団子三兄弟 さん プロフィール

  •  
団子三兄弟さん: 成長・夢の部屋
ハンドル名団子三兄弟 さん
ブログタイトル成長・夢の部屋
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yonekids
サイト紹介文夢・ロマン・成長を語る部屋。子供達の成長記録。ガンバ大阪、ツエーゲン金沢の熱狂応援。ランニング大好き
自由文夢・ロマンを語り、日々成長を目指している。いつの日か宇宙へ行くことが夢。
2005年からの子供達の成長を記録。ガンバ大阪、ツエーゲン金沢をこよなく愛し熱狂応援中。ランニングのサブ4を目指しトレーニング中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/04/11 20:40

団子三兄弟 さんのブログ記事

  • 新たな出会いに感謝
  • (1)昨日は三男のJunior Youth年代のクラブチームのBBQ。小学生年代と異なる新たな人との接点というか、出会いがあると視野が広がって本当にありがたい限りだ。また、いろんな商売というか、お金を稼ぐ仕組みであったり、世の中にあまりないニーズがあることに改めて気付かされる。(2)いろな所へ行ったり、新たな出会いがあるからそこ得られる気付きであり、じっとしていたり、既存の枠組みの中にずっといても気付かないもの [続きを読む]
  • 時代の変化と無の境地
  • (1)いろいろと時代の変化を感じることと、昔からのままのものがある。時代の変化を感じる細かいことは置いておいて、昔はやっていなかったことをやるようになったと感じる時代だ。それは、ベタな作業をやらざるをえなくなった。そうであるにも関わらず、人手不足というこの時代。やり方を変えないと。(2)これまでの延長線でやり方を変えても時代にマッチしない。今の時代は、AIであったり自動化に意識して踏み込まないと時代 [続きを読む]
  • 新しい自分に出会うために
  • (1)今日は、3回目のフルマラソン。6月でさすがに暑かったが、何とか自己ベスト。今日もいろんな発見があった。数年前まではなぜフルマラソンやウルトラマラソンのようなシンドイことをやるのか、やる人が不思議だった。我輩がフルマラソンに出るようになって、なんかわかってきたような気がする。(2)それは、新たな自分に出会うことができ、成長を実感できるからだ。新しいコースを走ると新たな気付きがある。いつも走ってい [続きを読む]
  • 思考のリミッターを外す
  • (1)先週末でブログ投稿600回となった。平均投稿文字数を考慮すると原稿用紙2000P、文庫本相当で6冊ほどの文字を掲載したことになる。ブログをやっていると、自分の思考を文字にすることができ、頭の中を整理できているつもりになっている。プラスになっていることもあるが、マイナス面もある。(2)思考のリミッターを外しにくくなってしまうことだ。自分の考えを正当化してしまい、成長するために思考をストレッチする機会を [続きを読む]
  • 引き継ぐものと変えるもの
  • (1)昨日、今日と天下の奇祭と呼ばれている地元のお祭り。やっぱり地元のお祭りは最高だ。先祖代々の江戸時代?から引き継いでいる伝統を感じ、子供のころから変わっていないことは感慨深い。また、青年団のオペレーションも30年、いや50年前から変わらずに引き継がれていることが素晴らしい。(2)お祭りのいろんな所に意味があることに改めて奥深さを感じる。家々では、それぞれの家庭用の押し寿司を作って、笹やご飯の大きさ [続きを読む]
  • 余裕のよっちゃん
  • (1)三男坊が中学に入ってサッカーのクラブチームに加入したが、その練習で毎日片道約9Kmを自転車で通っている。次男坊はサイクリング車2台を購入し、計3台の自転車を使いこなしている。その影響もあり、我輩の移動手段は少し距離があっても車ではなく自転車で移動するようになった。(2)自転車で移動すると車では気付けない自転車なりの楽しみがよくわかる。新たな発見があり、楽しい。そういう意味での行動の幅が広がったし [続きを読む]
  • 宇宙と脳がつながった
  • (1)茂木健一郎著”すべての悩みは脳がつくり出す”をGW期間中に読んで我輩の中の関心事がつながった。無限というか未知の世界に惹きこまれるということだ。宇宙には昔から興味があるが、茂木先生の本を読んだり、ブログやTwitterを見てからは脳への関心が高まった。まさにどちらとも幻想の世界だ。(2)それまでは”クオリア”や”セレンディピティ”という言葉を知らなかった。脳から出るドーパミン、ってすごい不思議で魅力 [続きを読む]
  • 不思議な時代 〜人は高く、物は安く〜
