矢嶋武弘の部屋 さん プロフィール

  •  
矢嶋武弘の部屋さん: 矢嶋武弘の部屋
ハンドル名矢嶋武弘の部屋 さん
ブログタイトル矢嶋武弘の部屋
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yajimatakehiro
サイト紹介文沖縄は独立せよ!
自由文941年生まれ。早大仏文科卒、フジテレビに就職、定年退職後、自由な思想生活に入る。
好きなもの⇒孫、美人、空想(妄想)、歴史、映画、音楽、インターネット、旅行、散歩
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供511回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2015/04/12 14:34

矢嶋武弘の部屋 さんのブログ記事

  • 日本の右傾化、戦前回帰の危険な流れ
  • 1) 森友学園疑惑はもちろん重大な問題だが、われわれは最近の日本の動きを真剣に検証してみる必要があるのではないか。かく言う私も現象面にとらわれ過ぎて、根本的な問題をおろそかにしているのではと反省している。それは森友疑惑で露見したと言ってよいが、最近の日本は明らかに“右傾化”している。これは森友学園の問題だけでなく、その背後に大きな流れが起きているからだろう。端的に言うと、それは「日本会議」の存在が [続きを読む]
  • 3月26日(日)
  • 一日中雨、それに寒い。花冷えどころか、冬に逆戻りした感じだ。森友学園疑惑は重大なものだが、それだけでなく最近の日本の右傾化、戦前回帰の風潮を真剣に検証しなければならない。自分も現象面に少しとらわれ過ぎた。今後は右傾化や「日本会議」の問題などを大いに考えていきたい。妻は娘や孫と一緒に、神戸へ法事に行っている。真光寺と言って一遍上人ゆかりの時宗の寺だ。法事は妻の実家のもの。それより孫は昨日、北野異人館 [続きを読む]
  • 第2部・啓太がゆく(57)
  • 啓太が警視庁記者クラブへの異動内示を受けたことで、則夫もそれを喜んでくれた。彼はKYODOテレビからの移籍組だったので、外勤記者への異動は少し遅れるらしい。「よかったね。僕も啓ちゃんのあとに続くよ」そう言って則夫は笑ったが、仕事が終わると2人はすぐに歌舞伎町のスナックバーへ飲みに行った。そこは“新宿ゴールデン街”と言うが、最近、よく連れ立って飲みに行くところだ。啓太と則夫は沖縄旅行のことがまだ忘れ [続きを読む]
  • 3月23日(木)
  • 今日はずっと国会の証人喚問のやり取りを聞いていた。森友学園の籠池理事長が証人だが、なかなか落ち着いて答えていた。新たに国会議員3人の名前が出たり、安部昭恵夫人と籠池夫人のメールのやり取り、松井大阪府知事や財務省担当者のおかしな対応などが問題視された。財務省の官僚がいずれ参考人招致されるが、昭恵夫人の100万円寄付の有無など疑問点は山積している。本格的な疑問解明が今日から始まったに過ぎない。昭恵夫人 [続きを読む]
  • 3月21日(火)
  • 東京で桜が開花。全国で最も早いというが、今日は一日じゅう雨だ。娘から妻に「結婚記念日、おめでとう」というメールが届いたが、老妻も自分もすっかり忘れていた(笑)。子供の方がずっとしっかりしている。46周年になるか。書斎の雨漏りが続くので、業者に見てもらう。原因がなかなか分からないので、ついに天井を一部を切り取った。ようやく雨漏りの個所が判明。近いうちに補修してもらうが、ボロ家には困ったものだ。 [続きを読む]
  • 3月20日(月)
  • とても暖かくて正に春の陽気だ。急に衆議院解散説が浮上してきた。安部だから何をやるか分からない。国会は23日の籠池氏証人喚問を控えているが、その結果次第では、安倍内閣が窮地に追い込まれる可能性もある。内閣支持率はだいたい7%前後落ちているが、放っておくとさらに下がってジリ貧になる恐れもある。だが、支持率の方がまだ相当に高い。したがって、今のうちに総選挙をやれば勝てると見ているのか。4月23日総選挙の [続きを読む]
  • 第2部・啓太がゆく(56)
  • 「それじゃ、僕も行かないよ。1人で行ってもつまらないからね」しばらくして啓太はしぶしぶ答えたが、まだ割り切れない気持だった。則夫はいつも「セックスはスポーツだ」なんて言っていたくせに、急に変われば変わるものだ。沖縄へ来て、最後の晩ぐらいは“神妙”にしていたかったのだろうか。啓太はそう推察し、夜食を取りながら則夫と静かな一時を過ごした。そして、遊びすぎた自分への反省も含めて・・・(本当に反省したのか [続きを読む]
  • 江戸川乱歩の『芋虫』にショック!
