Selene さん プロフィール

  •  
Seleneさん: SELENE SQUARE(セレネスクエア)
ハンドル名Selene さん
ブログタイトルSELENE SQUARE(セレネスクエア)
ブログURLhttps://ameblo.jp/selenenouta/
サイト紹介文ナチュラリースピリチュアルな詩とヴォイスが響く光の広場。チャクラの話やガイドの音声メッセージもどうぞ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2015/04/15 11:00

Selene さんのブログ記事

  • 111-10からのメッセージ35-意識の円盤
  • 2014年春に111−10からもたらされたメッセージを掲載する。唐突に「意識の円盤」について解説が始まり、面食らったのが本音。わかったようなわからないような(^^;)今回補足説明をお願いして文末に追加した。「イメージしたことが現実になる」 という創造パワー発揮の参考になることを願って…111−10からのメッセージ ☆35あなた方の【意識】はかすみのようなものです。それが集まって雲となり雨を降らし大地 [続きを読む]
  • ライトワーカー賢治?
  • 上からの命令系統をもつ組織でなく同じ思い・意図をもって皆で行動していく共同体の動きが気になるこの頃。農業や様々な社会活動〜どれも最初に誰か「言い出しっぺ」がいて、「実は私も考えてた」「私も」「私も」みたいな感じでスタートしているのではないか?と 想像してしまう(笑)例えば ロシアですっかり大きな社会現象となりつつある『アナスタシア』のアイデアは、約20年の時の流れの中で国境を越えて拡大し続けている。 [続きを読む]
  • 存在をもてあます?
  • あるライトワーカーのチャクラリーディングエピソードその方の特筆すべき過去生〜それは何世紀も遡った欧州のどこかの場所病床の少女は不治の病を患っていたおそらく生まれつきだ身内や周りの皆が彼女を憐れみ悲しむそして贅を尽くそうとするどんなにすばらしいものを次々と もらっても食べられない着ることができない遊ぶことができないそれらの品々をベッドの中から眺めるだけだったとうとう彼女は言った「あなたたちが悲しんで [続きを読む]
  • 111-10からのメッセージ34-イメージ力の伸展方向
  • 災いや不幸に遭わないで暮らせるまたは個人的に勝ち得たもので満たされる幸せのイメージがその程度であるなら、「明日はもっとよくなる」という言葉の効力は期待できない地球丸ごと明るく幸せな状態とはどんなイメージかイメージが描けるようになると現象も追いついてくる111−10の今回のメッセージは警鐘のように感じた。111−10からのメッセージ ☆34こちら111−10 メッセージをお伝えできることに感謝します [続きを読む]
  • ライトワーカー賢治②
  • 賢治の「農民芸術概論綱要」から再び抜粋させていただく。   ☆正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じていくことであるわれらは世界のまことの幸福を索(たず)ねよう 求道すでに道であるいまやわれらは新たに正しき道を行き われらの美をば創らねばならぬ芸術をもてあの灰色の労働を燃せわれらは新たな美を創る 美学は絶えず移動する農民芸術とは宇宙感情の 地 人 個性と通ずる具体的なる表現であるそ [続きを読む]
  • ライトワーカー賢治①
  • 「ほんとうの幸い」とは何か を問い続けていた宮沢賢治。彼は生来 霊的感性の持ち主だったようだ。「人に対しての悲しい、やるせない心」を抱えていたという。そういえば、5年ほど前に出逢ったクリスタルチルドレンもそうだった。高い振動数を持ったまま初めて人間としての肉体を持ち、人や社会に馴染めず苦労している宇宙人タイプをクリスタルチルドレンと 私は呼んでいる。話を戻そう。賢治が17歳の頃、東北は大飢饉に見舞わ [続きを読む]
  • 『銀河のしずく』に触れて②
  • 岩手県発『銀河のしずく』 は「奥羽400号」と「北陸208号」の交配で稔った51粒の種子から、チャレンジが始まったという。耐冷性・いもち病耐病性、絹のように白く食味もコシヒカリと同等以上の遺伝子をかけ合わせ、一粒一粒を観察していく…人間の遺伝子数よりイネ科の植物の遺伝子数の方が多いというが、どんなものだろうか。コシヒカリは全国的に生産されているお米。各地域で多々改良・開発は続いている。米どころ東北 [続きを読む]
