たいちゃん さん プロフィール

  •  
たいちゃんさん: 宅建士試験一発合格
ハンドル名たいちゃん さん
ブログタイトル宅建士試験一発合格
ブログURLhttp://takkenpatsugoukaku7.seesaa.net/
サイト紹介文宅建士試験に合格するための有益な情報を書いてあるブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/04/14 19:34

たいちゃん さんのブログ記事

  • テキストの基礎学習は大切です
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格皆様、暑い中勉強頑張っていますか?今日は、テキストの学習の大切さを書いてみたいと思います。皆様、テキストを読んだり、テキストの書いてある事を理解しているでしょうか?私は受験生に宅建試験に合格するには、過去問をマスターする事が大事で過去問中心の勉強方法を進めています。過去問を解いて同じ肢を何度も間違えたり、間違った肢の [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成26年問6 担保責任と不法行為
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成26年 宅建試験問題 問06】問06 Aは、Bに建物の建築を注文し、完成して引渡しを受けた建物をCに対して売却した。本件建物に瑕疵があった場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。1 Cは、売買契約の締結の当時、本件建物に瑕疵があることを知っていた場合であっても、瑕疵の存在を知ってか [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成25年問5 抵当権
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成25年 宅建試験問題 問05】問05 抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。1 債権者が抵当権の実行として担保不動産の競売手続をする場合には、被担保債権の弁済期が到来している必要があるが、対象不動産に関して発生した賃料債権に対して物上代位をしようとする場合には、被担保債権の弁済 [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成26年問2 債務不履行
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成26年 宅建試験問題 問02】問02 代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはいくつあるか。ア 代理権を有しない者がした契約を本人が追認する場合、その契約の効力は、別段の意思表示がない限り、追認をした時から将来に向かって生ずる。イ 不動産を担保に金員を借り入れる代理権を与えられた代理人 [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成25年問3 地役権
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成25年 宅建試験問題 問03】問03 甲土地の所有者Aが、他人が所有している土地を通行することに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。1 甲土地が他の土地に囲まれて公道に通じない場合、Aは、公道に出るために甲土地を囲んでいる他の土地を自由に選んで通行できるわけではない。2 甲土地が [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問2 意思表示
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問02】問02 Aは、その所有する甲土地を譲渡する意思がないのに、Bと通謀して、Aを売主、Bを買主とする甲土地の仮装の売買契約を締結した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、この問において「善意」又は「悪意」とは、虚偽表示の事実についての善意 [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成26年問3 時効
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成26年 宅建試験問題 問03】問03 権利の取得や消滅に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。1 売買契約に基づいて土地の引渡しを受け、平穏に、かつ、公然と当該土地の占有を始めた買主は、当該土地が売主の所有物でなくても、売主が無権利者であることにつき善意で無過失であれば、即時に当該不動 [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成26年問2 代理
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成26年 宅建試験問題 問02】問02 代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはいくつあるか。ア 代理権を有しない者がした契約を本人が追認する場合、その契約の効力は、別段の意思表示がない限り、追認をした時から将来に向かって生ずる。イ 不動産を担保に金員を借り入れる代理権を与えられた代理人 [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成25年問2 未成年者
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成25年 宅建試験問題 問02】問02 未成年者に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。1 父母とまだ意思疎通することができない乳児は、不動産を所有することができない。2 営業を許可された未成年者が、その営業のための商品を仕入れる売買契約を有効に締結するには、父母双方がいる場合、父母のど [続きを読む]
  • 直近3年間の過去問をマスターして合格しよう
  • 一通り平成27年の過去問の問題と解答解説を載せました。皆さまどうでしたでしょうか?これからのブログは、宅建試験の受験日までに直近3年間の過去問をランダムに載せてみたいと思います。宅建試験に合格するには、テキストに書いてある事を覚えて理解する事が大事ではありますが、過去問を何度も解いて理解して実践的な練習することが本当に重要です。何故なら、宅建試験は2時間で50問題を解かないといけないスピード試験であるか [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問50 建物
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問50】問50 建物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。1 木造は湿気に強い構造であり、地盤面からの基礎の立上がりをとる必要はない。2 基礎の種類には、直接基礎、杭基礎等がある。3 杭基礎には、木杭、既製コンクリート杭、鋼杭等がある。4 建物は、上部構造と基礎構造からなり、基 [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問49 土地
