紅子 さん プロフィール

  •  
紅子さん: 紅子の空
ハンドル名紅子 さん
ブログタイトル紅子の空
ブログURLhttp://ameblo.jp/benikonosora/
サイト紹介文日本の不思議
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/04/08 07:13

紅子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 不幸
  • 自分の不幸は本来の自分自身に背いた行動をとる事から始まると思う。善は外から善では無く、自分の中に合わせた行動が善なのだ。内と外の合わせ鏡が合って善になる。歪んでいると鏡が合わない。それは善では無い。自分の内なる鏡に照らす。曇っていては写らない、それで自分に合わない行動をとってしまう。それが不幸の原因なのだと思う。 [続きを読む]
  • 文字霊
  • 文字霊(もじだま)というものがある。以前、スイスの学生が夏休みを利用して我が家に二ヶ月程滞在していたことがあった。日本語を片言話せる程度で漢字は全く読めなかった。日本の漢字を見てどう感じるかいくつかの字を見せて感想をきいてみたら「殺」や「怨」は怖いと言った。「美」「優」はとてもいいです。という答えだった。江本勝氏の「水からの伝言」という本の、文字の波動による氷の結晶写真を虚偽のように批判していた記 [続きを読む]
  • コノハナサクヤ姫神とかぐや姫
  • 先日、ある人から、飛行機から富士山を撮ったらコノハナサクヤ姫が写っていたという写真を見せてもらった。雲なのだろうけど少しピンクがかった女人の立ち姿であった。コノハナサクヤ姫と云えば、かぐや姫と結びつけて考える人がいるが、共通点があるとはいえ同一視するのは無理がある。コノハナサクヤ姫は水を司る神と聞いている。噴火する火の勢いを水で抑えているのは阿蘇と同じである。太古の昔、阿蘇の巨大噴火は九州一体に噴 [続きを読む]
  • 九州
  • 九州の九は数霊で云えば、結びであり、中心であり、0であり、中今でもある。八方から十方に繫ぐのは中今にいる自分であって今居る所をココというのは九九の事である。熊本県の蘇陽町は九州の臍と呼ばれているがそこにある幣立神宮には五色神祭が毎年行われていて五年ごとの大祭には五色人(黒人、白人、黄人、赤人、青人)の代表が集まって参拝される。幣立神宮は言わば人類の中心地という事なのだろう。蘇陽町に程近い高森町の地 [続きを読む]
  • ウガヤフキアエズノミコトの性質の系統
  • 日月神示には「三千年前に返すぞ」とある。「この日の本の国に来てはならぬ者が来たから世が乱れてしまった」という。三千年前というとウガヤ王朝の一寸前の頃でウガヤフキアエズノミコトは山幸彦と豊玉毘売命の間に生まれた子であり、豊玉毘売命は変身可能な鰐の姿だったというが、それはトカゲ人間だったのかも知れない。深海には宇宙に匹敵するような未知の世界があるという。蛇そっくりに化ける蛸や植物に化ける魚などがいるが [続きを読む]
  • 熊襲の姫達
  • 何の本を読んでそう推測したのか忘れたが、熊襲の姫が殺された場所を探して黒木の山に登ったことがあった。山といっても上の方は畑があって草原の中に岩が立っているのが見える。その岩の異様さに思わず足を止めた。凄まじい怨念のエネルギーを感じて近ずくことが出来なかった。側まで畑が無かったのは農家の人には幸いだと思った。少し離れた小高い所に神社があった。何の神社なのか訪ねてみると二人の姉妹の神様であることが分か [続きを読む]
  • ウガヤフキアエズノミコトの性質の系統
  • 日月神示には「三千年前に返すぞ」とある。「この日の本の国に来てはならぬ者が来たから世が乱れてしまった」という。 三千年前というとウガヤ王朝の一寸前の頃でウガヤフキアエズノミコトは山幸彦と豊玉毘売命の間に生まれた子であり、豊玉毘売命は変身可能な鰐の姿だったという。それは因幡の白兎に出ていた鰐と同類なのだろう。 深海には宇宙に匹敵するような未知の世界があるという。蛇そっくりに化ける蛸や植物に化ける魚など [続きを読む]
  • 神示を食する
  • 数年前に友人が無農薬野菜の畑を見せてくれた。肥料は台所から出た野菜屑だという。もう虫食いだらけで悲惨な状態だった。ふと、道を挟んだ横の土手を見ると雑草の中に同じ野菜が生えている。種がこぼれたのだろう全く虫食いではなく立派な野菜だった。「健康な土には健康な野菜が生える。」という福岡正信氏の自然農の話を思い出した。健康な野菜には虫も付きにくいといわれる。日月神示に「草葉は虫に食われて出世するから嬉しい [続きを読む]