  • 『銀河のしずく』に触れて①
  • ピラミッド型の塩を買おうと塩専門店 「solco」へいそいそと出かけた。店内に入ると真っ先に『銀河のしずく』と書かれたポスターが目についた。新作の塩?と思いきや岩手県発の最新米のPRだ。開発に約10年、米の食味ランキング最高評価「特A」を取得岩手開発の米では初めての栄誉とのこと。運良く残っていた最後の1つ『銀河のしずく』のおにぎりを買って帰った。岩手と言えばすぐに思い浮かぶ『宮沢賢治』彼がつぶやいたかの [続きを読む]
  • ダライ・ラマが語る「空」
  • 「ラー」が語った「無限の創造主」には統合性のみが存在します〜それは「一なるものの法則」を地球上の言葉で表現、限られた中でかろうじてそのようにも表現できる、といったものでしかないのだろうが、別の表現を探すなら、例えば 仏教用語の「空」という概念がそれに近い。大谷幸三氏が直接、ダライ・ラマにインタビューして得た様々な回答を綴った著書から抜粋させていただこう。『ダライ・ラマ「死の謎」を説く』私の手元に [続きを読む]
  • 111-10からのメッセージ33-明るく過ごす効果
  • 以前から登場している光のガイド111−10はAL-Hum-Bhra Magiestracy Councils グループに属するTan-Tri-A'raの存在。2013年から交信が始まり、私にとっての頼もしいガイド役♪公開発信のメッセージをお願いするようになって1年ほど経つ。今回は、『明るく生きる』真の意味を問うような内容だ。古くから当たり前に使われている言葉、『明るく過ごそう』 『笑顔でいよう』エネルギー面での意味を注目してほしい様子だ。111− [続きを読む]
  • 「ラー」の激励!?
  • 「ラー文書」 エルキンズ、ルカート、マッカーティの三者共著ナチュラルスピリット出版より抜粋させていただく。一個人が地球意識への気づきを高める目的で一般向けの触媒になろうと努力している場合の影響力について、つまりこの本の著者たちグループのような活動が効果的かどうかを質問したとき、「ラー」はこのように答えている。   ☆あなたがたに理解していただきたいのは、私たちにはあなた自身とあなた以外の人々の違いが認識で [続きを読む]
  • 究極の光の正体②〜飯田史彦氏の体験談
  • 前回の続きをもう少し。   ☆そしてこのように教えてくださったのです。光「その通り……お前なのだ……お前のすべてであり、もうひとりのお前なのだ」私「えっ!……あなたはわたしなのですか?……もう一人の私?……あなたは、私の分身ですか?」光「だからこそ、お前とは別の存在として、名づけることはできないのだ」私「でも、私は、あなたと、こうして、対話をしていますよ……対話するということは、私とあなたは、別 [続きを読む]
  • 究極の光の正体①〜飯田史彦氏の体験談
  • 飯田氏の実体験、『ツインソウル 完全版』から特にご紹介したい部分がある。「究極の光」の正体のこと。まずは、飯田氏があくまでも個人的な経験でしかないとしながらも感じたままを正直に著述された勇気に敬意を表する。飯田氏が肉体離脱後、いきなり出会って対話していた相手、「究極の光」に名前を尋ねると、「名前はない」と言われてよけいに気になるところからのやりとりに注目したい。☆私は、そういえば、先ほどから、この [続きを読む]
  • 究極の光との再会から〜飯田史彦氏の体験談
  • 「生きがい論」シリーズの著者、飯田史彦氏、読者に寄り添うように平易な表現を心がけ、物質界とのバランスを配慮しながら霊的な内容を伝えるメッセンジャーだ。慈愛あふれる実直な多岐にわたる活動ぶりもすばらしい。精神世界入門のガイド役としてもふさわしい人格者。また深く学びたい人にとっても名指南役となる方である。飯田氏は2005年に臨死体験をされた。その際に、胸の内にあった数々の疑問の答えを得て、それを赤裸々に綴 [続きを読む]
  • 「ラー」による断言
  •    ☆私はラー。これはまだ立証も反証もされていませんが、宇宙は、いわば無限であるとお考えください。あなた自身、あなたの知識、あなたが探究とよぶもの、そして創造された宇宙を知覚しうるあなたの能力に際限がないことを、私たちは断言できます。無限であるものが「多数」であることはできません。なぜなら、「多数であること」は、測定可能な概念だからです。無限であるためには、無限を統合性として定義する必要がありま [続きを読む]