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問49】問49 土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。1 我が国の低地は、ここ数千年の間に形成され、湿地や旧河道であった若い軟弱な地盤の地域がほとんどである。2 臨海部の低地は、洪水、高潮、地震による津波などの災害が多く、住宅地として利用するには、十分な防災対策と注意が必要である [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問46 住宅金融支援機構
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問46】問46 独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 機構は、高齢者が自ら居住する住宅に対して行うバリアフリー工事又は耐震改修工事に係る貸付けについて、貸付金の償還を高齢者の死亡時に一括して行うという制度を設けている [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問45 住宅瑕疵担保履行法
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問45】問45 特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律に基づく住宅販売瑕疵担保保証金の供託又は住宅販売瑕疵担保責任保険契約の締結に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 宅地建物取引業者は、自ら売主として宅地建物取引業者である買主との間で新築住宅の売買契約を締結し、その住宅を引き渡 [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問44 案内所等
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問44】問44 宅地建物取引業者A(甲県知事免許)が乙県内に所在するマンション(100戸)を分譲する場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。1 Aが宅地建物取引業者Bに販売の代理を依頼し、Bが乙県内に案内所を設置する場合、A [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問43 監督処分等
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問43】問43 宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 宅地建物取引業者A(甲県知事免許)は、自ら売主となる乙県内に所在する中古住宅の売買の業務に関し、当該売買の契約においてその目的物の瑕疵を担保すべき責任を負わない旨の特約を付した。この場合、 [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問42 営業保証金 保証協会
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問42】問42 営業保証金を供託している宅地建物取引業者Aと宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)の社員である宅地建物取引業者Bに関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。1 新たに事務所を設置する場合、Aは、主たる事務所の最寄りの供託所 [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問41 業務上の規制
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問41】問41 宅地建物取引業者が売主である新築分譲マンションを訪れた買主Aに対して、当該宅地建物取引業者の従業者Bが行った次の発言内容のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはいくつあるか。ア A:眺望の良さが気に入った。隣接地は空地だが、将来の眺望は大丈夫なのか。B:隣接地は、市有地で [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問40 手付金等の保全措置
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問40】問40 宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主Bとの間で締結した売買契約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア Aは、Bとの間で建築工事完了後の建物に係る売買契約(代金3,000万円)において、「Aが契約の履行に着手するまで [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問39 自ら売主制限
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問39】問39 宅地建物取引業者Aが自ら売主となる売買契約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。1 宅地建物取引業者でない買主Bが、法第37条の2の規定に基づくクーリング・オフについてAより書面で告げられた日から7日目にクー [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問38 37条書面
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問38】問38 宅地建物取引業者Aが宅地建物取引業法第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。 ア Aが売主を代理して中古マンションの売買契約を締結した場合において、瑕疵担保責任の履行 [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問37 広告の開始と契約締結時の制限
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問37】問37 次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、この問において「建築確認」とは、建築基準法第6条第1項の確認をいうものとする。1 宅地建物取引業者は、建築確認が必要とされる建物の建築に関する工事の完了前においては、建築確認を受けた後でなければ、当該建物の [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問36 自ら売主制限の総合
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問36】問36 宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBとの間で建物(代金2,400万円)の売買契約を締結する場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア Aは、Bとの間における建物の売買契約において、当事者の債務の不履行を理由とする契 [続きを読む]
  • 宅建士試験 平成27年問35 宅建業者と宅建士の義務
  • 宅建士試験の学習方法を知りたい方はすぐ下を してください?宅建士試験一発合格【平成27年 宅建試験問題 問35】問35 宅地建物取引業法の規定に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 「宅地建物取引業者は、取引の関係者に対し、信義を旨とし、誠実にその業務を行わなければならない」との規定があるが、宅地建物取引士については、規定はないものの、公正かつ誠実に宅地建物取引業法に定める事務を行うととも [続きを読む]