にんげん科学研究会 さん プロフィール

  •  
にんげん科学研究会さん: もっと暖気に生きてみませんか?
ハンドル名にんげん科学研究会 さん
ブログタイトルもっと暖気に生きてみませんか?
ブログURLhttp://ningenkagaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文「宇宙のルール」で自分自身や世の中をみてみましょう。きっと幸せに生きるための答えが見つかります。
自由文時代は「低次物質文明」から「高度精心文明」に移行し、宇宙の法則・ルール通りに生きていく時代に入りました。「絶対的自由」「共生」「進可」を基本とし、それぞれが「自立」して歩き「本当の幸せ」を掴む時代です。ここでは、小笠原慎吾氏の遺された理論をベースに、学校では教えてくれない本当は一番大切なことを書いてみようと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2015/04/15 00:11

にんげん科学研究会 さんのブログ記事

  • 理論番外編  他人のことなんてほうっておく
  • いまさらではありますが2013年に出版され、累計発行部数は100万部超え。テレビでも紹介されるほど大ヒットした『嫌われる勇気−自己啓発の源流「アドラー」の教え』皆さんも本屋さん行ったときアドラー心理学に関する本がずらっと並んでいる光景を見たことがあるかもしれません。この『嫌われる勇気』が出版されたことで、アドラー心理学が多くの人の目に触れることになりアドラー心理学について書かれた本も増えたようです。では [続きを読む]
  • 「無駄を捨てる」生き方
  • 今の世の中をみてみますと経済格差は世界中でどんどん広がっており日本人もまた、そんな世界の潮流に飲まれ苦しむ人たちが増えています。経済大国だと言われて得意満面になっていた日本人はまさか自分たちが追い詰められてこんな時代を生きなければならなくなるとは夢にも思わなかったのではないでしょうか?師は、ご自身の著書の中で「あれもこれも」ほしがる生き方が現状のさまざまな問題を引き起こしていることは、だれも認める [続きを読む]
  • よ〜く考えてみよう
  • 理論を学び、日々の実践・検証で分かったことの一つに以下のようなことがあります。それはそもそも私たちは本来、この世に「苦労するため」「悩むため」「病気するため」「お金儲け」をするために来たのではないということであり、本当は「この世に遊びに来た。」 ということです。そして、日々の生活の中では  「好きなこと 」「樂しいこと・楽なこと」 「自由にすること」 「心がウキウキすること」をするために生まれてき [続きを読む]
  • 「ひとり」でいるほうが良い3つのメリット
  • 2017.06.02 Fri のブログ はじめの一歩は「おひとりさま」">はじめの一歩は「おひとりさま」  の中で私たちの人生そのものが「ひとり旅」 です。これからの時代は 「おひとりさま」ひとりで生きる、ひとりで過ごす、ひとりで遊ぶ、ひとりで樂しむ などなどが基本です。と書きましたが今日は 「おひとりさま」「人生そのものが ひとり旅」 に関しての面白い記事を見つけましたので載せておきます。   より抜粋「ひとり [続きを読む]
  • 『アリとキリギリス』も変わりつつある Ⅳ
  • 『アリとキリギリス』も変わりつつある Ⅱ でも書きましたが『アリとキリギリス』どちらの生き方が正しいかではなく今はどういう時代なのか? どういう場面なのか?その前提条件がはっきりすればこれからの時代、どちらの思想が馴染むかは自動的に答えが出てくるはずです。今回で 『アリとキリギリス』も変わりつつある シリーズ 終了です。最終回は理論に基づいた 『アリとキリギリス』 心身調律セラピストが書いた最新版 [続きを読む]
  • 『アリとキリギリス』も変わりつつある Ⅲ
  • 前回のブログで有名なイソップの「アリとキリギリス」で描かれたのは「働き者のアリと怠け者のキリギリス」の構図でした。ところが時代の変化は、キリギリスの活躍の場を広げつつあります。それまで良しとされてきたアリの価値観が、むしろマイナスに働くことがあるということです。と書きましたが今日は今の若者が 『アリとキリギリス』 を書くと、どんな物語になるのか書いておきましょう。若者が書いた、現代版 『アリとキリ [続きを読む]
  • 『アリとキリギリス』も変わりつつある Ⅱ
  • これからの時代の『アリとキリギリス』有名なイソップの「アリとキリギリス」で描かれたのは「働き者のアリと怠け者のキリギリス」の構図でした。ところが時代の変化は、キリギリスの活躍の場を広げつつあります。それまで良しとされてきたアリの価値観が、むしろマイナスに働くことがあるということです。イソップの物語が書かれたのが紀元前5世紀のことと言われていますから約2500年に渡ってキリギリスは「怠け者」のレッテルを [続きを読む]
  • 『アリとキリギリス』も変わりつつある Ⅰ
  • さてさて、ちょっと今回は数回に分けて長いお話しを書いてみようと思います。以下が目次です。イソップ寓話と『アリとキリギリス』の歴史『アリとキリギリス』の3つの結末ネット上でちょっと話題になった『アリとキリギリス』これからの時代の『アリとキリギリス』若者が書いた、現代版 『アリとキリギリス』理論に基づいた 『アリとキリギリス』心身調律セラピストが書いた最新版それでは早速スタートです。イソップ寓話と『ア [続きを読む]
  • 今日何日?何曜日だっけ?
