hoshu さん プロフィール

  •  
hoshuさん: 統合失調症は治る病気です。
ハンドル名hoshu さん
ブログタイトル統合失調症は治る病気です。
ブログURLhttp://schizo.hoshuasiwish.net/
サイト紹介文統合失調症から完全寛解の過程を記録に残しています。統合失調症は治る病気です。
自由文情報を共有することで、1人でも多くの人が暗闇の中で希望を見つけられると信じています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1429回 / 365日(平均27.4回/週) - 参加 2015/04/09 01:55

hoshu さんのブログ記事

  • 人生はフルコースの料理のようなもの
  • 医師から論文にしたいほど回復していると言われたことがある。医師や薬の力も大きいとは思うが、本当にここまで回復して、病気になる以前よりも能力的にも感性的にも心理的にも人間的に一回り大きくなったことを感じている。僕が回復のためにしたことは、現代の医学では常識外れかもしれないが、結果も常識外れなぐらいGOOD!だった。感性に従ったのだ。同じように、感覚を開いて、ヒカリの世界に入って、進化した人類になれる人が [続きを読む]
  • 統合失調症は治る病気です
  • 22歳で統合失調症を発症し、2度の入院を経て、2015年で18年目に入った。退院時「一生病院生活だと思っていた」とベテランの看護師さんに言われた程に状態は悪かったが、厳しい修行の末僧侶の資格を取得し、北京とウィーンで合計4年の海外活を経て現在では理想的に回復し完全寛解を感じている。 Read more ... [続きを読む]
  • 失敗を怖れる必要は全く無い!
  • 22歳で統合失調症を発症し、2度の入院を経て、2015年で18年目に入った。退院時「一生病院生活だと思っていた」とベテランの看護師さんに言われた程に状態は悪かったが、厳しい修行の末僧侶の資格を取得し、北京とウィーンで合計4年の海外活を経て現在では理想的に回復し完全寛解を感じている。 Read more ... [続きを読む]
  • 面倒なことはちゃっちゃっと済ませよう!
  • 22歳で統合失調症を発症し、2度の入院を経て、2015年で18年目に入った。退院時「一生病院生活だと思っていた」とベテランの看護師さんに言われた程に状態は悪かったが、厳しい修行の末僧侶の資格を取得し、北京とウィーンで合計4年の海外活を経て現在では理想的に回復し完全寛解を感じている。 Read more ... [続きを読む]
  • 頭がスッキリした感覚(初)
  • 22歳で統合失調症を発症し、2度の入院を経て、2015年で18年目に入った。退院時「一生病院生活だと思っていた」とベテランの看護師さんに言われた程に状態は悪かったが、厳しい修行の末僧侶の資格を取得し、北京とウィーンで合計4年の海外活を経て現在では理想的に回復し完全寛解を感じている。 Read more ... [続きを読む]
  • 脱・脅迫観念:したいときにすること!
  • 22歳で統合失調症を発症し、2度の入院を経て、2015年で18年目に入った。退院時「一生病院生活だと思っていた」とベテランの看護師さんに言われた程に状態は悪かったが、厳しい修行の末僧侶の資格を取得し、北京とウィーンで合計4年の海外活を経て現在では理想的に回復し完全寛解を感じている。 Read more ... [続きを読む]
  • 今からでも遅くない!
  • 22歳で統合失調症を発症し、2度の入院を経て、2015年で18年目に入った。退院時「一生病院生活だと思っていた」とベテランの看護師さんに言われた程に状態は悪かったが、厳しい修行の末僧侶の資格を取得し、北京とウィーンで合計4年の海外活を経て現在では理想的に回復し完全寛解を感じている。 Read more ... [続きを読む]
  • 僕たちゃん!もう前しかみえない
  • 22歳で統合失調症を発症し、2度の入院を経て、2015年で18年目に入った。退院時「一生病院生活だと思っていた」とベテランの看護師さんに言われた程に状態は悪かったが、厳しい修行の末僧侶の資格を取得し、北京とウィーンで合計4年の海外活を経て現在では理想的に回復し完全寛解を感じている。 Read more ... [続きを読む]
  • 統合失調症は治る病気です
  • 22歳で統合失調症を発症し、2度の入院を経て、2015年で18年目に入った。退院時「一生病院生活だと思っていた」とベテランの看護師さんに言われた程に状態は悪かったが、厳しい修行の末僧侶の資格を取得し、北京とウィーンで合計4年の海外活を経て現在では理想的に回復し完全寛解を感じている。 Read more ... [続きを読む]
  • Lineグループ通話は精神安定剤♪
  • 22歳で統合失調症を発症し、2度の入院を経て、2015年で18年目に入った。退院時「一生病院生活だと思っていた」とベテランの看護師さんに言われた程に状態は悪かったが、厳しい修行の末僧侶の資格を取得し、北京とウィーンで合計4年の海外活を経て現在では理想的に回復し完全寛解を感じている。 Read more ... [続きを読む]
  • 100匹目の猿現象
  • 22歳で統合失調症を発症し、2度の入院を経て、2015年で18年目に入った。退院時「一生病院生活だと思っていた」とベテランの看護師さんに言われた程に状態は悪かったが、厳しい修行の末僧侶の資格を取得し、北京とウィーンで合計4年の海外活を経て現在では理想的に回復し完全寛解を感じている。 Read more ... [続きを読む]
  • 目標を見失っているときは「考えない」
  • 22歳で統合失調症を発症し、2度の入院を経て、2015年で18年目に入った。退院時「一生病院生活だと思っていた」とベテランの看護師さんに言われた程に状態は悪かったが、厳しい修行の末僧侶の資格を取得し、北京とウィーンで合計4年の海外活を経て現在では理想的に回復し完全寛解を感じている。 Read more ... [続きを読む]
  • 統合失調症と認知機能障害
  • 両価性(アンビバレンス)とはひとつの物事に対して、逆の感情を同時にもつこと。例として、ある人に深い愛情を感じる一方で殺意も抱く。ある事をしようと考えていると、その事をしたくないと考えてしまい、どうしたら良いのか分からなくなり立ち往生してしまう。統合失調症の代表的な症状のひとつ。 Read more ... [続きを読む]
  • 1つに100%集中し、他は最低限だけ!
  • 絶望に近い暗闇のにいた僕にとって、一番の希望となった本は統合失調症がよくわかる本「統合失調症がよくわかる本」(E.フラ-・トリ-)だった。彼は身内に統合失調症の妹がいて、統合失調症は絶望すべき病気ではなく治る病気なのだという、非常に詳細なデータに基づいた内容の本だ。もちろん状態が良くなったら患者自身にも読んで貰いたいし、家族にも是非読んで貰いたい一冊だ。Read more ... [続きを読む]