Banbi さん プロフィール

  •  
Banbiさん: ++場面緘黙症の母 徒然日記++
ハンドル名Banbi さん
ブログタイトル++場面緘黙症の母 徒然日記++
ブログURLhttp://furawaaco.blog81.fc2.com/
サイト紹介文場面緘黙症の娘の母です。 親の立場から、日々の葛藤、サポート、気持ちなどを 綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/04/14 20:12

Banbi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 止まってもまた動けばいい
  • 動くことが大切と分かっていても立ち止まってしまうことが度々。やっぱり自分が動くって大切と思い知らされた出来事がありました。新年度が始まり早2ヶ月。娘が信頼していた先生の移動もあり、落ち着かない日々続いていました。今年最大のイベント、修学旅行目前。いつも最大限サポートしてくれていた先生がいなくなってしまい、私も「どうしたらいいか」と想うばかりで。定期的に行っている教育委員会で相談に乗ってもらいました [続きを読む]
  • 世界仰天ニュースを観て…
  • 先日、【世界仰天ニュース】で【場面緘黙】が取り上げられました。これについて、ブログを書こうか悩んでいましたが、コメントを頂いたので、思い切って書いてみようと思います。一個人の率直な感想ですが、上手く伝えられなかったり、不愉快な表現等あるかもしれません。また、1度しか観ていませんので、うる覚えで、間違っているところもあるかも知れません。それでもよろしければどうぞご了承の上、お読みください。娘と一緒に [続きを読む]
  • テストとか勉強とか
  • ここの所、学期末テスト、実力テストとテスト続きですが。範囲も広く、どこを勉強していいかわからない様子。さらにテスト範囲が娘に届いたのは、テスト2日前。(本当はもっと早くに配られていただろうに)クラスに行っていない娘には、プリント等の書類が届くのには時差があります。ブツブツ文句を言っていましたが、そこはもう仕方がないと腹をくくり。わたしも一緒(私も好きなことを学び始めました)にリビングで勉強していま [続きを読む]
  • 一大決意「病院をやめる」
  • 昨年末から、考えて、考えて、通院をやめました。決定的理由としては、娘の負担になっていたこと。先生は威圧的(娘は怖がっている様子)で、気軽に相談できないこと、毎回初診と言った感じで、また初めから症状や現状を説明し直すこと。と不満はあったものの、続けていたからにはメリットもあり、病院では診察前に、半日勉強を行っていたので塾代わりとして利用していたことと、「診断書」や「通院中」といった証明が必要な時のた [続きを読む]
  • 方法は何でもいい。
  • またまた間が空いてしまったブログですが…もう中学2年生も終盤。先週期末テストを終えた娘ですが。学校での状況は変わらずといった感じですが。最近は「受験」と言う言葉をよく耳にするようになり、少しずつ自覚が見えてきているように思えます。3学期は、中学に入って初めて団体行動(校外学習)に参加することが出来ました。修学旅行の練習もかねてと言うことで、全て電車行動。時間をずらす、少人数班、みんなとかぶらないよう [続きを読む]
  • 気になるので、読んでみる。
  • 「敏感すぎる自分を好きになれる本」 このタイトルを見たとき、娘というより、まず自分に当てはまのでは?!と感じました。敏感すぎる人=HSP(ハイリーセンシティブパーソン)周囲の出来事や環境の変化に過度に敏感に反応してしまうために、生きづらさを感じたり、周囲の人から誤解を受けることも多々ある。うまく言えないけど、心のモヤモヤというか生きづらさを感じながらも心の奥底にしまっていたものが認めていいんだ、という [続きを読む]
  • ・*・音楽の力・*・
  • もう11月も中旬に入りました。稀な更新となってしまったこのブログですが、記録として書きます。10月に行われた「かんもくアコースティックライブ」に娘と参加してきました。特に詳しく説明することなく、「音楽を聴きに行くよ。」位の感じで。率直な感想は「音楽ってすごい」「もっと聴いていたい」でした。歌詞と曲から伝わってくる経験や想い。保護者の私には分りきれない、きっとたくさんの辛い想いをしてきたんだろうと簡単に [続きを読む]
  • 1学期を終えて、環境から変えてみる・・・