  • 最近では「今日何日?何曜日だっけ?」と日にちや曜日も気にならなくなってしまっていますが多くの方は月曜から金曜まで働き土・日曜に休む…… といった「1週間のリズム」が繰り返されています。これまでの時代1週間は、神様のリズムともいわれ旧〇聖〇のはじめのページが「天地創造」というお話から始まりますように光と闇を作り、この世界を作り、海と陸と空を作り、動物たちを作り、男と女を作りますが6日間続けてこの世を作っ [続きを読む]
  • これも知っておいてください。
  • 今日も、思いついたまま書いていきます。まず最初に、以下の師の書籍の抜粋をお読みください。「いままでは、人間の都合だけで里山開発が進められ、野生動物は一方的に住処を追われてきました。 けれど本来、「人間の住む場所」「動物の住む場所」は人間の理屈で区画整理できるものではありません。 本来は、土地の波動に応じて、住むべき生きものは決まってきます。  ですから今後は、人間が住むべきでない場所に引っ越した場 [続きを読む]
  • あなたは賛成?反対?
  • 前回書きましたようにこれまでの時代の固定概念や常識では到底考えもつかない時代がやってきます。このブログをお読みいただいている皆様は理論が説く 「これからの時代の方向性、世の中がどう変わるか?」 は既にご存知のことと思いますが今日は、以下の動画をご覧いただき もう一度確認してみましょう。一回目の動画のキーワードは以下の通りです。ベーシックインカム量子コンピュータ人工知能  それぞれの項目に関しては、 [続きを読む]
  • 今日は「世の中」の話です。
  • 今日は前回とはガラッと変わって「世の中」の話を書いてみます。6月22日の小山内さんのブログ「お店からレジが消えたら・・・」 ">「お店からレジが消えたら・・・」  にもありましたように時代は理論通りに進んでいるようで平成6年(1994年)に師のいわれていた「もうすぐレジがなくなるよ。」が、実現し始めています。小売り店からレジが消える。  スマホやタブレットで会計する時代の到来まず、最初の段階で活躍し始めるの [続きを読む]
  • 理論番外編Ⅱ 50%はあるかもしれない?
  • 仮想現実 この世はリアルかフェイクか――。この深遠な謎をめぐり、古来から宗教や哲学、芸術などで数多く解明の試みが行われてきました。そして現在、この謎は「シミュレーション仮説」として、科学者たちが挑む謎のひとつにもなっています。さらに昨今、この謎は実業界でも大いに議論されています。バーチャルリアリティってご存知ですか?バーチャルリアリティとは、仮想現実の事で人間の感覚器官に対して『実際にそこには存在 [続きを読む]
  • 理論番外編 幸福度調査
  • 前回の記事の中で「今、日本人は人類史上はじめての社会を経験しています。   「物質的な飢餓貧困の追放」を達成したにも関わらず、精神的満足は得られず 孤独という精神的な飢餓貧困が蔓延しています。 日本は、先進国として超高齢化社会へいち早く突入し 年金・累積債務・少子高齢化・エネルギー・原発問題、地域衰退、介護・医療費の増加など いつのまにか「課題先進国」となってしまいました。 これらは、いずれ多くの [続きを読む]
  • 今日の長〜い独り言
  • いつものようにいつもの時間に起床。パソコンでYahooを開くと以下の画面。ただちに命を守るための行動をとってください。 には驚きました。どうあがいても、なるようにしかなりません。こんなときこそ「ゆっくり・のんびり」を心掛けましょう。さてさて前回 「ハードが揺れている。」 と書きましたが、ハードが揺れると、必ずソフトも揺れます。このことから考えますと、今回の東京都議選がまさにそれに該当したのかもしれませ [続きを読む]
  • なぜ人は勉強するのか?
