てかてん さん プロフィール

  •  
てかてんさん: てかてんの書斎
ハンドル名てかてん さん
ブログタイトルてかてんの書斎
ブログURLhttp://tekaten.hatenablog.jp/
サイト紹介文書斎は物事を考えたり学んだりする場所です。「本」をメインに、学びについて考えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/04/07 22:06

てかてん さんのブログ記事

  • 読書で躓かない3つの方法 〜あなたが読書をやめてしまう理由を取り除こう〜
  • 読書をしているけれど、なかなか捗らなかったり、思うように進まなかったり、そのまま諦めて読むことをやめてしまったことはありませんか?読書をしたい!と思っているのに、どうしても進まない時ってあると思います。てかてんも、年間100冊の本を読んでいますが、ものすごく捗る時もあれば、全く進まない時期もあるんです。そんな時でも、読書で躓かない方法を知っておけば、うまくペースを取り戻すことができます。 [続きを読む]
  • Evernoteをネタ帳として活用しよう!
  • 検索機能やシェア機能、写真や音声なんかも書き込めるとても便利なメモソフト「Evernote」 Evernoteの使い方は人それぞれですが、いつでもどこでもメモができて、スマートフォンでもパソコンでも使えるEvernoteはちゃんと活用したいところです。 普段からメモを取る習慣がある人は、手帳やノートを使って手書きのメモを沢山とっていると思います。てかてんも、かなりの「メモ魔」であり、A5サイズのちょっと大きめなシステム手 [続きを読む]
  • Microsoft Office の使い方や便利機能を発信します!
  • 仕事をしていると、もはやどんな職種でもMicrosoft Officeを使って資料を作り、データ入力を行って、プレゼンテーションするようになっています。大学なんかでは、宿題をレポート形式で出されることがあるので、Wordを使ってレポートを書くこともありますし、Excelを使って計算することもあります。研究成果をプレゼンするためにPowerPointも当たり前に使えなければなりません。つまり!どんな人でもMicrosoft Officeを使 [続きを読む]
  • 【書評】「メモリーを消すまでⅡ」(山田悠介)消された記憶と頭脳戦
  • 「メモリーを消すまでⅡ」山田 悠介 著前回、「メモリーを消すまで」の第1巻を書評して記事にしました。記憶操作が可能な世界で、悪事を働く連中と戦う正義のお話で、ものすごくねられた設定とストーリーが楽しめる1冊。「記憶が操作できる」っていう面白さが滲み出ているような設定を、どう書き上げているかが見所ですよね。「メモリーを消すまで」の第1巻を書評した記事は以下にリンクを記載しておきます。よろ [続きを読む]
  • クーラーばかり浴びていると、身体がバテちゃいますね
  • 夏が本格化してきました。2017年の夏は、異常気象が多く、豪雨や予測不能の台風など皆さん苦労されていると思います。突然、気温が激しく上昇し、いよいよ夏も本格化してきましたが、それに伴って夏バテになってしまっている人もいるのでは?他ならぬてかてんも、夏バテか?!と思わしき体のだるさを感じています。。基本的に体温は高い方なので、暖かくなり始めた夏初旬からクーラーを浴びる生活をしているせいか、どう [続きを読む]
  • 成功したければ、できない言い訳を考えるのはもうやめよう
  • どうしても、何か新しいことを始める時って「できない言い訳」を考えてしまいがちです。例えば、友人に新しい趣味を始めないか?と誘われた場合。お小遣いが足りないから・・・、あまり休みの日を自由に使えないから・・・、すぐに飽きちゃうかもしれないから・・・など、言い訳がたくさん出てきます。そして、やってもいない内からその言い訳を「採用」してしまい、友人に断りを入れてしまう。これはものすごーくもったい [続きを読む]
  • 成功している人の習慣「すぐやること」と「継続すること」
  • 様々な本やブログの記事などでも繰り返し重要だと言われている「すぐやる」ことと「継続する」ということ。今回は、「すぐやる」行動力と「継続する」忍耐力に注目して、その大切さについて改めてまとめていきたいと思います。人間は元来、「なまけもの」なので、やらなければいけないことがあってもちょっと先延ばしにしてしまったり、同じことをコツコツ継続できずにすぐやめてしまったりしてしまいます。掃除をしなけ [続きを読む]
  • 「山田悠介」さんが書いた作品の書評まとめ!
  • これまで山田悠介さんの作品をたくさん読んで、書評も書いてきました。ある程度書評記事も増えてきたので、一気にまとめ読みできる「山田悠介さんの書評まとめ」を記事としてまとめてみることにしました。これから先に読んで書評する記事も、随時この記事を更新する形でまとめにも追加するので、山田悠介さんの本をお探しの方や書評を色々読んでみたいという方には便利が良いかと思います。ホラー、感動、友情、アクショ [続きを読む]
