既卒 さん プロフィール

  •  
既卒さん: 既卒は就職できない?嘘っぱちです〜既卒応援ブログ〜
ハンドル名既卒 さん
ブログタイトル既卒は就職できない?嘘っぱちです〜既卒応援ブログ〜
ブログURLhttp://datukisotu.blog51.fc2.com/
サイト紹介文既卒の方を支援するサイトです。 既卒支援サイトの紹介や就職に役立つ情報を紹介します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/04/12 16:14

既卒 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 面接で逆質問がないと不採用?聞かれないと不安だった
  • 「最後に何か質問はありますか?」面接で定番となりつつあるのが、この逆質問ですね。面接では、面接官が志望者に質問をしていきますが、最後に志望者から面接官に質問をするチャンスがあります。私も面接のときは、この逆質問まで考えて臨みました。しかし時折、この逆質問の時間がない場合がありました。逆質問がないとき、不採用確定なのでしょうか? [続きを読む]
  • 既卒就活に適した時期は?あるとすれば…
  • 「よし、既卒として就活を頑張ろう。」そう思っている方も多いと思いますが、既卒就活に適した時期はあるのでしょうか?新卒なら入社時期等が決まっているため、それに合わせて始めますよね。しかし既卒は、基本的には企業が決めることになっています。適した時期があるとすれば…。 [続きを読む]
  • 変わりゆく。手に職つけるの「職」
  • 「時計職人はどこの国に行っても仕事に困らない」就職活動をしていると、手に職つけることを意識する方も多いと思います。広く必要とされ、長期間の需要のあるスキルがあれば安定して仕事ができますよね。手に職の職は、時計や伝統工芸品の職人さんのイメージですが、最近ではとあるスキルが大きく注目されています。 [続きを読む]
  • 面接で答えにくい質問を答えやすくするたった1つの工夫
  • 私が既卒就活の面接で最も嫌だったことは、答えにくい質問に答えなければならないことです。「どうして既卒になったんですか?」「卒業してからは何をしてたんですか?」等ですね。こういった質問はほぼ確実に聞かれるので当然準備してましたが、やはり答えるときはかなり緊張しました。詰め寄られている感じがしますよね。しかしある工夫をすると、ガラッと答えやすくなりました。 [続きを読む]
  • 内定をくれる企業の見つけ方
  • 私が既卒就活をしていてよく思ったのは、内定をもらえる企業は面接をする前に決まっているということ。もちろん、面接をしっかりすることも大切ですが、企業と自分の相性も大事なんです。つまり、自分に合っている企業を選ぶことができれば、面接で特別なことをしなくても内定をもらえる確率は高いです。 [続きを読む]
  • 私が合同企業説明会で失敗した5つの原因
  • 最近は、既卒でも参加できる合説(合同企業説明会)がけっこうありますよね。多くの企業を一日で見てまわれるため、就活生にはありがたい存在です。ただ、ポイントをおさえて参加しないと、何も得るものがなく帰ることになります。私も、合説に参加したのにただ行くだけになってしまったことがありました。ここでは、私が失敗した原因から、合同説明会を充実した時間にするためのポイントを紹介します。 [続きを読む]
  • リクナビ進学で仕事・業界を再発見しよう
  • 「既卒だけどまだやりたい仕事、進みたい業界がハッキリしてない…。」そんな方に見て欲しいのがリクナビ進学です。リクナビ進学は、スキルアップできる専門学校や大学の資料請求ができるサイトです。リクナビ進学は大学の資料請求をする高校生向けが一般的ですが、新しい分野にチャレンジしたい社会人・大学生向けの特集もあります。ここでは、リクナビ進学のメリットを紹介します。 [続きを読む]
  • 就職後の定着率94%!JAIC(ジェイック)なら既卒OKの優良企業多数
  • 既卒就活だと忘れがちなことがあります。それは、就職した企業に長く勤められるかということです。既卒になると「とにかく就職しなきゃ!」という気持ちが強くなり、就職後のことはあまり考えなくなります。しかし実際は、就職してからが本番なので、【離職せずに済むか】も企業選びでは重要なポイントです。そういったことまでサポートしてくれるのがJAIC(ジェイック)です。ジェイックは就職率だけでなく、就職後の定着率も高い [続きを読む]
  • 私が面接で落ちた理由第1位
  • 面接で最も厄介なのは、合否結果のみで、理由を教えてくれないことです。受かればいいんですが、落ちた場合、面接の状況を思い出して、自分で落ちた原因・改善点を見つけ出す必要があります。これが面接の難しいところです。で、反省した結果、私が落ちた理由はこれでした。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …