素人画家 ケンでーす さん プロフィール

  •  
素人画家 ケンでーすさん: 素人画家 ケンでーす
ハンドル名素人画家 ケンでーす さん
ブログタイトル素人画家 ケンでーす
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mite-mite-ken
サイト紹介文下手な絵を描きだしてから10年、風景や花などおもに描いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/04/13 14:10

素人画家 ケンでーす さんのブログ記事

  • 191 峠
  • 油彩 F4スイスのジュネーブからフランスのシャモニーに向かう途中。我々の観光バスは何台もの乗用車を従えて走っていた。向うに見えるのはアルプスの山、11月だというのに既に雪が積もっていた。 [続きを読む]
  • 190 夕陽のプランバナン
  • 油彩 P2インドネシアの古都「ジョクジャカルタ」には素晴らしい世界遺産が二つある。その一つがヒンドゥー教のこのプランバナン寺院である。もう一つの仏教遺跡のボロブドール寺院より1世紀ほど新しく10世紀頃創られたらしい。ただ再建されたこの遺跡も2006年5月の地震で大損害を受け未だ完全には復旧してないようだ。一日ツアでジョクジャカルタを回り最後にこのプランバナンに来たのでこのような夕陽を浴びた風景見る [続きを読む]
  • 188 メール・ド・グラース氷河
  • 油彩 F21976年の初めてのヨーロッパ旅行でこの氷河をみた。現場は大変寒く薄いコートで震え上がった記憶がある。アルプスの最高峰モンブラン(約4800?)から流れ落ちる氷河の一つ。これは現在のこの氷河の様子。地球温暖化の所為か大分氷の面が下がっている。 この写真はウイキペディアより借用。 [続きを読む]
  • 186 蘭園にて
  • 油彩 F4シンガポールの蘭園の光景。日本では蘭は鉢植えと決まっているのにこちらでは広い場所にこの絵のように花壇が作られていた。下の画像のようにあまり日本では見たことの無い蘭が植えられていた。 [続きを読む]
  • 179 シヨン城夕景
  • 油彩 F6これは英国の詩人バイロンの詩にも登場する有名な城。湖はスイスのレマン湖。手前の人物は迫ってくる山を感心して眺めているところ。城と山の間は僅かでそこに道路と鉄道が通っている。シヨン城の空中撮影。この写真は私の絵と反対の方から撮られている。今は上に高速道路まであるようだ。 [続きを読む]
  • 178 春の三宝寺池
  • 油彩 F100これは某公募展に出展した作品。いつもは秋の光景を描いていたが、これは新緑の光景。幸いなことに「奨励賞」という賞を頂戴した、私にとっては記念すべき作品。このF100号のキャンバスの大きさは約162cmX130cm、畳1枚より30%近く面積は広い。公募展に出展するときはこの辺が標準の絵の大きさである。またF、Pなどの記号がつくと寸法が変わる。100号のPは162cmX112cm で横幅は [続きを読む]
  • 172 菊、菊、菊
  • 油彩 F6近所の畑で小菊が何種類も咲いていたのでこのような構図を考えて描いてみた。描いてからしばらくしてクリムトの絵を見る機会があり、よく似た構図のこの絵を発見、ちょっと嬉しかった。フラワーガーデン [続きを読む]
  • 171 下山
  • 油彩 F6仲間と登った「日光白根山」。頂上付近の下山の様子。日光白根山は標高2578?、これより北には日光白根山を超える高さの山はないそうだ。古くから峯が雪で覆われて白くなることからこの名前がつけられたらしいが、雲や霧で下から見えないことが多いので「見えねえ山」がなまったという説もあるそうだ。日本で唯一「シラネアオイ」が群生しているので有名だったが近年鹿の食害で非常に減ってしまったらしい。 [続きを読む]