盆人28号 さん プロフィール

  •  
盆人28号さん: 盆栽備忘録
ハンドル名盆人28号 さん
ブログタイトル盆栽備忘録
ブログURLhttp://jienkerie.blog.fc2.com/
サイト紹介文盆栽の「Before After」をメインテーマとして記録
自由文盆栽の素晴らしさに魅了され盆栽中心の生活に。
実生、挿木、取木等の楽しさを発信して行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供438回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2015/04/14 14:15

盆人28号 さんのブログ記事

  • 真柏 整枝
  • 枝先が乱れボンヤリした姿になっています。平成九年、三十郎との落款のある「春嘉鉢」です。 挿し木後20数年  樹高 13cm 鉢 12×10×4? 左最下枝を下げて整枝しましたが、特徴的なジンが隠れてしまいました。これを切っての整姿も良いかも知れません。再整枝後。切った枝は二度と元へは戻せません後悔しない為にも再整枝してみました。今回はこれで良しとします。「お前は後悔ばかりの人生じゃった!可哀想にのぉ!」(´・ [続きを読む]
  • 黒松樹形 新構想
  • 去年の実生挿し黒松苗を実生床から鉢上げしました。片根張りの苗を集め、七幹の寄せ植えを作っていましたが。幹の上部までラフィアを巻いてしまってはどうか?、途中で役枝用にラフィアから出し、その上部も更に巻き込み、上部の役枝を作っては?と針金を巻き、模様樹としての樹姿を出す。一切の苦労もなく「八方根張り」の完成です。(笑)いつもは曲の付いた真柏でこんな事をやっていますが実生黒松苗では初めてです。成功するかど [続きを読む]
  • 「春風会 春の盆栽展示会」 点描 その1
  • 今日は朝から曇り空小さな鉢の乾きを心配する必要のない盆栽人にとって絶好の外出日和。会場入り口のウエルカム展示。上の石をアップで。そして展示会最大のお楽しみ!。今回のテーマは中国の神話から青竜,朱鳥(朱雀(すざく)),白虎,玄武(亀と蛇の合体)の天の四方の方角を司る四神だそうです。私のお土産は青龍の一鉢のみ。トホホつづく。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 黒松 取り木外し
  • 去年から取り木の掛けてあった黒松。刻んだ水苔の上の赤玉土を退けてみると発根が。鉢底穴にも菌根菌のコロニーが。こんな位置で作りたいと。残念ながら矢印に発根がありません。根接ぎ用に去年の実生苗の中から 片根苗を少し残しておきます。植え替えて手入れ終了。切り取った根にも悪戯しておきました。成功したらアップし、失敗の場合は無かった事にします。(笑)こんな風に作れたら良いなぁ〜と。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 真柏 そのまんま春嘉鉢へ
  • 真柏を植え替えました。入っていた春嘉鉢に。この植え付け角度のままで整枝し直した方が良かったか?。何事も色々な選択肢がありますが、最善を選ぶとは限りません!。「特にお前の人生はそうじゃったのぉ!」(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ  ピンポンデスにほんブログ村 [続きを読む]
  • ミニ真柏 植え替え
  • 水やり後この二本の真柏に呼び止められたような気がしました。「おい、鬼太郎 何とかしてくれ!」と目玉おやじのように。(笑)Aの樹。この樹は針金外しと本鉢に入れて欲しそうに!、Bの樹。この樹は乱れた姿で針金を掛けて欲しそうに。整枝後。立ち上がりの面白い半懸崖で作れそうです。Aの樹を鉢から抜くと、真っ直ぐな立ち上がりが面白くありません。中間部の上下に出た根が将来の根張りになるように強めに追い込んで、再度ス [続きを読む]
  • 真柏  寄せ植えの制作
