さとうやすゆき さん プロフィール

  •  
さとうやすゆきさん: 1日ひとつ変えるだけで幸せになる日めくりマンガ
ハンドル名さとうやすゆき さん
ブログタイトル1日ひとつ変えるだけで幸せになる日めくりマンガ
ブログURLhttp://kokorobijin.blogspot.jp/
サイト紹介文人間関係、仕事、お金、恋愛、人生に効く言葉。そして、幸せ運とお金運をはこぶ実践レシピ。
自由文あなたのココロの奥にある美しいココロを、ちょっとした日常の行動を変えたり、とらえ方を変えるだけで引き出して、内側からにじみ出る美しさで「愛され美人」になる、そのためのレシピを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2015/04/11 09:14

さとうやすゆき さんのブログ記事

  • 意識の高い人と知り合う
  • こんにちは、佐藤康行です。 人間の能力には、大きく分けると知識と意識があります。知識というのは、頭の中にどういう情報がインプットされているかという、いわば学問の世界です。過去に習ったこと、本で読んだこと、人から聞いた知識が頭の中にインプットされています。これに対して意識とは、人を思う気持ち、責任感、誠実さ、自分自信を認められる心といった、本質を正しく見抜く目であり、最後まで物事をやりとげる強 [続きを読む]
  • 自信を失いかけたら、励ましてくれる人の所へ行く
  • こんにちは、佐藤康行です。 もし、あなたが自信を失いかけているとしたら、一刻も早く自信をとり戻さなければなりません。なぜなら、『類は友を呼ぶ』 と言って、あなたが自信を失いかけてくると、さらにあなたの自信をなくさせるような人が近づいてくるからです。そんな状況の時には、心のギアチェンジをする必要があります。あなたの心のギアを切り換える確実な方法は、必ずあなたを励ましてくれる人に会いに行くことです。人の [続きを読む]
  • 弱さを全部さらけ出す
  • こんにちは、佐藤康行です。 強い人が強いとは限りません。なぜなら、強い人は人の力を借りないで、何でも自分でやろうと思ってしまうからです。例えば、50キロの荷物があったとします。力のある人は、何とかそれを自分一人の力でもとうと、無理をし、苦しい思いをしながら運ぼうとするでしょう。ところが、自分は20キロ以上はもてないと自覚をしている人は、誰かの力を借りることを考えます。素直に「手伝って欲しい」と協 [続きを読む]
  • やる気が起きないのは、本当にやりたいことがみつからないから
  • こんにちは、佐藤康行です。 あなたが子供の頃、オモチャで一生懸命遊んでいた頃のことを思い出して下さい。最初は楽しくて毎日そのオモチャで遊んでいたのに、やがて飽きる時がきます。それは、あなたが成長しているから。しかし、あなたが成長したら、その成長したあなたにとって、もっと面白いオモチャがあるのです。それまで遊んでいたオモチャに飽きてしまってから、もっと面白いオモチャを発見するまでには、少々のデッドス [続きを読む]
  • 将来を悩むより今を生きる
  • こんにちは、佐藤康行です。 不安や心配ごとというのは、現在目の前にあるものではありません。目の前にはどこにも、心配なんてないのです。出来事は一つ。でもそれを、マイナスにとらえる人もいれば、プラスにとらえる人もいます。あなたがマイナスに思った時に、不安が生まれ、心配ごとに変わります。心が、不安や心配事を作り出しているということです。今日、目の前にあることを、一生懸命やっていきましょう。不安や心配ごと [続きを読む]
  • 「これでよかった」を口グセにする
  • こんにちは、佐藤康行です。 たかが口グセと思うかもしれません。しかし、口グセは、人生に大きな影響を与えるものです。今までのあなたの口グセがどんなものでもかまいません。今からは、過去のことを悔やみそうになったら、「これでよかった」と言いましょう。そうすると、後になって「本当にこれでよかったんだ」と思う出来事が訪れるでしょう。だから、些細なことでも、大きな失敗をしたとしても、悔やむ前に「これでよかった [続きを読む]
  • 心配や不安があったら、解決策を書き出してみる
  • こんにちは、佐藤康行です。 心配事というのは、放っておくとどんどん膨らんでいきます。一晩心配しながら眠ると、朝起きた時にはぐったりと疲れていたり。さらに心配が心配を呼び、自分の身体に悪影響を与えてしまうことも。そんな時には、ノートを取り出して、こんな作業をしてみるといいいでしょう。まず、ノートの真ん中に線を引いて、一ページを左右に二分してみて下さい。そして、左上には「心配事」と書き、右上に「 [続きを読む]
