ぐうたらメガネ さん プロフィール

  •  
ぐうたらメガネさん: ぐうたらの句読点。
ハンドル名ぐうたらメガネ さん
ブログタイトルぐうたらの句読点。
ブログURLhttp://kutohten.blog.fc2.com/
サイト紹介文デタラメ人生、40年。ADでPD。貯蓄ゼロからの人生リノベーション。真人間になりたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/04/12 12:14

ぐうたらメガネ さんのブログ記事

  • 現在の全財産。
  • 手持ちの現金が80,068円各種銀行口座の残高が546円◎全財産 80,614円実家の家賃がわたしの口座から引き落とされるため、毎月、実家へ赴いて家賃分をちょうだいしている。そんなわけで、手持ち現金が急に増えた次第である。毎月この時期、金欠に追い込まれているわたしは、ただ預かっているだけの「実家の家賃」に手をつけてしまうことになる。ちょうどお金がなくいろいろ我慢している時期であり、「実家の家賃」で足りないものを [続きを読む]
  • 手持ちの限界値。
  • 手持ちの現金が68円。口座にも、もう下ろせる金額が入っていない。(つまり、すべての口座残高が1,000円以下)昨日は一日外出だったのだが、朝からアレルギー性の鼻炎が発症し薬局で薬を買ったことで、1000円超が財布から出て行った。外出先で熱中症のような状態になり、スポーツドリンクを2本購入。約250円也。おなかがすいて、軽く食べられるものを購入。約200円也。外出の本目的である勉強会の会費が2000円。鼻炎については仕方 [続きを読む]
  • ビンタをくらって目が覚める。
  • 先日、知らない番号から電話があり、ググってみたら今入居している賃貸の保証会社だった。家賃を滞納するとかかってくる番号らしい。滞納してないけどなぁー、と通帳を見てみたら、滞納してた…!先月分の家賃が残高不足で引き落とされてない…。ま、まずは折り返そう。すぐに折り返してみよう。やはり家賃滞納の件だった。あさってまでに支払って欲しいとのこと。なんだか頭がぼーっとしてしまい、「わかりました…」と電話を切る [続きを読む]
  • ごはんを炊いた。
  • 今日は、引っ越してきて初めて、炊飯器を使いました。ごはん、おいしいね(涙)もともと、料理好きだったのに、今はまったくしたくないデス。3年間、まともに作ってないしなー(遠い目)ただですね、エネルギーをため込むことの出来ない体質のため(なぜだ)、その日食べたものが翌日の体調に直結してしまいますのですよ。したがって、コンビニ弁当やインスタント製品が続くと、すぐにバテます。なのでもうバテてます。あと、湿度 [続きを読む]
  • ちょっとずつ日常。
  • 一人暮らしは順調です。引っ越してきて1週間くらいは、部屋になじめず、ベッドとPCの前にしかいたくなかったんですが、今はもう、かなりしっくりきています。部屋中を裸足で歩けるまでにけっこうかかりました。神経質すぎる…。潔癖というわけではないんですが…いや、潔癖なのかなぁ。部屋を自分で「汚れている」と感じて掃除してから、急にしっくり感が出ました。引越し前に一度、念入りに掃除したんですが、それでもしっくり感 [続きを読む]
  • スイッチが切れる。
  • この週末はひたすら部屋の片づけ。だいぶ、人の住む部屋らしくなってきた。片づけきれなかった段ボールはあと3つとなった。3箱ともに行先は決まっているので、あとはわたしのやる気次第。しかし、当人はやる気マンマンなのに、やる気スイッチが突如切れることがある。食器を片付けている途中、洗濯物をまとめている途中、あと一息のところで、突如、スイッチがオフになって放心してしまう。まさに放心。何もしたくない。投げ出し [続きを読む]
  • パニック発作が出たよ。
  • 結論:内省のしすぎ。パニック発作、一回出ると体力気力ともにとんでもなく削られるので、なんともしんどいですね。ですが。環境も変わったし、気分も変わったし、不安要素もいくらでもみつけられるし。そら、パニックさんも出ますわなー、といったところです。パニックさんともそろそろ20年くらいつきあいになりますが、パニック持ちの心の中は、ペットボトルに入った強炭酸のジュースのようなものです。ボトル(心)の中では、終 [続きを読む]
  • 「愛着障害」について考える。
  • タイトルの強引な「なるもの」シリーズをやめました。ムリがあった…。引越して数日が経過。昨日は午後から調子がよく、張り切って夜中まで片付けを進め、0時頃、「こんなにがんばっちゃって明日はつらいだろうなぁー」とは思ったものの、歯止めが効かず、わっせわっせとがんばり、「わたし、よくがんばった!」感を覚えながら眠りにつきました。目が覚めたら、我ながらびっくりするほど、しんどかった。前代未聞の疲労感。倦怠感 [続きを読む]
  • 「すぐに混乱してしまう」なるもの。
  • ネットもつながった。部屋を片付けなくちゃならない。必要なものを買いに行かなくちゃならない。手続きしなくちゃ。あの書類どの箱だったっけ?あー、体力がどんどん消耗していく。新しい環境。新しいことたくさん。がんばらなくちゃ。がんばって、がんばって、がんばって、…てな具合になり、昨日は頭が爆発してした。完全にパンクである。すべてを放り投げて横になり、ごろごろしながらADHDのことを調べていると、そのうち気持ち [続きを読む]
  • 「都合のいい話」なるもの。
  • 仕事帰りに新居に立ち寄ってきた。駅からの距離が遠くて萎える。室内まで車の音が聞こえてきて萎える。まったく気が付かなかった壁紙のぼこぼこ(湿気)に萎える。えーんえーん(ウソ泣き)いやしかし、泣きべそになる程度にはナイーブになっている。メンヘラは環境の変化に弱いのだ。気を取り直し、家具の配置などをイメージをしつつ。しかし、ほんとにうるさいけど大丈夫なんかこれ…と徐々に不安になっていくわたしであった。今 [続きを読む]