  • 積ん読だらけになっちゃってます。どうしよう。
  • いつもの事ではあるのですが、読みたい!と思って買い込んだ本が自室で溜まりに溜まっている状態になっています(笑)毎日、本を読み続けても購入するスピードのほうが早くて全然追いついていません・・・不覚です。。こうして積み上がっていく未読本を「積ん読本」なんて呼ばれますが、読書が好きな方なら一度は経験があると思います。本を読むスピードももちろん上がって行っていると思うんですが、好きなジャンルが増 [続きを読む]
  • たくさん記事を書くたけでも、ブログとして差別化できる
  • ブログを日々書いていると、自分のブログには何か強みがないといけないよなーと考えることがあります。例えば、このブログのような書評をメインとしてその他の記事も書きますよ!っていう雑記ブログはたくさんありますから、その中でも自分のブログを読んでもらうためには?と考えるわけです。そうすると、他のブログと差別化するかメインとなる記事をいくつか持っておく必要があると思うに至りました。そして、そんな簡単 [続きを読む]
  • 電子書籍の素晴らしさについてまとめました
  • Kindleを始めとする電子書籍リーダーが世に出て数年経ちました。徐々に「電子書籍」という新しい本の形が認知されていって、今となっては電子書籍の出版数も増加し、かなり多くの人が楽しんでいると思います。とは言いつつも、「紙の本」が根強い人気を保っており、電子書籍1本でいくという人はまだ少ないようです。そして、電子書籍なんか読まない!やっぱり紙の本でしょ!といった感じで、電子書籍を楽しむことな [続きを読む]
  • 1日本気でブログを書いてみました!「ブログトライアル」を終えて。
  • 1日中ブログを書くという「ブログトライアル」を終えました。いやー、大変だったけれど楽しく充実した1日になりました!書きたかった書評記事が一気にかけて、達成感も素晴らしいです。普段は1日1記事も書けていないし、文字数も2000〜4000文字ほど。今日1日ブログを書いてみて、限界は自分で決めてしまっていたのかもなと感じました。これからは、仕事をしながらももう少し腰を据えてブログを書いていこう!と [続きを読む]
  • 【書評】「パーティ」(山田悠介)友情が紡ぐ感動の物語!
  • 「パーティ」山田 悠介 著ホラー作品を多数発表している山田悠介さんですが、この「パーティ」はホラーではなく感動と憎しみをテーマに描かれた青春小説になっています。これまで読んだ山田悠介さんの作品も、書評した作品もほとんどがホラー作品だったので、ちょっと違った視点で書評できそうな感じです。先日、15冊くらいまとめ買いした山田悠介さんの作品ですが、そろそろようやく読み切れそうです(笑)そ [続きを読む]
  • 【書評】「8.1Game Land」(山田悠介)3編収録のホラー短編集その2
  • 「8.1Game Land」山田 悠介 著「8.1Game Land」は、文庫として出版された山田悠介さんの短編小説集になっています。「8.1Horror Land」に続いて2作目になる短編集には、3つの短編が収録されていて、内1つは文庫のために書き下ろした作品になっています。これから暑くなる夏のシーズンに、サクッと読めてちょっと冷んやりできるホラーものを読むのもいいですよね。長編だと時間がかかってしまうから苦手だ [続きを読む]
  • 【書評】「8.1Horror Land」(山田悠介)3編収録のホラー短編集
  • 「8.1Horror Land」山田 悠介 著山田悠介さんの書いた文庫版の短編集。短編だと、短い時間でさらっと楽しめるので忙しい時期でも楽しむことができます。今回、この「8.1Horror Land」では3編の短編が収録されていて、この文庫のために書き下ろされた作品も入っています。長編作品を読みながら、間に1冊はさむにはぴったりの短編集。ぜひ一度手に取っていただきたいと思います。それでは、今回のトピック [続きを読む]
  • 【書評】「Fコース」(山田悠介)フルダイブVRゲーム作品の第二弾!
  • 「Fコース」山田 悠介 著山田悠介さんの文庫書き下ろしシリーズ第二弾は、前作「Aコース」と同じ世界で描かれている「Fコース」。「Aコース」と同じく、VR(ヴァーチャル・リアリティ)の世界でゲームを楽しむことができるというもので、すべての感覚がVRに入り込む「フルダイブ」の状態でミッションをクリアしていくという設定。近い将来、こんなフルダイブ方式のVRが開発されて、ワクワクするようなゲームが [続きを読む]
  • 【書評】「Aコース」(山田悠介)意識ごと移動できるVRゲーム!
  • 「Aコース」山田 悠介 著山田悠介さんが文庫にだけ書き下ろしたホラー作品。今や話題沸騰中の「VR:ヴァーチャルリアリティ」を題材にしている「Aコース」では、映像だけではなく「意識や感覚すべて」がヴァーチャル世界へと移動できる画期的なゲームとなっている。最新ゲームとしてゲームセンターに設置されたヴァーチャルゲームにて、AからEまで選択できるコースのうち、Aコースを選択する。なるほど、タ [続きを読む]