  • (1)商売の原点は物々交換だったのに、いつの間にかニーズは、コトというかサービスに変わったのだろうか?昔から物と言いつつも価値のサービスを購入していたのは事実だ。我輩だけかもしれないが、最近はあまり物に対する欲求が何故かなくなってしまった。ちきりんさんのエントリはその通りだ。(2)人手不足というのに、何故か人が関わると値段が高くなる。また、物を売っても高い収入を得られにくくなる時代になった。付加価 [続きを読む]
  • あいまいなものと明確なもの/因数分解となんとなく
  • (1)週末にランニングしていて、ふと思う。これほど数字の世界はないなと。走った距離と時間が明確に数字になり、何の言い訳や弁明ができない。調子の良し悪しや天候等の環境の違いがあったとしても、プロセスは関係なく結果が全て。走って訓練した距離がタイムにも直結するし、おもろいスポーツだ。(2)方や見るスポーツとしてサッカーは奥深くて本当におもろい。技術があるから、スピードが速いから、スタミナがあるからと言 [続きを読む]
  • ストレスとモチベーション
  • (1)事業計画説明がほぼ終わって気合いを合わせたところだが、まだまだ配慮が足りないと反省する。いろんな立場のチームがいるから、それぞれに対して労ったりお礼をしているつもりでも、受け取る人の立場に立つとこちらの思い通りに伝わっていないことを痛感する。逆にストレスを与えてしまった。(2)こちらが相手のモチベーション(以降、モチ)を上げるつもりで伝えていることが、逆に相手にストレスを与えているとしたらこ [続きを読む]
  • ありがたいこととストレスになること
  • (1)我輩にとってストレスになることとしては、「何を考えているのかわからない」「何をしたいと思っているのかわからない」と言われることである。周囲の目を気にすることなく、我が道を進めばいいのだろうけど、どうしても気になってしまう。そのストレスを解消するために、本ブログを始めた。(2)ブログは12年目で593回投稿まで継続してきた。けれど、そのストレスの源を解消できたかというとそうではない。どれだけ投稿す [続きを読む]
  • 節目の素晴らしさ&痴呆症にはなりたくない
  • (1)4/1エイプリルフール、H29年度の新年度の最初の日。なぜか通常の一日ではなく、ちょっと思い入れが入る1日。H28年度末の昨日と1日しか違わなく、365日のうちの1日なんだけど、なぜか昨年度の1年間を振り返り、新たな新年度の抱負というか期待の思いが沸き上がってくる。不思議なものだ。(2)(n-1)とnの日の1日だけの違いなんだけど。そういう意味での節目ってスゴイ。年末と元旦の1日の違いや夏休みの最終日と休み [続きを読む]
  • 人が集まるところ
  • 先週末の投稿をサボってしまったためのリカバリー投稿(本日2度目の投稿)(1)本日が団子三男の小学校サッカーの最後の大会。昨日の予選リーグは1位で通過し、本日が決勝トーナメント。さて、結果は如何に。残念ながら現地へ応援に行けないが、結果は別として、きっと後悔せずに力を出し切って、やり切ってくれることだろう。遠くから見守りたい。(2)このサッカーチームは3年前に立ち上がり、立ち上げ時は全体で14名の選手の [続きを読む]
  • 節目とPDCA
  • (1)年度末を迎えたり、卒業という節目は格別なものがある。団子三男は小学校を卒業し、次なるステージとなる。これまでのサッカーチームで先週末に温かい卒団式をやってもらい幸せ者である。中学校から通うサッカーチームにすでに参加し、先週末に新一年生で上級生と試合をさせてもらっている。(2)4月の入学を待たずしての新チーム立ち上げ、スタートダッシュは恵まれている。小学校6年間や6年生の振り返りは、どのように振 [続きを読む]
  • 田舎の暖かさ
  • (1)本日は人生2回目のフルマラソンにチャレンジ。事前にマラソンシミュレーターソフトで入念にシミュレーションして臨んだ。自己ベストは20分ちょい更新できたが、目標は達成できなかった。11個の坂に悩まされたが、結局は練習不足を克服しない限り、目標は達成できないということだ。(2)場所は、和倉温泉から能登島をぐるっと回るコース。金沢マラソンと比べると沿道の応援していただいた人数は圧倒的に少なかったが、暖か [続きを読む]
  • 未来年表の大事さ
  • (1)先々週の投稿で事業計画の大事さについて触れた。直近の事業計画をしっかりと策定することは大事だが、その事業計画は中期的なビジョンに基づき、数年先を見てどうするかがあっての事業計画であるべきだ。毎年の事業計画は一生懸命考えるが、環境の変化もあり目先の対処に追われがちになってしまう。(2)中期ビジョン策定は、我輩もどちらかというと苦手というか、避けてしまいがちになる。普段考えない思考を回さなければ [続きを読む]
  • 五感を六感に