  • 人に悪口を言われたら、その場で忘れる
  • こんにちは、佐藤康行です。 悪口を言われた時、あなたはどうしますか?腹が立ったり、悩んだり、落ちこんだり相手を憎んでしまったり……。悪口を言う人は、あなたに対してだけではなく、他の人の悪口も言っているものです。人は、十人十色。百人いたら百人百様。いろんな考えをもっているから、意見が合わないこともあります。あなたを好きな人もいれば、あなたを嫌いな人もいます。それは、あなただけに限らず、どんな人 [続きを読む]
  • 悲しい時は思いっきり泣く
  • こんにちは、佐藤康行です。 悲しくて悲しくて泣きたくなったら、心おきなく泣ける場所をみつけて、思いっきり泣いてしまいましょう。人は、誰もが何かを我慢して生きているものです。悲しみや苦しみがあっても、それを心の奥にしまいこんで、頑張って生きているのです。しかし、そんな悲しみや苦しみをしまいこんでいると、それが心の深いところに染みこんでいって、いつしかトラウマ(過去の心の傷)になってしまうことも……。 [続きを読む]
  • 小さな嬉しいことを発見して思いっきり喜ぶ
  • こんにちは、佐藤康行です。 もし、あなたが、「最近、何も楽しいことがないなあ」と思っているなら、どんな小さなことでも喜べることを探してみて下さい。必ず、あるはずです。 たまたま入ったお店のランチが美味しかった。 連絡をしようと思っていた友達から、先に連絡がきた。かわいい小物を見つけた。 髪型や服装を褒められた。窓を開けたら、気持ちのいい風が入ってきた。 気がついたら一キロ痩せてい [続きを読む]
  • 笑顔の訓練をする
  • こんにちは、佐藤康行です。 笑顔は、人間関係において一番大切なもの。笑顔さえあれば、最も短い時間で相手に好印象を与えることができます。恥ずかしがらないで、相手と目と目が合った瞬間、ニコッとしてみて下さい。それだけで、相手はまちがいなく、あなたに好印象をもってくれます。笑顔の中には、『あなたのことが好きですよ』という思いがふくまれているからです。さあ、今から笑顔の訓練。あなたの家族に、友人に、 [続きを読む]
  • あなたに幸せ運と、お金運が舞いこむ魔法
  • こんにちは、佐藤康行です。 もっと人から愛されたい!そんなあなたの願いを叶えるために、このブログを書きました。“愛されオーラ全開!”になってもらうのがこのブログの目的です。ココロ美人になれば、誰からも好かれます。誰からも好かれれば、幸せな気分でいられます。幸せな気分でいられれば、ますます魅力的な人になれます。また、お金も人の心をとおしてやってきますから、当然、ココロ美人はお金にも好かれます。まさに [続きを読む]
  • 営業成績を倍増させる2つのモチベーションとは?
  • こんにちは、佐藤康行です。 営業成績を倍増させる「急所」は、高いモチベーションを持つことだ。営業マンのモチベーションが高くなくては、当然良い結果は出ない。そのモチベーションは、大きく分けて二つある。一つは『欲望のモチベーシヨン』、もう一つは『喜びのモチベーシヨン』である。バブル経済の時代、大きな効果を発揮したのは『欲望のモチベーシヨン』だった。自分が欲しいものを手にしたり、得をすることを原動力とす [続きを読む]
  • 「究極のセールスマン」の条件・三点セットはこれだ!
  • こんにちは、佐藤康行です。 【実践のツボ1】どんな状況でも愛を満たせるようになるどんな業界でも通用する究極のセールスマンの条件は、「愛が溢れ出ている人」「すべてを愛せる人」「宇宙と一体の人」の三点だと私は確信している。営業成績が上がっている時だけ愛が溢れていても、成績が下がったり、契約をキャンセルされると、愛せなくなったりするようでは、究極のセールスマンとは言えない。どんな状況でも、前記の三点を満 [続きを読む]
  • 「ストーリーテラー」こそが、営業の一番の仕事!
  • こんにちは、佐藤康行です。 【実践のツボ1】夢と喜びを届ける「ストーリーテラー」を目指す私が宝石の販売をやっている時には、こんなふうに言ったりした。「あるお客様が、ダイヤの指輪をしてたら、とても良い家柄の奥様から声をかけられて、『その方の縁で素晴らしいお友達がたくさんできた!』っておっしゃっていました」商品によって、どんな喜びが得られるか、どんなドラマが待っているか、そんなストーリーを語ってあげる [続きを読む]
  • 緊張しなくなった時こそ要注意だ!
