moomoo さん プロフィール

  •  
moomooさん: 駐妻マンのサバイバルイングリッシュ
ハンドル名moomoo さん
ブログタイトル駐妻マンのサバイバルイングリッシュ
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/everywheremoomoo/
サイト紹介文夫が海外転勤になっちゃった! NJ州在住、英語が話せない3児の母の生活を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/04/07 23:34

moomoo さんのブログ記事

  • 世界で一番過酷な仕事
  • 最近の自己英語学習はvoice tubeという、英語学習アプリを使っています。このアプリではYou tubeなどにアップされている動画を、スクリプト付で視聴することができます。スクリプトは英語のみ、英語/日本語訳併記に切り替えられたり、ひとつのセンテンスだけリピート再生できたり、スクリプト中のわからない単語を長押しすると意味がでてきたり、自分の発音を録音する機能もあります。発音チェック機能があれば文句なしなんですが [続きを読む]
  • 渡米2周年!
  • 今日で渡米丸2年です。不安だった異国での生活も、駐妻仲間、親切なご近所さんに支えられ楽しくやっています。そして、日本はもとより、全米各地、世界中にお住まいの駐妻さんとブログで交流できているのも励みになっています。みなさん、いつもありがとうございます駐在生活も折り返し地点を過ぎて、来年の今頃は日本に帰っているかと思うと、寂しい気もしますが1日1日を大切にしていこうと改めて感じている、今日この頃です。 [続きを読む]
  • ニュージャージーの『みなとみらい』
  • ニュージャージーに住み始めてもうすぐ2年。今更だけど、ニュージャージーで一番おしゃれかつ、家賃が一番高い、Hobokenという街に行ってきました。街の名前を聞いてピンときた方。そうです。電車がホームに突っ込むという大事故が起こったところです…行ったといっても3月の話なんですけどね。なんかバタバタしてて書きそびれていました。 このホーボーケンという街。ハドソン川を挟んで、チェルシーと同緯度のあたりに位置し [続きを読む]
  • クルーズ先進国のクルーズ事情
  • 日本だとものすごく敷居が高いクルーズ旅行。客船飛鳥Ⅱのイメージが強いからだろうか、それとも全体的に富裕層のレジャーなのか。日本は島国にも関わらず、あんまりクルーズ旅行ってメジャーではありませんよね。ディズニークルーズは別として、アメリカでクルーズ旅行というと、そこまで高くもなく、家族連れにもとっつきやすい旅行形態であります。ディズニークルーズは…かなり良かったですが、まぁ高かったです先日、夫が仕事 [続きを読む]
  • たまには主婦業、休業で!
  • 世の旦那様がたには、「主婦は気楽でいいな」などという暴言は口が裂けても絶対に言ってほしくない私。 朝から晩まで、土日も休みなく家事に子育てに、やってるんですよ。しかも無給で。主婦業を給与換算した場合、アメリカでは年収約12万ドル日本で換算したって、年収約1200万になるそうですよ。それを無給でやってるんだから、たまには労ってもらわないと割りに合わないってもんですよ。ねえ、奥様方!!それでも疲れやス [続きを読む]
  • 知ってるだけでスポーツ観戦が楽しくなる(かもしれない)アメリカの歌
  • みなさま、Happy Easter三連休のところも多いかと思いますが、我が家の子供たちは金曜日から1週間、春休みに入りました。そんな春休み初日のGood Fridayまーくんがホームゲームで先発登板するとのことで、急遽チケットを取って応援に行ってきました!気分はもう親戚のオバチャンであるさて、アメリカに来て、色んなジャンルのスポーツを観てきましたが今日は知ってるとスポーツ観戦が楽しくなるであろうアメリカの歌をご紹介した [続きを読む]
  • アメリカ現地校、ズル休みにはかなりシビアだった件。
  • 先日、娘が学校から1枚のレターを貰ってきた。辞書片手に読解すると…『今年度の休み(病欠以外)のトータルが現在5日となっている。これ以上欠席すると年間学習計画と習得にも支障が出る恐れがあるので、これ以上ズル休みすんな!!』という旨の警告文書でありました…。すみません、秋のカナダ旅行で1日サンクスギビングの旅行で2日クリスマスのテキサス旅行で1日そして、3月末に行ったボストン旅行でも1日学校をサボらせて [続きを読む]
  • ギラギラ!エッグハンターからの、ハイラインぶらり散歩
  • 週末。タウン主催のエッグハントのイベントがありました。このイベントには昨年も参加したのだけど、開始10分後に、ちょっと遅れて到着したらハントされ尽くされていて、ひとつの卵も落ちてない状況でありました今年のタウンのチラシには、10:00 am SHARPとあり、Sharpには、『鋭い』とかの形容詞の意味の他に、『ぴったりに、きっかりに』という副詞の意味もあると知った次第であります。昨年の反省を活かして、開始10分前に [続きを読む]
