猪突猛進 鈴木研究室へようこそ さん プロフィール

  •  
猪突猛進 鈴木研究室へようこそさん: 猪突猛進 鈴木研究室へようこそ
ハンドル名猪突猛進 鈴木研究室へようこそ さん
ブログタイトル猪突猛進 鈴木研究室へようこそ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/suzukitoshiaki
サイト紹介文関西医療大学大学院 教授である鈴木俊明研究室の紹介や鈴木が日頃考えている教育・臨床・研究への思いを熱
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/04/15 11:40

猪突猛進 鈴木研究室へようこそ さんのブログ記事

  • 本当に動作分析ができて治せるセラピストを養成したい
  • 昨日 関西理学療法学会の臨時総会の前に、私が関西理学療法学会への思いを話させていただきました。1 「治せるセラピスト」を目指す本会は、動作を正しく分析しないといけない。 動作を関節運動で表現しないといけない。よく「重心を前に」などという表現をしますが、そんなに重心は 見ることはできません。曖昧な表現をせずに、関節運動で表現するようにしないといけません。2 その動作分析の内容から正し [続きを読む]
  • 今月 これからの講習会
  • 立ち上がり、立位、歩行の評価及び治療とそのハンドリング技術 ( 主催 株式会社三輪研修事業部)開催日時 2017年9月10日(日) 10:00〜16:00(9:30より受付)開催地 東大阪市岩田町1-1-43 1F ウェルネス教育研修センター近鉄奈良線 若江岩田駅から徒歩2分歩行の動作分析 (主催 EPoch)開催日時 9月23日(土) 10:30〜16:30大阪皆さん 宜しくお願い致します。 [続きを読む]
  • 自分の時間を整理して、研究活動へ
  • 最近の自分は、大学での教育者としての仕事は当然であるが、講習会の講師や書籍の著者、論文査読、理学療法士協会での社会的活動など様々な仕事をさせていただいています。本当に感謝しています。しかし、自分の研究に関する業務、主たるは論文作成を行うのは、移動時間でおこなうのが多く、決して満足できるものではありません。少し自分の時間を整理して研究に没頭する時間を作ることが必要に感じます。50歳も半ばになり、残りど [続きを読む]
  • 本当にありがとうございました。
  • 先週金曜日の夜より京都 網野町にある丹後ふるさと病院に行かせていただき、土曜日の午前中は臨床指導、そして京都駅まで移動で京都府難病相談・支援センター主催の医療講演会で講師をさせていただきました。講演会の会場には以前に難病相談会でお世話になった保健師さんともお会いすることができ、懐かしい思いになりながらも、横浜に移動して大切な方のお見舞いをした後に東京に入り、本日 動作分析に関する講演会をさせていただ [続きを読む]
  • 園部先生 ありがとうございました。
  • 先日 園部先生が代表されておられる研究会で2日間の講演会をさせていただきました。その模様を園部先生がブログに書いてくださいました。大変お褒めの言葉をいただき感謝です。これからも努力を重ねてまいります。よろしければ、ぜひ お読みください。pt-sonobe.com/archives/1251 [続きを読む]
  • 講習会の講師をして感じること
  • 先週、園部先生の研究会で2日間 体幹機能に関する講習会をさせていただきました。参加者は大変熱心で積極的な姿勢に感謝しております。参加者は若い方々が多く、これからのセラピストの未来は明るいと思います。最近の若手は良くないというメッセージをいう先輩セラピストもいますが、私はそのようには思いません。年々、若手の熱心なセラピストが増えています。反対に、先輩セラピストの実力のなさも感じます。若手セラピストが私 [続きを読む]
  • 機器解析セミナー 2017
  • 私が世話人をしている関西機能解析研究会では下記のセミナーを実施します。皆さん 宜しくお願い致します。機器解析セミナー2017会場:関西医科大学附属病院〒573-1191 大阪府枚方市新町2丁目3番1号  072-804-2780会期:平成 29 年 9 月 18 日(月・祝)定員:150 名まで(理学療法士、作業療法士、医師) 会費:8,000 円受付開始:9時30分(13階講堂)プログラムSpecial Lecture 10:00 〜 11:30臨床での動作分析の方法 関 [続きを読む]
  • 自分の話を聞いていただける喜びに感謝です
  • 金曜日の夜にはワークシフトのナイトセミナー、本日は仙台での体幹機能の講習会をさせていただきました。高木先生、千葉先生 本当にありがとうございました。自分の考えを真剣に聞いていただける参加者の皆さんに感謝です。さて、今週土曜日は医師向けの講演会、日曜日は大学のオープンキャンパスの後で運動学に関する講習会です。ありがたく努力させていただきます。真剣に丁寧に話すこと 大切にしたいと思います。 [続きを読む]
  • いろいろ考えることの多い毎日
  • 最近は部下をどのように育てるかを大きな課題にしています。私自身は卒後3年目から大学教員となり、大学教員として研究活動を行い、論文を書き学会発表もさせていただき、博士号も取得させていただきました。当時はセラピストで研究する人材は多くなく、英語で論文を書くセラピストも珍しい時代でした。おかげさまで、教育者、研究者としてここまで生活させていただきました。今は、大学院に行かれる方も多く、よほどインパクトの [続きを読む]
  • 機器解析セミナー
  • 【機器解析セミナー2017】機器を用いた機能解析について実習体験を通して学んでいただきます【概要】 評価において動作分析は必須のものであり、理学療法および作業療法の対象となる問題点が充分に把握できるかどうかは、これができるか否かにかかっています。動作分析の手段の一つとして、三次元動作解析装置や筋電計のような機器を用いて関節のモーメントや筋機能を明確にする方法があります。これら評価機器は、肉眼では捉えら [続きを読む]