  • 1学期を終えて。ほぼ毎日遅刻でしたが学校へ通うことが来ました。2年生からは支援室の個別対応で、学校では安心して過ごせたようです。2年生になり担任の先生が変わりましたが、支援室へ様子を見に来ることもほぼなく、私もほとんど連絡を取り合いませんでした。通知表は登校した日は全て「遅刻」、数教科は斜線で評価自体行われていませんでした。今、娘は放課後等デイサービスへ週1回通っています。勉強面が心配ですが、塾へ通う [続きを読む]
  • とにかく「行きたいから行ってみる」
  • 今日から8月ですね。夏休みに入り、娘は安心してのんびり過ごしていますが、引きこもり気味。 休日はなるべく連れ出すようにしていますが、何せ暑くて私もつい家にこもりたくなってしまいます。昨日、SNSでみつけた>かんもくアコースティックライブ『ハートToハート』〜場面緘黙経験者発信ライブ〜主催者様のブログも拝見し、すぐに申し込みさせて頂きました。「行きたいから、行ってみる」きっと気づきや勇気、自信を頂ける、そん [続きを読む]
  • 【かんもくフォーラム】へ★
  • 新年度がはじまり、気付けば夏休みまで1ヶ月ですね。ブログの更新も怠ってしまいましたが、その間何もしていなかった訳ではなく、むしろその逆で色々動いていて、やっと落ち着きそうなところまできました。そのことについては、また別の機会に書ければと思います。8月6日に行われる【かんもくフォーラム】。中2の娘と一緒に参加予定ですが、イマイチな反応でまだ申し込み出来ていませんが、私一人でも参加させていただきます。かん [続きを読む]
  • お家の他に居場所を創る
  • 今は「放課後等デイサービス」利用に向けて動いています。(先日記事にしました「出来る限りの支援を受けさせるために動く 」)ですので興味を持った施設に見学・体験へ足を運んでいる最中です。先日「コミュニケーションに特化」した教室へ私一人で見学に行ってきました。娘と同じような症状で通われている方もいるとのことでした。スタッフとの方との面談の中で「安心できる居場所を作ってあげることが大切」とお話ししてくださ [続きを読む]
  • 【読書記録】発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母〜
  • 【読書記録】Amazonで気になっていた本をたまたま書店で見つけました。パラパラと中を見ると、著者の方の自己紹介に「元緘黙」というのを見つけすぐに購入しました。発達障害&グレーゾーンの3兄妹を育てる母の毎日ラクラク笑顔になる108の子育て法 娘は場面緘黙だけではなく、他の障害も持ち合わせていると思います。私だけでなく通級の先生も同じように感じられていました。(本当はそれをはっきりさせたくて、病院へ行った [続きを読む]
  • 出来る限りの支援を受けさせるために動く
  • 久しぶりのブログになってしまいました。今は支援室に移り毎日安心して学校生活を送っている娘。特に変化なく過ごす毎日。それが良いのか悪いのか・・・私は毎週末、病院や放課後等デイサービスの見学、受給者証を取るための手続きなどで動いています。※「放課後等デイサービス」を受けるには受給者証が必要となります。放課後等デイサービス、私の住む市には数が少ないのですが近隣の市にはたくさんあるのでどこへ行っていいのか [続きを読む]
  • 「場面緘黙 病院」
  • 「場面緘黙 病院」何度検索しただろう?結果、病院について私が得られた情報はゼロでした。病院で診断を受けた方の体験を読んで、「私も娘を病院に連れて行こう」と思ったこともほとんどありません。【早期発見、早期治療が大切】と言われている場面緘黙症。それなのに何もできなく、もどかしい想いをしている、同じ想いをお持ちの方が、きっとたくさんいらっしゃると思います。私なりにできることはしてきたつもりでも、結果が出 [続きを読む]
  • 一歩進めますように、新たな病院へ
  • 年明け、新しい病院へ行って来ました。以前行った病院から6ヶ月以上経ってしまいました。このままでいいと思っていた訳ではないけれど、病院へ行く意味がなく思えてしまい、気になりはしつつそのままになっていました。中学校の先生とのお話の中で、「主治医を持った方が支援しやすい」とのことで、また病院探しを始めました。私なりの病院選びの条件は・通うことを考えると出来るだけ近いところ。・大きな病院よりはクリニックと [続きを読む]
  • 新年初笑い??
