とし さん プロフィール

  •  
としさん: 中高年の就職!成功する転職活動
ハンドル名とし さん
ブログタイトル中高年の就職!成功する転職活動
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/beat196/
サイト紹介文「中高年の転職」サイトの公式ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/04/18 12:51

とし さんのブログ記事

  • 給料分以上を稼げますか?
  • トップが従業員スタッフに求めたいことはとてもシンプルです。『貴方は、支払う給料分以上の収入もしくは、成果が上げれますか?』です。人類が狩りをしていた時代を考えてみてください。獲物ゼロの日が続けば、その家族は飢えて餓死するしかありません。会社トップがのぞむことはこの理屈と同じことなのです。これは営業職だけの話ではありません。医療ドラマがお好きな方ならご存知と思いますが、最近では、病院のような業種です [続きを読む]
  • 職務経歴書は『印象的』に書く。
  • 採用する側にとっては、就職希望者が「今、何ができるのか?」が最大の関心事になりますから、その関心事をいかに印象に残るように書くかが大切になります。自分がついた職種で、どういう仕事をやってきたのか?どのレベルまでできるのか?管理職経験はあるのか?会社からの受賞歴はあるのか?等を丁寧にくわしく書きましょう。職務経歴書としては、直接的ではありませんが、ビジネスマンとして売りになる「自分のセールスポイント [続きを読む]
  • 「本人希望欄」の書き方
  • 履歴書には「本人希望欄」があります。この欄は少々やっかいなんですよね。謙虚に「特になし」と書くのも積極性がない人と思われてしまいますし、自己主張してしまい具体的な希望を書いてしまって、書類選考で落とされる人もいますので。希望給与については、特に注意する必要があります。大手企業で年収1千万だった人が、「年収800万円希望」と書くと十中八九、書類選考で落とされてしまいます。日本の中小企業の人事制度体質か [続きを読む]
  • やりがちな履歴書のミス
  • 書いた履歴書は何度も校正しましょう。履歴書でやりがちなミスとして、「記入漏れ」があげられます。その代表格には、「何年何月何日現在」の部分が空白になっている履歴書がとても多いそうです。あと、性別欄も忘れがちです。住所欄にふりがなを忘れない事。地名などの固有名詞には読み方が難しいものが結構あります。ふりがなを振っておくと、面接で話が広がることもあるのです。都道府県を書かない人も意外に多いです。外出時に [続きを読む]
  • 失業期間の過ごし方
  • 失業期間の過ごし方のポイントは、『焦らない事』『家になるべくいない事』『必ず家族に進捗状況を話す事』の3つです。失業期間中は、在職中での生活リズムを崩さないように、毎朝規則正しく起きて下さい。そして、外出予定を立てて、家になるべくいないようにしてください。外出目的はなんでもかまいません。とにかく外の空気を吸うようにしてください。出来れば外出先は、自宅近くではなく、交通機関を利用して行く場所がベスト [続きを読む]
  • 質問に対する適正な応答時間
  • 面接で質問された場合は、質問されたことのみに答えるのが、面接の基本マナーになります。ただし、あまり簡潔すぎてもいけません。「はい」「いいえ」で答えることが出来るような簡単な質問は別ですが、応答時間は1〜2分程度を目安にすればいいでしょう。これ以上になると、面接側は、質問に対する「回答」のポイントが外れていると判断する場合が多いです。「この人、一体何が言いたいのだろう?」ということになりがちです。質 [続きを読む]
  • 自分という商品をまとめてみましょう
  • 新しい年を迎えました。今年、求職活動を開始予定の方、もしくは求職活動が年またぎの方も、今一度「自分と言う商品」を熟知することからスタートしましょう。その為にも、徹底した自己分析を行い、自分という商品の特徴は何か?セールスポイントを抽出し、よく理解することです。又、商品が売れるかどうかは、活動時に使用するカタログなどのツールの出来の良し悪しにかかっていますから、自己分析が十分に行えたら、一度会ってみ [続きを読む]
  • コネを100%活用する。
  • いかがでしたでしょうか?年末年始におけるコネ開拓はうまくいきましたでしょうか?コネによる求職活動は、競争者が少なく、うまくいけば「入れ食い」状態にもなることも少なくないのですが、今一つ積極的に活用する方が少ないのです。恥ずかしさやプライドがある為に、正直に「求職中」であることを言えないからでしょう。しかし、困っている時に、素直に「助けてほしい」と言える勇気は、中高年の就職活動に必要不可欠なのです。 [続きを読む]
  • 年末年始はコネ探しの大きなチャンスです!