  • グースを守る会
  • シカゴ辺りにお住まいの方の比にはならないかもしれないが、ニュージャージーの冬も地味に厳しく、そして長い。10月くらいから一気に気温が下がりはじめ、3月下旬くらいから徐々に寒さは和らいでくるものの、4月中旬くらいまで、氷点下になる日もあったりなかったり。冬物コートが完全に手放せるのは、5月に入った辺りだろうか。こんな調子なもんだから、LAなんかの、気候のいい所からスライド転勤でニュージャージーに来た [続きを読む]
  • New Jersey Depression Glass Show & Sell
  • アメリカに住んで、ハマる人はハマる、アメリカンヴィンテージガラス。私のまわにりも何人か、集めている友人がいます。私はヴィンテージガラスの知識もないし、足繁くアンティークショップに通ってお宝探しするわけでもない、冷やかしファンみたいなものだけど出会ってしまった!!ときめくものに。これ。(画像はネットからの拾い物)ヘーゼルアトラス ピンクリップルのカップ&ソーサーカップの取っ手が数珠みたいにポコポコして [続きを読む]
  • ボストン旅行記 後編
  • 3日目です。ようやく晴れました。午後には雨になる予報でしたが…というわけで、帰る前にボストンコモン周辺の街歩きをしてきました。金ぴか屋根のー州議事堂ボストンはケネディ大統領の出身地ということでケネディ大統領の像を遠巻きに。土日は州議事堂は閉まってて入れませんでした。。。気になったのが、州議事堂の向かいに生えていた木…わかりますかね?木の中にレンガ…?いったいこれは、どうなってるんでしょうか?続きま [続きを読む]
  • ボストン旅行記 中編
  • 二日目は朝から雨。ボストンは雨が多いってほんとだったのかな?ボストンといえばいっぱい見所ありますが、ガイドブックで一目見て、い、行きたいと思ったところ。Boston Tea Party Ship & Museumボストンといえば!!ボストン茶会事件ですよね?いや、私的には。中学の頃だったか、歴史の授業で習って、え?なんか変な名前の事件だなってものすごく印象に残ってて、これがきっかけで、アメリカが独立への道を歩んでいったともなれ [続きを読む]
  • ボストン旅行記 前編
  • 前回は小話を書いて力尽きてしまいましたが、今回から本題です。朝8時にニュージャージーを出発してボストン到着がお昼12時。途中一回休憩を挟んで、四時間のドライブでした。先ずは腹ごしらえ!ということで向かった先はレーガン元大統領が愛したクラムチャウダーの店Legal Seafoodsボストン市内にも何店舗かありますが、ハーバード大学近くの店舗に行きました。因みにこちらのお店、NJ州 Paramasにもあります。なのに敢えて行 [続きを読む]
  • 行くぞ!ボストン!
  • 補習校の授業がなかった貴重な貴重な先週末。ちょっとボストンまで、小旅行に行って参りました!ニュージャージーから車で四時間。思ったよりも近かったです。Googlemapで検索すると、上記ルートが出ますが、コネチカット州Hartford市街地を通過するルートは全くもっておすすめ致しません。めっちゃ渋滞します。エリックカールミュージアムに行った時はここを通らなきゃいけなかったんですが、子供は飽きて騒ぎ出すし、大変でした [続きを読む]
  • 補習校1年生修了
  • 先々週末をもちまして、娘、補習校1年生の課程を修了致しました。年間40日という僅かな授業日数で、国語と算数の教科書は何とか完了、ドリル類は全体の1/4くらいは飛ばしたページもあったけど、大方終わりました。この1年をざっくり振り返ってみると余裕綽々の一学期現地校との両立に苦しむ二学期少しペースが掴めてきた三学期と、こんなかんじでしょうか。9月から現地校の1年生が始まって学習内容も難しく、宿題の量も多く [続きを読む]
  • かぞえてんぐが旅立った!
  • 最近ブログがなかなかかけません。コメントもすぐお返事できずに申し訳ないですここ最近は、家の更新を巡って、ちょっと大家さんとトラブってまして、危うく追い出されるところでありました。仲介してくれた不動産やさんに間に入ってもらって、なんとか丸く収まったけど。なんでテナントの立場がこんなに弱いのか…売り手市場だからしょうがないのか。なんだか理不尽である…さて、本題です。おかあさんといっしょの歌のお兄さんだ [続きを読む]
  • 英語禁止令
  • 先日の息子の学校でのトラブルの件ではアドバイスをいただきありがとうございました。先生にその後すぐメールをして、その翌日、先生が息子から話を聞いてくれました。サブの先生も、休み時間など目を話さず見ているようにしてくれて、その後の状況は、今のところ大丈夫そうです。4歳の子供が言ってることで、確証があるわけでもなかったので、先生に言うのを躊躇っていましたが、心配なことは遠慮なくいつでも言ってほしいという [続きを読む]
  • 現地校でのトラブル?