  • 6月後半から7月始めにかけてハードが揺れていますね。ただ、震度5弱・マグニチュード4以上の地震回数を調べてみますと年間でいえばやはりダントツは2011年の62回 上半期(1〜6月)では47回次に2016年の33回 上半期(1〜6月)では26回今年2017年は上半期(1〜6月)で3回、7月2回で2010年からの8年間を見てみましても、さほど気にすることではないようです。ハードが揺れると毎年あれこれ騒がれますが人間にはどうすることもできな [続きを読む]
  • もう一度みてみよう。
  • もうすでに御覧になられた方は多いと思いますが「何をいまさら!」って思われる方はスルーしてください。但し公開当時よりも、また、数年前よりも今もう一度見た方が面白い場合もあるかもしれません。今日ご紹介する映画 『スライヴ』(THRIVE)は2011年に製作されたアメリカのドキュメンタリー映画です。この映画は「フォスター・ギャンブル」という一人の研究者が最初に「トーラス」という万物に共通する宇宙の法則の存在に気づ [続きを読む]
  • 記憶転移
  • 今日はブログを書くつもりはなかったのですが昨日、GYAO!韓流チャンネルで観た2015年に放映された韓国ドラマを思い出しましたので、突然ですが書いておきます。そのドラマのタイトル「私の人生の春の日」ご覧になった方も多いと思いますがざっと書けば亡き妻の面影を胸に生きる男が偶然出会ったのは、妻から心臓を移植された若い女性。互いの立場を知らぬまま、次第に惹かれていく2人。それは、亡き妻が導いた運命だったのか―。 [続きを読む]
  • 子どもは「未完成の大人」ではない。
  • YouTubeでみつけた「9歳の子が語る宇宙のこと。」これは短い動画ですが、宇宙や人生についてかなり深いことを語っていますのでここに取り上げておこうと思います。以下は、動画の中のやり取りの抜粋です。最初にお読みになってから動画をご覧ください。子どもは「未完成の大人」ではない。Q. 地球の他にも生命体はいるの? Answer僕が思うには、この宇宙にはさまざまな種類の生命体が存在している。細胞や有機物、目に見えない存 [続きを読む]
  • 「ゆっくり」を意識すれば、すべてうまくいく。
  • 早いもので今日で6月が終わり、今年も半年が過ぎました。皆さん、「ゆっくり・のんびり」過ごしてこられましたか?これは2017.05.14 Sun の 「一瞬で人生を変える鍵 today'sⅠ」">「一瞬で人生を変える鍵 today'sⅠ」でも書きましたがとにかく今は 「ゆっくり・のんびりすること」 です。話す、歩く、食べる……そういうさまざまな動作のペースを落とし「ゆっくり」と動くことを意識するだけで、本当に、一瞬で人生が良い方 [続きを読む]
  • 理論番外編 どっちでもいいんじゃない、好きにすれば・・・
  • 昨日おばさん① 「あんた、明日はブログ更新しなきゃダメよ。」おばさん② 「でも、今月もいろいろ書いたし、もう今月はいいんじゃない?」 おばさん③ 「そんなことないわよ、まだ今月は3日あるんだからもう一回ぐらい書かなきゃ!」おばさん④ 「どっちでもいいんじゃない、好きにすれば・・・・・」 おばさんの詳細は6月20日のブログ おばさん7000人脳内会議">おばさん7000人脳内会議 をお読みください。なんて、脳内の [続きを読む]
  • メキシコ人の漁師とアメリカ人エリートコンサルタントの話
  • たぶん、ご存知の方は多いと思いますが5〜6年前からネット上でも公開されている有名な小話に『メキシコ人の漁師とハーバード大卒のアメリカ人エリートコンサルタントの話』というのがあります。私はこの話が昔から好きでしたので書いておきます。『メキシコ人の漁師と ハーバード大卒のアメリカ人エリートコンサルタントの話』メキシコの海岸沿いの小さな村を、アメリカ人エリートコンサルタントが訪れました。波止場に止めてある [続きを読む]
  • 幸福のパラダイムシフトが起こりはじめた。
  • 今日は、最初に以下をお読みになってください。 師の書籍の はじめに から抜粋。幸せというものは、一人ひとり、かたちが違うものです。あなたにとっての幸せが、隣の人にとっての幸せであるとはかぎりません。あなたが自分自身の幸せを見つけることが、何よりも大切なのです。この本は、そのためのヒントには、なるかもしれません。さらにつけ加えるならば、この本でいう「幸せ」とは、単にものの考え方のことではありません。 [続きを読む]
  • おばさん7000人脳内会議
  • 突然ですが、問題です。以下の言葉は誰が遺したものでしょう?「過去33年間、毎朝私は鏡を見て自分に問いかけました。 『今日が人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことをしたいだろうか?』 そして、NOと答える日があまりに続いたら、何かを変えるべきだとわかります。」「人間はいつか死ぬのだと思い出すことが、何かを失う不安の罠にはまらない最善の策です。 人間はそもそも裸なのです。自分の心に従わない理由などあり [続きを読む]
  • これが今の常識です Ⅱ
  • 前回まで3回に分けて「老化のない時代の幕開け」というテーマで書きました。バイオプリンティング生物工学と3Dプリンター・CADシステム技術を融合バイオ・ナノカプセルバイオ・ナノファイバーサーチュイン遺伝子テロメア(染色体の末端部分)などなど幹細胞や組織を扱う生物工学と最新機器との融合や、遺伝子レベルでの様々な研究によって医療も新しい方向へ進んでいることがお分かりいただけたと思います。  さらに 以下の、師 [続きを読む]