  • こんにちは、佐藤康行です。 【実践のツボ1】あえて、適度な緊張感をキープする緊張するということは、相手に対して真剣に取り組んでいるという証拠で、人間の素晴らしい特性であり財産でもある。ところが、ベテランになるとあまり緊張しなくなり、特に親しいお客様になると、妙に馴れ馴れしくなって、”ため口“をきいたり、相手を見下してしまったりすることさえある。「親しき仲にも礼儀あり」だ。適度な緊張感を持つことは、 [続きを読む]
  • 膨大・複雑な商品知識を把握する秘訣
  • こんにちは、佐藤康行です。 【実践のツボ1】”最大の売り“と目的をまず見極める商品の数が多かったり、複雑な機械であったりすると、商品知識を完壁にしてから営業に出るのが難しくなる。そういう場合は、たとえば、車を売る場合、機能のことを細かく覚える前に、まず、その車の”最大の売り“は何なのか、どういう目的で開発された車なのか、といったポイントを覚えることが大事だ。そのポイントを明瞭に、かつ自信を持って話 [続きを読む]
  • 内なる声に耳を傾け自分を見つめ直す
  • こんにちは、佐藤康行です。 【実践のツボ1】自分の内なる声に耳を傾けてみるいい仕事だとわかっているのに、やる気が出ない、体が動かない、エネルギーが湧いてこない…。そういう人は、頭では今の仕事に納得していても、体が、もっと言えば自分自身の魂が他のことをやりたがっている場合がある。だから、どうも体が思うように動かない、やる気が出ないと言う場合は、一旦、現在の仕事のことを頭からはずして、自分の内なる声に [続きを読む]
  • 市場ではなく、自分の心を開拓して発見・躍進する
  • こんにちは、佐藤康行です。 【実践のツボ1】情熱ですべての人を「お客様」にする27歳の頃、私の営業での注文契約は時間の問題だったその時、某大手自動車メーカーのセールスマンが玄関から入ってきて、私の名刺と私の顔を見比べながら、こう一言った。「奥さん、どこの馬の骨だかわからないセールスマンから買って、トラブルでも起こったらどうするんですか」その言葉で、奥さんから、買い気が引いていくのがわかった。私は一瞬 [続きを読む]
  • 自信アップのためには、まずは訪問件数三倍を目標にする
  • こんにちは、佐藤康行です。 【実践のツボ1】訪問件数を三倍にする!「どうも営業に自信がなくて…」と言う人は、必ずといっていいほど訪問件数が少ない。営業に自信をつける唯一最良の方法は、訪問件数を現在の二倍から三倍に増やすことである。それくらい訪問件数を増やしたら、理解してくれるお客様が必ず出てくる。「自分は営業に向いていないのかなあ…」などと考える暇もないくらいに、次々と訪問していく。それが自信をつ [続きを読む]
  • アフターフォローには、財産がいっぱい詰まっている
  • こんにちは、佐藤康行です。 【実践のツボ1】アフターフォローの財産を見逃がさないもしあなたが、お客様に商品を売りっぱなしでいたとしたら、それは貴重な財産をみすみす見逃がしていることになる。アフターフォローの中にこそ、営業活動にとって大切なノウハウと財産がたくさん詰まっているのだ。私が宝石のセールスをしていた時、「あなたから宝石を買ったお陰で、換金できて助かった」と後で聞き「こんなふうに役立つことも [続きを読む]
  • 商品にまつわるドラマを知り、誇りを高める
  • こんにちは、佐藤康行です。 【実践のツボ1】開発者と直接話し、そのドラマを知る生きた商品知識を身につけるとっておきの方法、それは、商品の開発者に直接会いに行って、話を聞いてみることである。きっとこれまで以上の思い入れを持つことができるだろうし、お客様に会う時にも、何倍もの情熱を持って話ができるに違いない。いかなる商品にも、必ずそこには開発者たちの情熱と汗と涙のドラマがあるはずなのだ。【実践のツボ2 [続きを読む]
  • さすがといわれるクレーム対応のコツ
  • こんにちは、佐藤康行です。 【実践のツボ1】素直に謝り、心から感謝しようクレームが来た時には、まず第一番に、お客様に素直に謝ることだ。その次に、たとえ明らかにお客様に落ち度があっても、全部言い分を聞いてあげること。相手の主張している要点をしっかりつかまえることができれば、今度はそれが全部ノウハウになる。お客様の本当に求めていることがよくわかる、これほどいい機会はない。心から感謝していくセールスマン [続きを読む]
  • 「改善リスト」で、苦情をあえて財産にする
  • こんにちは、佐藤康行です。 【実践のツボ1】苦情こそあえて受け止める過去にお客様から商品についての苦情や文句を言われた経験が重なってくると、多くの営業マンは苦情を言うお客様を遠ざけ、苦情を記憶からかき消そうとする。しかし、大切なことは、けっしてそこから逃げずに、正々堂々と真正面から受け止め、逆に苦情を財産に変えてしまうことだ。そうすればもう怖いものは何もなくなるはずだ。【実践のツボ2】改善リストを [続きを読む]
  • 「喜びの声リスト」を作成する
  • こんにちは、佐藤康行です。 【実践のツボ1】たくさんの喜びの声を集めてリスト化するお客様がその商品を使って喜んでいる声を聞くことほど、あなたに勇気と自信を与えてくれるものはない。そこで「お客様の喜びの声リスト」をつくることをお勧めする。あなたのお客様だけに限らず、会社に送られて来た感謝状やアンケートハガキ、電話などでも、お客様の喜びの声を拾い集めていこう。お客様センターや、他の営業マンたちから情報 [続きを読む]