  • 事が発覚したのは習い事からの帰り道。車の中での兄弟のたわいもない会話からでした。娘と息子お互い、クラスの仲の良い友達の名前を言い合っていて、私は運転しながらその話を微笑ましく聞いていました。話は、息子のクラスの女の子のことになり、息子は仲の良い二人の女の子の名前を挙げました。娘が、「弟くん、クラスのガールフレンドはそれだけしかいないのー?」と突っ込んだところ、「まだいるよ。でも○○はバカ!」んんん [続きを読む]
  • ちょっとそこまで日帰り旅行
  • 現地校、1週間の冬休み。春の異動の内示と重なって気持ちが落ち着かないからと旅行の計画はしていませんでしたが夫が1日休みを取ったので日帰りでおでかけしてきました。向かったのはマサチューセッツ州Eric Carle Museumニュージャージーからだと約二時間半でつきます。片道三時間以内だったら、日帰り射程圏内だと思える自分がある意味逞しくなったような…アトリウム白?ピンク?焦げ茶のぼんぼりがめっちゃ好みでしたかわい [続きを読む]
  • 配達されない速達郵便…
  • ある日の昼下り。夫から電話が入った。何でも、郵便局から速達が来てるから取りに来てと電話があったから、自分の代わりに、私に取ってきてほしいと。その日はずっと家に居たのにピンポンも鳴らなかったし、不在表も入っていない。ってことは、最初っから配達する気ないんかい?家に居るから配達してよとも言えずに、仕方がないので取りに行くことにしました。『受けとる』だから『receive』かな…それとも『pick up』を使った方が [続きを読む]
  • Eatalyで Italy気分
  • タイトルがダジャレになってますがふざけてるわけではありません。当方、大真面目で御座いますキリッPresident Dayの月曜日、Madison Square Gardenにバスケを観に行ったんですけどね。どうせマンハッタンに行くなら美味しいものを食べに行こう!とESLの先生に教えてもらったお店がこちらEatalyマンハッタン内に3店舗くらいあるようですが、今回行ったのは5th Aveにある店舗。入ってみると、イタリア系のスーパーですがここはイタリ [続きを読む]
  • 免税 VS ストレスフリー
  • 三連休中日の日曜日。州境に程近い、NY州West Nyackという町にあるPalisades centerというモールに初めて行ってみました。ハイブランドはないものの、カジュアル系ショップは一通り入っているしインドアスカイウォークコースや観覧車なんかもあって、子供も楽しい遊園地みたいなモールでしたよ。画像はネットから拝借。そもそも、ハイブランドなんて買わないし 買えないし我が家としては十分な店舗構成でありました。ニュージャー [続きを読む]
  • 1本1ドル超の高級かきかたえんぴつ
  • 渡米前、補習校入学を見越してランドセルはもちろん、日本のふでばこや下敷きなどの学用品も、少し買って持ってきました。かきかたえんぴつは2BとB、各1ダース。現地校で使うものは、皆一律で学校に全て置いてあるので、自分のものを持っていく必要はありません。補習校は週に1回だし、2ダースもあれば十分かと思ってたんだけど…えんぴつ、足りなくなりました頑張ってる証拠ですかね?えんぴつと消ゴムは思ったよりも消費しま [続きを読む]
  • エルサにむかってひたすら呟くアプリ
  • 英語の発音が悪くて、話が通じなかったり、亀の生肉食ったと誤解されたりと、イタイ目に合うこともしばしばあり、常々、発音て大事だなぁと思っているんですが、ちょっと前に英語発音練習アプリを入れてみました。これです。Elsa speakアナと雪の女王の登場人物とは関係ないです。たぶん。いや、絶対。1週間無料で使い放題だったので試しに入れてみたんですが、思いの外、良かったのでご紹介。ダウンロードすると、まず初期設定で [続きを読む]
  • グディ・バッグ年間予定表
  • バレンタインデーですねー。皆さんはどんなギフトを準備しましたか?わたくしは夫と子供に、チョコブラウニーを焼いただけです。the・手抜きだってもうメンドクサインダモン。日本のバレンタインって、女性から男性(もしくは友達)へ、何か贈る的な形式が出来上がっていますがこちらアメリカでは、男女問わず、好きな人、お世話になっている人へプレゼントを贈り合うのがバレンタインデーの習慣になっているようです。ESLの先生にも [続きを読む]