  • 一昨年挿した真柏を寄せました。植え替え後。将来の樹幹部をアップで。癒着が始まる前に、より良い景色が出るよう更に絞り込みます。以下のような一本木として作るにはイマイチな苗木を6本集めました仮に寄せて樹形の確認。バランスを考えながら苗木を足していきます。上から、下が正面。挿し木に針金を掛けても、すべての苗が一本立ちできるような素材は作れません。各苗の個性を見極め、主幹、右枝、左枝用の役枝として配置しシ [続きを読む]
  • 預かっている真柏の植え替え
  • 杉葉だらけだった真柏を預かっています。やっと本葉が吹いて来ました。立ち上がりを隠す前枝が何ともブチャイクな姿です。図のようなジンにする為にシャリの景色を作っています。尚、星印の曲はボンヤリした曲の内側の芯を抜き、鉢底から強く絞り込んで曲を強調したものです。予想図を描いたものの長すぎるようです。この樹はまだ杉葉が沢山残っています。ジンと立ち上がり上の小さなシャリは預かった時からあったものの、今ある殆 [続きを読む]
  • 照葉つるうめもどき ニューハーフ作戦経過報告
  • 雄木の枝元に小枝を接いであります。新芽が吹いてきたようです。接ぎ木後二週間程経ちました。今回の接ぎ木位置(赤)、去年の呼び接ぎ位置(白)、呼び接いだ枝(青)そして全体図。花で雄木を確認後、綿密なニューハーフ計画に基づいて実行されました。(笑)もう少しこのままで癒着を促します。今年接いだ芽も活着して欲しいものです。そっと棚下へ戻しておきます。盆栽の神様 宜しくお願いします。神様のお好きなお神酒をお供え [続きを読む]
  • ミニ真柏 取り木の切り離しと未来予想図
  • 去年10月の確認時には思った程の発根がありませんでした。半年待ち、上部の赤玉土を退けてみると十分な発根が。切り離して水苔を洗い流す。切り離し下部の根。真柏にとってましてやミニ真柏にとって、この立ち上がりの直線部分は致命傷です。再度スリット鉢へ。この鉢で数年肥培すれば、将来が楽しみな素材の完成です。そしていつもの未来予想図。はぁ〜ぃ お待ちどうさまぁ〜 ミニ真柏、一丁上がりぃ〜。「バカも〜〜ん、またま [続きを読む]
  • キブシ 鉢植えの入手と盆栽への一歩
  • 先日、女房のアッシーとして(ちょっと古いか!)生産農家直売の花木センターへ一時間近くのドライブ花壇やプランター用の季節の花を探しに。折角なので遊べる素材は無いか?と、この二本を探し出す。このまま持ち込んだとしてもただの鉢植えです。盆栽と言われるような姿にしたいと。二本とも接ぎ木素材のようです。矢印の部分が接いであります。下部の接ぎ木位置で切れば即小さな樹が出来ますがそれまでに上部の接ぎ木位置で取れ [続きを読む]
  • アオツヅラフジ 植え替え
  • 長老からの貰い物のアオツヅラフジです。去年春に貰いましたが去年は実が生りませんでした。もう少し小さな樹を想像していただけにかなりの長さです。長老は昔から長くて太いのがお好きなのです。(笑)反対側から。芸のない姿ですが、長老のアオツヅラフジの実生りさえあればカバー出来ます。英明さんの貫入鉢へここを正面に考えていますが、一本足のここでも使えるか?。長老のアオツヅラフジはこんな実生り性です出来ればこんな実 [続きを読む]
  • 黒松 植え替え
  • 去年、同じ日に芽切りした黒松です。葉の長さに三倍以上の差があります。右側の黒松はまだ若い樹です。若いとは言っても私が水やりを始めてから30年程経ちますが!。美芸の同サイズの鉢に入っていますが、性なのか?、樹齢の差なのか?。先ずはこの樹の植え替えを。鉢映りはピッタリだと思うのですが。根を解し、固定用の竹串を打ち、準備完了。菌根菌が殆んどありません、葉の伸びの悪い一因か?。入っていた鉢(上)と植え替え予 [続きを読む]
  • ミニ黒松根上り 鉢合わせ検討