  • 今週の日曜日はワークシフトの講習会です。
  • 2017年7月23日 (日) 開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:9:30 の予定で「動作分析」に関する講演をさせていただきます。場所は株式会社Work Shiftセミナールーム住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 親和ビル 403号室 (阪急線南方駅下車 徒歩3分、地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分、JR線新大阪駅下車 徒歩8分)動作分析ができるようになりたい方 ぜひおいでください。詳しくはワークシフトのホームページでご覧く [続きを読む]
  • 電子出版 症例報告集とパーキンソン病への理学療法
  • 私が会長をしている関西理学療法学会編集書籍 「The Real Physical Therapy −理学療法の現場からー」、「Physical Therapy for Pakinson Disease −パーキンソン病と理学療法―」が電子書籍で編集工房ソシエタスより出版されました。http://www.mmssm.jp/ をご覧ください。この書籍は、既にアイペック様より出版されていたものの電子書籍版です。価格もできるだけ安くしていただきました。編集工房ソシエタス 清家様には本当 [続きを読む]
  • 関西機能解析研究会からのお知らせ
  • 関西医科大学 リハビリテーション科 診療教授 長谷 公隆先生 と私が世話人の中心になって行なっている関西機能解析研究会( 旧 Functional analysis seminar)が今年も開催されます。なんと今年から2つのセミナーに分かれました。1 8月11日(祝日) 長谷先生が中心の 運動学習セミナー2 9月18日(祝日) 私が講師で参加します機器解析セミナーです。是非、皆さん おいでください。www.fa.grade-a1.com/index.htm [続きを読む]
  • 札幌、名古屋でお世話になります。
  • 今 札幌のホテルに着きました。明日は1日 動作分析について千歳リハビリテーション大学の卒業生、学生さんを対象にお話しさせていただきます。動作を運動学的に正しく解釈する、神経疾患の動作も運動学的に解釈する ことを熱く語りたいと思います。また、土曜日の夜には名古屋に移動して 日曜は学術団体 SESSIONで神経疾患に対する体幹機能のお話をさせていただきます。お会いできる皆さん 宜しくお願い致します。ま [続きを読む]
  • リハビリテーション医学会、全日本鍼灸学会
  • 先週は岡山でのリハビリテーション医学会での座長、全日本鍼灸学会でのシンポジストと忙しいスケジュールをこなしてきました。様々な出会いがあり、充実した時間になりました。リハビリテーション医学会では私の指導した3つの研究発表があり、その中の1人はお父様が見にこられるという大変ほのぼのとした場面もありました。多くの皆さんの協力により仕事させていただいていることに感謝をさせていただいております。これからも仕事 [続きを読む]
  • 私がEditorの書籍が出版されました。
  • In Techより2冊の書籍のEditorをさせていただきました。この書籍には日本の優秀な若手研究者にも執筆していただきました。是非読んでいただきたいと思います。Neurological Physical TherapyEdited by Toshiaki Suzuki, ISBN 978-953-51-3114-4, Print ISBN 978-953-51-3113-7, 232 pages, Publisher: InTech, http://www.intechopen.com/books/neurological-physical-therapyClinical Physical TherapyEdited by Toshiaki Suzuki, [続きを読む]
  • 講演会の情報です
  • 皆さん 近々 開催させていただける私の講習会をお知らせします。5月28日 動作分析に必要な基礎知識と臨床応用〜歩行・起居動作を中心に〜 ウェルネス教育研修センター 6月18日 脳血管障害患者の筋緊張検査とその対応 新大阪コロナホテル、主催 ワークシフトでお世話になりますます。真剣に話します。皆さん よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 熱心な学生さんに感謝です。特別講演
  • 本日は 名古屋のトライデント医療看護学校で動作分析の特別講演をさせていただきました。学生さんは皆さん熱心で時間があっという間に過ぎてしまいました。私としては珍しく、30分延長をさせてもらいました。授業後も質問もあり、本当に嬉しかったですね。これから臨床実習ということですが、頑張って欲しいですね。頑張ってね! [続きを読む]
  • 本学の学生頑張っています。
  • 我が関西医療大学には多くの新入生が入学し、華やかな感じです。私は今年から大学全体の教務部長となり、理学療法学科だけでなく様々な学科の学生と交流したいと思います。私が感じる大学の自慢は沢山ありますが、なんと言っても学生が可愛らしいですね。明るく挨拶してくれる学生ばかりですね。嬉しく思います。さて、私は日頃の忙しさにバタバタしています。自分の行動を大脳レベルで考えるのではなく、私の専門である脊髄レベル [続きを読む]
  • 今日、明日と綱渡りのような日程でした。
  • 今は新幹線のなかです。明日、セラピストフォーライフ主催の講演会「脳血管障害患者の筋緊張検査と臨床応用」の講師で前泊のため東京に向かっていますす。今日は朝から和歌山、夕方は三重の関連施設で職員教育をさせていただきました。これらの施設には実習生もお世話になりますので、このような活動は非常に大切であると思います。内容は「動作分析」としました。動作をみて解釈することはセラピストにとって非常に大切であり、難 [続きを読む]