  • <以下の記事を復刻します。>文芸評論などは滅多にしないが、江戸川乱歩の短編小説『芋虫』については何か書かざるを得ない。ショッキングな小説である。一言で云えば“グロテスク”な嗜虐(しぎゃく)趣味の極致だろうが、なかなかこんな作品は書けるものではない。乱歩だから書けたのか。1929年(昭和4年)の作品というから、当時のエロ・グロ・ナンセンスの風潮を背景にしていたのか。それは分からないが、ミステリーと言うよ [続きを読む]
  • 3月17日(金)
  • 森友学園問題は、23日に国会で籠池氏の証人喚問を行なうことになった。ある評論家が「籠池の乱」だと言ったが、安部首相から100万円の寄付があったかなどが焦点だ。安部と籠池は完全に仲間割れし、これから泥仕合になる。親戚のご婦人Hさんが脳出血で手術をしたが、今のところ術後の症状は安定しているようだ。しかし後遺症が心配、今日も妻が順天堂病院へ行っている。大相撲大阪場所は新横綱・稀勢の里が順調に5連勝、照ノ [続きを読む]
  • 3月16日(木)
  • ようやく春らしい暖かさだ。このままいってほしい。森友学園疑惑はさらに混迷の度を深める。やはり、国会での参考人招致となるだろう。親戚のご婦人が昨日 脳出血で緊急入院、妻がすっ飛んで行ったが、今のところどの程度の病状か分からない。気になるところだ。俳優の渡瀬恒彦さんが多臓器不全で死去した。72歳。彼の声と話し方が好きだった。ご冥福を祈る。雨漏りがするので業者に見てもらったが、原因がよく分からない。オン [続きを読む]
  • 第2部・啓太がゆく(55)
  • 翌朝、啓太と則夫はゆっくりと目を覚ました。今日は1日、時間に余裕があるのだ。2人は朝食を済ますと、コザからバスで南へと向かった。啓太は寄り道をしても那覇へそのまま行きたかったが、則夫はどうしても“城跡”を見たいと言う。「どこを見るの?」「うん、中城城跡(なかぐすくじょうあと)というのがあるんだ。沖縄では有名な所だよ」「そうか、時間がかかりそうだね。じゃあ、僕が土産物を買っておくよ。サンゴのタイピン [続きを読む]
  • 3月13日(月)
  • 今日は空気が冷たく寒い。冬に逆戻りした感じだ。共同通信の電話世論調査(11、12日)によると、森友学園疑惑があるにも関わらず、安倍内閣支持率は6ポイントしか減っていない。55,7%だ。ちょっと意外だが、疑惑が深まればさらに減っていくだろう。共謀罪の法案については反対が45・5%と、賛成の33%を大きく上回った。今日はある有名な女優さんの誕生日、御年72歳になる。100歳、いや120歳まで永らえるよ [続きを読む]
  • 3月12日(日)
  • 穏やかで暖かい一日になった。春らしい陽気なので、バイクで書店などへ行く。山川出版の「日本史図録」を買ったが、とても分かりやすくて面白い。絵柄が豊かで、美術品などの紹介も充実している。これ一冊あれば日本史がだいたい分かる感じ。こういう図録を見ていると幸福になるが、文字が小さいので老眼鏡は必須だ。目が疲れるがそれは仕方がない。森友学園疑惑は今日は一休みだが、今週はまた話題になるだろう。それより、安部内 [続きを読む]
  • 『思想家』とは何か?