  • 実生挿しから5年程の黒松です。少し大きな鉢に入っています、合う鉢を探す事に。ちょっとアップで。春嘉さんの朱泥ミニ鉢へ。サイズ的にはピッタリです。一回り大きな春嘉鉢へ。少し大きいか?。同サイズの庄八鉢へ。やはり少し大きい。備前だったか?丹波だったか?忘れました。トホホイマイチか?。陶寿鉢へ。ピッタリのようです。茶山鉢へ。これもピッタリです。最終図。上根保護用に水苔をタップリと乗せ木綿糸で押さえて終了。検 [続きを読む]
  • 取り木こまゆみ発見
  • 盆栽の神様に「枯れたかも知れんぞ」と言われたこまゆみが出てきました。十分に発根しているようですが、上の幹には左側に太根が。下の枝にも発根が。上下の間にカルスと環状剥皮したキズがあり一本の樹にはなりません。根を切らないように二本に切り分け、太根を最奥まで追い込み、八方に広げて植え付け。下の枝部分は持った部分を切り取りました。矢印部分に根がありません。左右にある根でカバーして植えました。髪の毛の薄い人 [続きを読む]
  • 真柏 盆華鉢から佐太郎鉢へ
  • この真柏もそろそろ植え替え時です。気分転換で鉢を替えます。林 盆華  丸 7.6×3cmちょっとアップで。先日投稿の全く時代の付いていない佐太郎鉢に。挿し木後ほぼ思い通りのシャリやジンが作れました、後は葉張りの充実だけか?しかしこれが中々思い通りにはなりません。この鉢に時代を乗せるにはどれ程の時間が掛るやら!。(´・_・`) フゥー ヤレヤレにほんブログ村 [続きを読む]
  • 真柏 壱興鉢へ植え替える
  • 爪楊枝のような挿し木から作って来ましたが葉張りの充実に伴い、鉢(佐太郎)が合わなくなった真柏です。三年程植え替えていません。袋式の鉢の最大の欠点で根が回り切り抜けません。鉢底網を外し、鍛造で鍛えられたピンセットで用土を少しずつ掻き出す。(ステンレスのピンセットでは歯が立ちませんでした)今更、佐太郎さんにお願いする事は叶いませんが手書き落款の位置までの大きさの穴があったらもっと楽に作業が出来たのにと [続きを読む]
  • ハゼノキ 寄せ植えを作る
  • そろそろ芽動きが感じられます。以下の三鉢を寄せ直す事に。貰い物の短冊鉢で作りました。これで鉢数を減らす事が出来、盆栽の神様もお喜びになられるのでは?。「バカも〜ん、鉢数は減っても大きさが三倍あるではないか!、   棚上を占める面積はかえって増えた、そんな計算も出来ぬとはのぉ!      考えただけで頭痛が痛くなって来た、イカン!救急車を呼んでくれ!」ピーポー ピーポー ピーポー ピーポー ピィー  [続きを読む]
  • 鉢の時代について
  • 同形同サイズの鉢です。 佐太郎 丸 7×4.5cm右側の鉢は先日ヤフオクで見つけて落札しました。同じ窯で焼かれた鉢が我家で再会しての記念写真です。左側の鉢はこの真柏を植えられ手入れ時や樹形検討時に私の手の中でいじられ続けてきました。表面が擦られ、手垢と汗と涙と油がこびり付いているかも知れません。(笑)正面がストロボの反射光で輝き、鉢全体に艶も見られます。右側の鉢にはそれらが一切感じられません。窯を出てか [続きを読む]
  • 網伏せ、採り蒔きキンズの発芽を確認しました
  • 去年、樹に負担を掛けるのも良くない!と早めに採り蒔き、棚下でこぼれた水が自然に掛かるような場所に置いて越冬させました。(乾燥は厳禁)見づらいので網戸用の網を外して。自然な曲が。上の芽をアップで見ると。右へ曲がった双葉の先が左へ大きく切り返して伸びています。ニッコリこの芽にも腰の低い曲が。シメシメこれから沢山の芽が吹いて来ます、負けないように重石代わりのザルを被せて。不自然な長い鉢の中の用土には企業秘密の細 [続きを読む]
  • 真柏 植え替え
  • 衣替えした真柏を同じ鉢に植え替えました。植え替え前。2015/5 投稿時の写真。天ジンの流れはこの位置が最適なようです。少しづつ作り直しましょうか?。こんな風に!!。植え替えてこのブログを書く前まではこれで枝葉を充実させれば完成だ!と思っていましたが下枝をジンにして、樹冠部を作り直した方がより厳しさが表現できそうです。現在は枝が真っ直ぐでこのままジンにしても面白くありません。ラフィアを巻いて強い曲を付け [続きを読む]