  • 以前にも書いた記事ですが、今はその時期でもありますので改めて記事にしたいと思います。年末年始に転職活動をする人は少ないです。そもそも企業も休みなので面接予定も入りませんし、アポをとることも出来ないからです。出来る事と言えばせいぜい、ネットで募集している企業を探したり、応募書類を作成する位でしょう。しかしながら、中高年の求職活動においては、こういった休暇期間がチャンスになります。年末年始などの長期休 [続きを読む]
  • WEBレジュメの書き込み方
  • 今や転職にITは欠かせません。ほとんどの人が転職サイトを利用しての転職活動がメインになっていますので、採用側ではまずウェブレジュメで応募者を選別するところからはじまります。採用の現場では、ウェブレジュメをプリントし、内容を確認していくわけです。ですから、応募者側では、そういった事を意識しながらレジュメ入力しなければならないのですが、ほとんどの応募者はそういった意識が欠如しており、入力フォームに改行も [続きを読む]
  • 志望動機の書き方
  • 中高年層だけに限らず、志望動機理由は採用する側に『なるほど』と納得してもらえるように書く必要があります。その為にも、スペースの許す範囲で目いっぱい詳しく書きましょう。志望動機は、採用側にとって非常に大きな関心事ですから、志望動機が的確であればあるほど、相手は貴方に興味を持つ事になります。ポイントは、まずは相手を褒め、気持ちよくなってもらい、次に自分のキャリアや技能がどのように貢献できるかをさりげな [続きを読む]
  • 中高年はコネを徹底活用すべきです。
  • 泥臭い方法ということで、軽視されがちですが、コネ活用は現在でも十分有効な手段ですし、特に中高年層は徹底活用すべきなのですが、嫌がられる傾向にあるのは残念なことです。見栄を捨てることなくして、中高年の就職を成功させることはありません。裸一貫に戻って、「利用できるものは何でも利用してやる」と腹をくくってください。コネは、親戚、友人、知り合いを基本に枝分かれして、意外な人に繋がっていく可能性が大いにあり [続きを読む]
  • 中高年が応募すべき企業とは
  • 誰でも出来る仕事で中高年を採用する企業はまずあり得ません。ほとんどは、会社の成長を妨げている『何か』を解決、改善させる為の人材として、中高年の採用が検討されるのですから、特にそのような問題がなければ、わざわざ中高年を採用せずとも、若者を採用する方がずっと重宝するからです。そのように考えれば、応募する企業が、あなたのスキルや強みを必要としているかどうかをしっかり判断してから応募すべきです。そういった [続きを読む]
  • 中高年が採用されにくい理由
  • 中高年が採用されにくい理由は簡単です。「中高年は採用しても儲からない」と思われやすいからです。なぜ、そう思われるか?中高年を1人採用して、50万円の月給を払ったら、会社は月間で80万円程度の支出を覚悟する必要があります。ざっと、年間で1,000万円です。どうでしょう?あなたは入社する会社で短期間で給料の数倍を稼ぐ自信がありますか?会社としては、最低でも半年で500万円以上は稼いでくれないと割りにあいませんから [続きを読む]
  • 履歴書はパソコンで作ってもいいのか?