  • (1)人間は五感(視・聴・嗅・味・触)を研ぎ澄まし、フル活用して日々生活している。全ての情報は、脳みそに伝達されて脳に集約されている。いろんな情報を認識、意識するかは脳で決まるから不思議な世界だ。センサが情報を敏感に感知しても、無意識に認知したり、敢えて認知しないようにしたりと。(2)我輩の聴覚は、父親の遺伝に加えて歳を取ってからは残念ながら高音が聞こえない。聴力検査では常にひっかかるが、生活に支 [続きを読む]
  • 宇宙と事業計画
  • (1)たまに宇宙に行きたい欲望が湧いてくる。また、起業したい欲望が湧いてくる。どちらも具体的なプランがあるわけではなく、宇宙に行きたい欲望はなんとなく楽しそうで面白そうだから描いている夢である。起業についても今直ぐにというわけではないが、退職後にやってみたいことである。(2)けれど、上記の状況のままだと宇宙に行く夢は実現しないだろうし、仮に退職後に起業したとしても成功しないだろう。本気で起業しよう [続きを読む]
  • やっぱり変わらない
  • (1)たまに学生時代に頻繁に聞いていた尾崎豊や浜田省吾の歌を聞きたくなる。昨日帰省する際にスマホで聞いていた歌の1つ、浜田省吾の”19のままさ”。なんかそれを聞いていると、本当に”19のまま”で19歳の時から変わっていないと思ってしまう。我輩もそうだし、我輩の仲間も同様に。(2)先日、会社の同期が集まる同期会においても昔の入社した当時のままである。いつ集まっても話題は昔の話で、何回も繰り返される。風貌は [続きを読む]
  • コミュニティを育てる
  • (1)育てることに携われるとなんか嬉しい。子育ても大変だけど、子供が育つ姿を見ると嬉しくなる。子供や他人を育てようとすると自分自身も成長することができるから病みつきになる。人間に限らずに、変化を見ることができると、先を期待することができるから、ワクワクするのだろう。(2)2週連続で花金に同期入社が集まる機会があった。ほんと、いつ集まっても昔に戻ることができて、楽しすぎてあっという間に時間が経つから [続きを読む]
  • 勝手な思い込みと見えない自分
  • (1)他人は見えているようで、見えている以上に勝手にこうだと決めつけてしまっている自分に気づくことがある。しかし、日常的に気付くわけではなく、何かのきっかけがないとそのように認識できないのことが人間の性である。定期的に、かつ自発的に気付くことができれば苦労しない。(2)また、他人は我輩のことを理解してくれていると勝手に思い込んでいる。特に、我輩は情報共有を意識して本ブログを毎週掲載しているので、我 [続きを読む]
  • 伝統のありがたさ
  • (1)先週末は寒波が来ている中での地元の耐寒縦走継走だった。雪が積もって風も強く、前日には中止になるだろうと勝手に決めていた。しかし、当然のように開催され、走っている最中にはあられは降るわ、風は強いわで雪が積もったり、融雪水で足元が悪い中を走る耐寒の貴重な体験をさせてもらった。(2)聞けば我輩が生まれる前からやっていて55年の歴史があるとのこと。1月中旬の冬のど真ん中で中止になったことは1回くらいしか [続きを読む]
  • 生産性とモチベーション
  • (1)何か面白くないことがあったり、思い通りに行かないとモチベーション(モチ)が下がったり、上がらないとなってしまう。モチが上がらないと言うことは容易いことだ。モチが上がったということを周囲から聞いたり、自分自身が思う機会もなかなかない。モチが下がったという場面が圧倒的に多い。(2)どうせなら数少ない機会やちょっとしたことでモチが上がったと思えるようになりたいし、周囲の人が効率的にモチが上がること [続きを読む]
  • 行き着くところ
  • (1)年が明けて早くも1週間。休みは楽しい方がいいに決まっている。けど、楽しいって何だろう。ワイワイガヤガヤ盛り上がって騒ぐことだろうか。一時的に楽しいことはたまにある。継続して幸せを感じる時は、どういう時だろうか。いろいろと思うが、結局は成長出来るところ、に行き着いてしまう。(2)続けることができることは、好きなこと。好きなことであれば困難なことでも壁を乗り越えることができる。嫌よ嫌も好きのうち [続きを読む]
  • 酉年の抱負”超結”
  • 2017年、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。昨年は、大変お世話になり、本当にありがとうございました。今年は、生誕半世紀となること、かつ入社25周年の節目の年となるので、これまでを超越します。◆昨年の振り返り<頑張ったこと>・仕事では、厳しい状況下にありつつも、みんなで力を合わせて頑張ってこれました ⇒特に、組織の壁を超えた連携は、新たな道を切り拓くことができて感謝です。・ [続きを読む]