協約、これに附随す [続きを読む]
  • どうすれば厚生年金に加入できるかを一緒に考える
  • 厚生年金未加入事業所への対策がより一層強化されます。厚生労働省は、厚生年金が適用される可能性がある約79万事業所を調べたうえで、立ち入り検査の実施手順を見直し、指導に従わない事業者への検査を厳格化する方針を打ち出しました。健康保険料や厚生年金保険料の増加は人件費の高騰を意味します。厚生年金に未加入ということは健康保険にも未加入であるため、中小零細企業にとって加入することによる保険料負担は相当なもの [続きを読む]
  • 業務効率化による生産性向上
  • 新年あけましておめでとうございます。本年も岡崎総合労務事務所をよろしくお願い申し上げます。今年のテーマは“業務効率化による生産性向上”徹底的に無駄を省き、限られた時間と人材のなかで労働生産性を上げる。どの企業も課題としている点が多いことと思います。そのような中、三菱東京UFJ銀行は廃止していた制服を約5年ぶりに復活させ、新年の業務を始めました。制服には社内に一体感が醸成されるというプラスの面と更衣 [続きを読む]
  • 仕事納めだからこそ最後まで気を抜かない
  • 今日で仕事納め、会社の大掃除に忘年会という方も多いことと思います。忘年会では酔いつぶれてトラブルに巻き込まれることがないよう注意しましょう。お酒がらみの事件・事故が12月は多くなります。特に仕事納めの日は明日から年末年始休暇に突入し気が緩みがちになる日でもあります。トラブルは巻き込まれるだけでなく、自ら起こすこともあり得ます。以下、年末に酔った会社員が起こしやすい事件・事故を取り上げてみました。①転 [続きを読む]
  • 男性が育児に携わる場合の考え方
  • 男性国会議員が子育てに取り組むため2ヶ月程度の育児休暇を取りたい考えという。世の中の流れからいうと大歓迎になると思われますが、有権者から負託を受け国務にあたっている国会議員の立場からすると多少違和感があります。代替性のきかない身分であり、労働者の育児休暇とは性質を異にします。認めるにしても休暇中の国務はどうするのか。課題は山積です。一般企業でも男性が育児休暇を取りづらい場合があります。そのような時 [続きを読む]