  • BOOK OFF の【こたつから出れない〜】というCMを観て、娘と顔を見合わせて「私たちのことじゃない??」とお正月早々、大笑いしました。(元旦にBOOK OFFに行ってきたので)今年は【場面緘黙の認知】そして、【娘のサポート】を昨年よりももっともっと踏み込んで、少しでもいい方向に向かえるように明確な目的を持って過ごしていきたいと思います。マイペースなブログですが、 今年もどうぞよろしくお願いします。私のお休みもあと [続きを読む]
  • 記録するための道具
  • 今日で仕事納めでした。休みの間にしたい事の1つ。以前記事にした「記録して残す」で書いた様に、娘の様子や行動や私の想い、私の行動など…何でも記録するようにしました。ページを増やせる【リヒトラブ ツイストリングノート】を使っていましたが、色々なコトを記録してあるノートだったので、専用ノートを購入してきました。この休みの間にゆっくりまとめようと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 2学期が終わりました
  • 昨日終業式を終え、無事2学期を終えることが出来ました。お休みも1回程度で遅刻しながらも何とか通うことが出来ました。行事の多い学期でしたので、疲れている様子も見られましたが、表情が柔らかくなったと、担任の先生、通級の先生からも言われました。3学期は、電車に乗っての班行動があります。早めに学校から連絡を頂き、班編成もご配慮いただき、本人も参加する気持ちでいます。通級の先生も自身をつけさせるために、何とか [続きを読む]
  • 記録して残す
  • 娘の「記録ノート」作りました。今頃、今更ですが・・・これからが大切だと思うし、思いついた時からやればいいと思っています。病院や支援相談等に行くたびに聞かれる今までの経緯。記憶にたどって書いたり、話したりしていましたが、家に帰ると、「アッ言い忘れた」「これも聞きたかった」と思うことがしばしばありました。今の現状、学校の対策、私の提案、娘の気持ちなど、何でもいいので書き始めました。日付と、提案ややるべ [続きを読む]
  • 主治医を持つ
  • 先日、中学校で今後どうしていくかの話し合いがありました。今は、廊下で授業を受けているのですが、あまりに寒くて環境的に良くない、とのことで学校から提案を頂きました。集団に入るのを諦めているわけではなく、あくまでも暖かくなるまでの間の策として支援室での学習とのことでしたが、大変丁寧に説明して頂き、また本当に良く考えてくださる気持ちが伝わってきました。娘もたまに「学校は寒い」ともらす事があったので、私と [続きを読む]
  • 後悔ばかり…でも今を
  • 場面緘黙症は早期発見、早期治療が大切なことは、緘黙症を知った時点(娘小1)ですぐに知ったこでもあります。その時出来ることを模索し、たくさんの選択を親である私がしてきました。その時、一生懸命考えて決めたことも変化や進歩がないと、その時の選択が間違っていたのではないかと後悔に襲われることがしばしばありました。最近読んだ本の一節【時間は未来から現在、過去へ流れている。未来の自分がいるから、現在の自分、そ [続きを読む]
  • 繋がり…
  • しばらく放置してしまったブログを再開しようと思います。きっかけは先日参加した、場面緘黙症の親の会で繋がった保護者のみなさんのお陰です。場面緘黙症を認知してもらうために、今私が出来ることはブログからの発信。ほぼ進展のない毎日に、ちょっとの諦めと私自身の不甲斐なさに、ブログも書けずにいましたが、一生懸命に働きかけをしている方、また、保護者の会を開いて下さった方、動いている皆さんを前に「何をやっているん [続きを読む]
  • 過去の記事 …