  • 「ラー」の奉仕目的
  • 先にご紹介したカーラ・ルカート氏を媒体として「ラー」が語った興味深い内容の数々…気まぐれな抜き書きでご紹介、青文字を追ってくだされば有り難い。「ラー」は自らを社会的記憶複合体と呼ぶ。社会的記憶複合体とは、「ラー」によると 惑星単位で文明の意識レベルが、あるところまで進化した場合にその文明を担う人々の意識が融合し全知識にことごとく通じるようになる存在たちの集合体のことである。   ☆私はラー。今私 [続きを読む]
  • 愛を学ぶ姿勢〜カーラ・L・ルカート氏の序文
  • 『ラー文書』という邦訳本が2008年にナチュラルスピリット社から出版されている。(原書は1984年出版・米国)信憑性の高いチャネリンググループの交信記録で惑星連合の「ラー」と称する存在との質疑応答が書かれている。ドン・エルキンズ氏カーラ・L・ルカート氏ジェームズ・マッカーティ氏3人の共著訳者は 紫上はとる氏3人それぞれの序文だけでも貴重な情報が得られる。長年交信の媒体役をつとめるルカート氏は 序文に「ラー」のメッ [続きを読む]
  • イントロダクション
  • 神社に参拝すると誰に会うか?社の奥に鏡があるそこに写る人間は ヒトかカミか?「鏡から我を取ったら神になる」 と聞いたことがある「カガミ」−「ガ」=「カミ」ヒトもカミ もちろん自然もカミ 八百万の神 万物に神は宿りそれらすべては関連し合いつながっている この考え方はヒントになるすべての人々は内なる神=神の青写真(Divine Blue Print)を持っている無数の宇宙を創出し自然界のすべて創り出した『万物創造の源 [続きを読む]
  • 両極の味
  • 歩いて走って飛び回ってどこへでも行ける靴知らない国や遥かな星まで連れて行ってくれる靴そんな靴があったなら履くときこそきっとワクワク高揚感と好奇心脱ぐときこそほっとする安堵感と解放気分人間に生まれることも靴を履くのと同じかも 応援 ありがとうございます人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 塩を効かす
  • 塩をかけて蕎麦を食べると美味し〜いということを知って以来、マイソルトを持ち歩いている私♪東京都品川区の戸越銀座に『solko』 という塩専門店を見つけた。「あなた好みの  塩が見つかる!」キャッチコピーにつられていざのぞかん(^O^)試験管に似たガラス容器がずらりと並ぶ。おにぎりをその場で買って、順番に塩をつけながら試すことができるナイスアイデアの試食コーナーおにぎり1個では間に合わない(笑)国内産が特に充実 [続きを読む]
  • しあわせのままで
  • はなしたくないというよりはいっしょにいるよというのがおもくならないいかないでというよりはいってらっしゃいというのがつらくならないすき?ときくよりはすき!というのがしあわせのまま 応援 ありがとうございます人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 最高の予知
  • 思わず微笑むようなイメージを描こうつい踊り出したくなる思いを描こう自分のことも 周りのこともなんでもかんでも祈りの歌にしようぶっ飛んだ明るさを散りばめて意識の向きを大転換描き方次第それが予知能力創造の担い方 応援 ありがとうございます人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 再考の余地
  • 腰をかけて地に足つけて地球の望みと自分の望みをメニューにしてみるテーマは調和素朴で自然な味付けスタイルあらたに生きる地球の上で 応援 ありがとうございます人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 夏至ポイント通過
  • 昨日の夏至 東京は雨無意識に握りしめてきた不要な観念を流すようだった。例えば 瞬時に反応する思考回路 万が一こうなったら… 最悪の場合は…と 稲妻のように全シナプスを駆け巡る回路私のパターンまだまだ残っていた。瞬時に抱くイメージがつねに最善のものであればあるほどそこからつくられる現実は明るいだろう。111−10の 海とクラゲのたとえ話は耳が痛かった(*_*;昨年の夏至ポイントのメッセージも再度合わせて [続きを読む]