  • 「かゆい…」なるもの。
  • おとといあたりから、家にいると、全身がかゆくてかゆくてたまらん状態になってきた。発疹が出るわけじゃなくて、ただただかゆい。もう、ダメだこれ…あはは…あは…あは……。わたしの自律神経よ、あとちょっと、こらえてくれ!(かゆかゆ…)そしてわきあがる「本当に、わたしだけ一人自由になってもいいのだろうか…」という思い。しんどい。しんどい。しんどい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「介入」なるもの。
  • 帰宅したら部屋が片付いていた、母の手で。荷造りで荒れ果てていたのがウソのようだ。ウソなのかな…。「お父さんに手伝ってもらって、お母さんの部屋にダンボール移動しといたから」無力感…。いくら言っても聞き入れてくれない。話をそらす。私「お母さんは引越しの準備やらなくていいから」母「でも、ぜんぜん進んでないでしょう?(半笑)」私「うーん、どうしてわたしの部屋、片付けちゃうんだろうね。どうしてだと思う?」母 [続きを読む]
  • 「引越し…」なるもの。
  • 引越し準備は、にじり、にじり、と進んでいる。すごくやりたいことがあるのに、すぐに飽きちゃうのと、すぐに疲れちゃうのと、すぐに寝ちゃうのがずっと悩みで、「神経質で虚弱体質だからだな…」と納得させていたのだが、先日「ADHDかも」と感じてからは、わたしはそういうものなのだ。そういう人なのだ、とダメな自分をすんなり受け入れることが出来ている。細かく休憩をとることによって、以前より進捗がスムーズになった。飽き [続きを読む]
  • 「もしかして、ADHDなのでは…?」なるもの。
  • 本日も 帰宅したら、引越しの準備がまた(母の手によって)進んでいた。お、おう…。さて、買い物グセをなんとかしたい。(話題転換)これから一人暮らしになるのだし、経済観念びしっとせねばなるまいよ。「わたしの経済観念はどうやらおかしい…」と気が付いたのは、割と最近、ほんの数か月前のことである。傾向として、お金に糸目をつけず、欲しいものはかたっぱしから買ってしまう。でも、「買い物依存症」とは何か違う気がす [続きを読む]
  • 「カウンセリングに行ってきたよ」なるもの。
  • わたしはこの日を、とてもとてもとっても楽しみにしていた。前日からニヤニヤしてしまうくらい楽しみにしていた。いよいよカウンセリングだー!わーい!この、のっぴきならないしんどさから抜け出せるかもしれない!意気も揚々と早朝から病院に向かったが、「思ってたんと違う…」というやつであった。ずこー。「看護カウンセリング」という名なので(保険内だから)ある程度は想像していたが、心理カウンセリングを学んだ看護師が [続きを読む]
  • 「原始仏教」なるもの。
  • 仏教の教えと瞑想〜原始仏教の世界http://www.bukkyouoshie.com/大変にわかりやすく、大変におもしろい。夢中で読んでいるが、丁寧に書かれているため長編で、実はまだまだ読みきれていない。それでも、要所要所、心に深く得るものがあり、「はぁー、なるほどー」の連続である。遠藤周作の「深い河」を読んだ時、日本人の精神に深く根差した宗教観、言い換えれば「道徳心」のようなもの、その強さと美しさに身もだえしたのだが、前 [続きを読む]
  • 「0か100かじゃない」なるもの。
  • 重たい荷物の出し入れに腰を痛めつつも、引越し準備は順調に進んでいる。しかし、正直胸が痛い。罪悪感に押しつぶされそうだ。でもそうするしか方法がない。今は。別に、家を出たからといって両親と絶縁するわけではない。これから「ちょうどよい距離」で関わっていくための手段であって、言わば「前向きな解散」だ。さて、今日は腰に湿布貼って、もう寝よう。ちかれた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「悪い子だれだ」なるもの。
  • 精神科に駆け込んで「薬だけじゃなくてカウンセリングも受けたいのだけども!」と伝えた日、先生からいつものお言葉をいただいた。「一番いいのは、両親と距離を置くことなんですけど、いろいろと事情があって難しいでしょうしね」ハイ、いろいろと難しくて出来そうもありません…とトボトボ病院を後にした。トボトボ気分のまま出社する気にもなれず、かといって「会社は死んでも休んではいけない将軍(←父)」が君臨する自宅にな [続きを読む]
  • 「体調がぐだぐだ」なるもの。
  • GWが明けて会社通いが始まった途端、あっという間に体調がぐずぐずになった。これぞ、正しき虚弱体質である。朝はすぐに起き上がれないし、夜は途中で覚醒してしまう。下半身がだるくて仕方ない。疲労感が強い。低血糖症状も出てきている。明日は婦人科。いつものピルをもらいにいってくる。ピルは正直、もう飲みたくないのだが、いつになったらやめられるのだろうか。家具も見てくる。体調がすぐれないので、ゆっくりとでも早めに [続きを読む]
  • 「忘れていた、思い出した」なるもの。
  • 10連休が終わる。こんなに休んじゃって、社会生活を取り戻せるのか…という不安の中、明日からは通常勤務である。社畜として、ほどほどにがんばっていきたい。ところで、今は首の後ろがすごく痛い。ムチウチっぽい。寝相が原因なのでは?と思い始めている。目が覚めるとたいてい、首が枕から浮き上がっている。さらに、体に対して両腕を90度直角に伸ばしている。つまり、天井に向かって腕が伸びている。キョンシー(古)のようなス [続きを読む]