  • <以下の文を復刻します。>1) 思想家とは、単純に言って、“自分の思い”を持っている人である。 ということは、ほとんどの人が思想家ということになる。しかし、ほとんどの人が、自分自身を思想家とは思っていない。 それならば、何をもって「思想家」と言うのだろうか。 この定義は難しい。 物事を徹底的に突き詰めて考える人、まったく独自の考えを持っている人、考えることが何よりも好きな人、自分の考えをいつも表明 [続きを読む]
  • 3月10日(金)
  • 韓国のパク・クネ大統領が憲法裁判所への弾劾訴追で罷免された。8人の裁判官全員が罷免に賛成したが、韓国では弾劾による大統領の失職は初めてだそうだ。これほど期待された大統領はなかったと思うが、まことに哀れである。もっとも、親友チェ・スンシルの国政介入を思えば当然かもしれない。韓国に比べれば、日本は“大甘”だ。政治家が甘やかされている。森友学園疑惑はA首相夫妻の関与が濃厚だというのに、国会での解明は遅々 [続きを読む]
  • 3月8日(水)
  • 安倍内閣の支持率が急落しているのは間違いない。そんなことを考えていたら、昨夜は岸信介(元首相)の夢を見た。飲み屋で会っているから非現実的だが、戦前の話をいろいろ取材したら正直に答えていたような気がする。夢とはいえ、安部をどう思うか聞けばよかったのに(笑)。森友学園疑惑は結局、証人喚問まで行くだろう。ただし、一説には3〜4月解散という見方もある。予算成立の後だが、内閣支持率がそれほど落ちなければ、あ [続きを読む]
  • 第2部・啓太がゆく(54)
  • そして、夜遊びが終わると、啓太と則夫は満足した気分で安ホテルへと歩いた。則夫は今夜はもう十分だと思っていたが、啓太は途中でどうしても“寄り道”をしたくなった。というのは、アメリカ軍兵士が集まるバーへ行きたくなったのだ。「則ちゃん、僕はもう一軒寄ってみるよ。そんなに時間はかけないから」「そうか、じゃあ、ホテルで待ってるよ」則夫が苦笑いを浮かべながら答えたので、啓太は最寄りのスナックバーへすぐに入った [続きを読む]
  • 3月4日(土)
  • 今日は日差しは暖かいが、風が冷たい。春はまだそこに。森友学園に続いて「加計学園」の疑惑も発覚、これも大きな問題に発展しそうだ。結局、安部首相は退陣に追い込まれるだろう。都議選が7月にあるから、野党はそれに合わせてじっくりやればいい。ところで、安倍内閣支持率はどうなっているのか。大幅にダウンしていると思うが。妻が遠縁の娘の結婚披露宴に出るというので、数キロ先の武蔵野線新秋津駅まで車に同乗、帰りに独り [続きを読む]
  • 石橋政嗣さんのこと
  • <以下の記事は2014年12月に書いたものですが、そのまま復刻します。>先日、総選挙の関連で昔の日本社会党(以下、社会党と記す)を調べていたら、元委員長の石橋政嗣(まさし)さんのことが分かった。満90歳だがご健在だという。懐かしくなって、昔のテレビ局記者時代のことを思い出した。私が社会党など野党の担当をしていたころ、石橋さんに何度か取材したことがあるのだ。石橋政嗣さんと言っても、今の人はほとんど知 [続きを読む]