  • 最近では、ダウンロードした履歴書フォーマットをパソコンで作成し、プリントアウトして提出する方が増えつつあります。特に新卒者ではこれが常識になっているようです。実際のところ、履歴書は手書きとパソコンどちらがよいのでしょうか。一般的な回答になりますと、どちらでも構わないような感じになりますが、中高年の転職においては「手書き」がベターです。なぜなら、中高年の転職先のほとんどが中小企業ですし、中には家族経 [続きを読む]
  • 中高年の面接【PRすべきポイント】
  • 面接時における最も重要な目標は、「仕事人(プロ)」としての自分をPRする事にあります。これまで重ねてきた経験や実績が、あなたをプロの仕事人にしてきている訳ですから、それらのことについて、面接時にしっかり示す必要があるのです。【必ずPRすべきポイント】・今までに勤めてきた会社でどのような貢献をしたのか?(具体的な数字を使い会社の収益性の寄与を示す。)・達成した特別な業務(プロジェクトチームでの実績など) [続きを読む]
  • ハローワークを軽く見ない
  • ハローワークに求人を出している企業の多くは規模が小さく、給与条件は安く、休暇が少なく、無名である事が多いです。しかし、全てがダメな企業というわけではなく、いずれは店頭公開や上場を視野に入れている企業も少なくはありません。現在の大手企業も最初はハローワークで社員を募集していたのです。中高年の転職には、ハローワークを軽視することなく、フルに活用するようにしてください。ハローワークの良い点は、通常の求人 [続きを読む]
  • 中高年が狙うべき求人広告
  • なかなか面接につながらない中高年の転職にとって、狙うべき求人広告は、「小さい」求人広告です。つい見落としてしまいそうになるくらい小さな求人広告です。その中でも、給料が20万円程度なら申し分ありません。こういう企業は、ほぼ無名ですので、応募者が非常に少ないのが常で、せいぜい絶対に採用したくないような人が5〜6人応募に来るくらいです。こういった求人広告に、あえて応募するメリットは、応募者が極端に少ないの [続きを読む]
  • こちらから開示してみましょう【家族の事】
  • 欧米の履歴書には、写真を添付する欄もなく、性別や年齢を書く欄もありません。採用の決定に当たっては、プライベート情報は一切選考の材料にせず、あくまで本人の職務経歴と学歴だけを審査するという考えが徹底しているからです。日本の履歴書は、そこまでいきませんがそれでも履歴書が欧米化してきています。では、採用側は、応募者のプライベート情報に関心がないのでしょうか?答えは、NOです(笑)応募者のプライベート情報は [続きを読む]
  • 意外な落とし穴【通勤時間】
  • 採用の当落線上においては、通勤時間が命取りになることがあります。『通勤時間が長い』ということは、中高年層を採用する側にとっては一つの不安材料に十分なり得ます。一般的に、通勤時間が1時間30分を超えると、採用担当者は「通勤手当の増大」「通えるのか?」「残業はできるのか?」と考えてしまうものです。もし、通勤時間(2時間以上)が長くなる場合は、履歴書に不安材料を払拭するためのコメントを必ず書いておきましょう [続きを読む]
  • 転職回数の多さを強みに変える【2】
  • 前回の記事では、職務内容が一貫して同じで転職回数ではなく「転社回数」が多い方の強みを述べましたが、今回は転職回数が多いうえ職種も変わってしまっている方の場合についてです。この条件で、普通に攻めては確実にマイナスイメージになります。会社を移るたびに職種も変わっているわけですから「ひとつの仕事に集中できない」「こらえ性がない」「あきやすい」「自分勝手」といったレッテルが貼られやすいからです。では、どの [続きを読む]
  • 転職回数の多さを強みに変える
  • 3回以上転職している人は、それだけでもいい印象をもたれられないケースが多いのですが、その転職が、ステップアップの為の転職であれば、「強み」に変える事が可能になります。転職が3回以上であっても、職務内容が一貫して同じ(例:ずっと営業等)であれば、「専門能力に磨きをかける為の転職です。私にはこのような実績があります。〇〇ならだれにも負けません」ときちんと説明できれば、採用する側にも納得して受け止めてもら [続きを読む]
  • 有料の転職エージェント(人材紹介会社)
  • 人材紹介会社(転職エージェントともいう)は、別名「有料職業紹介所」とも呼ばれています。有料・・・・となっていることから、紹介してもらうのに、お金がかかるのか?と思われがちなのですが、一切の費用はかかりません。これは、求職者から職業斡旋のために利用料をとってはいけないということが、法律で定められているからです。ただし、無料プランの他に会員制での有料プランがある転職エージェントはあります。⇒ 【BIZREAC [続きを読む]
  • 【中高年の転職】自分の市場価格を知る
  • 中高年の転職を成功させるには、まず自分の市場価格を明確につかんでおかなくてはなりません。明確な市場価格がわかっていない人は、必ず転職に苦労します。特殊能力や技能があれば別ですが、一般的なスキルだけで、専門分野にピンポイントの売りがなく、「どんな部署でも無難にこなします」的な事しか言えない人は、直近の年収の5割程度の市場価値と考えておいた方が良いでしょう。中高年の転職先として。主に受け皿になるのは中 [続きを読む]
  • 【中高年の転職】自分なりのレポートも提出すべきです。
  • 新卒採用ほどには一般的ではありませんが、課題を与えて審査基準にする企業が、多くなってきています。ライバルに差をつけるためにも、課題やレポートの提出を求められることを想定して、文章能力を高めるトレーニングをしておくことが重要です。例えば、「社会問題」などのキーワードでネット検索し、今の日本でどれくらいの社会問題があり、個々に「何が問題なのか?」を自分で考える習慣をつけ、書かれていることを鵜呑みにせず [続きを読む]