  • 自然界から学ぶ
  • 日月神示から学ぶものは沢山あるが、次元上昇の時は草木や虫も助けると言われている。そのなかには自然界に生きている草食、肉食動物逹も含まれているはずである。中でも肉食動物は弱肉強食の世界に生きている。神示には「四足の肉は食べるな、共食いになるぞ」と書いてある。人間の尊厳性を思えば人食いが、如何に人間性を破壊するものかは分かるとしても、人間以外の肉でも共食いになるのだろうか。動物逹の肉食は命の尊厳性がな [続きを読む]
  • 日月神示
  • 日月神示をそのまま読むと難しく理解不能なところが沢山ある。神示には裏と表があり、また、十方で読めとも言われている。すらすらとは、とても読めないし、ほかの本と比べると重くて数倍かかる。その時は分からなくても「あゝあれは、このことだったのか」と後で気付いたりする事もある。読む人によって、八通りに読めるとの事なので書籍などで解説してあるのを受け入れ難く感じたり、おかしく思えたりする事はよくある。また、日 [続きを読む]
  • 敬笑凰
  • 夢を見た。と言っても、もう十数年前のことだが、何かの会合に出席するために出かけたのだが、どうしても家が見つからない。ふと見上げると真上に巨大な雲の柱が天空にそびえ立っている。青い空に白い雲の柱、するとどこからか声がして、「その雲は遠くから見ると十字架に見えるのだ」と言う。目を横にやると「敬笑凰」という文字が見える。それは、「キリストが修行して女性に、特に日本の女性に向けて贈った文字だ」という。「敬 [続きを読む]
  • 半霊半物質になる近道
  • 私達人間は生れた時からの環境や習慣などによって、無意識にある一定の方向にものを考える癖のようなものがある。それは価値観であったり、常識だったり、毎日の生活の中で物事を自分の都合にあわせて考えてしまう。そうしたものが積み重なり、自分を変える事が簡単にはできない。 自分を変えていく為に、まず形から変えて新しい一歩を踏み出して自分の心を掃除するのもよいかも知れない。 日月神示関連の文に-------------------- [続きを読む]
  • 言霊を発する
  • 言霊は九十波であり、その言葉には霊としての波動がある。言葉は中間物質ともいわれ九十波は霊的波動なのだ。混沌とした思いは言葉にする事によって具体化する。と以前このブログで書いたが、自分の言葉と本心とが一致しないと、霊と肉体に歪みが生じ、身魂は不完成になる。人間がヒト(一十)となる時、本音と建前は通用しなくなる。人は言葉によって思考するが、理屈や建前の言葉に乗っかってしまうと、そこにレッテルを貼り自分 [続きを読む]
  • 大峠
  • 日月神示には「子の年を真ん中にして前後十年が正念場」と書いてある。そして、「新しき御世の始めは辰の年」とある。という事は辰の年には艱難の時は終わるという事になる。辰の年でも、しばらくはゴタゴタがあるそうだから、辰の年のなかば過ぎ、もしかすると秋頃まで続くのだろう。そうであるならば、子の年が真ん中で前後十年は未の年から始まる事になる。そして、未の年の半ば過ぎから秋までの間に正念場に突入するのか・・・ [続きを読む]
  • 自分を知る
  • 若いころ(二十歳の頃)自分という人間を知りたいと思い、フロイトの「精神分析」や宮城音弥氏などの書籍を読み漁った。しかし、自分の心の中を探り、問い詰め、自己分析しても底は浅く、自分はなんて平凡なんだろう自分一人の内面の世界なんて大したことはないとつまらなく思った事があった。自分を知るという事はいろんな人と交ざり合い様々な体験を通して、自分を監理いくことしかない。失敗したり、後悔したり、新しい体験によ [続きを読む]
  • 身霊磨き
  • 日月神示が言わんとしている最終目標は「半霊半物質」になることである。時期が来たら、総べて世界が変わる。そのための身霊磨きをしつこく書いてある。身霊磨きとは善人になることでは無い。本当の自分の素地を見出し自分の生き方を自分らしく生きていく力をつける事である。善人になろうとしたり、理屈に囚われたりすると本来の自分見えなくなる。身霊が汚れていては自分の素地は見えない。善人になる為に自分の中の悪を封じ込め [続きを読む]
  • 過去の記事 …